カテゴリー

.咳、痰、喉の症状

咳や痰、のどの症状が治りにくい方に体質改善

2020年9月10日 (木)

産後から、食事中に食べ物がつかえる

 「産後から、食事中に食べ物がつかえて、喉がつまります。

 近くの病院で、半夏厚朴湯を処方されましたが、治りません。

 胃カメラも異常がないと言われました。

 食事をしているとつまるのが心配で、過呼吸を起こしてしまった事があります。

 心配であまり食べられなくなっています。」

「のどのつかえ、咽喉異常感に漢方」295

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「喉のつかえが、とても楽になりました。

 食事中もつまる時がほとんどなくなっています。

 それが気になっていつもなんとなく気分が落ち込んでいましたが、

表情が明るくなったと、主人に言われました。」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2020年8月21日 (金)

鼻茸と鼻づまりで、息苦しい

 鼻がつまって、息苦しいという方が受診されます。

 一言に鼻づまりと言いましても、漢方の視点から考えますと、多様です。

 診察時に、よーくお話を伺っておりますと、体質や鼻のつまり具合などにより、漢方処方の絞り込みが、頭の中でできて来ます^^

 漢方薬は、長くの飲まないと効かないと思っている方が多いようですが、2~3週間で、ほんの少しでも改善を実感されない場合は、処方を再検討する場合が多いです。

 劇的な改善を実感されて、「驚きました!!」という事もありますが、少しずつ良くなっていると感じる方が多いです。

「鼻茸(鼻ポリープ)に漢方」

~*~*~

鼻茸が大きくなっていて息苦しい

 「鼻茸が大きくなっていますが、手術していません。

 鼻がつまって息苦しくて、喉がつかえる感じもして、

なんだか精神的にもおかしくなってきました。」Img_7507

 この方の体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 「いい日と悪い日の波が出てきた感じがします。

 鼻の通りがよくなってきました。

 喉のつかえや肩回りの重苦しい感じも良くなっています。

 鼻茸の腫れは引いた感じはまだないですが、なんとなくいい感じです。」

 継続されて3カ月後、

 「だんだん調子がよくなって来ました。

 右の鼻が通るようになりました。

 左の鼻はつまりますが、副鼻腔炎の膿が出やすくなって、

治りが早いのがわかります。

 毎日憂鬱だったのが、気分がスッキリとして来ました。」Ky18_14

 鼻茸が徐々に小さくなっている事を実感されて、現在も継続されていらっしゃいます。

「鼻茸(鼻ポリープ)に漢方」

2019年10月11日 (金)

後鼻漏で、夜中に目が覚める

 後鼻漏に漢方治療を行っております。

◆鼻水が喉の奥に落ちる

◆喉の奥に、粘り気のある痰がひっかかっている

◆喉の奥に鼻水や痰が落ちて、咳き込む、胃が気持ち悪い

などの症状が続いていて不快という方が多いです。Img_5293

 慢性副鼻腔炎が原因となっている方、はっきりとした原因が認められないという方が、受診されています。

 東洋医学では、後鼻漏が起こっている体のバランスの乱れを整えることで、後鼻漏の改善を考えます。

 後鼻漏には、この漢方薬とはなりませんので、長年の漢方診療の経験により、患者さんの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 「後鼻漏に漢方」

 ある患者さんのお話です。

 「後鼻漏で夜中に目が覚めて、眠れなくなります。

 喉の奥の深い部分に痰がひっかかって、それが気になる日もあります。」Ky18_01-3

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「後鼻漏はなくなりました。

 時々気になりますが、漢方薬を飲む前とは全然違います。

 胃も変な不快感があったのですが、それも治っています。」

 継続されて、約2か月後、

 「すごく調子がいいです。

 蓄膿の症状もなくなって、鼻の中からの嫌な臭いがなくなりました。」

~*~*~*~

 この方の場合は、比較的早い時期で改善を実感された例です。

 後鼻漏の症状で受診される方が多いですが、年齢や体質、生活習慣などにより、体質改善に長期間を要する場合もあります。

 同じ症状で、受診されても体質は、一人ひとり異なりますし、漢方薬を服用されても、症状の改善を実感されるまでに、長期間を要する場合もあります。

 食生活や生活環境、職場環境、ストレスなどが影響している方が多いので、じっくりと取り組んで頂きたいと思います。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 必要に応じて、西洋薬と漢方薬を併用するなど、西洋薬と漢方薬のよさを活かした診療を行っております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2019年7月13日 (土)

