カテゴリー

.更年期

更年期症状をホルモンバランスを整えて改善・男性更年期にも

2019年5月20日 (月)

更年期症状で怒りがこみあげてくる方に漢方

 「更年期でしょうか。急に怒りがこみあげて来て、子供や夫にあたってしまいます。

 喉が締め付けられるように苦しくなったり、怒りっぽくなった自分が嫌になります。」

 心身ともに疲れている方が多いです。Img_3229

 東洋医学では、「心身一如」という考え方があります。

 心と体はお互いに関連して影響を与えているという考え方で、気分や感情が、体の働きに影響を与えると考えられます。

 更年期のイライラや感情の浮き沈みに、ホルモンバランスを整えて、気持ちを整える効果のある漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 この患者さんは、漢方薬を服用していると怒りの感情のコントロールができるようになったそうです。お肌もツヤツヤしてきたと言われています。A303_092

 ホルモンバランスを整える漢方薬の服用により、皮膚のハリやツヤを実感される方が多いです。

 お肌がきれいになると、気分も上がりますね。

「生理痛・生理不順に漢方」

PMS症状などに細やかに対応した漢方薬を処方しております。

「PMS症状に漢方」

イライラやストレスに

2019年5月16日 (木)

男性更年期で気力がわかない方に漢方

 「毎日だるいです。気力がわかなくて、何もしたくない日が多いです。

 仕事はなんとかこなしていますが、週末になると頭痛がして、吐く事が多いです。

 男性ホルモンは境界値と言われています。

 漢方でよくなればと思って受診しました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Img_3298

 「とても調子がいいです。

 1日3回で、お昼に飲めない時もありましたが、ぜんぜん違います。」

 調子がよいと継続されていらっしゃいます。

 「出張が多いので、漢方を飲む前は体も気力もついて行けない感じが強かったのですが、とても調子よく仕事に取り組めています。」

 調子がよく、朝と夕の2回服用で、継続されていらっしゃいます。

「男性更年期に漢方」Ky14_19

~*~*~*~

 男性更年期症状に、漢方治療を行っております。

 ストレスや慢性的な疲労に加えて、加齢による不調が重なって、心身の不調を感じる方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です

2019年5月 6日 (月)

デリケートゾーンが乾燥してヒリヒリする

  デリケートゾーンのかゆみや乾燥に、体の中から炎症を鎮める漢方薬が好評です。 

 更年期や閉経後くらいから、おりものの量が減ったり、デリケートゾーンや膣内の乾燥に悩む方のご相談が多くなります。

 塗り薬などでは改善がみられない方に、体の中から潤す効果のある漢方薬などで改善される方が多いです。  Img_3293

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「陰部湿疹・かゆみに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「閉経後から、デリケートゾーンが乾燥して、ヒリヒリしています。

 膣錠処方されていますが、それが溶けるのが刺激になって痛いです。

 乾燥がひどいせいか、カンジダにもなりました。

 カンジダは治りましたが、すごくつらかったです。」 A307_047_1

 膣内やデリケートゾーンの乾燥は、塗り薬などでは改善が難しい方が多いようです。

 漢方薬には、体の中から皮膚や膣内などの粘膜ににうるおいを与える処方があります。

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、デリケートゾーンや膣内の乾燥などによる痛みやかゆみが改善される方が多いです。

 「漢方薬を飲んでいると、チクチク、ヒリヒリする感じがないので、それを気にせずに過ごせています。」

「陰部の湿疹・デリケートゾーンのただれや痒みに漢方」

 おりものや経血、ナプキンなどによるかぶれにも対応しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

2019年5月 3日 (金)

男性更年期の不調に漢方薬

   「少し前から、疲れが取れない感じが続いています。なんとなく不安になることがあります。

 妻から男性更年期じゃないかって言われました。

 検索してみたら、あてはまる症状ばかりでした。」

と受診された患者さんがいらっしゃいました。Img_3516

 50代の男性です。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「まだ、そんなに変わった感じはありません。」

 漢方薬を変方しました。

 症状にもよりますが、2、3週間で改善がみられない場合は、変方する場合が多いです。

 2週間後、

 「少しよい気がしますが、まだ体のだるさが強くて、辛いです。肩こりが強いです。

 頭痛がして、ズキンとするときがあります。」

 漢方薬を変方しました。Ky14_14

 「とても調子がよくなりました。肩こりも楽になりました。

 頭痛もほとんどなくなりました。」

 その後、調子がよいと、漢方薬を飲まずに様子をみていたら、3日後くらいから朝起きた時の不調を感じたので、また飲み始めたそうです。

 「すみません。ちょっといいからと、飲むのを止めたら、肩が重くなって、頭痛がしました。

 続けていた方がいいみたいです。もう少し長く処方してもらえませんか。」

 男性更年期に悩む方に、体調を整える漢方薬が好評です。

 ストレスや慢性的な疲労に加えて、加齢による不調が重なって、心身の不調を感じる方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「男性更年期に漢方」

