カテゴリー

.胃の症状

一人ひとりの胃の不調に合わせた漢方

2017年8月18日 (金)

胃の調子が悪いです。薬の量が増えても治りません。

 胃の不調に、体質改善の漢方治療を行っているクリニックです。西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療を行っております。

 「以前から胃の調子が悪いです。重い感じがしたり、チクチクと痛くなることもあります。食事をすると、胃が痛くなるので、あまり多くは食べられません。体重が減るばかりで困っています。胃の薬をたくさん処方されていますが、変わらないので、漢方薬の方がいいかもしれないと思って受診しました。」

 という患者さんが受診されました。1年以上もこの状態が続いていて、食事が摂れないので、体がだるくて辛いとのお話でした。Img_8301_2

 病気や症状に対しての捉え方が、西洋医学と東洋医学では異なります。西洋医学では体の臓器や器官の異常の治療を中心に考えます。東洋医学では、体全体のバランスの乱れを整えて、症状の改善を考えます。

 検査を受けても特に異常がない、思うような改善が見られない胃の不快症状(胃もたれ、胸やけ、胃痛、食欲不振など)に、漢方治療が効果的です。場合によっては西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かして、両方のお薬を併用する場合もあります。

 この患者さんは、やせ形で、胃下垂タイプの方で、ストレスに敏感な繊細な方でしたので、胃腸の働きを整え、ストレスに対応した漢方薬のみで、症状が改善され、食欲が出て、体重が増えて、慢性的な疲労感が改善されました。A306_109_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「胃痛・胃炎・もたれに漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状の内容も充実しています。

「胃の症状に漢方」

 胃の不調が続いている方は、胃カメラなどの検査を受けられる事をお奨め致します。水戸部クリニックでは、鼻からの胃カメラも受付ております。

 「口から、鼻から選べる胃カメラ」

2017年2月22日 (水)

お腹がムズムズして落ち着かない

 「お腹の中からムズムズ、もやもやと騒がしくなって、落ち着かなくなります。仕事中や家でもなります。夜中に目が覚めてもなります。いろいろ検査を受けましたが、異常がないと言われました。」

 疲労やストレスなどにより、自律神経の働きやホルモンバランスの乱れが生じて、動悸や息苦しさを感じる方が多いです。心臓神経症と呼ばれる症状です。

 一般的には、安定剤や抗不安薬などによる治療が多いようです。

 漢方では、奔豚気病(ほんとんき病)という症状に分類されます。おへその辺りから喉まで子豚が走り回るような感じと表現されています。Img_6038

 奔豚気病は、「気逆」の一つとして分類されます。漢方では、「気」を重要なものとして考えます。「気」とは、目に見えませんが、体の機能を動かすエネルギーのようなものです。元気の元と考えていただくとわかりやすいと思います。気は、全身を滞りなく巡っていると、血の巡りや水分代謝も滞りなく行われるので、心身の状態が安定します。 しかし、ストレスや疲労によって、気が逆に上昇している状態と考える事ができます。

 この方の体質に合わせた漢方薬の服用により、お腹の中から湧き上がるような騒がしさが鎮まり、落ち着いて仕事や日常生活が送れるようになられました。A306_081

医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 一人ひとりの症状や体質に細やかに対応できるのが漢方薬です。診察により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

☆新しいHPを作成中です。順次新しいページを追加しております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new

2017年2月10日 (金)

しめ鯖にあたった!!

 「先生~、またサバにあたっちゃいました~。」

と、診察室に入って来られました。ご家族が作ったしめ鯖にあたったそうです。

 「しめ方が甘かったのか、ほんのさっき吐いて、顔がこんなになっちゃって・・・。前の時に出してもらった漢方がよく効いたので、またあれを下さい。」Img_6149

 漢方薬は、魚や貝にあたった時に効果的な香蘇散という処方があります。紫蘇の葉が、蘇葉(そよう)として含まれています。

 紫蘇の葉は、太古の昔から魚の毒消しとして日本に伝わっていたそうです。お刺身のつまと一緒に紫蘇の葉がのせられている事が多いですが、これは、彩の為だけではなく、昔からの知恵だったようです。

 この患者さんは、その日はぐっすりと眠れて、翌朝すっきりと出勤されたそうです。

 遠方から漢方外来に受診される方が多いですが、ご近所の方も様々な症状がきっかけとなって、漢方ファンになられる方が多いです。Ky52_03

 じんましん、ぎっくり腰、打撲、アレルギーなどの急性症状などに、漢方薬を併用しますと、早い改善に驚かれる事が多いです。

 難しい症状に悩む方の受診も多く、鍛錬の毎日です^^

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。順次新しいページを追加しております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

