カテゴリー

産後の症状に漢方

産後の心と体の不調改善

2017年9月14日 (木)

授乳中の不眠に漢方薬

 授乳中の不眠に悩む方に、漢方薬が好評です。授乳のために夜中に起きると、眠れなくなってしまう方、夢ばかりみて、ぐっすり眠った感じがしない方に、睡眠薬や安定剤などを飲みたくない方に、体にやさしい漢方薬が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、お財布にやさしいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 眠れない原因となる体のバランスを整える漢方薬の服用により、自然な眠りが得られる方が多いです。Img_8489_2

 育児や夜中の授乳、おむつ替えなどで、疲れが溜まっている方、かわいいわが子の事を心配し過ぎて、眠りが浅くなったり、怖い夢をみてしまう方など、不眠の原因は、様々です。

 長年の漢方診療の経験を活かして、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。患者さんそれぞれの不眠の症状や体質に合わせて細やかに対応できるのが漢方薬です。

「不眠症に漢方」

新しいHPもお読みください。

「産後の体調不良に漢方」

~*~*~*~

 「夜中におっぱいをあげると、頭が冴えて、興奮して眠れません。動悸がしたり、体が熱くなるような感じもします。」

 産後の体調不良もありましたので、体調を整える漢方薬などを処方しました。

~*~*~*~Ky53_18_2

 動悸や体のほてりも治まって、気持ちよく眠れるようになっています。

 「寝てはいるのですが、夢ばかりみます。昨日は、ベビーベッドに娘が寝ていて、川を流れて行ってしまう夢をみました。その前は、よく覚えていませんが、怖い夢だったことだけはわかります・・・。」

 初めてのお子さんで、緊張や不安が強くなっている方でしたので、リラックス効果のある漢方薬を処方しました。

 「あれから怖い夢をみなくなりました。授乳して、娘が眠ると安心して、私も眠れるようになりました。」

「不眠症に漢方」

新しいHPもお読みください。

「産後の体調不良に漢方」

2017年7月25日 (火)

育児中の腱鞘炎、授乳中でも飲める薬は

 育児中に、手首が痛い、指の付け根が痛い、腫れているなどの症状は、腱鞘炎かもしれません。授乳や抱っこ、お風呂におむつ替えなど、手や腕に負担がかかる事が多いですね。

 放っておいたら、どんどん痛みが激しくなって、痛みで目が覚めるまでになってしまった方に、漢方治療が好評です。

 テーピングやサポーター、湿布、マッサージなどで対応している方が多いようですが、育児中は、手を休める事ができませんので、なかなかよくならないという方が多いようです。

 腱鞘炎の症状、痛む部分の状態、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。Img_7920

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。 

 自然の生薬から作られる漢方薬は、体に優しく作用します。授乳中の方でも服用できます。

「新潟の腱鞘炎治療の漢方」new

「痛み・しびれ・むくみに漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「こんな症状に漢方・整形外科疾患」

Img_7935Img_7918Img_7939



2017年3月13日 (月)

悪露が1か月以上経っても止まりません。婦人科異常ない時は、漢方

 悪露は、産後すぐから始まって、産後1~くらいで普通のおりものに変わる事がほとんどですが、2か月近くなっても鮮血や赤紫色の悪露が続いていたら、婦人科を受診される事をお勧め致します。

 産後の体調を整える事は、とても重要です。「産後の肥立ち」という言葉を聞いた事はありませんか。

 「産後の肥立ち」とは、妊娠により変化していた体が、出産後から妊娠前の状態にまで回復することを「産後の肥立ち」と言います。子宮が元の大きさに戻ったり、悪露などとして、不要となったものの排泄する働きを言います。

 産後の体調不良が、別の病気を引き起こしたり、次のお子さんの不妊の原因となる場合がありますので、早めに婦人科を受診される事をお勧め致します。

 婦人科で異常がないと言われた方、思うような改善がみられない方に、産後の体調を整える漢方薬が好評です。

 悪露が1か月異常続いている方は、もともと虚弱体質の方や産後すぐに動きすぎたり、働き過ぎたり、職場復帰されたりしたことで、出血を抑える力が低下していたり、子宮を始めとした体の回復力が低下している場合が多いです。Img_6375

◆悪露や出血が1か月以上続いている

◆食欲がない、食べられない

◆体がだるい、横になっていたい

◆手足が冷える、自分だけ寒い

◆産後うつのような症状がある

◆イライラしやすい

◆母乳の出が悪い

などの症状も伴う方が多いです。

 出産で消耗した気力、体力の回復を高める漢方薬などが効果的です。出産による出血ににより、血液も不足した状態になっていますので、体全体の栄養不足状態に陥っている方が多いです。胃腸機能が低下している場合も多く、食事を栄養として体に届ける力が低下している方も多いです。A307_069_2

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬により、体調が整い、回復力が高まる方が多いです。そしてだらだらと続いていた悪露が、正常なおりものに戻る方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の産後疲れ治療に漢方」

☆新しいHPページを作成中です。順次新しいページを追加しております。

「産後疲れ治療に漢方」new

2017年3月 8日 (水)

不妊治療を受けてられた方から妊娠のご報告2件!!

