カテゴリー

しびれ

首、腕、肩、腰、足のしびれ

2019年10月 3日 (木)

股関節手術後の痛み

 「3年前に股関節の手術を受けました。

 しばらく調子がよかったのですが、涼しくなってから、チクチクと痛むようになりました。

 整形外科へ受診しましたが、レントゲンも異常がないと言われました。

 それから夜のトイレの回数が多くて・・・それからこんな症状も・・・」Ky32_15

 ハキハキとした元気のいいご高齢の女性の方です。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「先生、2週間飲んだら、ピタッと痛みが消えました。

 びっくりしました。

 トイレに起きますが、起きる回数が減りました。」

 継続されているうちに、寝つきもよくなったそうです。

『手術後の痛み・しびれ・後遺症に漢方』

 手術後、数年以上経過してから痛みを感じるようになる方がいらっしゃいます。

 手術は成功していて、しばらく快適に過ごしていて、数年以上経過したころから、痛みやしびれを感じるようになったという方が、漢方治療を希望されます。

 漢方では、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方となります。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、体全体のバランスの乱れを整える漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2019年7月25日 (木)

脊柱管狭窄、腰椎すべり症の痛み、しびれ

 脊柱管狭窄の痛みやしびれの改善に漢方治療を行っております。

 痛みやしびれにより、日常生活に支障を感じている方、ご高齢の方の生活の質の改善のために、漢方治療を行っております。

 手術後に、何年も経過して痛みやしびれが再発した方のご相談も多いです。

 患部の血流を改善したり、温めたりする漢方薬などが効果的です。

 脊柱管狭窄、腰椎すべり症、椎間板ヘルニアなどによる痛みやしびれで受診される方が多いですが、痛みの度合いや体質、痛みやしびれを感じる部位などにより、細やかに対応した漢方薬が効果的です。

「腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアに漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「頸椎ヘルニア、すべり症、狭窄症に漢方」Img_4356 

~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 86歳の女性の方です。

 ご家族の方と、手をつないで診察へ入って来られました。

 「脊柱管狭窄と腰椎すべり症です。

 5か所つぶれています。

 足のしびれと痛みがひどいです。

 それから、足のむくみがひどくて、利尿剤を飲んでいますが、全然むくみが引きません。」

 両ひざから下が丸太のようにむくんで、足の甲もサンダルが入らないくらい、パンパンにむくんでいました。

 この方の体質に合わせて、体の余分な水分の代謝を促進する漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、足のむくみは少し引いた程度でした。

 ご高齢の方なので、漢方薬に対しての体の反応もゆっくりになると思われましたので、漢方薬を変方せずに、そのまま様子をみて頂きました。

 1か月後、

 「むくみが引いて、足のだるいのは、だいぶ楽になりました。

 でも、腰から下がまだ痛いし、しびれています。」

 足の甲のむくみがすっかり引きました。

 この方の場合は、むくみを改善してから本格的に狭窄症の治療を考えておりましたので、漢方薬を変方しました。

 変方して2、3カ月くらいは、それほど効果を実感されなかったようですが、その後、痛みやしびれが改善して、一人で診察室へ入って来られるようになりました。A303_019_20190725105801 

 関節の痛みやしびれが激しい方は、日常生活に支障が出る場合が多いです。

 水戸部クリニックでは、高齢者の方の生活の質を改善することも考慮して、漢方治療を行っております。

 心や体の不調を改善して健康寿命を延ばすために、患者さん一人ひとりに寄り添った医療を心がけております。

「健康寿命に老化対策の漢方」

2019年6月14日 (金)

足のビリビリが治らない方に漢方

 「足がビリビリします。

 ネットをすねに当てておかないと、靴下があたるのも痛いです。

 見た目はなんともないので、薬は必要ないと言われるばかりです。」Img_4031

 包帯用のネットを両足のすねや腿(もも)の部分に、あてている方でした。

 80代の女性です。

 付き添いで、こられたご家族の方も、お母様の訴えに困っている様子でした。

 神経痛や関節痛でなはく、皮膚表面のビリビリする感じがつらいと言われていましたが、湿疹などはみられませんでした。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「漢方を飲んで1週間くらいしてから、ビリビリが減っている感じがしました。

 まだビリビリしていますけど、ずーっと楽になりました。」

 すねの部分のネットはなく、普通に靴下をはいてられました。Ky32_19 

 ご家族の方も

 『ビリビリするって言わなくなったので、よくなっているんだと思います。

 顔を合わせると、ここがねえ、ビリビリして痛いと、一日中言っていましたから・・・。

 よかったです。』

 漢方治療を行っておりますと、多様な症状に悩む方のご相談が多いです。

 ご高齢の方の漠然とした不調、いわゆる不定愁訴のご相談も増えています。

「健康寿命に老化対策の漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

2019年5月31日 (金)

