カテゴリー

.咳、痰、喉の症状

咳や痰、のどの症状が治りにくい方に体質改善

2019年5月18日 (土)

喘息で入院を繰り返している方に漢方

 「3年前から喘息で、入退院を繰り返しています。

 副鼻腔炎も治りにくくて、困っています。

 体質改善をしたいと思って受診しました。」

 その日は、喘息症状は落ち着いていて、副鼻腔炎の症状が激しい状態でした。 Img_3812

 鼻がつまっていて、鼻をかむと、わずかに黄色い鼻水が出る症状でした。

 漢方では、副鼻腔炎の症状や鼻水の状態などに細やかに対応した処方があります。

 この方の副鼻腔炎の症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 今回は、副鼻腔炎の症状が激しかったので、そちらの改善を優先して、副鼻腔炎がおちついたら、喘息体質改善の治療に切り替えることをお奨めしました。

 「副鼻腔炎の症状は、すっかり良くなりました。

 鼻の中の嫌な臭いもしなくなりましたが、喘息っぽくなってきました。

 ゼーゼーし始めています。」

 漢方薬を変方しました。

 喘息の治療のための漢方薬は、咳や痰の状態やその時の体力や体調などを考慮して、検討しております。

 「少しはよかったのですが、痰が多くて、咳が出ている感じがします。」

 漢方薬を変方しました。 Ky16_27-2

 「咳も痰もほとんど出なくなりました。これかの見通しがついた感じがして、安心しました。」

 しばらく継続されて、喘息発作を起こすことがほとんどなくなっています。

 現在は、咳や痰が気になって時に、漢方薬を服用されていますが、喘息発作に移行することがなくなって、喘息での入院することがなくなっています。

 「ちょっと疲れたとか、風邪っぽいなあと思うと、すぐ喘息になって、吸入薬でもだめで、入院になってばかりでしたが、漢方薬を飲んでから一度も入院していませんし、体力がついている感じがします。」

「咳・痰・喘息に漢方」

~*~*~*~

 喘息症状の改善や喘息体質の改善に漢方薬が効果的です。

 咳や痰が激しい状態の時は、咳や痰の改善を中心とした漢方薬で、喘息症状が落ち着いている時は、喘息体質の改善の漢方治療が中止となります。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 必要に応じて、一般的な咳や痰に対応したお薬との併用も致します。西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした治療を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方内科・水戸部クリニック」

2019年5月13日 (月)

しゃっくりが止まらない方に漢方

 「しゃっくりが止まりません。もう1カ月くらいになります。

 こんなに長く続いている方はいますか?

 しゃっくりが止まらないので、食欲もなく夜も眠れないので、体がふらふらします。

 近くの医療機関で、漢方薬を2種類変えてもらって飲みましたが、ぜんぜん止まりません。」Img_3320-1

 この方の体質に合わせた漢方薬を1週間分処方しました。

 しゃっくりが止まれば、それでお薬は中止、止まらなければ漢方処方を変方しますので、受診していただくようにお話しました。

 結果は、バッチリ(^^♪ でした。

 「どうやっても、何をしても止まらなかったしゃっくりが、漢方薬を飲んで3日で止まりました。

 漢方薬を止めてみましたが、しゃっくり出ないみたいです。まだ飲んだ方がいいですか。」

 とお電話を頂きました。

 漢方薬を中止としました。

 しゃっくりは、いつの間にか止まることが多い症状ですが、ごくまれに何週間も何カ月も止まらないと受診される場合があります。

 いつまでも止まらないしゃっくりの原因となっている体のバランスの乱れを整える漢方薬が効果的です。A306_034_2

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「止まらないしゃっくりに漢方」

2019年4月29日 (月)

におい玉が気になる方に漢方

   におい玉(膿栓)による口臭が気になる方に、漢方治療を行っております。

 におい玉とは、喉の両脇にある扁桃にたまる小さな塊のようなものです。膿栓と呼ばれるものです。

 通常は、自然に飲み込んだり、咳や痰として排出されていますが、唾液が少なくなったり、口の中や喉の奥が乾いていると、におい玉がたまりやすくなり、口臭の原因となることがあります。Ky35_01_3

 扁桃に炎症が起こっている可能性も考えられますので、耳鼻科を受診されることをお奨め致しますが、特に異常がなく、改善がみられない、におい玉を除去してもらっても、繰り返したまる方に、体質改善の漢方治療を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「耳・鼻・喉の症状に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「におい玉ができます。耳鼻科で取ってもらったこともありますが、しばらくすると溜まります。

 ひどい口臭になるので、気になります。

 におい玉が溜まらないようにすることはできませんか。

 喉の奥が乾燥して、食べ物とかが飲み込みにくい感じがしています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「喉の奥の乾燥が少しいいような気もしますが、まだ乾いています。

 朝起きた時に、喉がイガイガします。」

 漢方薬を変方しました。

 「喉の奥の乾燥が楽になりました。喉のイガイガも治りました。」

 漢方薬を継続されていらっしゃいまして、それ以来におい玉が溜まる感じはなく、不快な口臭に悩まされることがなくなっています。

2019年4月16日 (火)

アレルギー体質改善の漢方で、IgE抗体が下がった!!

