カテゴリー

産後の症状

産後の心と体の不調改善

2019年8月30日 (金)

母乳の出が悪い方に漢方⁉

   授乳は、赤ちゃんとお母様の大切な時間です。

 一生懸命におっぱいを飲んで、スヤスヤと眠りにつく姿は、愛おしくて、幸せな気分になりますね。

 その大切な時間に、おっぱいの出が良くない、おっぱいが足りなくて、怒ったように泣かれる・・・。

 というお母様が受診されています。 

 出産時の体力の消耗が激しく、体調が戻っていない方、育児の疲れが取れない方に多い症状です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 ある患者さんのお話です。Ky12_12

 「母乳が足りないです。

 飲んでいて、出なくなるみたいで、怒ったように反り返ります。

 母乳が溜まって乳房が張ってくる感じもないので、母乳の作られる量が少ないんだと思います。

 ミルクを飲んでくれないので、困ります。

 本人(赤ちゃん)も私もいつもぐったり疲れてしまいます。

 食事も工夫したり、おっぱいマッサージも受けていますが、母乳が増えてはいないみたいです。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「母乳の出が少し良くなった気がします。」

 継続して1カ月後、

 「母乳がよく出るようになっています。

 本人が満足するくらい出ているようで、おっぱいを飲みながら、ウトウトして、寝付けるようになりました。

 母乳が溜まってきて、乳房が張ってくるのがわかります。」

「産後の体調不良に漢方」

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療を行っております。

 必要に応じて、西洋薬と漢方薬の併用も致します。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年7月 9日 (火)

不妊から妊娠、出産のご報告を頂きました^^

 1年前に、「2人目がなかなかできません。上のを出産してから3年以上経っています。」と

 受診された方が、赤ちゃんを抱っこされて、診察室へ入って来られました。Img_4324

 「おかげさまで、二人目が生まれました。

 乳腺炎になったのできました。

 なかなか妊娠しなかったので、体調を整えてって思っていたら、漢方を1カ月飲み切らないうちに、すぐに妊娠しました。」

 乳腺炎で受診される方も多く、助産師さんからのご紹介や漢方治療で、妊娠、出産された方が、お子さんを抱っこされて受診されることもあります。

「乳腺炎を漢方で改善」

 不妊症に悩む方に体質改善の漢方治療をを行っております。

 この方の場合は、非常に早い妊娠となりました。

 生理不順などがあり、基礎体温が安定していない方、多嚢胞性卵巣、子宮内膜症、子宮筋腫などががある方など様々です。

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣に漢方」

 漢方では、このような症状も考慮しながら、妊娠しやすい体質に整えることを考えます。A302_005

 長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「不妊症に漢方」

2019年4月28日 (日)

漢方ってこんなに効くんだね

 育児中に、手荒れに悩む方が多いです。

 家事での水仕事に加えて、赤ちゃんや小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は、手を洗う機会が多く、お子さんと接する時に、塗っているお薬を気にされる方が多いようです。

 ステロイドやタクロリムス軟膏を使いたくない方、思うような改善がみられない方に、体の中から皮膚を整える漢方治療が好評です。

 ある患者さんのお話です。Ky26_20-7

 手の指先に水疱ができて、破れると浸出液が出て、乾くとひび割れて痛いと受診されました。

 産後から手荒れが始まり、ステロイド軟膏を塗って5カ月になりますが、育児中はこれ以上の改善はみられないのかもしれないと思っていたそうです。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 ステロイド軟膏は、急に中止しますと、リバウンドが起こますので、漢方薬と並行して使用されるようにお話しました。

