カテゴリー

汗と漢方

多汗、汗をかかないなど

2017年10月12日 (木)

大人のあせもが治らない時は漢方

 涼しい日が多くなりましたが、あせもが治らない方の受診が続いています。お子さんに多いあせもですが、近年は、大人の方のあせもの受診も増えています。

 あせも(汗疹)は、汗腺が詰まって発汗が妨げられ、汗が皮膚にたまることで起こります。

 塗り薬による治療が一般的ですが、なかなか治りにくい方、かゆみが辛い方、あせもの痕が気になる方に、体の中から皮膚を美しく整える漢方治療が好評です。

 汗腺のつまりを改善したり、汗による皮膚の炎症を鎮める漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「治りにくい皮膚症状に漢方」 529116804_917847_1

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。20代の女性です。

 「夏前からのあせもが、ずっと治らないんです。背中は治ったのですが、おしりの部分が、ずっと治りません。近くの皮膚科でステロイドも処方されたのですが、全然治りません。

 水着も着れなかったです・・・ weep 

 先生~ 痕が残りますか?」

 不安そうでした。

 あせもの炎症が落ち着いてから、傷跡などをなめらかに整える効果のある漢方薬に変方しました。

 「にきびもきれいに治りました。来年は、水着が着れます (^^♪ ありがとうございます。」Ky54_15_2

 夏の終わりから秋にかけて、虫刺されの痕やあせも、かぶれなどの掻き壊しの痕や黒ずみなどが気になる方の受診が増えます。

 美肌の漢方薬が大変好評です。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「治りにくい皮膚症状に漢方」

2017年7月27日 (木)

汗で顔がかゆい、肌荒れする時の漢方

 夏になって顔がチクチクする、湿疹やにきびが増えたと受診される方が多いです。汗による刺激や乾燥肌が原因となっている方が多いです。

 汗をかいたり、皮脂でベタつく感じがするので、皮膚が乾燥している事に気づいていない方が多いようです。

 汗によって水分が蒸発して、皮膚は乾燥しやすくなります。クーラーによっても室内が乾燥しますので、皮膚から水分が奪われて、更に乾燥肌が進行しやすいです。化粧水や乳液などで保湿される事も大切です。Img_7982

 皮膚から水分が蒸発すると、汗に含まれているミネラルなどが皮膚に残り、肌への刺激となって、皮膚のバリア機能が低下します。それにより、細菌やカビなとによる肌トラブルが起こりやすくなります。

 また、夏は汗腺が開きやすいので、毛穴に角質などがつまり、あせもの原因となりやすいです。

 保湿剤や汗をふきとるなどのスキンケア対策をしても、肌がチクチクする、にきびや湿疹が出るという方に、体の中から肌を健康に整える漢方薬が効果的です。

 皮膚に潤いを届ける漢方薬や皮膚の炎症を鎮める漢方薬などが効果的です。一人ひとりの肌質や皮膚炎、体質に合わせた漢方薬にを処方しております。Ky26_02

医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「乾燥肌に新潟の漢方」new

「新潟のにきび治療の漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「乾燥肌に漢方」

「にきび・吹き出物に漢方」

~*~*~*~

 水戸部クリニックの睡蓮鉢のつぼみが育っています。今シーズン2輪めです。次々と新しいつぼみが育っています。楽しみです。

2017年3月21日 (火)

汗疱が治りにくい方に漢方治療

 汗疱に悩む方の受診が増えています。手の平や足の裏に出来る小さいブツブツとした水疱が治らない、破れて、ひび割れたり、かゆくなったりを繰り返す症状です。

 春から夏にかけて発症したり、悪化する方が多いです。治っても繰り返す方、ステロイドを中止したい方のご相談が多いです。

 汗をかきやすい部分、手の平や足の裏に出る方が多いですが、頬や顔に出ている方のご相談も受け付けております。春や夏など汗をかきやすい季節に悪化する方、仕事などで、汗をかいたり、蒸れやすい環境に長時間いる方のご相談も多いです。Img_6454_4

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、少しずつ症状が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の汗疱治療に漢方」new