 「喘息と鼻炎を繰り返しています。喘息発作が治りかけると鼻水が出てきて、鼻炎になります。アレルギーマーチですよね。

 喘息で入院になることが多いので、漢方でよくなればと思って来ました。Img_2862

 食物アレルギーで、たくさんの食品に高い数値が出ていて、何を食べさせたらいいかわからないくらいです。

 食も細くて、身長の伸びもよくないです。」

 喘息症状とアレルギー性鼻炎に対応した漢方薬を処方しました。

 「漢方薬を飲ませたら、咳が減りました。鼻水もずっと減って、家に帰って来てもズルズルっと、鼻を鳴らすことが少なくなっています。」

 継続されて、1月の下旬に、インフルエンザにかかったそうです。

 「熱は出たんですけど、喘息発作を起こさなかったです。アレルギーマーチがピタリと止まっています。風邪やインフルエンザにかかると、決まって喘息発作を起こして、入院していたのに、今回は、熱が続いただけで済んだんです。」

 2月に入って、喘息発作が出たと受診されましたので、漢方薬を変方しました。

 その後、落ち着いたので、いつもの漢方薬に戻して継続されていました。

 先日4月に入って、再度受診されました。

 「とても調子がいいです。漢方薬を飲んでいると、喘息発作も鼻水も全然でないです。

 それから先生、食物アレルギーの検査をまた受けて来ましたら、IgE抗体の数値が9000から3000まで下がっていたんです。

 卵も過熱したものなら食べられるようになりました。

 食べてよいものが増えたので、体がしっかりして、身長も伸びました。Ky52_16

 あれもこれも、数値が高く出て、何を食べさせたらいいのか、この子はどうなってしまうんだろうって、ずっと心配していましたが、3カ月ですよ、漢方薬を飲み始めて3カ月でこんなに変われるなんて、うれしいです。

 私も心配で夜中に何度も目が覚めたりしていましたが、落ち着いて眠れるようになりました。」

~*~*~*~

 子供の喘息などのアレルギーに、体質改善の漢方治療を行っております。

 咳や痰、鼻炎、アトピーなどのアレルギー体質のお子さんの受診が多いです。

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「子供の虚弱体質・アレルギー体質に漢方」

2019年4月 3日 (水)

のどへばりついたものがあって、咳払い

 「のどに何がへばりついて、取れません。咳払いが癖になっています。のどがつかえた感じもしています。

 それが気になって、夜も寝つきが悪くなって、ずっと寝た気がしません。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Img_3104

 「のどへばりついたものがなくなって、何年ぶりにぐっすりと眠れるようになりました。咳払いをしなくなっています。

 のどのつかえる感じもまだありますが、かなり楽になっています。」

 とてもよく眠れて、体調がよいと、漢方薬を継続されました。

 しばらく経って、

 「なんだか最近、のどのつかえる感じがまた強くなってきました。」

 漢方薬を変方しました。

 「とても調子がよくなりました。すぐに対応して頂けるのが、うれしいですね。また同じ漢方薬を頂けますか。」

 のどがつかえる感じや物がつまっている感じ、へばりついている感じなどが続いている方が受診されることがあります。

 検査を受けられても特に異常が見つからないけれども、症状が続いているという場合には、漢方の考え方ではいくつか考えることができます。A306_034_1

◇ストレスや緊張により、気の巡りに滞りが生じている

◇喉の周辺部分の炎症や乾燥などが原因となっている

などが原因となっている場合が多いです。

 診察により、一人ひとりの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「のどのつかえに漢方」

 咳や痰がひっかかっている、切れにくい、のどの乾燥やチクチクにも対応しております。

「咳・痰に漢方」

2019年3月31日 (日)

90歳、咳と痰で苦しそうな方に漢方

 長引いている咳や痰により、体力が消耗されて、益々治りにくいという悪循環に陥ることがあります。特にご高齢の方は、風邪から肺炎になったり、重症化しやすいので、早めの対応が効果的です。