脊柱管狭窄のしびれが治らない方に漢方

 「脊柱管狭窄で右足がしびれています。最近は時々左にしびれが出るようになりました。

 病院を変えたりして3年くらいになりましたが、よくなりませんでした。

 漢方がいいかもしれないと思ってきました。」Ky54_12-1

 入浴時の痛みや手足の冷えなどについて細かく伺いました。

 毎日ウォーキングをさウォーキング後は、足のしびれが少し楽になるとのことでした。

 漢方独特の診察や問診表に記載して頂いた内容も考慮して、この方に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「まだよくわかりません。

 お風呂に入った後は、しびれが強くなってビリビリします。

 15分くらいで落ち着くのは、以前と変わりません。」

 漢方薬を変方しました。

 2週間後、

 「漢方薬を変えて頂いてから夜寝ていて、足がビリビリして寝つきが悪いのは治りました。

 少しよくなっているのかもしれませんね。」

 その後さらに1カ月、

 「体から汗が出るようになってきました。

 しびれはまだありますが、よくなっているのがわかります。

 同じ漢方薬を続けてみたいです。」

 さらに1カ月後、

 「とても楽になりました。

 しびれもなくなって、体全体が軽くなっている感じです。

 調子がいいからと思って、2、3日飲まなかったら、またしびれが出ました。

 漢方が効いているんですね。」

「腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアに漢方」

 脊柱管狭窄症などによる関節の痛みやしびれに、漢方治療を行っております。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 診療科にとらわれることなく、多様な症状のご相談が多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年5月 8日 (水)

交通事故の後遺症(ひざが腫れて痛い)に漢方

 交通事故やケガの後遺症による痛みやしびれに漢方治療が好評です。

 当時の傷は完治していたのに、長い年月が経過してから痛みやしびれを感じるようになる場合があります。

 何年も前であったり、何十年前のケガの部位が、寒い日や雨の日に痛んだりする方も多いようです。A307_016

 痛みやしびれを感じる部分の炎症を鎮め、血流を改善する漢方薬などが効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「むちうち、事故の後遺症に漢方」

 手術後のお腹の違和感や便秘なども対応しております。

「手術後のお腹の張り、痛み、違和感に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。 Ky32_22

 「右足がむくんで腫れています。若い頃に、交通事故に合って、左ひざを手術しました。

 何十年もなんともなかったのですが、1年くらい前から、左ひざが痛くなり始めて、かばって歩いていたら、右足がむくむようになりました。

 足に力が入らなくて、立ち上がった時に、転んでしまいました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「ひざの腫れがひいきました。まだ痛みはありますが、足が動かしやすくなって、体が軽いです。」

 継続されて、1か月後、

 「とても調子がよくなりました。ひざの痛みが取れて、正座ができるようになりました。」

 調子がよいので、服用量を減らして継続されました。

 その後、ひざの痛みを感じると2、3日~1週間くらい服用して、治ると、漢方薬を中止してを繰り返して、快適に過ごされていらっしゃいます。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年4月11日 (木)

右ひざが痛い方に漢方

 膝の痛みがつらい方に、膝の炎症を鎮める漢方治療が好評です。

 膝に水が溜まりやすい、歩いていると痛くなる、座っていて立ち上がる時に痛み方などさまざまですが、漢方では、膝の痛みの原因となっている体のバランスの乱れを整えることにより、膝の痛みを改善する処方になります。

 膝の痛みにはこの漢方薬ということではなく、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。Img_3070

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 ある患者さんのお話です。70代の女性の方です。

 「1週間前から、ひざが痛くなりました。変形性膝関節症と言われたことがありますが、それほど痛くなかったので、あまり気にしていませんでした。プールに1週間に2、3回通っていますが、急に右ひざが痛くなりました。水の中でキックを続けていたからかもしれません。」

 右ひざ関節が少し腫れていました。ひざの炎症を鎮める漢方薬を1週間処方しました。

 「先生、ひざ治りました。腫れも引いています。びっくりしました。左のひざも時々痛い時があるので、漢方薬を続けていいですか。」

 ひざの炎症は引いたので、膝に水を引いて、再発予防の漢方薬を処方しました。

 以前からあった膝の鈍痛もすっかりなくなり、体重が減って、体が軽くなったそうです。A303_053

 水太り体質の方は、体の余分な水分が減って、体重が減る場合があります。膝への負担が減る場合があります。

 水戸部クリニックでは、ひざや首、肩、腰などの関節痛の改善に漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「ひざの痛み・腫れに漢方」