~*~*~*~

 先日カルパッチョを食べました。紫蘇の葉はのっていませんでしたが、食べられるお花・エディブルフラワーがのせられていました。おいしく頂きました^^

2017年1月22日 (日)

イライラして食欲がない時の漢方

 イライラした時、食欲がなくなってしまう、とにかく食べて、食べ過ぎてしまうなど、食欲が異常になる方がいらっしゃいます。

 食べられなくなるのは、辛いですね。それが何日も何週間も続いてしまう方に漢方薬が好評です。

 イライラすると自律神経系の働きが乱れて、食欲不振になったり、下痢や便秘など胃腸の働きが乱れる場合があります。Img_5919_2_2

 診察や検査を受けても特に異常がない時、胃薬などでは思うような改善がみられない方に、ストレスに対応した漢方薬が効果的です。ストレスが原因と思われる症状は、人によって様々ですが、食欲不振や胃痛、胃もたれなど胃の症状として現れやすい方には、胃の調子を整える漢方薬が効果的です。

◆食欲がない、食べたい気がしない

◆食べ始めると、すぐに食べたくなくなる

◆胃が重い感じが続いている

◆胃がもたれる

◆胃が痛い、チクチクと痛む事があるKy21_13_2

など、様々ですが、一人ひとりの症状や体質に、細やかに対応できるのが漢方薬です。

 漢方薬は、多様な症状に対応している処方が多く、一つの処方で、全くかけ離れたように思える症状が改善される事が多いです。ご自身にどの漢方薬が合っているかの見極めは、漢方に詳しい医療機関を受診されることをお奨め致します。長年の経験による診断が重要となります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「胃の症状に漢方」

新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「ストレスによるイライラなどに漢方」new

「胃痛・胃炎・胃もたれ・食欲不振に漢方」new Img_5946

~*~*~*~

 ストレスによって現れる心身の症状は、様々です。胃腸の症状として現れる方、体の痛みとして現れる方もいらっしゃいます。

 運動など体を動かしてみたり、外出してみたり、趣味に没頭してみたりと、ストレスの解消方は、いろいろあると思いますが、思うような改善がみられない方は、漢方薬を試してみられてはいかがでしょうか。小学生や中学生のお子さんの受診も増えています。

 不調の原因や一人ひとりの体質に合わせた漢方薬の服用により、なかなか改善されなかった症状が改善される方が多いです。

2016年12月25日 (日)

飲み過ぎ食べ過ぎで気持ち悪い時は、漢方でスッキリ!!

 クリスマスパーティーに忘年会、新年会と楽しい席が続く方が多いと思います。今の時期は、飲み過ぎ、食べ過ぎによる胃もたれや吐き気、胃痛で受診される方が多いです。

 たくさんのごちそうやお酒を送り込まれた胃腸が、悲鳴を上げている方が増える時期です。連日の宴会でも、せっかくですから、おいしく食べたり飲んだりしたいですね。

 普段は、胃腸が弱い方ではなくても、飲み過ぎや食べ過ぎによって、胃腸の調子が悪くなっている状態を漢方では、「食積(しょくしゃく)」と言います。Img_5628_1_2

◆胃もたれ、胸やけ

◆げっぷやお腹の張り

◆酸っぱい胃液が上がってくる

◆食後や空腹時に胃が痛む

◆下痢や腹痛

などの症状が辛いという方が多いです。Img_5626_1

 消化不良によって、胃に滞った食物による余分な熱や湿気を取り除き、胃腸の働きを整える漢方薬などが効果的です。

 もともと胃腸が弱い方、普段は胃腸が丈夫という方など様々ですが、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 一般的な胃腸薬などでは思うような改善がみられない方、早く治して、次の宴会に備えたい方に、好評です。winenoodlericeball

 医師の処方による漢方薬は健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「胃の不快症状に漢方」Ky48_05_3

「二日酔い予防の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「胃痛・胃炎・胃もたれ・食欲不振に漢方」new

「二日酔い対策の漢方」new

~*~*~*~

 昨夜は、サンタさんが来られたお家が多いようです^^

 小さなお子さんから、xmasクリスマスプレゼントpresentの楽しいお話を聞かせていただきました。

2016年12月 8日 (木)

胃癌手術後の後遺症(ダンピング症候群)に漢方

 胃癌手術後からの吐き気、腹痛、下痢、めまい、どうき、だるさなどの症状は、ダンピング症候群と呼ばれ、胃を切除した方に起こりやすい症状です。

 食事療法や胃薬などによる対応が中心となりますが、思うような改善がみられない方、食欲が回復しない方、だるさが続いていて辛い方に、胃腸や体全体のバランスの乱れを整える漢方薬が好評です。