 漢方による不妊治療を行っているクリニックです。昨日は、妊娠のご報告と出産のご報告を頂きました。Img_6150_1_2

 お一人の方は、無事出産されて、授乳中なので、花粉症の漢方薬を希望されて受診されました。多嚢胞性卵巣があり、妊娠しにくいと言われていた方でしたが、漢方薬を服用後に、すぐに妊娠、出産となられたそうです。

 もう一人の方は、妊娠5か月になられていました。咳が続いていて、お腹に響くと心配になるとのことで、漢方薬を希望して受診されました。服用できる漢方薬も限られてしまいますが、咳を鎮める漢方薬を処方しました。

 無事出産をされて、授乳中の方や産後の体調不良で、受診された際に、ご報告を頂く事が多いです。Ky55_05_2

 お子さんの便秘やアトピーなどで受診されて、ご報告を頂く事も多く、とても嬉しくなります。漢方診療を続けていてよかったと、エネルギーを頂きます^^

 「不妊症・不育症治療に漢方」new

「男性不妊に漢方」new

 従来からのPC用HPはこちら 他の症状についてのページが充実しています。

「不妊症治療に漢方」

~*~*~*~

 自分へのご褒美に、チーズフォンデュ食べて来ました^^

2017年2月20日 (月)

産後の花粉症、授乳中でも漢方を飲めますか

 授乳中の花粉症に、漢方薬が好評です。授乳中は、服用するお薬に気を使われる方が多いようです。

 漢方薬は、花粉症の症状に細やかに対応した処方になります。Img_6211_2

◆鼻水が止まらない

◆鼻がつまる

◆眼がかゆい、充血する

◆副鼻腔炎になり、鼻の中が痛い

◆のどがイガイガする

◆花粉による皮膚炎にも対応しております。

 花粉症の症状改善のための漢方薬は、抗ヒスタミン薬とは異なり、眠気や喉の乾きなどの症状が起こらないことも人気の一つです。

~*~*~*~

Ky1122 久しぶりに受診された患者さんのお話です。

 「無事に出産しました。1か月検診が終わって、外へ出るようになったら、花粉症が始まりました。以前に頂いていた漢方がよく効いていたので、また下さい。」

 カルテを確認しましたら、不妊治療で漢方薬を服用されていた方でした。

 『わあ ご出産されたのですね。よかったです。』

 「そうなんです。先生の漢方で、妊娠できました。出産して、家の中に居て外へ出なかったので、今年は大丈夫かなぁと思っていたのですが、久しぶりに外へ出たら、てきめんでした。鼻がムズムズっとしたと思ったら、この状態です。鼻水が止まらなくなりました。また、同じ漢方を頂けますか」

 不妊治療と併行して漢方を希望される方が多いです。基礎体温が安定しない方、多能性卵巣、卵管水腫、子宮筋腫、子宮内膜症などの症状などのご相談も多く、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 子宮や卵巣の状態を整え、妊娠しやすい体質に整える漢方薬が好評です。

 花粉症や風邪、膀胱炎など、授乳中の体調不良に、漢方治療を希望される方が多いです。また、産後から始まった体調不良の改善にも効果的な漢方薬がございます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、子育て世代のお財布にやさしいです。お気軽にご相談下さい。

「花粉症を体質改善の漢方で」

☆新しいHPを作成中です。

「耳・鼻・喉の症状に漢方」new

「産後の体調不良に漢方」new

「女性の健康と美しさのための漢方」new

~*~*~*~

 学会に出かけた帰りに、いちご大福を並んで買いました^^ おいしかったです。行列を素通りできないタイプかも・・・(笑)

2017年1月15日 (日)

産後から膀胱炎症状が続いている時は漢方でスッキリ

 産後から、膀胱炎症状が続いて治らない方に、漢方治療を行っております。血尿や灼熱感、残尿感などの症状が激しい方やなんとなく、チクチク、ヒリヒリするような感じや違和感が続いている方など様々ですが、それぞれの症状に対応した漢方薬の服用により、膀胱炎症状が改善される方が多いです。