2019年4月19日 (金)

閉経後から急にイライラする

 「閉経後から急にイライラするようになりました。ホットフラッシュも始まりました。子供にあたってしまいます。股関節も痛くて、足をひきずって歩いています。Img_3038

 整形の先生にやせるしかないと言われていますが、もうずっと前からなので、あきらめています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「すべての症状が治りました。こんなに効くのかと思いました。ひざの痛みが楽になって、動き過ぎたら、また痛くなりました。」

 ひざを急に動かし過ぎて少し腫れていましたので、漢方薬を変方しました。

 「とても調子がいいです。漢方薬を飲んでいるとイライラしませんし、ホットフラッシュもなくなっています。

 治ったからいいかなあ と思って、3日くらい飲まなかったら、ホットフラッシュが始まって、ひざがチクチクし始めたので、これは大変と思って漢方薬を飲み始めました。続けた方がいいみたいです。」

 更年期によるホルモンバランスの乱れにより、様々な症状が起こります。Ky54_04

◇イライラや気分の浮き沈み、やる気が起きない、急に涙が出る

◇ホットフラッシュなど、汗が噴き出したり、のぼせたりする

◇疲れやだるさが続いている

◇肌荒れ激しくなった

◇シミが急に濃くなった

◇関節痛が悪化

など、様々ですが、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「更年期症状に漢方」

 男性更年期症状に対応した漢方薬も処方しております。

「男性更年期に漢方」

2019年3月26日 (火)

ホットフラッシュと大汗に漢方

 「30分に1回ホットフラッシュが来ます。大汗もかきます。夜中の暑くて自分に向けて扇風機を当てています。しわも増えて困っています。

 近くの病院で検査を受けましたが、甲状腺に関係ないからと、相手にされませんでした。

 つらくて、つらくて、先生のところに頼ろうと思って来ました。」Ky36_05

 という方が受診されました。

 甲状腺機能なども正常でしたので、この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少しいいような感じがしますが、まだカーっとホットフラッシュがあって、大汗が出ます。」

 漢方薬を変方しました。

 1カ月後、

 「とても楽になりました。時々カーっとなるかな?と思うような感じがありますが、軽い汗で済みますし、漢方を飲む前のあのつらい状態とは全然違います。」

 その後、

 「忙しくて、漢方薬がなくなったら、大汗で目が覚めます。汗で肌が乾燥して、またしわが増えました・・・。慌てて来ました。」

 ホットフラッシュに悩む方のご相談は多く、甲状腺機能の異常や更年期などが原因となっている場合もありますので、血液検査等を受けられることが大切です。Img_3029

 検査を受けても異常がない、思うような改善がみられない方に、体質改善の漢方薬が好評です。

 「ホットフラッシュに効く漢方はありますか」とお問い合わせを頂くことがありますが、「ホットフラッシュにはこの漢方薬」とはなりませんので、患者さんそれぞれの体質によって、宗方に合う漢方薬は異なります。

 診察によって、ホットフラッシュが起こっている体のバランスの乱れを整える漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「更年期に漢方」

汗や多汗症などのご相談も多いです。

「多汗症・手掌多汗症に漢方」

2019年3月 2日 (土)

男性更年期の疲れ、集中力低下に漢方

 男性更年期の症状に悩む方に、体調を整える漢方薬が効果的です。

◆疲れる、だるいKy63_06_2

◆気力がわかない、集中力が低下する

◆頭痛や動悸が多い

◆イライラする、気分が落ち込み

◆頻尿、性欲減退

など、多様な症状に悩む方が多いです。

 漢方では、年齢や体質、生活習慣、職場環境などを考慮して、患者さん一人ひとりに合わせた治療を考えます。

 ある患者さんのお話です。

 「仕事中に、集中力が低下します。物忘れが多くて、仕事の処理能力が落ちたと思います。男性更年期なんじゃないかと言われまして、職場の同僚から紹介されました。」

 管理職で非常に忙しい方で、焦りを感じたり、イライラして、余計に集中力が低下してしまうとの事でした。

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「漢方を飲み始めて、1カ月半を過ぎたころから、すごく調子が良くなりました。全然違いますね。このまま続けたいと思います。」Img_2918

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 男性更年期の症状には、この漢方とはなりません。同じ症状に悩む方でも、体質や症状は、一人ひとり異なります。

 遺伝的な体質や食生活、生活習慣、お住まいの地域、職場環境など、細かくお話を伺うことで、その方の現在の体のバランスの乱れ(漢方では証と言います。)を整える漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「男性更年期に漢方」