 胃の切除手術を受けらた方は、胃から分泌されるホルモン(グレリン)や胃酸、ペプシンなどの消化液の分泌が減りますので、食欲が低下したり、消化吸収力が低下しますので、胃痛や食欲不振、だるさなどのダンピング症候群に悩む方が多いです。

 手術後から長期間が経過しても、体調が回復されない方の受診が多いです。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「手術後の違和感、ひきつれなどに漢方」 Img_5296


☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「胃がん手術後の生活の質を改善」new

「内科・胃腸症状に漢方」new

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 胃癌で、胃を全摘されて、3年経過していましたが、食が細く、食べるとすぐに下痢になり、空腹時のお腹の張りやゴロゴロが続いていた方です。

 食事は、奥様がしっかりと工夫されていましたし、お腹の薬も何度も変えて頂いていたそうですが、改善がみられなかったそうです。

 知り合いの方のご紹介で、当クリニックへ受診されました。

 少しずつ食事の量が増えて、下痢もしなくなり、お腹の症状も改善されました。現在は、漢方薬の服用量を減らして継続されています。

 「先生、調子がよくなったので、2,3日さぼったら、またおかしくなって、慌てて飲み始めました。3年も治らなかったのに、いいと思って調子に乗ったら、また戻りそうになりました。漢方が効いているんですね。止められません (^^)」

2016年11月24日 (木)

胃がぽちゃぽちゃするのは、水分の摂りすぎ?

 体を温めて、冷え症対策をされている方が、多いです。ひざ掛け、靴下、腹巻、お茶など、いろいろあるようですが、水分の摂りすぎが、反って、冷えを悪化させることになってしまう事もありますので、飲み過ぎには注意して下さい。

 今日は、お茶の飲み過ぎで、胃に水分が滞ってしまった方のお話です。

 冷え症なので、体を温めようと、冷えによいと言われるお茶を毎日、たくさん飲み続けてられたそうです。Ky37_16_2

 夏の間は、それほど冷える感じもなく、過ごされていたそうですが、10月頃から、胃がぽちゃぽちゃする事に気づかれたそうです。手足の冷えや背中のザワザワする感じが気になり、漢方で改善できればと、受診されました。

 緑茶や紅茶、コーヒーなどに含まれるカフェインは、食性では、体を冷やす傾向があります。ホットで飲んでも、冷えれば冷たくなります。利尿作用もありますが、夕方や朝のむくみは、昼間や寝る前のお茶やコーヒーの飲み過ぎによる場合もあります。

 「胃がぽちゃぽちゃする」症状は、漢方では、「胃内停水」、「振水音」と呼ばれます。

 胃の中に余分な水分が停滞している状態です。胃腸からの水分代謝が低下している場合や日常的に水分を摂り過ぎる傾向のある方に多い症状です。

 食欲不振、胃もたれ、胃液が上がってくる、などの胃の不調を感じていない方もいらっしゃいますが、めまいや頭痛、むくみや冷えの原因となっている場合があります。

 この余分な水分が体の中に巡って、他の症状を起こしている場合もあります。日本は、湿度が高いので、体の中に余分な水分が溜まりやすいです。

 のどが渇いた時、ちょっとお茶を飲みたいと思った時に、お茶や水分を飲まれるのはよいですが、健康や冷え症改善の為にと、お茶や水分をたくさん飲んでいる方は、思わぬ水毒症状が現れる場合がありますので、気を付けて下さい。

 「胃がぽちゃぽちゃする」患者さんのお話に戻りますが、胃の働きを整え、胃に停滞している水分代謝を改善する漢方薬などの服用により、「胃のぽちゃぽちゃする」感じもなくなり、手足の冷えや背中のザワザワを感じなくなりました。

 「自分で調べた漢方が効かなかった。」というご相談を受けることがあります。漢方薬は、病名に合わせて処方が決まるのではなく、病気や症状が起こる原因となっている体質、体のバランスの乱れを整えることで、病気や症状を改善するように整える処方になります。

 漢方に詳しい医師または、薬剤師にご相談される事をお勧め致します。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

「胃の症状に漢方」 Img_5278

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new

「胃痛・胃炎・胃もたれ・食欲不振に漢方」new

2016年6月27日 (月)

内臓冷えに漢方!!

