カテゴリー

.便秘改善

下剤が効かない、下痢になる方に

2019年6月22日 (土)

疲れが取れない方に漢方薬

 「疲れが取れません。

 ストレスが多く、便秘になったり、集中力が低下します。

 寝つきが悪く、寝不足になることが多いです。」

 朝、疲れが取れていない、だるいという方に漢方薬が好評です。Img_4246

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少し調子がいいですが、これから夜勤が始まるので、それから様子をみたい感じがします。」

 1か月後、

 「かなり調子がいいです。

 漢方薬を飲む前とは比較にならないくらい楽ですが、お腹にガスが溜まります。

 お腹のガスを減らしたいです。」

 漢方薬を変方しました。

 「いいです。とても楽です。

 お腹のガスも気にならなくなったし、よく眠れるようになりましたので、朝起きた時に、体が楽です。」A307_070

 しばらく調子がよく、同じ漢方薬を継続されていましたが、ある時

 「親が腫瘍が見つかり、入院しました。

 心配していたら、調子が悪くなった感じがします。」

 漢方薬を変方しました。

 「気持ちが楽になりました。

 親も元気に退院しました。

 今回は、前の漢方薬に戻してもらってもいいですか。」

 継続されて、またしばらく調子がよい状態が続いていました。

 「仕事が忙しくなって、背中が痛くてつらいです。

 あと1カ月くらいは、この状態が続くので、もっと元気になる漢方薬はありませんか。」

 漢方薬を変方しました。

 このように、症状や体調の変化に合わせて、細やかに対応できるのが漢方薬です。

 季節の変化や仕事環境の変化などにより、体調や症状が変わる場合がありますので、ご遠慮なくご相談して頂けますと、こちらもそれに合わせた漢方薬を処方いたしますので、よりよい状態を保ちやすくなると思います。

 水戸部クリニックでは、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「疲れ・だるさ・倦怠感に漢方」

2019年6月 3日 (月)

ストレスで便秘になり集中力が低下する方に漢方

 「ストレスで便秘になります。

 集中力が低下して、仕事に支障が出ます。

 目の下のクマが取れないのも気になります。」

 夜勤の日が多く、神経を使うお仕事とのお話でした。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Img_3821

 2週間後、

 「かなり調子よくなりました。

 便秘もしなくなりました。

 漢方薬を飲む前とは比較にならないほど楽になりました。

 でもお腹にガスがたまって、苦しい時があります。」

 漢方薬を変方しました。

 「とても調子がいいです。

 便も毎日出るようになっています。

 お腹のガスもたまらなくなりましたし、目の下のクマもできなくなりました。」

 服用していると調子がよいと、継続されています。

「過敏性腸症候群に漢方」Ky22_08

 ストレスや緊張によるお腹の症状に細やかに対応した漢方薬が好評です。

 下痢が多い方、便秘が多い方、お腹のハリやガスが気になる方など、様々ですが、漢方では、一人ひとりの症状や体質に合わせた処方になりますので、なかなか改善がみられなかったという方にも好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年5月 4日 (土)

ガン手術後からの食欲不振を漢方で改善

 「食欲がありません。あまり食べたいとも思わなくなっています。

 ガンの手術を受けて退院して1カ月になりますが、食べられないので、体力もないし、やせるばかりで困っています。

 ガンの部分は胃ではないですし、悪いものは全部取れたので、食欲がないのは関係がないと言われました。

 便秘もあって、市販の漢方薬を飲んでいますが、便がなかなか出なくて疲れます。」A307_085

 ガンの手術後の体調不良のご相談を受け付けております。

 患者さんそれぞれの体力やガンの状態などによる差が大きいですが、体調を整えるために、漢方薬を処方しております。

 長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 この患者さんは、漢方薬を服用されて約2週間くらいで少し食欲が出始めて、少量ですが、食事がおいしく摂れるようになられました。

 食事の量が少しずつ増えて、便秘も改善されて、便秘薬を飲む回数が減っています。

「胃ガン手術後の生活の質を改善する漢方」

 手術後の違和感や痛み、しびれ、ひきつれなどの不快感に悩む方のために漢方治療を行っております。

「手術後の痛み、腫れ、しびれなどに漢方」

2019年3月13日 (水)