新しいHPにより詳しい内容が掲載されています。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2018年3月 7日 (水)

雪かきをしてから肩が痛い時の漢方

 肩が痛い、上がらない、雪かきをしてから治らない方の受診が多いです。整形外科でレントゲンも異常がなく、いつまでも治らないという方の受診が多いです。

 今年は、大雪で、除雪が追い付かないくらい大変だった方、最強寒波による体の冷えが原因と考えられる症状で受診される方が多いです。

 温かい部屋で過ごす時間が多くても、体に冷えや血行不良などが起こり、関節の痛みやしびれなどの症状が現れたり、悪化する方が多いです。Img_9534

 肩関節痛などを改善する漢方薬は、鎮痛剤とは異なり、関節部分の炎症を鎮め、血行を改善することなどにより、慢性的な痛みや急に起こった痛みを少しずつ改善するように働きます。継続的に服用を続けることで、痛みが楽になる方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「新潟の五十肩・肩関節痛に漢方」

「肩こりに漢方」

新しいHPもご覧ください。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」 Ky30_01_1

~*~*~*~

 「1月頃から、右肩が痛くなって、この辺までしか痛くて動かせません。治るかな~と思っていましたが、ずっと痛いです。毎日除雪をしていたからでしょうか。」

 「もともと肩こりでしたが、痛くて眠れなくなりました。今年は、雪が多かったでしょう。スノーダンプで、こうやって雪を捨てるから、左に力が入っていたのか、左側が痛くなっています。いつもは、右肩の方がこっている感じがしていましたが、やっぱり雪かきが原因でしょうね。

 二の腕がキューっと締め付けられているというか、ひどい筋肉痛が続いているような感じです。」

 「肩が痛いです。雪かきを毎日していたら、痛くて肩にに何かが乗っかっているような、鉄板のような板が入っているような感じです。」

など、様々ですが、連日の雪かきによると思われる方が多いです。

 肩関節痛や肩こり、筋肉痛にはこの漢方という処方となれば簡単なのですが、体質や痛みを感じる部分、痛みが激しくなる状態、入浴で痛みが軽減されるかなどによって、処方する漢方薬は異なります。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「新潟の五十肩・肩関節痛に漢方」

「肩こりに漢方」

新しいHPもご覧ください。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

2017年12月14日 (木)

風邪をひいても仕事を休めない、眠くなる薬は困る方に漢方

 風邪をひいても仕事が休めない方、眠くなる薬は困る方に、漢方薬が好評です。

 いわゆる総合感冒薬と呼ばれるお薬には、抗ヒスタミン薬が配合されている場合が多く、安静にしてぐっすり休める方には、とてもよいと思います。しかし、仕事を休めない方、車の運転や仕事中に眠気が出て困るという方が多いようです。

 そのような方に、漢方薬が好評です。

 ある患者さんのお話です。Img_9073

 「バスの運転手をしています。風邪をひいても休めないので、風邪をひけないんですよ。できるだけ予防したいのですが、何かお薬はありませんか。

 運転していると冬は腰が痛くなりますが、痛み止めでも眠くなって困るので、それも飲めなくて・・・、姿勢を変えながら運転していますが、辛くて・・・。ボロバスを運転しているので・・・(笑)」

 この方は、冷えにより、免疫力が低下して、風邪をひきやすくなりますし、冷えにより腰痛が悪化していますので、体を温める漢方薬を処方しました。

 冬の運転は、体が冷えて冷えて、風邪をひきやすかったそうですが、体が温まって、快適だそうです。肩や腰の痛みを楽なって、ハンドルを操作も滑らかになっているそうです。

 漢方は、患者さんそれぞれの職場環境や生活環境、体質、季節変化などに合わせた処方が効果的です。

 『風邪には葛根湯でしょ。』

と思っている方がいらっしゃるようですが、葛根湯を飲むタイミングや風邪症状の状態が合っていないと、あまり効果がない場合もあります。

【葛根湯が効くタイミングは・・・】Ky48_16_2

◇背中がゾクゾクする、寒気がする

◇肩こり、首や背中のこり

◇頭痛、筋肉が痛いような重だるい感じ

の状態の時が効果的です。

【葛根湯のタイミングではない時、体質が合わない時】

◆悪寒があまりなく、すでに発熱している時Ky16_01

◆のどが痛い時

◆胃腸が弱い方

 このような状態の方には、別の漢方薬が効果的です。風邪症状や体質に合わせた漢方薬でなければ、あまり効果を感じられない場合が多いです。風邪症状や一人ひとりの体質に細やかに対応しているのが漢方薬です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、お財布にやさしいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の風邪に漢方」