 2週間後に、手の指先の水疱がほとんど出なくなり、ひび割れた部分の皮膚が少し改善されていました。

 受診時には、お話されていませんでしたが、両足もかゆみがあり、寝ていてかゆくなって、掻き壊していたそうです。

 そのかゆみもほとんどなくなり、お子さんのお世話で夜中に目が覚める以外は、かゆみで起きることはなくなっているそうです。

 「漢方って、こんなに効くんだね って主人が驚いていました。ステロイドも1週間くらいでやめましたが、悪化しなかったので、使っていません。」139_1 

 この方はとても早い改善がみられましたが、手荒れや手湿疹などの皮膚炎で受診される方は、ステロイドやタクロリムス軟膏を使っている方が多く、リバウンドが最小限の状態になるように、漢方薬を併用して、ゆっくりと減らしながら、中止へ進めることがよいと思います。

 手荒れや湿疹の症状の度合い、使用されているステロイドのランクやタクロリムス軟膏を塗っている量や回数による差など、個人差が大きいですが、これらの軟膏を中止できる方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「手荒れ(あかぎれ・ひび割れ)に漢方」

 手や腕にできた湿疹に対応した漢方治療も行っております。

「手湿疹に漢方」

2018年7月20日 (金)

産後疲れ、イライラに漢方

 「漢方で妊娠して、無事出産しました。ありがとうございます。二人目が5年もできなかったのに、漢方を飲んでから、すぐでした。それは本当にありがたいのですが、産後から疲れとイライラがひどくて・・・。それから母乳の出が悪いですが、よくなる漢方はありますか。」

 水戸部クリニックでは、不妊の方の漢方治療から産後の体調不良まで、漢方薬による治療を行っております。

 出産による体力の消耗が激しい方は、自分の体調が戻らないまま、育児となりますので、心や体がついて行けなくなる場合があります。Img_6573

 消耗した体力の回復が追い付かないと、心に余裕がなくなってしまう方がいらっしゃいますが、周囲の理解が得られずに、苦しんでいる方が多いことも現状です。イクメンと言われる男性も増えてはいるようですが、仕事や家庭の事情などで、難しい場合も多く、どうしても母親の負担が大きくなってしまう場合が多いと思います。

 漢方薬は、体調を整え、気持ちが安定する効果のある処方がたくさんあります。一人で抱え込んで悩まずに、心と体に優しい漢方薬を試してみませんか。授乳中の方でも服用できます。

 診察の際に、たくさんおしゃべりして、発散して帰られる患者さんが多いです。どこかで吐き出さないと辛くなってしまいますから、お子さんと一緒にお出かけになられる事も大切です。

 猛暑で、外出がおっくうになりますが、涼しい場所へおでかけになられるのもよいと思います。Ky12_12_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方で、受診が難しい方には、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「産後の体調不良に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「新潟の産後疲れ治療の漢方」

2018年6月20日 (水)

基礎体温がバラバラでしたが、漢方で妊娠、出産しました。

 不妊に悩んでいた方が、漢方治療で妊娠され、出産されました。今回は、産後の肌荒れで受診されました。

 基礎体温がバラバラで、きちんと排卵していないようだと、漢方治療を希望され、約1年半くらい通院されていました。そして妊娠となり、元気なお子さんを無事に出産されたとご報告を頂きました。Img_0649

 「出産後少ししてから、肌荒れが気になっていました。様子をみていたのですが、酷くなってきたので、これは漢方だと思って来ました。授乳中なので、漢方だけでお願いしたいです。この子が生まれてくれて本当によかったです。ありがとうございます。」

 出産後から肌荒れやにきびが気になる方がいらっしゃいます、ホルモンバランスの変化なども原因となっていると考えられます。

 患者さん一人ひとりのお肌の状態や体質に合わせた漢方薬を処方しております。産後の体調も整いますので、次のお子さんをご希望の方にも好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。239

「不妊症・不育症治療に漢方」

「大人にきびに漢方」

「女性の健康と美しさのための漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

「不妊症治療の漢方」

2018年5月30日 (水)

