カテゴリー

.腹痛に漢方

急な腹痛、繰り返す腹痛に漢方

2018年8月17日 (金)

脳梗塞後遺症の便秘に漢方

 脳梗塞の後遺症のご相談を受け付けております。今回は、脳梗塞後の便秘についてのお話です。

 脳梗塞後遺症で、

◇便が出にくい

◇下剤を飲んでも出ない

◇浣腸をしてもなかなか出ない

◇お腹が張って苦しい

◇お腹が痛くなる

の症状に悩む方が多いです。

 下剤を飲んでも、浣腸をしても、便が出にくくて、非常に辛い思いをされている方が多い様です。Ky22_07_2

 脳梗塞により、便意を感じにくくなったり、腸の動きが悪くなった事で、便秘になる場合があります。

 漢方では、脳梗塞後遺症の便秘を、一般的な便秘としてとらえるのではなく、多様な視点から考え快適なお通じになるように導きます。下剤や浣腸などとの併用もできます。

「手術後の違和感、後遺症に漢方」

「便秘・腹痛の漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「便秘に漢方」  「便の状態で決まるお腹の漢方」

 年齢や体質、体調、便の状態など様々ですし、他の症状も考慮して、体全体のバランスの乱れを整える処方を検討しております。漢方診療は、毎日が新しいです^^

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「脳梗塞をやってから半年になりますが、便が出ないんです。便を出す座薬も使っていますし、下剤ももらって飲んでいますが、出なくて、浣腸をしています。それでもスッキリじゃないんです。お腹が張って苦しいです。」

 腸の働きを整える効果のある漢方薬を処方しました。便秘薬や座薬も一緒に使うようにお話しました。

 1週間後、

 「いやあ まだ出ません。浣腸で、少しずつやっと出るくらいです。」

 腸の血流を改善する漢方薬も併用しました。

 「体があったかくなった感じはしますが、便はそんなに変わった感じがないです。浣腸しないと出ないです。」

 腸の働きを整える漢方薬に変方しました。ご高齢の方なので、頑固な便秘の方であっても、強すぎる刺激にならないように、慎重に処方を検討しております。

 漢方薬には、便秘の為の処方や腸の働きを整える処方など多くの種類がありますので、便秘の状態や体質に合わせて、細やかに調整できます。

 「いやあ~ 先生出た出た。いい便が出るようになりました。毎日気持ちよく出るようになりました。よかったあ。ありがとうございます。」

「手術後の違和感、後遺症に漢方」

「便秘・腹痛の漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「便秘に漢方」   「便の状態で決まるお腹の漢方」

2018年6月 1日 (金)

お腹が張って、おならが出てしまう方に漢方

 「お腹が張って、妊婦みたいにお腹が膨れます。お腹が張り過ぎて、おならが漏れてしまいます。臭いが気になって、人と一緒に行動するのが苦手です。でもそうもいかないので、とても気を使っています。」

 お腹のハリやガスが溜まって苦しいなどの症状に悩む方に、腸の働きを整える漢方薬が好評です。Img_0647

 お腹の張りやガスが溜まる原因は、いくつか考えられます。

◆座っているなど、同じ体勢でいる時間が長い

◆トイレやおならを我慢することが多い

◆腸のぜん動運動が弱い

◆ストレスや緊張することが多い

などが考えられます。

 漢方では、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方を検討します。診察により、その方のお腹の症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「お腹の張り、ガス、腹部膨満感に漢方」

「過敏性腸症候群に漢方」 A306_105_4

 この患者さんは、他の症状の改善も希望されていました。お腹のガスやおならが漏れてしまう症状が続いており、漢方薬を変方したり、追加したりしました。

 「お腹のガスが溜まらなくなりました。パンパンに張って、妊婦みないなお腹になっていたのが、シューっとしぼんだ感じです。

 20年以上悩んでいたんです。あちこちの病院も行ってみましたが、よくならなくて、食事も気をつけて、友達と外食に行くのも気にして、少ししか食べないようにしていました。おならの臭いが気になって行列に並んだりもできなかったのです。その悩みから解放されました。

 本来の自分を取り戻せた感じです。本当の自由が私に戻って来ました。本当にありがとうございます。」

~*~*~*~

「お腹の張り、ガス、腹部膨満感に漢方」

「過敏性腸症候群に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「こんな症状に漢方」 Img_0661Img_0657

2018年5月18日 (金)