思春期の便秘と腹痛に漢方

 思春期のお子さんは、学校や外出先でトイレに行きにくい方が多く、便秘や腹痛に悩む方が多いようです。A307_048

◆便秘薬を飲むとお腹が痛くなる、下痢になる

◆便秘薬を飲んでも出ない

◆おならが気になる

◆お腹が張って苦しい

◆お腹が痛くなることが多い

などのご相談が多いです。

 思春期のお子さんは、精神的にデリケートになるお子さんが多くなるので、トイレに行くのが恥ずかしい、学校で便をしにくいなどの理由で、便秘傾向になる方が多いです。

 また、緊張やストレスに敏感な年齢ですので、過敏性大腸症候群の症状に悩むお子さんが多いです。A306_128_2

 整腸剤や便秘薬などでは、お腹の症状の調節が難しい場合が多いようです。

 女性の場合は、生理周期に伴って、下痢になったり、便秘になったりするお子さんが多く、生理不順や生理痛などと同じように、お腹の調節が難しい方のご相談が多いです。

 漢方では、お子さんそれぞれのお腹の状態に細かに対応した処方があります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「子供の過敏性大腸症候群に漢方」

子供の心と体の不調に対応しております。

「子供の病気に漢方」

2018年11月26日 (月)

過敏性大腸症候群で、お腹のガスが苦しい

 過敏性大腸症候群の症状の改善に漢方治療を行っております。過敏性大腸症候群の症状は、下痢と便秘を繰り返す方、下痢や腹痛が続いている方、ガスが溜まってお腹が苦しい、おならが気になるなど、一人ひとり異なります。

 漢方では、その違いに細やかに対応した治療となります。Img_2253_1

 過敏性大腸症候群の症状は、ストレスや緊張に敏感な方に多い傾向があります。漢方では、お腹の症状やストレスなどに対して、患者さんそれぞれに合わせた処方となります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

「過敏性大腸症候群に漢方」

ストレスや緊張に対応した漢方薬も好評です。

「イライラ、落ち込み、ストレスに漢方」

従来からのHPを順次リニューアルしています。お時間がある方は、お読みください。より詳しい内容になっております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

~*~*~*~099

 ある患者さんのお話です。

 「便秘とお腹のガスが苦しいです。ガスが溜まって、胃の方まで満タンになって苦しいです。過敏性大腸症候群と言われて、薬を飲んでいましたが、全然よくならなくて・・・。

 背中まで張ってくるんです。胃から背中まで、コンクリートを流し込んだように、板になったような感じがして苦しくなります。車の運転の仕事なので、下剤を飲んで下痢になったりするとトイレにいけないし、困っています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「とても調子がいいです。漢方って早く効くとは思っていませんでした。」

 継続されて、1か月後、

 「お腹のガスが溜まらなくなっています。とてもいいです。背中が張って、板のようになってしまうと、仕事を休まないと動けなくなっていたのが、それもなくなっています。

 それから、生理不順も治りました。漢方ってすごいですね。」

2018年8月30日 (木)

便秘と肌荒れを漢方で改善

 「便秘がひどいです。小学校3年生くらいからずっとですが、なかなか出なくて、2週間くらい出なくても平気です(笑) 酸化マグネシウムを飲んでいますが、出にくくて、2週間くらいたって、出ないと錠剤の便秘の薬を飲んでいますが、お腹が痛くなって、下痢になります。

 肌荒れも、こんな状態で、顔のブツブツが治りません。近くの病院で漢方ももらいましたが、よくならなりませんでした。友達からこちらがよいと聞きました。」

 皆様がご紹介して下さる事が多いようです。本当に有り難いです^^

 慢性の便秘の方は、便が腸内に留まっている時間が長いので、老廃物を過剰に吸収しやすく、それが、皮膚に排泄されてしまうことで、肌荒れになっている場合があります。

 この方の場合は、便秘の改善と共に、皮膚炎を改善する治療となります。便秘の状態や皮膚炎の症状、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬による治療となります。