尿漏れ トイレが間に合わない方に漢方

 尿漏れに悩む方に、体質改善の漢方薬が好評です。一人ひとりの症状や体質、年齢、生活習慣などに合わせた処方が効果的です。

 「尿もれに悩んでいます。出たいという感じがわかりません。気づくと(尿)出てしまっています。もう10年くらい悩んでいます。」Img_0149

 60代の女性です。

 得に重篤な疾患が見つからない場合は、漢方薬の服用により、改善される方が多いです。年齢や体質による個人差がありますが、服用前よりは、よい状態を保てるようになる方が多いです。

 漢方では、尿もれの原因を骨盤底筋が弱くなっていたり、前立腺肥大など、年齢や体質、仕事など生活環境などを考慮して考えます。

 この方の症状や体質、年齢などに合わせて、体全体のバランスの乱れを整える漢方薬を処方しました。

 「手足が温まった感じがしますが、まだよくわかりません。」

 その後継続されて数カ月になりますが、尿が溜まってきたような、出たいような感覚がわかるようになり、尿もれの症状は残っていますが、トイレに間に合う時が増えています。A306_129

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「尿漏れ・頻尿・過活動膀胱に漢方」

「頻尿・トイレが近い方に漢方」

2018年1月25日 (木)

産後のイライラに漢方

 産後から始まったイライラ、気分の落ち込みや体調不良に、心と体にやさしい漢方治療が好評です。出産による体力の消耗が激しい方は、自分の体調が戻らないまま、育児となりますので、心や体がついて行けなくなる場合があります。

 消耗した体力の回復が追い付かないと、心に余裕がなくなってしまうことも理解できますが、周囲の理解が得られずに、苦しんでいる方が多いことも現状です。

 安定剤を飲みたくない方、思うような改善がみれない方が、漢方治療を希望されています。漢方では、体調を整え、イライラや欝々した気分を発散する効果のある処方などあります。Img_9418_3

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、産後の体調が整い、気持ちが安定する方が多いです。

 授乳中の方でも服用できますので、大変好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市南区(旧白根市)で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

 遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、遠方の方も続けやすいと好評です。

「産後の体調不良に漢方」

「育児ストレスに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「新潟の産後疲れ治療の漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「産後からイライラしたり、気分が沈んだりします。妊娠前からパニック症状が出た事はありましたが、こんなにひどくはなかったです。上の子を出産した時もそうでした。自殺未遂もしました。その時は、心療内科に通院していました。その後は、安定していて、二人目を妊娠中は安定していたので、薬も飲まずに過ごせていました。

 でも、また出産後からまた同じ症状が始まりました。上の子にあたってしまいます(泣)

 また、心療内科へ行くようにと、主人に言われましたが、前回の時も辛かったので、漢方の方がよいと思って来ました。」

 細身で青白い顔で、とても疲れている感じの方でした。297

 帝王切開での出産でしたし、体力を回復する力が低下している為に、心に余裕がなくなっていると思われました。 

 この方の体質に合わせて、体力の回復を促進する漢方薬とイライラや気分の好き沈みに対応した漢方薬を処方しました。

 服用を始めたばかりの頃は、「辛い、死にたくなります・・・。」と泣きながらお電話を頂くこともありましたが、少しずつ気持ちが安定して、ご主人が出勤されている時間も親子で穏やかに過すことができています。

 生理前の悪化もなくなって、初診時とは違って、血色もよくなり、穏やかな表情になられました。現在は、体調や気分に合わせて、調節して服用されています。

「産後の体調不良に漢方」

「育児ストレスに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「新潟の産後疲れ治療の漢方」

~*~*~*~

 例年にない大雪ですね。HP担当は、除雪機で駐車場の除雪に奮闘しました

2017年11月24日 (金)

産後から頻尿が治らない時は漢方

 産後からの頻尿や尿漏れに悩む方、いつまで経っても治らない方に、漢方治療を行っております。

 妊娠、出産で、骨盤が広がって、周辺部分の筋肉が緩んだり、尿道の締まりが悪くなったりする事で、頻尿や尿漏れが起こります。Img_8965_2

 出産による体力の消耗が激しかったに多い症状です。だるさや疲労感などを感じていない方でも、出産は多くのエネルギーを消費しますので、産後に心と体の不調を感じる方は多いです。