給食を食べるとお腹が痛くなる子供に漢方

 「学校で給食を食べると、お腹が痛くなります。ほとんど下痢です。早上がりなどで給食がない日は、なんともないのですが、給食を食べると、だめなんです・・・。家での食事は、普通に食べられるし、下痢にもならないです。」

 というお子さんがお母様と受診されました。

 学校生活での緊張やストレスが原因となっていると考えました。繊細で感受性が豊かなお子さんに多い症状です。このお子さんの体質に合わせた漢方薬を処方しました。Img_0104

 2週間後、

 「漢方を飲ませて、1回だけお腹が痛くなったと言っていましたが、下痢にならなかったみたいです。それきり治っています。びっくりしました。」

 このお子さんは、腹痛や下痢にならない状態を続けられた事で、自信がついて、2カ月くらいの服用で、漢方中止としました。

 お子さんそれぞれの感受性や体質は異なりますので、改善を実感されるまでの期間は、お子さんによって、差がありますが、お子さん一人ひとりに寄り添った診療を心がけております。診察により、お子さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。Ky21_05_2

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「子供の過敏性大腸症候群に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「子供の症状に漢方」

2018年5月 9日 (水)

漢方の便秘薬って効きますか?

 漢方の便秘薬を飲んでみたけれど、すっきりと出ない、下痢になって、調節が難しいという方が受診されることがあります。

 市販でも漢方の便秘薬や生薬配合の便秘薬など、多くの種類の便秘薬がありますが、なかなか自分に合った便秘薬が見つからないという方のご相談が多いです。Img_0194

 漢方では、便秘の原因や体質に合わせた処方が多くあります。もともとの体質や生活習慣、学校や職場などの環境、便の状態などに合わせて、細やかに対応した処方があります。

 ご自分に合う便秘薬がわからない方、便秘で辛い方は、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されるのもよいと思います。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの便秘の状態や体質などに合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「便秘・腹痛に漢方」

「内科・胃腸症状に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「便秘対策の漢方」

「便の状態で決める漢方」

Img_0273

2018年3月30日 (金)

軟便で残便感がある方に漢方

 軟便、拭いても拭ききれない、残便感が続いている方に、軟便の原因に対応した漢方薬が効果的です。整腸剤などでは改善されない、慢性化している方のご相談が多いです。

 便が軟らかく、どろっとして、キレが悪く、すっきりと出し切った感じがしない方の受診が多いです。整腸剤などでは改善がみられないとのご相談も多いです。

◇便が拭ききれない、何度も拭いてもトイレットペーパーにつく

◇便が途切れて、すっきり出た感じがない 残便感がある

◇何度も拭くので、肛門がかゆくなったり、ただれたりする

などの症状に、体質に合わせた漢方薬が効果的です。540476013_255644

 細菌やウイルスによる感染症や食事などによる急性症状であれば、短期間で改善される場合がほとんどですが、慢性的に軟便が続いている方は、辛いですね。

 慢性化している軟便は潰瘍性大腸炎など炎症による場合やストレスや緊張による過敏性腸症候群、内臓の冷えなど様々ですが、診察により、一人ひとりの軟便の原因や体質に合わせた漢方薬の服用により、軟便が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「慢性の下痢・軟便に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しています。

「慢性の下痢・軟便を漢方で改善」 A307_047_3

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「何年も前から、軟便です。下痢になる時もあります。おしりを拭きすぎて、かゆくなったり、痔がひどくなったりします。いろいろな病院を回りましたが、治らなくて・・・。」

 この方は、細身の方で、体力の低下や内臓の冷えなどが原因となっていましたので、内臓の冷えを改善する漢方薬などを処方しました。

 「きちんとした便が出るようになりました。痔もよくなって、痔の薬も要らなくなっています。もっと早く来ていればよかったです。」

2018年2月 8日 (木)

子供が便秘で痛がります。そんな時の漢方

 便秘に悩むお子さんに漢方薬が好評です。整腸剤や酸化マグネシウム、オリゴ糖、ヨーグルトなど、薬や食べ物を工夫されているようですが、うんちをする時に、痛がるお子さんをみていると辛いですね。Img_9548_3

 漢方では、お子さん一人ひとりの体質や便の状態に合わせた処方を検討しております。

◇便が硬い コロコロ便

◇細い便が、すこしずつしか出ない

◇便が出るまでに時間がかかり、痛がる

◇浣腸を嫌がる

◇便秘薬、整腸剤では、すっきり出ない

など、様々です。

 小児は、胃腸の働きが未熟な為、ちょっとした事で、便秘になったり下痢になったりしやすいです。お子さんそれぞれに合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠隔診療(オンライン診療)も好評です。