急に息苦しくなって、手がしびれる感じに漢方

 「何の前触れもなく、急に息苦しくなって、腕や足がしびれます。

 しばらくすると治りますが、よくなります。

 何か所か病院を回りましたが、過呼吸じゃないかって言われましたが、薬は必要ないって言われました。

 でも、最近頻繁になってるんです。

 飼っていた猫が死んでから、寂しくて・・・。それから始まった気がします。」 Ky13_05

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「全然違いますね。

 気分がすっきりして、息苦しくならなくなって、手も足もしびれることがなくなりました。

 それから、なんとなく体調がよくなった気がします。

 なんというか・・・以前より元気になった感じがします。

 あのう・・・以前から胃の調子がよくなくて、胃薬を何種類も変えてもらいましたが、どれも効かなくて、漢方でいいのはありますか。」

 漢方薬を変方しました。

 「胃の調子もよくなりました。先生すごいですね。」

~*~*~*~Img_4328

 心の疲れや不安などによる症状に、漢方薬がやさしく作用します。

 ストレスや不安、イライラなどの改善やそれに伴う症状が改善のために、体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「イライラ、気分の落ち込み、ストレスに漢方」

 この方のように、ストレスや不安などが、過呼吸の原因となっている場合が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年6月20日 (木)

痰に血が混じる、検査しても異常なしと言われます。そんな時は漢方

 「痰に大量に血が混じります。何か所もの病院を回って、かなり詳しい検査も受けました。

 3D画像も異常がなかったです。

 めんどうな検査も何度も受けましたが、異常がないからと薬も出ないし、血痰は止まらないし、食事も大変な状態です。

 まだ出ると言ったら、また再検査するって言われたんです。同じ検査をしても苦痛なだけですから、ネットで調べたら、漢方がいいかもしれないと思って来ました。」Img_4239

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「先生、痰は出ていますが、血が混じらなくなりましたよ。半年以上も出ていたのに、よかったです。

 でも、痰の量はすごく多いんです。1日でティッシュ1使います。それもなんとかなりませんかねえ・・・。」

 漢方薬を変方しました。

 「痰の量がずいぶん減りました。まだ多いですけど、だいぶ楽になりました。

 漢方ってこんなに早く効くんですね。

 長く飲まないと効かないのかと思ってましたけど。

 だいぶいいので、もう少し続けてみます。」A306_085 

 漢方治療を行っておりますと、多様な症状に悩む方の受診が多いです。

 こちらも、頭をフル回転させて、その方の症状が起こる原因となっている体のバランスの乱れを考えています。

 この方のように、すぐに軽快を実感される方ばかりではなく、しばらく難航する場合もありますが、一人ひとりの方の苦痛に寄り添った治療を心がけております。

 「よかったです。」「楽になりました。」

 のお言葉を頂く事が多く、私達にたくさんのエネルギーを下さいますので、続けられております^^

「咳・痰・喘息に漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年5月18日 (土)

喘息で入院を繰り返している方に漢方

 「3年前から喘息で、入退院を繰り返しています。

 副鼻腔炎も治りにくくて、困っています。

 体質改善をしたいと思って受診しました。」

 その日は、喘息症状は落ち着いていて、副鼻腔炎の症状が激しい状態でした。 Img_3812

 鼻がつまっていて、鼻をかむと、わずかに黄色い鼻水が出る症状でした。

 漢方では、副鼻腔炎の症状や鼻水の状態などに細やかに対応した処方があります。

 この方の副鼻腔炎の症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 今回は、副鼻腔炎の症状が激しかったので、そちらの改善を優先して、副鼻腔炎がおちついたら、喘息体質改善の治療に切り替えることをお奨めしました。

