カテゴリー

イライラ、落ち込み、ストレスに漢方

イライラ、うつうつ、ストレスによる不調に漢方

2017年12月13日 (水)

物忘れがひどくて、認知症になる可能性が高いと言われました。

 「主人の物忘れがひどくて、このまま進むと認知症になる可能性が高いと言われました。漢方でなんとかならないかと思いまして・・・、親戚がこちらにお世話になっておりまして、相談してみたらと言われました。」

と奥様に付き添われて、受診された患者さんのお話です。Img_8968_2

 物忘れの原因としては

◆加齢によるもの

◆ストレス

◆薬の影響

◆脳の病気

などが考えられますが、加齢によって、記憶力が低下する事が多いと言われています。

 仕事を退職した方、過度のストレスが続いている方、周囲との会話やコミュニケーションが少ない、食事の栄養バランスが悪いなども一因と言われています。

 漢方では、加齢による心身のバランスの乱れを整える事で、症状の改善が期待できると思います。明らかな原因疾患などが見つからない方、穏やかな作用を希望される方に好評です。

 長年の漢方診療の経験から、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。A307_064_4

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、継続される方にも好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能となりましたので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

 この方の体質に合わせた漢方薬を服用していただいて、約3か月頃から症状の軽快を実感され始めました。

 現在、初診から約1年になりますが、

 「とても調子がいいです。あの時はなんだったのかと思えるくらいです。本当に物忘れがひとかったんです。今は、イライラもしなくなりましたし、この間、健康診断を受けましたが、どこも異常がないと言われました。漢方を続けていてもいいんですよね。」

「健康寿命に老化対策の漢方」

「イライラ、落ち込み、ストレスに漢方」

2017年12月 5日 (火)

体力がもたない、仕事が辛くなったのは更年期?

 「午前中しか体力が持ちません。午後になると、眠くなり、居眠りして仕事に支障が出ます。自営業なので、人に叱られるような事はないですが、効率が悪いですし、困っています。ネットで調べたら、男性更年期なのかもしれないと思って、受診しました。」

 という方が受診されました。60代の男性です。

 漢方では、男性は8の倍数、女性は7の倍数で、体や心に変化が生じるとの考え方があります。Img_8990_2

【黄帝内経・素問によると】

 男性は、

・・・・

32歳になると、筋骨が強壮となり、肌肉が豊かでたくましくなる。

40歳になると、腎気が衰え始め、髪が抜けたり、歯が欠けたりするようになる。

48歳になると、陽気が上部で衰え、顔がやつれ、髪に白髪が混じるようになる。

56歳になると、肝気が衰え、筋脈の自由が利かず、精気も少なく、腎気が衰えて、肉体疲労が極まる。

64歳になると、歯は抜け、髪は落ちる。

・・・・

 32歳くらいまでが、成長、成熟のピークで、40歳になる頃から、疲れや体力の低下がみられはじめ、50歳前後から60歳代に、体や心のバランスの不調を感じる方が多くなります。A307_070

 そのバランスの乱れを整える漢方薬の服用により、改善される方が多いです。患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた処方になります。

 この患者さんは、体質に合わせた漢方薬の服用により、

 「全然違いますね。体がシャキッとした感じです。午後になると、ウトウトしてしまう事が多かったのに、しっかりと仕事が続けられています。ありがとうございます。」

 と現在も継続中です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)を行っておりますので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方も多いです。

「男性更年期に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「新潟の男性更年期治療の漢方」

女性の更年期症状も漢方薬は対応しております。

「更年期障害に漢方」

2017年11月20日 (月)

感情が抑えられない、子供のイライラに困っています。

 「学校で、イライラする事が多いと言われました。自分の中で困った事があると、感情が抑えられなくなるので、発達障害ではないかと言われました。家では、そんな事はなく、普通に過ごしているように親には見えますが、どうしたらよいかわかりません。漢方でよくなればと思って受診しました。」

 というご相談を受けました。Img_6610

 診察室の椅子にちょこんと座って、にこにこしているお子さんです。学校生活は、初めてのことばかりで、集団行動も多く、戸惑いや不安、緊張などがあるのだと思います。

 小さなお子さんでも飲みやすい気持ちがリラックスしやすい漢方薬を処方しました。

 少し落ち着きがないようですが、以前よりはよくなり、学校で注意される事が少なくなっているそうです。学校で注意される事が少なくなったら、家でも元気がよくなった感じがするそうです。現在も継続中です。