「新潟の子供の便秘・腹痛に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。詳しい症状についての内容を掲載しております。

「子供の便秘・腹痛に漢方」

~*~*~*~Ky64_20

 「便秘がひどくて困っています。便秘薬やヨーグルト、オリゴ糖、ご飯に麦を混ぜてみたり、さつまいもを毎日食べさせるようにしたり、いろいろやってみましたが、ちょっといいかな~と思ってもすぐに出なくなってしまいます。

 出ても硬いコロコロした便が、少ししか出ません。出すのを痛がっています。毎日浣腸をするのもよくない気がして、漢方の方がいいと思ってきました。」

 お子さんの体質に合わせた漢方薬を処方しました。漢方では、「子供の便秘にはこの漢方」とはなりませんので、診察により、お子さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 「とてもよく出るようになりました。あんなに苦しんで痛がっていたのが、嘘のようです。もっと早く来ればよかったです。」

~*~*~*~

 台湾出身の患者さんに「ぐでたまのポケットティッシュ」を頂きました。日本と形が違いますね。漢方治療を希望されて、中国や台湾、韓国出身の方の受診も多いです。文化の違いや母国のお話を聞かせて頂く事があります^^

2017年12月 1日 (金)

潰瘍性大腸炎の薬が効かない方に漢方

 潰瘍性大腸炎の症状が辛い方が多いです。薬が効いている感じがしない方、薬が合わない方に、体質改善の漢方治療が好評です。

 大腸粘膜の炎症によるただれ、びらんや潰瘍により、粘血便や下痢、腹痛が続く症状です。一度よくなっても、繰り返す方、数か月後、数年後に再発したり、悪化することがあります。

 大腸粘膜の異常な免疫反応により大腸粘膜が攻撃されることなどが原因とされていますが、遺伝や生活習慣、ストレスなど多様な因子が絡み合っていると言われています。Img_8988

◆血便

◆粘血便

◆下痢

◆腹痛

などが主な症状ですが、症状がひどくなると貧血や体重減少、発熱がみられる場合もあります。

 潰瘍性大腸炎の治療を受けて改善しても再発を繰り返す方、症状がずっとだらだらと続く方など様々ですが、思うような改善がみられない方、薬が合わない方などのご相談が多いです。

 漢方では、患者さんそれぞれの便の状態や体質や体力などに合わせた処方になります。長年の漢方診療の経験を活かして、潰瘍性大腸炎の症状の改善のための処方を検討しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)も行っておりますので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外の受診も多いです。

「潰瘍性大腸炎に漢方」

「内科・胃腸症状に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「こんな症状に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「潰瘍性大腸炎で治療を受けています。化学療法も何も効果がないです。

 毎日下痢です。時々軟便になりますが、ほとんど便の形がありません。出血も多く、止血剤を飲んでも止まらないので、ずっと貧血です。

 潰瘍性大腸炎のお薬はこれです。お薬手帳に書いてあります。一度、柴苓湯という漢方薬を出してもらいましたが、肛門にチリチリと熱くなって、中止しました。

 それから薬局で漢方薬を買って飲んでみましたが、全然効果がなかったので、漢方の先生の方がよいと思って来ました。」Ky21_02

 この方の症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。以前からの治療と並行して、漢方治療を開始しました。

 「下痢が続いてはいますが、少しよくなったような気がします。出血量が少し減った気がします。」

 焦らずに経過をみるようにお話して、前回の漢方薬にもう一種追加しました。

 「出血量が日に日に減ってきているのがわかります。下痢が減って、形のある便になってきています。体が温まって、調子がよいです^^」

「内科・胃腸症状に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「こんな症状に漢方」

2017年10月31日 (火)

人と食事をするのが苦手で、吐き気がしたりする方の為の漢方

 「会食が苦手です。一人での食事は、なんともないのですが、他人との会食となると、胸やけしたり、喉が苦しくなったりして、食事が喉を通りにくくなります。」

 人と食事をする時に、緊張したりする事で、胃腸の不調を感じたり、過剰に汗をかいたりする場合があります。

 目上の方や初対面の方との食事など、緊張したり、不安になったりと、ストレスを感じる事で起こりやすい症状です。Img_6710

◇動悸がする、呼吸が苦しくなる

◇のどがつかえた感じになり、食事が喉を通りにくくなる

◇胃が痛くなる、吐き気がする

◇汗が止まらない

◇腹痛がする、おなかが張る、ガスが溜まる

などの症状が多いです。

 このような症状に、緊張やストレスを発散しやすい、リラックス効果のある漢方薬などが効果的です。

 診察により、一人ひとりの症状や体質に細やかに対応できるのが漢方薬です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 Img_6711