従来からのHPを順次リニューアルしています。より詳しい内容に書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

~*~*~*~

 先日、学会の帰りに、浅草寺付近を通りました。都内の冬空は晴れていて明るいですね。

2019年1月10日 (木)

突然の不正出血、婦人科異常なしでも止まらない

 「突然、不正出血が始まりました。生理が終わってから10日くらいでしたので、婦人科を受診しました。子宮内膜が少し厚いくらいで、特に異常がないと言われましたが、出血量は減りましたが、ずっと続いています。もう2カ月になります。貧血っぽくなって、フラフラします。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。A307_047

 「漢方を飲んだ次の日から、大量に出血しました。次の生理が始まったのかと思って様子を見ていましたら、10日でピタッと止まりました。悪いものが出ているのかなと思って、漢方薬だけを飲んでいました。

 それからは、不正出血もなく、普通の生理になりました。婦人科でも子宮内膜が正常の厚さに戻っていると言われました。」

 漢方薬を服用されると、一時的に症状が激しくなったように感じる「瞑眩(めんげん)」が起こる場合があります。瞑眩症状の現れ方には、個人差がありますので、ほとんど感じない方や不安に感じるような激しい症状となって現れる場合があります。その後、軽快に向かう場合が多いです。

 この方は、その後の生理がとても楽になり、顔や背中に大きなおできができやすい方だったそうですが、それがすぐに治って驚かれたとのことでした。不正出血は、あれから起こらなくなっていますが、おできのために、漢方薬を継続されていらしゃいます。季節変化や体調の変化に合わせて、漢方薬を変方したりして継続されていらっしゃいます。

「生理痛・生理不順に漢方」

PMSが辛い方に受診も多いです。

「PMSに漢方」

2018年12月 1日 (土)

生理後から目が回る方に漢方

 「生理が終わってから、目の前が二重に見えて、焦点が合わなくなりました。眼科へ行ったら、眼精疲労と言われました。目薬で少し良くなったような気がしていましたが、何度か繰り返すようになりました。」

 生理前や生理後に、このような症状が起こる方に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が効果的です。

◆クラクラする。めまいがするKy20_265

◆目の奥が痛い、重い感じがする

◆目がしょぼしょぼする、目が疲れる

◆目が乾く

◆目が充血する

◆目の下にクマができる

など、生理前後に、目の症状に悩む方が意外に多いです。

 生理周期に伴って、ホルモンバランス変化が激しくなり、生理出血により、一時的な貧血のような状態に陥りやすいので、それにより目の症状が現れる方が多くなります。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「生理痛がびっくりするくらい楽なりました。目の前が二重にみえることもなくなりました。手足がポカポカして温かくなりました。続けたいと思います。」

 一人ひとりの症状や体質に合わせて、生理前のイライラや頭痛、めまい、ほてりなど、他のPMS症状に合わせて、細やかに対応できるのが、漢方薬です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

「PMSに漢方」

目の症状のご相談も多いです。順次作成予定です。

「目の症状に漢方」

PC用のHPの内容を順次書き換えております。漢方薬と症状について、より詳しい内容となっております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

2018年11月15日 (木)

介護のイライラに漢方

 「姑の介護でイライラするようになりました。急に怒りがこみあげてきて、主人にあたってしまいます。以前はそれほどではなかったのですが、更年期の症状が出始めてから、イライラや怒りが酷くなったような気がしています。

 何もしていない時でも、なんていうんですか、カーッと怒りがこみあげて来るんです。婦人科の薬は、合わなかったので、飲んでいません。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬とイライラに対応した漢方薬を処方しました。Ky66_14b_3

 2週間後、

 「驚くほどイライラしなくなりました。今までが何だったんだろうと思います。手足が冷たかったのですが、ぽかぽかして、温かくなりました。主人も、私の表情が柔らかくなったって、言っています(笑) もっと早く来ていればよかったです。」

 介護のストレスは、介護をされているご家族もそうですし、介護を受けられている方もストレスを感じやすいです。

 漢方薬は、体全体のバランスの乱れを整える処方が多く、イライラやストレスに対応した処方を組み合わせることで、日常で感じるストレスや職場や人間関係のストレスによるイライラや不安などが改善される方が多いです。

 一般的な安定剤などとは異なり、眠気やだるさが起こることはありませんので、仕事や車の運転などに支障が出ることがないので、好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外の方の受診も多いです。

 遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

「イライラ、気分の落ち込み、ストレスに漢方」

従来からのHPをリニューアルしております。漢方薬についてのより詳しい内容に、書き換えております。

「新潟発・私の漢方情報サイト・MY漢方」

より以前の記事一覧