 西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を行っておりますので、必要に応じて、抗生物質や便秘薬との併用も行っております。

 2週間後、Ky22_04

 「こんなに楽なお通じは、18年ぶりです。ほんとに楽に、毎日出るようになりました。もっと早く来ればよかった。」

 皮膚炎も少しずつ改善がみられ、約3か月くらいで、ほとんどブツブツとした炎症が出なくなってきましたので、皮膚炎の痕、色素沈着などをきれいに、皮膚のキメを整える漢方薬に変方しました。

 皮膚の激しい炎症が続いていた方は、瘢痕(傷痕)や色素沈着(黒ずみ)となって、残る場合が多く、皮膚炎が改善されると、この痕をきれいにしたいという方がほとんどです。皮膚の新陳代謝を活発にする漢方薬などの継続により、少しずつ皮膚がきれいに改善される方が多いです。

 この患者さんは、年齢が若いこともあり、改善が早く、メイクで隠す必要がなくなったと、喜んでいらっしゃいます。

 皮膚の新陳代謝も年齢が若い方の方が活発なので、皮膚炎や傷などの改善が早い方が多いです。うらやましいです(^^;Ky26_17

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 遠方などで来院が難しい方は、自宅や職場でできるオンライン診療が、好評です。

「便秘・腹痛に漢方」

「治りにくい皮膚炎を漢方皮膚科で改善」

従来からのPC用HPの内容を順位リニューアルしています。漢方についてより詳しい内容になっております。

「便秘の漢方薬の選び方」

「体質改善の漢方で、皮膚炎改善」

2018年8月17日 (金)

脳梗塞後遺症の便秘に漢方

 脳梗塞の後遺症のご相談を受け付けております。今回は、脳梗塞後の便秘についてのお話です。

 脳梗塞後遺症で、

◇便が出にくい

◇下剤を飲んでも出ない

◇浣腸をしてもなかなか出ない

◇お腹が張って苦しい

◇お腹が痛くなる

の症状に悩む方が多いです。

 下剤を飲んでも、浣腸をしても、便が出にくくて、非常に辛い思いをされている方が多い様です。Ky22_07_2

 脳梗塞により、便意を感じにくくなったり、腸の動きが悪くなった事で、便秘になる場合があります。

 漢方では、脳梗塞後遺症の便秘を、一般的な便秘としてとらえるのではなく、多様な視点から考え快適なお通じになるように導きます。下剤や浣腸などとの併用もできます。

「手術後の違和感、後遺症に漢方」

「便秘・腹痛の漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「便秘に漢方」  「便の状態で決まるお腹の漢方」

 年齢や体質、体調、便の状態など様々ですし、他の症状も考慮して、体全体のバランスの乱れを整える処方を検討しております。漢方診療は、毎日が新しいです^^

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「脳梗塞をやってから半年になりますが、便が出ないんです。便を出す座薬も使っていますし、下剤ももらって飲んでいますが、出なくて、浣腸をしています。それでもスッキリじゃないんです。お腹が張って苦しいです。」

 腸の働きを整える効果のある漢方薬を処方しました。便秘薬や座薬も一緒に使うようにお話しました。

 1週間後、

 「いやあ まだ出ません。浣腸で、少しずつやっと出るくらいです。」

 腸の血流を改善する漢方薬も併用しました。

 「体があったかくなった感じはしますが、便はそんなに変わった感じがないです。浣腸しないと出ないです。」

 腸の働きを整える漢方薬に変方しました。ご高齢の方なので、頑固な便秘の方であっても、強すぎる刺激にならないように、慎重に処方を検討しております。

 漢方薬には、便秘の為の処方や腸の働きを整える処方など多くの種類がありますので、便秘の状態や体質に合わせて、細やかに調整できます。

 「いやあ~ 先生出た出た。いい便が出るようになりました。毎日気持ちよく出るようになりました。よかったあ。ありがとうございます。」

「手術後の違和感、後遺症に漢方」

「便秘・腹痛の漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「便秘に漢方」   「便の状態で決まるお腹の漢方」

2018年5月 9日 (水)

漢方の便秘薬って効きますか?

