カテゴリー

.更年期に漢方

更年期症状をホルモンバランスを整えて改善・男性更年期にも

2018年9月21日 (金)

更年期の頭と首の後ろの汗に漢方治療

 「お久しぶりです。今回は、別の症状です。

 ホッとフラッシュが、辛いです。頭と首の後ろに汗をかいて、ぐっしょりになります。カーッと熱くなって、サーッと寒くなります。婦人科へ受診したら、ホルモン値が下がっているので、更年期と言われました。ホルモン剤を強く勧められましたが、嫌なので、先生のところに行ってみようと思いました。」A307_056

 以前は、全く別の症状で漢方薬を服用されていた方です。漢方診療を行っておりますと、何年振りに別の症状などで、受診される方が多いです。当時乳幼児だった方が、中学生や高校生になられていたり、不妊治療を受けられていた方が、成長されたお子さんと受診されることも多く、お子様の成長に目を見張ることもあります^^

 さて、本題に戻りますが、更年期の多様な症状に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬の服用により、更年期の症状が改善される方が多いです。

 診察により、患者さんそれぞれの体質や更年期症状に合わせた漢方薬を処方しております。更年期症状は、一人ひとり異なりますので、その症状に細やかに対応できるのが、漢方薬です。

 「先生、すっごく調子いいです。頭と首のこの辺りが、かーっとなって、サーっと寒いのが、減りました。歳だから更年期は仕方ないけど、やっぱり漢方ですね。」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方で来院が難しい方には、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

「更年期障害を漢方で」

「女性の健康と美しさのための漢方」

2018年8月16日 (木)

更年期障害、あなたに合った漢方薬を飲んでいますか

 更年期の症状に、漢方薬を服用されている方が増えているようです。更年期の症状は多様です。一人ひとり異なります。その違いに細やかに対応できるのが、漢方薬です。

 漢方を飲む前よりは少し良いみたいだけれど、まだ気になる症状がある。飲んでみたけれど、あまり効いている感じがしないと感じている方は、体質に合っていなかったり、もうひと押しの漢方薬の追加が必要な場合もあります。Ky54_01_3

 例えば、

◇イライラが激しい方には、気の巡りを改善する漢方薬を併用する

◇頭痛やめまいが激しい方には、頭痛やめまいの原因となっている体質を改善する漢方薬

◇手足の冷えが激しい方には、体を温める漢方薬

◇疲れやだるさが取れない方には、体調を整える漢方薬

◇眠れない方には、気持ちが安定して、自然な眠りを誘う漢方薬

などの併用など、患者さんそれぞれに合わせた配合比があります。

 更年期の方は、ホルモンバランスの乱れにより、薄毛や脱毛、皮膚炎が発症したり、頻尿や尿モレなどの症状を伴う方、他にも多様な症状のご相談が多いです。

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学のよさを活かした診療を行っております。長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方治療を行っております。 遺伝的な体質や生活環境、職場環境、食生活、季節変化などの違いに合わせた漢方薬が効果的です。

 診察時に、漢方の問診票や東洋医学的な診断により、その方に合わせた漢方薬を処方しております。必要に応じて、西洋薬との併用も行っております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで、来院が難しい方には、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「更年期障害に漢方」

「尿モレ、頻尿、過活動膀胱に漢方」

「更年期のイライラ・落ち込みに漢方」

2018年6月15日 (金)

更年期でだるい、やる気が起きない方の為の漢方

 「なんとなくだるい、やる気が起きない、更年期の症状でしょうか・・・。生理前になると酷くなるような気がします。」

 と受診される方が多いです。50歳前後10年くらいが更年期といわれます。体や心の不調を感じる方が多く、症状が激しい方は、日常生活や仕事などに支障を感じている場合もあります。

 女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが変化し始めるので、多様な症状に悩む方が多いです。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬の服用により、更年期の症状が改善される方が多いです。Img_0744

 更年期のような症状の原因が重篤な疾患による場合もありますので、一度婦人科を受診されることをお奨め致します。特に異常が認められない方、ホルモン療法などが合わない方に、漢方治療が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「更年期症状に漢方」

「疲労・だるさ・倦怠感に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「女性のための漢方」 A307_069