 新潟で診療を行っておりますが、オンライン診療(遠隔診療)が、可能になりましたので、新潟県内外の方の受診も多いです。 

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

「内科・胃腸症状に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「情緒不安定気味の時の漢方」

「心に効く漢方」

「胃の症状に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。他の症状で受診されている方です。

 「調子はいいです。今日は、他の症状でちょっと・・・。会食が苦手です。一人暮らしをしてますが、一人での食事は、普通に食べられますが、会食となると、胸やけがして、食べられなくなって、なんていうんですか、ドキドキします。ネットで調べたら、会食恐怖症って、書いてあって、これは困ったと思って・・・。」A306_079

 この症状が始まったのは、就職されてからという事がわかりました。ご家族や親しい友人との会食は、普通に食事ができるとの事で、職場の上司や同僚との会食の時に、このような症状が出るとの事でした。

 この方の症状や体質に合わせた漢方薬を会食に行く少し前の時間に服用するようにお話しました。

 「あの漢方 めっちゃいいですね。あっ すみません。ほんとよく効いたんで・・・。(笑顔)」

 社会人1年生、慣れるまで大変ですね^^

2017年10月19日 (木)

便意があるのに、便が出ない方のための漢方

 便意があってトイレに行くのに、なかなか出ない、日に何度も便意があるなどの症状に悩む方に漢方治療が好評です。Img_8529_2

 このような症状は、慢性的な便秘やストレスなどによる過敏性腸症候群による場合が多いです。またガンなどの重篤な疾患が原因となっている場合もあるので、症状が続いている方は、検査を受けられることをお奨めします。

 検査を受けても特に異常が認められない方、思うような改善がみられない方に、胃腸の働きを整える体質改善の漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、オンライン診療(遠隔診療)にも対応しておりますので、遠方の方、新潟県外から受診される方も多いです。Ky22_08

◇1日に何度も便意を感じるが、便が出にくい

◇お腹のハリやガスが溜まっている感じが続く

◇残便感がある、何度もトイレに行くが、スッキリと出ない

◇便秘が続いていて、出ると下痢になる

など様々ですが、一人ひとりの症状や体質に細やかに対応できるのが漢方薬です。

「便秘・腹痛に体質改善の漢方薬」

「過敏性腸症候群に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を こんな症状に漢方」

2017年8月30日 (水)

夏休み明けからの体調不良に漢方

 夏休みが終わり、新学期が始まっている学校が多いようです。

 なんとなく具合が悪い、頭痛やめまいがする、お腹が痛い、下痢になるなど、不調を訴えるお子さんが増える時期です。水戸部クリニックにも親御さんに付き添われて、受診されるお子さんが多くなっています。

 お子さんに大きなストレスがかかる時期ですので、無理をさせないで、休ませてあげることも必要です。お家で休んでいても、体調不良が続いている、食欲がないなどのご相談を受け付けております。Img_8372_3

 検査を受けても特に異常がない、改善がみられない時は、新学期の不安などによる場合などが考えられます。

 夏休みに入る前から感じていた不安や緊張、ストレスなどによる精神的な疲れが癒されていないお子さんに多い症状です。繊細でやさしいお子さんに多いです。

 少し休んで、好きな事をして、心を休める時間も大切です。休んでいても、学校へ行っていない事を気にして、体調不良が続いていたり、食欲がないなどの状態が続いていては、心が休まる暇がありません。


 漢方では、気滞(きたい)と呼ばれる状態です。ストレスや不安で、気の巡りがよくない状態と考えられます。気が滞った部分に、様々な症状が出る場合があります。

 頭痛、めまい、胃痛、食欲不振、腹痛、下痢、だるさなど、様々です。

 気の巡りを改善し、気持ちが安定するお手伝いをする漢方薬が好評です。お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方になります。A307_046_od_3

 自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしく作用します。乳幼児の方から服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「子供の頭痛・めまい・たちくらみに漢方」

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

「思春期女子の体調不良に漢方」

~*~*~*~

 心の疲れはわかりにくいですが、休息が必要な時もあります。今までずっと頑張り続けて来た疲れが、症状となって表れている場合があります。お子さんが安心して休める空間を作ってあげる事も大切だと思います。

より以前の記事一覧