 産後からの頻尿や尿漏れの原因として、体力の激しい消耗により、骨盤周辺部分の筋肉を引き締める力が低下していたり、伸びてしまった靭帯がなかなか元に戻らない事などが考えられます。

 産後の尿漏れの改善策としては、骨盤底筋を鍛える体操などが、紹介されているようですが、体力が回復していない方、腰痛などの症状が辛い方、思うような改善がみられない方が多い様です。

 漢方では、産後の体調を整える処方が中心になります。A307_060

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、頻尿や尿漏れなどの症状や他の不調も改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)も行っておりますので、新潟県の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

「産後の体調不良に漢方」

「育児ストレスに漢方」 Img_8964

従来からのPC用HPもご覧ください。

「新潟の産後疲れ治療の漢方」

2017年9月14日 (木)

授乳中の不眠に漢方薬

 授乳中の不眠に悩む方に、漢方薬が好評です。授乳のために夜中に起きると、眠れなくなってしまう方、夢ばかりみて、ぐっすり眠った感じがしない方に、睡眠薬や安定剤などを飲みたくない方に、体にやさしい漢方薬が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、お財布にやさしいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 眠れない原因となる体のバランスを整える漢方薬の服用により、自然な眠りが得られる方が多いです。Img_8489_2

 育児や夜中の授乳、おむつ替えなどで、疲れが溜まっている方、かわいいわが子の事を心配し過ぎて、眠りが浅くなったり、怖い夢をみてしまう方など、不眠の原因は、様々です。

 長年の漢方診療の経験を活かして、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。患者さんそれぞれの不眠の症状や体質に合わせて細やかに対応できるのが漢方薬です。

「不眠症に漢方」

新しいHPもお読みください。

「産後の体調不良に漢方」

~*~*~*~

 「夜中におっぱいをあげると、頭が冴えて、興奮して眠れません。動悸がしたり、体が熱くなるような感じもします。」

 産後の体調不良もありましたので、体調を整える漢方薬などを処方しました。

~*~*~*~Ky53_18_2

 動悸や体のほてりも治まって、気持ちよく眠れるようになっています。

 「寝てはいるのですが、夢ばかりみます。昨日は、ベビーベッドに娘が寝ていて、川を流れて行ってしまう夢をみました。その前は、よく覚えていませんが、怖い夢だったことだけはわかります・・・。」

 初めてのお子さんで、緊張や不安が強くなっている方でしたので、リラックス効果のある漢方薬を処方しました。

 「あれから怖い夢をみなくなりました。授乳して、娘が眠ると安心して、私も眠れるようになりました。」

「不眠症に漢方」

新しいHPもお読みください。

「産後の体調不良に漢方」

2017年7月25日 (火)

育児中の腱鞘炎、授乳中でも飲める薬は

 育児中に、手首が痛い、指の付け根が痛い、腫れているなどの症状は、腱鞘炎かもしれません。授乳や抱っこ、お風呂におむつ替えなど、手や腕に負担がかかる事が多いですね。

 放っておいたら、どんどん痛みが激しくなって、痛みで目が覚めるまでになってしまった方に、漢方治療が好評です。

 テーピングやサポーター、湿布、マッサージなどで対応している方が多いようですが、育児中は、手を休める事ができませんので、なかなかよくならないという方が多いようです。

 腱鞘炎の症状、痛む部分の状態、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。Img_7920

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。 

 自然の生薬から作られる漢方薬は、体に優しく作用します。授乳中の方でも服用できます。

「新潟の腱鞘炎治療の漢方」new

「痛み・しびれ・むくみに漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「こんな症状に漢方・整形外科疾患」

Img_7935Img_7918Img_7939



より以前の記事一覧