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。40代後半の女性です。

 「1年くらい前からですが、生理が近くなると、だるくなって、やる気が起きなくなります。なんとか仕事には出かけますが、夕飯が作れない日が多くなります。友達に更年期じゃない?って言われました。こちらでよくなったと聞きましたので、来ました。」

 この方の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつ体調が整い、体が楽になるのを感じたそうです。

 「生理前のだるさがなくなって、夕飯が作れない日がなくなりました。普段の体調もよくなったと思います。普段からこんなに調子が悪かったんだって、気づきました。今は、体が軽くなった感じでとても調子がよいです(^^)」

Img_0690Img_0708Img_0756見附の「イングリッシュガーデン」に行って来ました。

薔薇が見ごろでした^^



2018年5月30日 (水)

尿漏れ トイレが間に合わない方に漢方

 尿漏れに悩む方に、体質改善の漢方薬が好評です。一人ひとりの症状や体質、年齢、生活習慣などに合わせた処方が効果的です。

 「尿もれに悩んでいます。出たいという感じがわかりません。気づくと(尿)出てしまっています。もう10年くらい悩んでいます。」Img_0149

 60代の女性です。

 得に重篤な疾患が見つからない場合は、漢方薬の服用により、改善される方が多いです。年齢や体質による個人差がありますが、服用前よりは、よい状態を保てるようになる方が多いです。

 漢方では、尿もれの原因を骨盤底筋が弱くなっていたり、前立腺肥大など、年齢や体質、仕事など生活環境などを考慮して考えます。

 この方の症状や体質、年齢などに合わせて、体全体のバランスの乱れを整える漢方薬を処方しました。

 「手足が温まった感じがしますが、まだよくわかりません。」

 その後継続されて数カ月になりますが、尿が溜まってきたような、出たいような感覚がわかるようになり、尿もれの症状は残っていますが、トイレに間に合う時が増えています。A306_129

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「尿漏れ・頻尿・過活動膀胱に漢方」

「頻尿・トイレが近い方に漢方」

2018年5月 2日 (水)

生理前に片頭痛が悪化する方に漢方

 生理や排卵日辺りになると、片頭痛が起こりやすい、悪化するという方に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が好評です。

 片頭痛は、疲労やストレス、肩こりなどによって、誘発されると言われていますが、女性の場合は、生理周期に伴って、片頭痛が悪化する方が多いようです。

 生理の時や排卵日になると女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減ります。それが、片頭痛を誘発していると考えられています。

 頭痛薬では痛みが改善されない、胃が痛くなる、頻繁に片頭痛が起こって、仕事などに支障が出る方などに、漢方薬が好評です。Img_0266

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「頭痛・片頭痛に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「新潟の頭痛・片頭痛治療の漢方」

「漢方からみる頭痛・片頭痛」

~*~*~*~A306_074

 ある患者さんのお話です。

 「片頭痛が酷いです。突然目の前が真っ白になって、片頭痛が起こります。吐くことが多いです。生理前に激しくなります。イライラもひどくなって、人間関係に問題が起こってしまうことがあります。

 私の母もそうなので、遺伝だから仕方ないと思っていましたが、知り合いがこちらでよくなったと聞いたので、受診しました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつ、片頭痛の頻度が減り、片頭痛の痛みが軽くなって、驚いたそうです。

 「今日は、母も連れて来ました。私と同じように片頭痛が酷いです。更年期の症状もあって、辛そうです。」

 お母さまの更年期症状と共に、片頭痛が軽減され、体調がよいと、親子で服用されています。

「PMS症状に漢方」

「更年期症状に漢方」

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

Img_0268
 水戸部クリニックのミニガーデンのネモフィラが見ごろです^^

2018年5月 1日 (火)

不快な寝汗に漢方

 寝汗がひどくなった。寝ていて何度も下着を替える、汗をかいた後に体が冷えるなどの症状に悩む方に、漢方薬が好評です。

 汗にもいろいろなものがあります。体温調節のための自然発汗や緊張やストレスなどによる冷や汗などのご相談も多いですが、慢性的な寝汗は、体力の低下などによる場合が多いです。更年期の方やご高齢の方の寝汗のご相談も多いです。Img_0191