 授乳中の方でも服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_5874_2

◆トイレの回数が多い

◆血尿が続いている

◆排尿痛がある

◆尿が濁っている

◆残尿感がある

◆尿道の周辺部に違和感が続いている

などの症状に悩む方が多いです。A307_060

 出産により膀胱の神経が麻痺していたり、出産時の傷や切開によりお腹に力が入らない状態になっている事などが原因で、尿が溜まっている時間が長くなったり、悪露などによって、感染症を起こしやすい状態になっている方が多いです。

 膀胱炎の治療として、抗菌剤や抗生物質による治療が一般的ですが、抗菌剤や抗生物質などが合わない方、継続して服用される事に不安を感じている方、思うような改善がみられない方に、漢方薬が好評です。

 出産での体力の消耗により、免疫力が低下したり、筋肉を引き締める力が低下したりしている場合が多いので、患者さんそれぞれの体調や体質に合わせて、産後の体調を整える漢方薬を処方しております。

「新潟の産後疲れ治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「産後の症状に漢方」new

~*~*~*~

 出産後の疲労感や育児のストレスに悩む方の受診も多いです。出産によるエネルギーの消耗が激しく、心身共に回復しないまま育児に追われますので、心も体も疲れ切っているのに、一人で我慢している方が多いようです。産後の体調不良に対応した漢方薬の服用により、少しずつ元気を取り戻す方が多いです。心と体にやさしい漢方薬を試してみられるのもよいと思います ^^

2017年1月 7日 (土)

骨盤ベルトが痛い、着けないと歩けない

 出産後に着用される骨盤ベルトを使われる方が多いようです。ブログ担当の頃は、たぶんなかったと思いますので、使用経験がないのですが・・・((笑) 腹帯というのだったような・・・coldsweats01

 先日、骨盤ベルトを着用すると痛いという患者さんが受診されました。

 「それなら、着けなければよいのでは?」と言ってしまえば簡単なお話ですが、そういうわけにもならない事情が、この患者さんにはありました。

 「骨盤ベルトを着けると、痛くて脂汗が出るほど辛いです。胃が圧迫されて、胃液が上がってきますが、着けないと、骨盤がずれる様な変な感じがして、歩きにくくなります。立ったり座ったりするだけでも、ずれるような感じがします。Ky32_10

 出産した産婦人科や整形外科へ受診しましたが、特に異常はないので、痛いなら骨盤ベルトを使わなければよいのではないかと言われました。着ければ痛いし、着けなければ、ずれる感じが気持ち悪いしで、困っています。漢方でなんとかなるかもしれないと思って受診しました。」

 骨盤ベルトによって、圧迫されて、血行が悪くなるためではないかと考えまして、腰の周辺の血行を改善する漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「骨盤ベルトを着けても痛くなくなりました。痛みがうそみたいに消えました。ずっと着けていますが、全然平気になりました。胃液も上がって来なくなりました。漢方でも無理かな~って思っていましたが、びっくりです。」

 産後の多様な症状に、漢方治療が好評です。漢方治療を行っておりますと、本当にいろいろな症状の方が受診されます。

 産後からの体調不良の方、不正出血、乳腺炎、産後鬱、頭痛、めまい、イライラなどが続いていて、一人で抱え込んでいる方が多く受診されます。

 よくお話を伺う事で、患者さんそれぞれの症状の原因となる体のバランスの乱れを整える漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の産後疲れ治療の漢方」 Img_5768

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

 より詳しく、わかりやすいページを作成中です。

「産後の症状に漢方」new

~*~*~*~

 育児ストレスで受診される方も多いです。イライラして、子供に手を上げてしまう方のご相談も受け付けております。後で、落ち込んでいる方、一人で抱え込まないで、漢方という方法もありますよ。

 授乳中の方でも服用できます。

 ブログ担当は、よく食べていましたね^^ 

2016年12月23日 (金)

授乳中のイライラ、肩こりに漢方

 授乳中の肩こりが辛い方が多いようです。授乳や抱っこ、おんぶや家事で、肩や首がパンパンに張っている方、頭痛がひどくなると吐き気もするという方が受診されます。

 育児の疲れやストレスで、イライラしたり、落ち込んだりと、一人で悩んでいませんか。

 産後疲れが回復しないまま、我慢して育児を続けている方も多いようです。診察時に、お話している間に、泣き出してしまう方がいらっしゃいます。イクメンなんて言葉が聞かれるようになりましたが、仕事が忙しく、協力してもらえない方が多いように感じています。Img_5623_2Img_5620_2