 「副鼻腔炎の症状は、すっかり良くなりました。

 鼻の中の嫌な臭いもしなくなりましたが、喘息っぽくなってきました。

 ゼーゼーし始めています。」

 漢方薬を変方しました。

 喘息の治療のための漢方薬は、咳や痰の状態やその時の体力や体調などを考慮して、検討しております。

 「少しはよかったのですが、痰が多くて、咳が出ている感じがします。」

 漢方薬を変方しました。 Ky16_27-2

 「咳も痰もほとんど出なくなりました。これかの見通しがついた感じがして、安心しました。」

 しばらく継続されて、喘息発作を起こすことがほとんどなくなっています。

 現在は、咳や痰が気になって時に、漢方薬を服用されていますが、喘息発作に移行することがなくなって、喘息での入院することがなくなっています。

 「ちょっと疲れたとか、風邪っぽいなあと思うと、すぐ喘息になって、吸入薬でもだめで、入院になってばかりでしたが、漢方薬を飲んでから一度も入院していませんし、体力がついている感じがします。」

「咳・痰・喘息に漢方」

~*~*~*~

 喘息症状の改善や喘息体質の改善に漢方薬が効果的です。

 咳や痰が激しい状態の時は、咳や痰の改善を中心とした漢方薬で、喘息症状が落ち着いている時は、喘息体質の改善の漢方治療が中止となります。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 必要に応じて、一般的な咳や痰に対応したお薬との併用も致します。西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした治療を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方内科・水戸部クリニック」

2019年5月13日 (月)

しゃっくりが止まらない方に漢方

 「しゃっくりが止まりません。もう1カ月くらいになります。

 こんなに長く続いている方はいますか?

 しゃっくりが止まらないので、食欲もなく夜も眠れないので、体がふらふらします。

 近くの医療機関で、漢方薬を2種類変えてもらって飲みましたが、ぜんぜん止まりません。」Img_3320-1

 この方の体質に合わせた漢方薬を1週間分処方しました。

 しゃっくりが止まれば、それでお薬は中止、止まらなければ漢方処方を変方しますので、受診していただくようにお話しました。

 結果は、バッチリ(^^♪ でした。

 「どうやっても、何をしても止まらなかったしゃっくりが、漢方薬を飲んで3日で止まりました。

 漢方薬を止めてみましたが、しゃっくり出ないみたいです。まだ飲んだ方がいいですか。」

 とお電話を頂きました。

 漢方薬を中止としました。

 しゃっくりは、いつの間にか止まることが多い症状ですが、ごくまれに何週間も何カ月も止まらないと受診される場合があります。

 いつまでも止まらないしゃっくりの原因となっている体のバランスの乱れを整える漢方薬が効果的です。A306_034_2

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「止まらないしゃっくりに漢方」

2019年4月29日 (月)

におい玉が気になる方に漢方

   におい玉(膿栓)による口臭が気になる方に、漢方治療を行っております。

 におい玉とは、喉の両脇にある扁桃にたまる小さな塊のようなものです。膿栓と呼ばれるものです。

 通常は、自然に飲み込んだり、咳や痰として排出されていますが、唾液が少なくなったり、口の中や喉の奥が乾いていると、におい玉がたまりやすくなり、口臭の原因となることがあります。Ky35_01_3

 扁桃に炎症が起こっている可能性も考えられますので、耳鼻科を受診されることをお奨め致しますが、特に異常がなく、改善がみられない、におい玉を除去してもらっても、繰り返したまる方に、体質改善の漢方治療を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「耳・鼻・喉の症状に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「におい玉ができます。耳鼻科で取ってもらったこともありますが、しばらくすると溜まります。

 ひどい口臭になるので、気になります。

 におい玉が溜まらないようにすることはできませんか。

 喉の奥が乾燥して、食べ物とかが飲み込みにくい感じがしています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「喉の奥の乾燥が少しいいような気もしますが、まだ乾いています。

 朝起きた時に、喉がイガイガします。」

 漢方薬を変方しました。

 「喉の奥の乾燥が楽になりました。喉のイガイガも治りました。」

 漢方薬を継続されていらっしゃいまして、それ以来におい玉が溜まる感じはなく、不快な口臭に悩まされることがなくなっています。

2019年4月16日 (火)

アレルギー体質改善の漢方で、IgE抗体が下がった!!