 漢方では、体全体のバランスを整える治療を考えますので、咳だけではなく体力の回復も考慮した漢方薬などを処方する場合が多いです。

 ある患者さんのお話です。A306_034

 90歳代の女性です。普段はおしゃれをしてご近所へお出かけされるくらいのお元気な方だそうですが、風邪をひかれてから激しい咳が2週間以上続いていて、食欲もなくなり、横になってばかりいると、ご家族の方に付き添われて受診されました。

 「咳止めを飲んでいますが、あまり変わりません。入院も考えましたが、このまま寝たきりになってしまうとかわいそうで、連れてきました。」

 ご家族の方々にとても大切にさせているおばあ様です。

 肺のレントゲンを撮りましたが、肺炎などはなく、咳による体力の消耗が激しく、回復力が著しく低下している状態と思われましたので、回復力を高めて、咳を鎮める漢方薬を1週間処方しました。

 1週間後、きちんとお化粧をされて、見違えるようにお元気になられて、診察に来られました。

 「とても楽になりました。まだ咳は出ますが、こちらで漢方薬をいただいてから咳が減って、おかゆが食べられるようになりました。もう少し元気になりたいと思いまして、漢方薬をいただいてもよろしいでしょうか。」

「高齢者の咳・痰に漢方」A303_049

 健康寿命を保ちたい、元気で長生きを目標とされる方に、免疫力を高め、体調を整える漢方薬が注目されるようになっています。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、高齢者の方の不調を整える漢方治療に力を入れております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「老化予防の漢方」

2019年2月 9日 (土)

吸入薬で喉の痛みがあります。

 気温や気圧の変化で、喘息症状が出る方、悪化する方が多いですが、喘息発作の時に、ステロイドの吸入薬を使われる方が多いと思います。

 季節の変わり目で、咳が激しくなる風邪で受診される方も増えています。

 喘息や気管支炎の時に、吸入薬を使われると、呼吸がスーッと楽になるという方も多いと思います。しかし、継続して吸入薬を使っていると、喉への刺激で、痛みを感じるという方がいらっしゃいます。Img_2886

 そのような方に、咳や痰の症状を改善し、気管支炎を改善する漢方薬が好評です。

 咳や痰などの症状を改善する漢方薬の服用により、吸入薬の使用回数が減り、喉の痛みが軽減される方が多いです。

 咳や痰、呼吸困難の症状が激しい時は、吸入薬や気管支拡張剤などとの併用も効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「咳・痰・喘息に漢方」

従来からのHPを順次リニューアルしています。詳しい内容に書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」A306_012_2

~*~*~*~

 「咳が続いていて苦しいです。痰がゴボゴボと喉の辺りにいつもあります。吸入薬を使うと、少しは楽になりますが、喉がヒリヒリして、しばらく痛いです。こちらがいいと聞いたので、来てみました。」

 この方の咳や痰の状態や体質に合わせた漢方薬を処方しました。症状が激し時は、吸入薬を併用するようにお話しました。

 「呼吸がとても楽になりました。2年も悩んでいたのは何だったのでしょう。吸入薬を使う回数が減ったら、喉のヒリヒリが治っています。苦しくなった時に、吸入薬を使いましたが、ヒリヒリしなくなりました。」

「咳・痰・喘息に漢方」

従来からのHPを順次リニューアルしています。詳しい内容に書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

2018年10月10日 (水)

漢方薬を飲んだのに咳が止まらない、あなたに合った処方ですか

 「3週間くらい咳が続いています。咳止めだけでは止まらなかったので、漢方薬も一緒に飲んでいますが、かえって咳が激しくなったような感じがします。職場の人に、こちらを教えてもらいました。」

 この方の咳や痰の状態、体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「先生に処方して頂いた漢方薬を飲んだら、ピタッと咳が止まりました。治ったかなと思って飲むのを止めると、また咳が出たので、やっぱり漢方が効いているんだと思いました。