 蒸し暑い季節になりましたが、だるさや胃腸の不調が続いている方の受診が多い季節です。下痢になりやすい、風邪をひきやすいなどの原因が、内臓の冷えから起こっている場合があります。また、免疫力の低下により、病気にかかりやすくなります。

◆下痢になることが多いKy22_09_3

◆風邪をひきやすい、治りにくい

◆低体温(36.3度以下)が多い

◆寒がり、厚着をしても寒い

◆手足が冷たい

◆お腹が冷たい

などの症状がある方は、内臓から冷えている場合が多く、体の外側から温めても、なかなか温まらない方が多いです。

 冷たい食品を控えめにしたり、エアコンの設定温度を高めにしたりするなどの工夫も大切ですが、それだけでは、体の不調が改善されない方が多いです。

 このような方に、内臓など体の奥の部分から、温める効果のある漢方薬が効果的です。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、体調不良が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_4528_2

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「内科症状に漢方・胃腸症状、冷えなど」

2016年6月25日 (土)

食べると胃痛(原因不明)

 突然の胃の痛みは、辛いですね。胃痛の原因として、胃の粘膜の炎症、胃の筋肉のけいれんなどが考えられます。

 一時的な炎症で、すぐに治る場合も多いですが、慢性的に症状が続いている方や繰り返す方は、重篤な疾患による場合も考えられますので、胃カメラなどによる検査をお奨めします。

 水戸部クリニックでは、胃カメラによる検査を行っております。口から、鼻から選べます。

「鼻からの胃カメラ」 Ky21_03_2

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯にも対応

「鼻からの胃カメラ」new

 検査をしても特に異常が認められない、思うような改善がみられない、胃薬が合わないなどでお悩みの方に体質改善の漢方薬が好評です。

 胃痛や胃炎などの症状を漢方の視点から、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。他のお薬との併用もできます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「胃の症状に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯にも対応

「胃痛・胃炎に漢方」new Img_4527

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「食後2時間で、激しい胃の痛みになります。起きていられないほどの痛みになることもあります。怖くてご飯が食べられなくなりました。

 様子をみながら、ほんの少しのおかゆを食べています。体重が3キロも減ってしまいました。

 胃カメラもしましたが、異常がないと言われました。胃の薬を変えてもらったり、市販の漢方薬を飲んだりもしましたが、よくなりませんでした。漢方に詳しい先生に、きちんと診て頂いたほうが、いいと思って受診しました。」

 頭痛が多く、のどがつかえるような感じになる時も多いとのお話でした。

 この方の体質に合わせて、胃の働きを整える漢方薬を2週間分処方しました。

 「漢方を頂いて、3日目に、ものすごく胃が痛くなりましが、それから、ケロッと治ってしまいました。あれだけ辛かったのが、なんだったのでしょうか。もっと早く、来ていればよかったです。頭痛もなくなりましたし、のども苦しくなることがなくなりました。

 体が温まって、体調もいいので、もう少し続けたいです。」

2016年5月28日 (土)

食欲がない、太れない時の漢方

 胃の調子が悪く、食欲がなく、痩せてしまう方、太れない方に、胃の働きを整える漢方薬が好評です。

 胃カメラなどの検査を受けても胃炎などの症状がなく、胃薬などでも思うような改善がみられない方に、体質改善の漢方薬が効果的です。Ky22_095_3

◆いつも胃が気持ち悪い 

◆空腹時も胃がムカムカしてもたれている

◆食べるともたれるので、食べるのが嫌になる

◆食欲がない、食べる気がしない

◆食べるとすぐに満腹になって、食べられない

◆ストレスに敏感で、食欲がなくなる

◆元々胃腸が弱い

など、様々ですが、食べられない原因や体質は、一人ひとり異なります。

 患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「胃痛・胃もたれ・食欲不振に漢方」スマホサイト

Img_3895_3詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「胃の症状に漢方」

より見やすく、わかりやすいHPを作成中です。

「胃痛・胃炎に漢方」

 胃の症状が続いている方は、胃カメラによる検査をお奨めします。

「鼻からの胃カメラ」 

~*~~*~

 ある患者さんのお話です。

 「何か月も胃が気持ち悪い状態が続いています。食欲がなく、食べる気がしません。太れなくて困っています。」

 胃の働きを整える漢方薬を2週間処方しました。

 「気持ち悪いのが取れたので、調子に乗って食べ過ぎてしまいました。それから胃がもたれて、また食べられなくなってしまいました。」

 漢方薬をもう一種類追加しました。

 「毎日食べられるようになりましたが、食べ過ぎるともたれます。

 前回追加した漢方薬は、もたれた時に追加服用するように、お話しました。

 1か月後、

 「自分でも神経質なのはわかっていますが、ちょっと考え事で、胃がチクチクしてしまいます。」

 漢方薬を変方しました。

 体調や胃の調子の変化に合わせて漢方薬を調節しました。現在は、胃の症状や体調が安定して、服用を続けていらっしゃいます。

より以前の記事一覧

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