☆従来からのPC用HPはこちら 様々な症状のページを掲載しています。

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」 Img_6451

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 食品加工の仕事をしています。3月頃から10月頃に、顔の汗疱症状が現れます。マスクをして帽子をかぶっての仕事なので、目の下から頬全体にかけて、ブツブツとした水疱ができます。冬の間だけ少し目立たなくなりますが、今頃になると、またブツブツ出てきます。

 小さい水ぶくれができて、破れる事もなく、ずーっとブツブツしています。これからブツブツが目立つ時期になりますので、漢方を試してみようと思って来ました。」

 体質に合わせた漢方薬の服用により、水疱が少しずつ扁平に変わり、触るとブツブツに触れますが、顔を近づけてみないと、ほとんどわからない状態になりました。Img_6449

 冬の間は、春から悪化しにくいように、漢方薬の種類を変方して、対応されています。

「新潟の汗疱治療に漢方」new

☆従来からのPC用HPはこちら 様々な症状のページを掲載しています。

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

~*~*~*~Img_6446

 村上の「町屋の人形様巡り」、「おしゃぎり会館」に行ってきました。江戸時代からのお雛様も飾られていました。

 4月3日まで、展示されているそうです。

 お雛様を拝見させて頂きながら、お買い物やお食事をさせて頂いて、楽しい時間でした^^

2016年8月18日 (木)

背中の湿疹がかゆい、治らない

 背中の湿疹のかゆみが辛い方に、体の中から、お肌を整える漢方薬が好評です。夏になると、汗の量が多くなり、湿疹やかゆみが悪化する方の受診が多くなります。

 ステロイド外用剤を使っている方も多いようですが、合わなくなったり、塗るのを止めると悪化するので、中止したいという方の受診が増える季節です。A307_032_3

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 漢方では、湿疹の状態に合わせて、皮膚の炎症を鎮め、皮膚を健康な状態に整える体質改善を考えます。

 例えば、

◆ジュクジュクとした浸出液が多く、ただれたようになっている場合は、皮膚表面の炎症を鎮め、浸出液を吸収する漢方薬

◆皮膚表面が乾燥して、かゆみが強い場合は、皮膚に潤いを与えて、皮膚の炎症を鎮める漢方薬

◆ゴワゴワと硬くなった皮膚やひび割れ(亀裂)などがあり、かゆみや痛みを感じる場合は、厚くなった皮膚を軟らかくして、炎症を鎮める漢方薬

などにより、少しずつ皮膚炎が改善され、痛みやかゆみが改善される方が多いです。

 皮膚炎の症状の変化に合わせて、きめ細やかに対応できるのが漢方薬です。

 また、皮膚炎が改善されてくると、気になる色素沈着(皮膚の黒ずみ)にも対応しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

☆新しいHPを作成中です。PC、スマホ、携帯対応

「新潟の皮膚科症状に漢方」newImg_4554_4

従来からのHPは、こちらです。他の症状のページも充実しております。

「治りにくい皮膚症状を漢方で改善」

 

※ランキングにご協力下さい。


にほんブログ村

2015年7月16日 (木)

汗でアトピーが悪化する時は漢方

 汗をかきやすい季節になると、アトピーが悪化、赤みや炎症が激しくなった、体に熱がこもる、かゆみが辛い方の受診が多くなります。皮膚の炎症を鎮め、汗に対応した漢方薬が効果的です。Ky27_05

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

【汗と一緒に老廃物が皮膚から排泄されている】

 汗は、体温調節だけではなく、老廃物の排泄も行っています。便秘が続くと、肌荒れや吹き出物が出ることがあることでご理解しやすいと思います。アトピー肌の方は、、汗をかきにくい方が多く、汗や老廃物が皮膚に留まって、炎症を起こします。Ky27_04

 また、汗によって、かゆみが増し、掻き壊すと、感染症を起こしたり、炎症が悪化したりと、悪循環を繰り返す方が多いです。特に、夏になると皮膚の血流がよくなり、体の中に蓄積していた老廃物が、噴き出して来ますので、赤くなったり、ジュクジュクした浸出液が滲み出る方、かさぶたができる方、皮膚の一部がむくんだように腫れる方などが多くなります。

