カテゴリー

イボに漢方

取らないイボ治療

2016年7月24日 (日)

水いぼが増えて、取り切れない

 水いぼが、どんどん増えて、困って受診される方の受診が多い季節です。水いぼの治療は、ピンセットで一つずつ取ったり、塗り薬などによる治療が一般的なようですが、治りが悪い方、増えて心配される親御さんが多いようです。Image571jpg_2

 ヨクイニンも効果的ですが、ヨクイニン単独では、思うような改善がみられないという方の受診も多いです。

 水いぼなどのいぼに、ヨクイニンが効果的ですが、ヨクイニン単独では、改善が見られない方に、免疫力を高めて、いぼウイルスを追い出す力を高める漢方薬などの併用が効果的です。

 お子さんの体質や体調に合わせた処方になります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。 

 水いぼは、弱いウイルスなので、成長と共に治ってしまう場合がほとんどですので、放っておいても構いませんが、プールに入れなかったり、気になるので、早くきれいにしたいという親御さんが多いです。

 お子さんの体質に合わせた漢方薬の服用により、水いぼが、少しずつ小さくなり、新しい水いぼができにくくなる方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Img_4535_2

「水いぼ治療の漢方」

「痛くない水いぼ治療の漢方」スマホサイト

※ランキングにご協力下さい。


にほんブログ村

2015年1月 6日 (火)

尋常性疣贅 液体窒素でも治らない

 尋常性疣贅(ウイルス性のイボ)は、液体窒素で焼いたり、スピール膏を貼る治療法などが一般的ですが、改善がみられない方、治ってもイボが再発する方に、体質改善の漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky26_20

 尋常性疣贅は、ウイルス感染により、皮膚にイボができる症状です。自然に治る場合もありますが、放っておくと、数が増える場合があります。

 最初は、1mmくらいの半球状に隆起した発疹ができ、徐々に大きくなって、表面が角化した灰白色のボコボコしたイボになります。手の指や膝、顔にできることもあります。足の裏にできた場合は、扁平状になる場合が多いです。

 イボを少しずつ小さくする漢方薬と、免疫力を高めて、イボウイルスに対しての抵抗力を高める漢方薬などが効果的です。イボが少しずつ小さくなり、再発しにくくなる方が多いです。一人ひとりの体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Img_1353_2

「いぼの漢方治療」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「青年性扁平疣贅、尋常性疣贅、老人性疣贅に漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「治りにくい皮膚炎に漢方」new

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