 患者さんそれぞれの汗の状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「多汗症に漢方」

「汗疱治療に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「変な汗をかきます。首の辺りにジトーッとした汗が出ます。寝ていても汗をかくようになって、何度も下着を替えます。更年期なんでしょうか、生理もきたり、こなかったり不順になっています。 

 それから、最近とても疲れます。夕方になると、ぐったりして何もしたくなくなります。」A307_056

 更年期の女性に多い症状です。イライラや気分の落ち込みなど、多様な症状に悩む方が多くなります。

 女性ホルモンのバランスを整え、体調を整える漢方薬を2週間処方しました。

 「先生、寝汗をかかなくなりました。首の辺りのジトーッとした嫌な汗は、まだありますが、漢方を飲む前よりも楽になっています。

 夕方になると疲れて動けなくなっていましたが、少しずつ体が楽になっています。」

 漢方薬を服用していると調子がよいと、現在も継続中です。

2018年4月12日 (木)

チョコレート嚢胞に漢方

 「婦人科検診で子宮筋腫とチョコレート嚢胞があると言われました。生理痛もひどくはないのですが、チョコレート嚢胞の状態によっては手術する可能性もあると言われました。次は3か月後くらいに受診することになっています。できれば手術を避けたいと思います。

 知り合いがこちらでよくなったと聞いたので、来ました。」

 子宮筋腫やチョコレート嚢胞などの症状に伴う生理痛、生理不順などの症状の改善に漢方薬が効果的です。患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬の服用により、生理に伴うPMS症状や生理痛、不正出血などの症状が改善される方が多いです。

 また、漢方薬を継続される事で、子宮筋腫やチョコレート嚢胞などが小さくなったり、それ以上大きくならずに維持できて、手術を回避できている方も多いですが、婦人科での定期的な検査をお願いしております。Img_0067_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 この患者さんは、漢方薬を開始して約4カ月頃に

 「先日、婦人科へ定期健診に行って来ました。子宮筋腫もチョコレート嚢胞のどちらも小さくなっていると言われました。手術をしないで様子を診ましょうと言われました。」

 現在も漢方薬を継続されています。婦人科へも定期的に受診されていますが、子宮筋腫もチョコレート嚢胞もそれ以上の増殖がみられず、安定しているとの事です。

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣などに漢方」

「女性の健康と美しさのための漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「女性のための漢方」

2018年3月22日 (木)

男性更年期に漢方が効果的!!

 中高年の男性の疲れが取れない、イライラしやすい、眠れない、やる気が出ないなどの症状に悩む方は、男性更年期かもしれません。体質に合わせた漢方薬の服用により、改善される方が多いです。Img_9872_3

 男性更年期の症状は、心と体に不調を感じる場合が多いです。

◇朝調子が悪い、起きにくい

◇イライラしやすい、怒りっぽい

◇やる気が出ない、気分が欝々する

◇疲れやすい、疲れが取れない、だるい

◇眠れない、途中で目が覚める

◇関節痛や筋肉痛が慢性化している

◇体がほてる

◇汗が噴き出す

◇トイレの回数が多い(特に夜間)

◇性機能の低下

など、多様な症状になりますが、これは、男性ホルモンであるテストステロンの減少などが関わっていると言われています。加齢に加えて、ストレスや疲労の蓄積、生活習慣でもテストステロンが低下すると言われています。A307_070_3

 漢方では、腎虚という状態と考えられます。漢方でいう「腎」とは、生命維持のエネルギーの源と考えられ、成長や生殖、免疫系のコントロールなど体全体の健康維持を担っている働きの事です。腎の働きは、加齢により自然に衰えますが、ストレスや疲労の蓄積、生活習慣などによって、バランスが乱れる場合があります。漢方では、その機能を整える事で、体全体の体調を整え、より健康的な状態に整える処方があります。

 一人ひとりの体質や症状に合わせた漢方薬の服用により、体調が整えられ、上記のような症状が改善される方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「男性更年期に漢方」

PC用HPもご覧ください。男性更年期の症状について掲載しております。

「新潟の男性更年期治療に漢方」

「男性特有の症状に漢方」

2018年2月26日 (月)