「風邪に漢方」

2017年9月28日 (木)

腰椎すべり症の激痛に漢方

 「5月に腰椎すべり症になりました。それから3か月になりますが、激痛で泣いていました。寝ていても起きていても、痛くて痛くて、死にたいくらいです・・・。娘が漢方がいいと、こちらを調べてくれて連れて来てもらったんです。いたたた・・・。すみません、痛くてやっと動いています・・・。」

 娘さんに付き添われて、診察室へ入って来られました。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつ痛みが軽減され、漢方を開始して約1か月になります。

 「漢方を飲んで痛みが驚くほど楽になりました。このまま寝たきりになるのかと思ったり、死んだほうがマシなんて考えたりしていたのが、嘘の様です。毎日畑仕事に出られるようになりました。このまま続けていてもいいですよね。」Img_8465_2

 腰椎すべり症や脊柱管狭窄、椎間板ヘルニアなどによる痛みに、漢方治療が効果的です。患者さんそれぞれの痛みの原因や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

「脊柱管狭窄・椎間板ヘルニアなどに漢方」

「腰痛やしびれに漢方」

 長年の漢方診療の経験を活かして、ご高齢の方の生活の質の改善に力を入れております。痛みやしびれ、だるさなどが慢性化すると、気持ちが沈んだり、やる気がなくなったり、外出がおっくうになったり、寝てばかりの生活になりがちです。

 痛みやしびれを感じる部分を動かさないようにしていると筋力が衰えたり、全体の機能低下が進行しやすくなります。Ky32_09

 気力の低下や気分の落ち込みが、鬱や認知症に移行する原因になりやすいことはご存知かと思います。

 水戸部クリニックでは、患者さん一人ひとりの症状や辛いお気持ちに寄り添った医療を心がけております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、ご自宅で診察が受けられる遠隔診療(オンライン診療)が可能となりましたので、新潟県全域や県外からの方も増えています。

「老化予防に漢方・認知症・介護予防に」

2016年10月16日 (日)

乳がん手術後の体調不良に漢方

 乳がんの手術後の体調不良に、体調を整える漢方薬が好評です。手術後の患部の腫れや痛みの軽減のご相談も受け付けております。

 手術後に一定期間が経過しても、腫れや痛みが続いている方、抗がん剤治療などによる体調不良、体力が回復しない方、免疫力の低下により、風邪をひきやすくなったり、皮膚炎が治りにくくなったりと、様々な不調に悩む方がいらっしゃいます。

 このような方に、患者さんそれぞれの症状や体調に合わせた漢方治療が効果的です。

 手術による体力の消耗、ストレスによるイライラや気分の落ち込みにも対応しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

PC用HPはこちら

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応です。より詳しく、わかりやすいページを作成中です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new

「手術後の痛み、腫れ、後遺症に漢方」new

~*~*~*~A307_055

 ある患者さんのお話です。

 乳がん手術後に胸や腕の腫れや痛みが、なかなか改善されないとの事で、受診されました。ホットフラッシュや微熱が続く時が多く、体のだるさもが続いていました。再発予防したいとのご相談でした。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後

 「漢方を始めてから、3日後くらいから、異常なほてり(ホットフラッシュ)が、少し楽になったことに気づきました。まだ腕の腫れは、よくわかりません。」

 継続されて、1か月後

 「腕の腫れが引いています。血管が浮き出るような汚い感じが、少しきれいになって来ました。嬉しいです^^ 」

 少しずつ体力も回復され、腕の腫れや痛みが鎮まりましたので、再発予防の漢方薬を中心に変方しまして、現在は、服用量を減らして、継続されています。

~*~*~*~

 乳がん手術後から、風邪をひきやすくなり、ものもらい(麦粒腫)が、何か月も治らない方が受診されました。

 目を開けているのが、辛いほど大きな麦粒腫(ものもらい)が出来て、目薬だけでは改善がなく、何度も切開しても、また再発を繰り返しているそうです。

 この方の体質に合わせて、免疫力を高めて、回復力を高める漢方薬などを処方しました。少しずつ、ものもらいが、できにくくなり、漢方中止となりました。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」 Img_5024

☆新しいHPを作成中です。

「目の周りの湿疹・かゆみに漢方」

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new  スマホ、携帯、PC対応

ランキングにご協力下さい。


にほんブログ村