 皮膚の炎症を鎮め、汗によるかゆみに対応した漢方薬や皮膚を健康な状態に整える漢方薬が効果的です。

☆新しいHPを作成中です。PC,スマホ、携帯対応

「新潟のアトピー治療に漢方・ステロイドを使わない治療」new

「アトピー性皮膚炎治療に漢方」スマホサイトImg_1690_2

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「アトピー性皮膚炎に漢方」

「春、夏のアトピースキンケア」

2014年10月24日 (金)

汗をかきやすい、疲れやすい原因

 汗をかきやすく、すぐに疲れてしまうという症状に悩む方は、体力の低下が原因となっている場合が多いです。暑がりではなく、体温が低めなのに、汗をかく、冷えを感じる方に多い症状です。A306_122

 わかりやすく説明しますと、体力の低下により、体の表面から水分が漏れ出ないように引き締める力が落ちている状態と考えられます。必要以上に汗として水分が出てしまうので、体温を奪われ、冷えやすいです。暑がりの方のダラダラとした汗とは違い、じわっとした汗をかく場合が多いです。
Ky14_27_3

 このような症状の改善に、体質改善の漢方薬が効果的です。体調を整え、体力がついてきますと、じわっとした嫌な感じの汗が減り、疲れることが少なくなる方が多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 

Ky52_11Ky52_14詳しくは、PC用HPをご覧ください

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を 新潟の漢方医院水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯にも対応

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」new

2013年10月 5日 (土)

エクリン管嚢腫に漢方

20131001112141 朝晩が涼しくなりましたね。新潟で、漢方外来を行っておりますクリニックです。今日は、エクリン管嚢腫のお話です。

 エクリン管嚢腫とは、眼の周りや頬に出る小さいブツブツで、汗が皮膚の汗管にたまって、袋状の嚢腫を形成することで生じます。汗をかきやすい夏に症状が激しくなり、大きくなったり、数が増えたりしますが、冬になると症状が軽快することがほとんどです。有効な治療法がないようですので、「漢方でなんとなかなりませんか」とのご相談を受けることがあります。

 ある患者さんのお話です。エクリン管嚢腫に悩んでいらっしゃいました。最初は、思うような改善がみられず何度か変方しまして、検討を繰り返しました。症状がやっと落ち着いてきましたら、涼しい季節になりました。

 そして、冬の時期も体質改善の漢方薬を続けて頂きました。翌年の梅雨時に症状が出始めましたので、処方を変方しました。昨年とは比較にならないほど症状が軽減され、とても喜んでいらっしゃいます。

 夏のみに限定して症状が出る方が多いですが、症状の予防や体質改善の為に、服用を続けていらっしゃる方も多いです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「新潟の皮膚科症状に漢方薬」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧下さい。

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

~*~*~*~

 漢方外来では、原因がはっきりとわかっていない症状や難しい症状に悩む方のご相談が多くなります。時には、非常に頭を悩ませられる症状のご相談を受けることが多くありますが、あれこれ悩んで考えて、処方を工夫してというのが、結構好きなのかもしれないと気づきましたhappy01

 「調子がよいです」という場合は、よいですが、「あまりしっくりこない。変わった感じがない。」という場合には、処方内容を再検討するわけですが、診療後に、再度検討し直しています。考えて考えて、一人の患者さんについて何日も検討に検討を重ねることもありますhappy01sweat01調子がよい患者さんの場合でも、季節や体調の変化によって症状が変わった時のことも考慮して、次の受診された時のための考察もしています。

2013年9月17日 (火)

接触性皮膚炎に漢方!!治らない、ステロイドが合わない方に

 接触性皮膚炎が治りにくい、ステロイドが合わない、使いたくない方に、漢方薬が効果的です。体の中から皮膚を健康な状態に整える体質改善の漢方薬が好評です。赤ちゃんのかぶれにも対応しております。Photo

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

  接触性皮膚炎とは、「かぶれ」の事で、皮膚に触れたものの刺激やアレルギーによる場合があります。かゆみやヒリヒリ感を伴う湿疹で、水疱や膿が出る場合もあります。Ky26_19_2