 「喘息と鼻炎を繰り返しています。喘息発作が治りかけると鼻水が出てきて、鼻炎になります。アレルギーマーチですよね。

 喘息で入院になることが多いので、漢方でよくなればと思って来ました。Img_2862

 食物アレルギーで、たくさんの食品に高い数値が出ていて、何を食べさせたらいいかわからないくらいです。

 食も細くて、身長の伸びもよくないです。」

 喘息症状とアレルギー性鼻炎に対応した漢方薬を処方しました。

 「漢方薬を飲ませたら、咳が減りました。鼻水もずっと減って、家に帰って来てもズルズルっと、鼻を鳴らすことが少なくなっています。」

 継続されて、1月の下旬に、インフルエンザにかかったそうです。

 「熱は出たんですけど、喘息発作を起こさなかったです。アレルギーマーチがピタリと止まっています。風邪やインフルエンザにかかると、決まって喘息発作を起こして、入院していたのに、今回は、熱が続いただけで済んだんです。」

 2月に入って、喘息発作が出たと受診されましたので、漢方薬を変方しました。

 その後、落ち着いたので、いつもの漢方薬に戻して継続されていました。

 先日4月に入って、再度受診されました。

 「とても調子がいいです。漢方薬を飲んでいると、喘息発作も鼻水も全然でないです。

 それから先生、食物アレルギーの検査をまた受けて来ましたら、IgE抗体の数値が9000から3000まで下がっていたんです。

 卵も過熱したものなら食べられるようになりました。

 食べてよいものが増えたので、体がしっかりして、身長も伸びました。Ky52_16

 あれもこれも、数値が高く出て、何を食べさせたらいいのか、この子はどうなってしまうんだろうって、ずっと心配していましたが、3カ月ですよ、漢方薬を飲み始めて3カ月でこんなに変われるなんて、うれしいです。

 私も心配で夜中に何度も目が覚めたりしていましたが、落ち着いて眠れるようになりました。」

~*~*~*~

 子供の喘息などのアレルギーに、体質改善の漢方治療を行っております。

 咳や痰、鼻炎、アトピーなどのアレルギー体質のお子さんの受診が多いです。

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「子供の虚弱体質・アレルギー体質に漢方」

2019年4月 3日 (水)

のどへばりついたものがあって、咳払い

 「のどに何がへばりついて、取れません。咳払いが癖になっています。のどがつかえた感じもしています。

 それが気になって、夜も寝つきが悪くなって、ずっと寝た気がしません。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Img_3104

 「のどへばりついたものがなくなって、何年ぶりにぐっすりと眠れるようになりました。咳払いをしなくなっています。

 のどのつかえる感じもまだありますが、かなり楽になっています。」

 とてもよく眠れて、体調がよいと、漢方薬を継続されました。

 しばらく経って、

 「なんだか最近、のどのつかえる感じがまた強くなってきました。」

 漢方薬を変方しました。

 「とても調子がよくなりました。すぐに対応して頂けるのが、うれしいですね。また同じ漢方薬を頂けますか。」

 のどがつかえる感じや物がつまっている感じ、へばりついている感じなどが続いている方が受診されることがあります。

 検査を受けられても特に異常が見つからないけれども、症状が続いているという場合には、漢方の考え方ではいくつか考えることができます。A306_034_1

◇ストレスや緊張により、気の巡りに滞りが生じている

◇喉の周辺部分の炎症や乾燥などが原因となっている

などが原因となっている場合が多いです。

 診察により、一人ひとりの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「のどのつかえに漢方」

 咳や痰がひっかかっている、切れにくい、のどの乾燥やチクチクにも対応しております。

「咳・痰に漢方」

より以前の記事一覧