 2週間飲み切って、漢方がなくなりましたが、咳は出なくなりました。ありがとうございます。今日は別の症状でご相談に来ました。・・・」Ky16_23_2

 咳のための漢方薬はいくつか種類がありますが、漢方では、咳や痰の状態やその時の体力や体調も考慮した処方になります。

◇コンコン、乾いた咳

◇ゴホゴホした湿った咳

◇痰がからんでいて、咳が出る

◇胸が痛くなるほどの激しい咳

◇寝ている時に、咳が激しくて、目が覚める

など、痰がからむ、からまない、咳が出やすい時間帯、その時の体力や体調に合わせた漢方薬が効果的です。

 例えば、前回の咳の時に効いた漢方薬を購入するなどして、飲んでみたが、以前のようには咳が止まらなかった、余計に悪化したと受診される方が受診される事があります。

 咳や痰の状態やその時の体調や体質に合わせた漢方薬に変方する事で、長引いていた咳や痰が改善されることが多いです。

 例えば、以前に咳が出た時に、効果のあった漢方薬を今回も服用してみたが、効いた感じがしなかったという方が受診されることがあります。

 咳や痰の状態に、合わせた処方が効果を発揮しますので、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談される事をお奨め致します。

 水戸部クリニックは、新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、オンライン診療が好評です。

「咳・痰・喘息・気管支炎に漢方」

従来からのHPを順次リニューアルして、新しい漢方情報サイトに書き換え中です。

「漢方情報サイト・MY漢方」

2018年8月 6日 (月)

クーラーで咳が止まらない時に漢方

 クーラーをつけるようになってから、咳が続いている、ちょっとした刺激で咳こむなどの症状に悩む方の受診が多いです。

 気道が過敏になっていることによる可能性があります。咳止めや吸入薬では思うような改善がみられない方に、気道の炎症を鎮めて、健康な状態に整える体質改善の漢方薬が効果的です。

 気管支炎や咳喘息を放置していると、慢性化して喘息に移行する場合がありますので、早めの治療が効果的です。Ky29_11seki2_3

 咳や痰の状態やその時の体調や体質に合わせた漢方薬の服用により、気道の炎症が鎮まり、治りにくかった咳が改善される方が多いです。

◇コンコン、乾いた咳

◇ゴホゴホした湿った咳

◇喉に痰などが引っかかって、咳払いをしてしまう

◇寝ている時に、咳が激しくて、目が覚める

など、様々でですが、一般的な咳止めとは異なり、咳や痰の状態や体質に合わせた処方になります。

◆乾いた咳には、喉や気管支に潤いを与える漢方薬

◆湿った咳には、過剰に分泌されている水分代謝を促進する漢方薬

◆咳が長引いている方は、咳による体力の消耗が激しく、回復力が低下している方が多いので、体調を整え、回復力を高める漢方薬などの併用も効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。漢方薬は、生後2,3か月の方からご高齢の方まで服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。遠方で受診が難しい方には、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「咳・痰・喘息に漢方」

「子供の咳・痰・喘息に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しています。

「しつこい咳・痰・咳喘息に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「クーラーの中にいると、咳が出ます。水を飲んだりしていますが、仕事中に、急に咳こんだりします。職場でクーラーがついているので、ひざかけを使っていますが腰が痛くなります。私の後ろにクーラーがあるんです。家でもこの暑さなので、つけないわけにはいかないですが、喉がチクチクする感じがして、急に咳こんで、止まらなくなるので、困っています。」

 この方は、クーラーによって、体の中に冷えが蓄積していて、腰痛もありました、体を温め、血行を改善する漢方薬と喉や気管を潤す漢方薬を併用しました。

 2週間後、

 「咳がピタッと出なくなりました。どの咳止めを飲んでいても止まらなかったのに、それから腰の痛みもなくなりました。午後になると冷えて、腰が痛くなっていたのに、漢方を飲んでいると、痛くならないので、とても楽です。」

「咳・痰・喘息に漢方」

「子供の咳・痰・喘息に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しています。

「しつこい咳・痰・咳喘息に漢方」

2018年6月11日 (月)

花火の季節に喘息、痰が悪化

 「花火が揚がる季節になると喘息症状が酷くなります。長岡花火の頃にピークになります。痰も絡んで、苦しそうにしています。今のうちから漢方で体質改善できたらと思いました。」

 と受診された方です。

 沖縄で台風が発生したようですし、遠く離れているようでも、気圧の変化による影響に敏感に反応する場合があります。Img_0924_3

 漢方では、喘息症状の軽減と喘息体質の改善を考えます。患者さんそれぞれの喘息症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この患者さんは、体質改善の漢方薬に合わせて、喘息症状が出始めた時に、別の漢方薬を併用される事で、症状が悪化することがほとんどなくなり、快適に過ごされていらっしゃいます。A306_011

「咳・痰・喘息に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「しつこい咳・痰に漢方」

~*~*~*~

 本日、白根大凧合戦最終日です。「桜蝶組」が優勝候補のようです^^

Img_0945_2Img_0946_4Img_0970_3










「白根大凧合戦・桜蝶組」

Img_0973_2Img_0974




より以前の記事一覧