◇顔や唇、腕や体幹、陰部など様々な部分に出ることがあります。

◇衣類や下着の締め付け部分

◇首や脇、おしり、陰部など汗によって蒸れやすい部分

◇髪の毛による刺激Ky56_30

◇化粧品や洗剤、植物、金属、ゴム手袋などによる刺激

など原因は様々です。はっきりとした原因物質が特定された場合は、その物質との接触を控えることで症状が改善されることが多く、一時的な症状であれば、短期間で改善される場合が多いですが、一度治っても再発を繰り返す方、なかなか治らない方に漢方薬が好評です。

 漢方では、接触性皮膚炎の症状や患者さんの体質に合わせて体質改善を検討します。体の中から皮膚の炎症を鎮め、接触性皮膚炎を起こしにくい体質に整える漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。20130831145121

「治りにくい皮膚症状に漢方薬」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「いろいろな皮膚炎に漢方」

 

いろいろな皮膚炎に漢方2もご覧ください。

2013年8月18日 (日)

首の湿疹? かゆいというより痛い。・・(>д<)・・。

 首の皮膚にチクチクとした痛みがあるという方が受診されました。医療機関をいくつか受診されたそうですが、痛みを感じる部分には、湿疹もなく、、異常がないので、治療のしようがないと言われたそうです。

20130812172347_2 「首の7、8か所ですが、ガラスの破片が刺さったような激痛がします。ずっと痛いわけではありませんが、汗がしみるのか、何もしていなくても、急にチクチクっと痛みが走ります。すぐに痛みはなくなりますが、とても痛いです。」

 皮膚組織の一部に何らかの損傷が起こっていると考えて、皮膚の修復を促進することを目的とした漢方薬を処方しました。炎症の深さや程度によって回復までに時間がかかる可能性もあるとお話しました。

 「漢方薬を飲み始めて、1週間くらいで、あの激痛が治っていることに気が付きました。全部飲んでなくなりましたが、続けた方がいいですか。なんだったのでしょうか。2か月以上も治らなかったのに・・・。」

 痛みも完全になくなりましたので、「中止ししましょう。」とお話しました。

20130812180007 皮膚症状だけでなく、原因がわからない症状に悩む方の受診が多いです。処方を工夫してもなかなか改善が見られず、悩む事もありますが、諦めずに服用を続けて下さった患者さんが、改善された時の喜びは、ひとしおです。

「皮膚科症状に漢方」スマホサイト

PC用HPはコチラ

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

2013年7月20日 (土)

汗で体が痒い

 汗をかくと体がかゆいというご相談が多いです。「汗をかいた部分が痒い、湿疹や汗疹ができる」などの症状がある方は、お肌のバリア機能が低下している可能性があります。

 健康な状態のお肌であれば、自分の汗で痒みや湿疹など炎症を起こすことはありません。普通に汗をかくだけでも皮膚を潤している保湿成分や皮脂が汗と共に流れてしまいます。長時間のお風呂や掻きすぎによっても皮膚表面の角質がはがれやすくなりますので、汗をかいただけでもお肌が痒くなる方は、汗を軽くシャワーで流して下さい。

 冷え症の方で体の芯を温めたい方は、ぬるめのお湯にゆっくりとつかるようにして、あまり長時間にならないように気を付けて下さい。

 液体のボディソープよりも固形せっけんの方が、皮脂を奪われにくいです。

 それでも痒い方には、漢方薬をお奨めします。体の中からお肌の表面に潤いを届かせる効果のある漢方薬などが効果的です。お肌の状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。漢方薬は、健康保険が適用になります。

「治りにくい皮膚科症状に漢方薬」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

20130719113546_2 かゆみが辛い時は、掻かないように叩いたりせずに、濡らしたタオルなどで冷やすと痒みが楽になります。冷蔵庫で冷やしておくと更に冷たくて気持ちがいいです。

 あせもや乾燥肌、アトピー性皮膚炎などのかゆみに効果的なローションもご紹介しております。

 病院限定の化粧品や漢方の美肌化粧品も好評です。

より以前の記事一覧

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