閉経後の股関節痛に漢方

 閉経前後から、股関節や膝関節痛に悩む女性が多くなります。

 女性ホルモンの減少に伴い、関節部分の軟骨成分の減少、筋力の低下、骨粗しょう症、リウマチなどの症状に悩む方が多くなります。

 歩くときに痛みが出る方、じっとしていても痛みを感じるなど、日常生活に支障が出る方は、つらいですね。

 痛み止めや湿布、注射などによる治療が一般的ですが、痛み止めの効果が持続しない方や薬が合わないとのご相談が多いです。

 このような方に、関節部分の炎症を鎮め、痛みを軽減する漢方治療が好評です。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬による治療となります。Img_9017

 股関節の痛みのみの方、他の関節痛も伴う方、更年期症状も伴う方など様々ですが、診察により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせたオーダーメード処方になります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。佐渡から、通院して下さる患者さんもいらっしゃいます^^

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

「膝関節痛に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。 

 「閉経してから股関節が痛くなりました。体重を支えるのが大変です。歩くのも痛いです。整形外科に行ったら、体重を減らしなさいと言われました。けど、ダイエットなんて無理です。でもこのまま動けなくなったら大変と思って、受診しました。」

 以前から腰痛はあり、むくみが強く、夕方になると足が痛くなるとの事でした。

 この方は、股関節の血流を改善し、むくみを改善する漢方薬などを処方しました。ダイエットはできないと言われていましたが、心身共に負担が少ないダイエットのお話をしました。Ky32_15_3

 最初の2週間で、腰痛の軽減を実感されました。股関節の痛みは、足を引きずって歩くほどの痛みでしたが、その後少しずつ軽減されています。

 体重は、最初の1カ月で、2キロ減りました。ストレスを感じにくく、継続できそうな気がするとの事です。

 「こんな歩き方になっていて、還暦を迎える前に寝たきりになるんじゃないかと、心配でしたが、希望が持てました。車の運転も以前よりも楽にできるようになりました。甘いものも食べられるし、ストレスが少ないです。もっと早く来ていればよかったです。」

2018年2月19日 (月)

おしっこの出が悪い、排尿障害に漢方

 「おしっこの出が悪いです。出るまでに時間がかかります。出始めれば何ともないのですが、トイレに立ってもなかなか出ようとしません。

 泌尿器科に行ってみましたが、異常がないと言われました。歳のせいだからと言われましたが、なんとも・・・辛いです。しぼりだすように立っていますが、おしっこが出始めるまでが、辛いです。

 娘がこちらにお世話になっておりまして、ご相談してみたらどうかと言われました。」

 80代の男性です。

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「不思議とちゃんと出るようになりました。もう歳だからあきらめた方がいいのかと思っていましたが、よくなるもんですね。びっくりしました。」Img_7796

◆尿が出にくい

◆尿の勢いが弱い

◆出るまでに時間がかかる

◆尿を出し切れるまでに時間がかかる

などの症状を排尿障害といいます。

 膀胱そのものに問題がある場合や尿道が様々な原因で狭くなって尿が出にくくなる場合がありますので、一度、泌尿器科を受診される事をお勧め致します。

 特に異常がない、年齢のせいと言われた方、思うような改善がみられない方に、漢方治療が好評です。

 漢方では、「腎虚」と呼ばれる症状です。「腎虚」とは、腎の機能低下、腎臓の機能だけではなく、水分を体に貯めたり、排泄したりする機能を含んだ働きの低下を意味しています。

 腎虚の状態になると、排泄や生殖機能の衰え、骨の異常や腰痛、耳の機能低下(耳鳴り、難聴など)、抜け毛や白髪、思考力の低下や物忘れなどの症状が現れやすくなります。Ky23_01_2

【腎虚を改善する漢方で、排尿障害を改善!!】

 漢方では、腎虚を改善する処方がいくつかあります。診察により、体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 漢方では、「排尿障害には、この漢方」ではなく、患者さんそれぞれの体質(証)に合わせた漢方処方になります。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方のの受診も多いです。遠隔診療(オンライン診療)も好評です。

「頻尿、トイレが近い方に漢方」

「男性更年期に漢方」

より以前の記事一覧