 漢方の便秘薬を飲んでみたけれど、すっきりと出ない、下痢になって、調節が難しいという方が受診されることがあります。

 市販でも漢方の便秘薬や生薬配合の便秘薬など、多くの種類の便秘薬がありますが、なかなか自分に合った便秘薬が見つからないという方のご相談が多いです。Img_0194

 漢方では、便秘の原因や体質に合わせた処方が多くあります。もともとの体質や生活習慣、学校や職場などの環境、便の状態などに合わせて、細やかに対応した処方があります。

 ご自分に合う便秘薬がわからない方、便秘で辛い方は、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されるのもよいと思います。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの便秘の状態や体質などに合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「便秘・腹痛に漢方」

「内科・胃腸症状に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「便秘対策の漢方」

「便の状態で決める漢方」

Img_0273

2018年2月 8日 (木)

子供が便秘で痛がります。そんな時の漢方

 便秘に悩むお子さんに漢方薬が好評です。整腸剤や酸化マグネシウム、オリゴ糖、ヨーグルトなど、薬や食べ物を工夫されているようですが、うんちをする時に、痛がるお子さんをみていると辛いですね。Img_9548_3

 漢方では、お子さん一人ひとりの体質や便の状態に合わせた処方を検討しております。

◇便が硬い コロコロ便

◇細い便が、すこしずつしか出ない

◇便が出るまでに時間がかかり、痛がる

◇浣腸を嫌がる

◇便秘薬、整腸剤では、すっきり出ない

など、様々です。

 小児は、胃腸の働きが未熟な為、ちょっとした事で、便秘になったり下痢になったりしやすいです。お子さんそれぞれに合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠隔診療(オンライン診療)も好評です。

「新潟の子供の便秘・腹痛に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。詳しい症状についての内容を掲載しております。

「子供の便秘・腹痛に漢方」

~*~*~*~Ky64_20

 「便秘がひどくて困っています。便秘薬やヨーグルト、オリゴ糖、ご飯に麦を混ぜてみたり、さつまいもを毎日食べさせるようにしたり、いろいろやってみましたが、ちょっといいかな~と思ってもすぐに出なくなってしまいます。

 出ても硬いコロコロした便が、少ししか出ません。出すのを痛がっています。毎日浣腸をするのもよくない気がして、漢方の方がいいと思ってきました。」

 お子さんの体質に合わせた漢方薬を処方しました。漢方では、「子供の便秘にはこの漢方」とはなりませんので、診察により、お子さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 「とてもよく出るようになりました。あんなに苦しんで痛がっていたのが、嘘のようです。もっと早く来ればよかったです。」

~*~*~*~

 台湾出身の患者さんに「ぐでたまのポケットティッシュ」を頂きました。日本と形が違いますね。漢方治療を希望されて、中国や台湾、韓国出身の方の受診も多いです。文化の違いや母国のお話を聞かせて頂く事があります^^

2017年10月19日 (木)

便意があるのに、便が出ない方のための漢方

 便意があってトイレに行くのに、なかなか出ない、日に何度も便意があるなどの症状に悩む方に漢方治療が好評です。Img_8529_2

 このような症状は、慢性的な便秘やストレスなどによる過敏性腸症候群による場合が多いです。またガンなどの重篤な疾患が原因となっている場合もあるので、症状が続いている方は、検査を受けられることをお奨めします。

 検査を受けても特に異常が認められない方、思うような改善がみられない方に、胃腸の働きを整える体質改善の漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、オンライン診療(遠隔診療)にも対応しておりますので、遠方の方、新潟県外から受診される方も多いです。Ky22_08

◇1日に何度も便意を感じるが、便が出にくい

◇お腹のハリやガスが溜まっている感じが続く

◇残便感がある、何度もトイレに行くが、スッキリと出ない

◇便秘が続いていて、出ると下痢になる

など様々ですが、一人ひとりの症状や体質に細やかに対応できるのが漢方薬です。

「便秘・腹痛に体質改善の漢方薬」

「過敏性腸症候群に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を こんな症状に漢方」

より以前の記事一覧