 授乳中の方は、お薬に気を使われている方が多いようです。肩や首のこりが湿布やマッサージだけでは改善されない方、鎮痛剤を飲む事に、抵抗感がある方に、漢方薬が好評です。

 漢方薬には、産後の体調を整えたり、疲労やストレスに対応した処方があります。

 肩こりや頭痛、イライラや気分の落ち込み、不眠などの症状が改善される方が多いです。一人ひとりの症状や体質に細やかに対応しています。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、漢方診療30年以上の経験を活かして、新潟の気候や季節変化、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「新潟の産後疲れ治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応Ky12_12_2

「産後の症状に漢方」new

「乳腺炎を漢方で改善」new

~*~*~*~

 古町にサンタさんが歩いていらっしゃいました。早い時間の為か、小さなお子さんが少なく、ちょっと寂しそうでしたcoldsweats01 ご苦労様です。

2016年8月13日 (土)

42歳で妊娠し、出産しました。漢方大好き!!

 不妊症に悩む方に、ホルモンバランスや体調を整える漢方治療を行っております。先日もある患者さんからうれしいご報告をいただきました。

 体外受精を受けられていましたが、なかなか妊娠とならず、漢方治療も一緒に試してみたいと受診されました。

 卵管閉塞や子宮筋腫などもあり、生理周期もバラバラでした。体質に合わせた漢方薬を服用しながら、婦人科での治療も継続されました。Ky55_04

 最初は、バラバラだった生理周期と基礎体温が、徐々に整ってきました。漢方治療を開始されて、約7か月で、妊娠となりました。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「不妊症治療の漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら 他の症状についてのページも充実しております。

「新潟の不妊症治療の漢方」

 無事に出産されたそうですが、産後の体調不良と母乳の出が良くないとのことで、受診されました。

 「高齢なので、大変でしたが、無事生まれました。ありがごうとございます。でも、すごく体がだるくて、疲れが取れません。母乳の出が悪いみたいで、足りないみたいです。あれがいい、これがいいって聞いたものを試してみましたが、変わらないみたいだったので、先生のところへ来たほうがいいと思って来ました。

 私の母もお世話になって、本当に喜んでいます。我が家は、漢方大好きになっています。」A307_069

 出産は、非常に体力を消耗しますので、産後何か月も経っても、体力が回復しない方も多く、産後うつのような状態になってしまう方もいらしゃいます。

 産後の体調不良に漢方治療が効果的な場合が多いです。だるさや倦怠感、悪露やイライラ、気分の落ち込みなど、多様な症状の改善に、漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の産後症状改善の漢方」new Img_4550

不妊症治療の漢方」new

従来からのPC用HPは、こちら 他の症状についてのページも充実しております。

「産後疲れ治療の漢方」

「新潟の不妊症治療の漢方」

※ランキングにご協力下さい。


にほんブログ村

2016年7月10日 (日)

母乳が出にくい、足りない

 「母乳の出が悪くなり足りない日が多いです。時間帯によって母乳の出が悪くなります。子供が怒ります。いつまでもおっぱいにくっついています。」

 というご相談を受け付けております。母乳で育てたいお母様のご相談が多いです。

 母乳が足りない原因として、Ky56_02

◆出産による体力の消耗が激しく、母乳を作る力が低下している

◆乳腺のつまりなどによって、母乳の出が悪い

などが考えられます。

 出産で体力の消耗が激しかった方に多いように思いようです。このような方に、産後の体調を整え、母乳を作る力を助ける漢方薬などが効果的です。授乳中の方でも安心です。

 患者さんそれぞれの体質に合わせた処方になります。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 産後の体調不良が続いている方、母乳の出が悪い方、乳腺炎、悪露がいつまでも続いている方などのご相談も受け付けております。

「産後疲れ治療の漢方」 Img_4343_2

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「産後の症状に漢方」new

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 1年前に、不妊治療で漢方薬を服用されていた患者さんでした。

 「漢方を頂いて、わりとすぐに妊娠しまして、出産しました。母乳で育てていますが、午後になると、出る量が少なくなります。子供が怒ってのけぞるようになりました。母乳だけで育てたいので、漢方をもらいに来ました。」Ky12_12_2

 詳しい記載はできませんが、難産だったそうです。この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「体が楽になりました。母乳も出がよくなったようです。子供が機嫌が悪くなることもなくなり、おっぱいを飲みながら、ウトウトと眠るようになりました。もう少し続けてみたいです。」

より以前の記事一覧

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