 小児の癇癪やイライラに、気持ちが安定しやすい漢方薬が効果的です。興奮した神経の働きを穏やかに整え、エネルギー(肝気の滞り)を発散させる効果のある漢方薬などが効果的です。お子さんの症状や体質に合わせた健康保険適用の漢方薬を処方しております。

 漢方薬は、生後2、3か月のお子さんから服用できます。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと子育て世代の方に好評です。Ky27_02_2_2

「子供の癇癪に漢方」

「疳の虫・夜泣き・夜驚症に漢方」

 思春期のイライラや気分の落ち込み・ストレスなどによる体調不良に、漢方薬は対応しております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

「思春期女子の心と体の不調に漢方」

2017年11月 2日 (木)

秋から気分が欝々します。そんな時は漢方

 「夏までは気分がよいのですが、秋から冬になると気分が欝々して沈みます。なかなか寝付けなくなります。」

 このような方の受診が多くなります。

 秋になると、なんとなく気分がふさぐ、欝々した気分になりやすいという方が多くなります。日照時間が減り、青々としていた葉が枯れて、落ち葉が増えるのを見ていると、なんとなく気分が沈んでしまう方が多いようです。秋になって異動などにより、環境が変わったり、仕事の内容が変わり、ストレスを感じる方も多いようです。

◇イライラしやすい

◇気分の浮き沈みが激しい

◇気分が沈むことが多い

◇寝つきが悪い

◇途中で目が覚める

◇体がだるい、疲れが取れない

◇朝起きるのが辛い

などの症状に悩む方の受診が多くなります。

 ストレスや疲労の蓄積により、心身の不調を感じている方が多いようです。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、上記のような症状が改善される方が多いです。Img_8847_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟で漢方診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)も行っておりますので、新潟県内の遠方の方や新潟県外の方も受診されています。

 ご自分で調べた漢方薬を服用してみたが、効果を感じなかった、合わなかったという方が受診される事があります。

 漢方薬は、この症状には、この漢方薬というのではなく、その症状の原因となっている体のバランスの乱れを整える漢方薬による治療となります。患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた処方選択は、長年の経験による判断が重要となります。

 ご自分に合った漢方薬は、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

 新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた漢方薬を処方しております。

「職場のストレスやイライラに漢方」

「疲労、倦怠感に漢方」

~*~*~*~

A301_089_2
 ある患者さんのお話です。

 「ここ最近の話ではないのですが、秋から冬にかけて、気分が沈みます。何が原因というわけでもないようですが、毎年この時期から、気持ちがこう、ずーんと沈みこんで、何もしたくなくなります。本当に困っています」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「楽になりました。なんかこう少しずつ、気持ちが軽くなってくるのがわかりました。現役(仕事)の時に来ていればよかったなあ。」

 『まだまだ現役ですよ。』

 「あっはっは もう じいさんですよ。仕事も辞めて遊んでます。久しぶりに釣りに出かけようと思います。」

 高齢の方は、心身の不調に悩む方が増えます。それにより、イライラしたり、気分が沈みがちになったり、やる気がなくなったという方に、心身の不調を整え、健康寿命を延ばす為に漢方治療がお奨めです。

 「高齢者の生活の質を改善する漢方」

2017年10月31日 (火)

人と食事をするのが苦手で、吐き気がしたりする方の為の漢方

 「会食が苦手です。一人での食事は、なんともないのですが、他人との会食となると、胸やけしたり、喉が苦しくなったりして、食事が喉を通りにくくなります。」

 人と食事をする時に、緊張したりする事で、胃腸の不調を感じたり、過剰に汗をかいたりする場合があります。

 目上の方や初対面の方との食事など、緊張したり、不安になったりと、ストレスを感じる事で起こりやすい症状です。Img_6710

◇動悸がする、呼吸が苦しくなる

◇のどがつかえた感じになり、食事が喉を通りにくくなる

◇胃が痛くなる、吐き気がする

◇汗が止まらない

◇腹痛がする、おなかが張る、ガスが溜まる

などの症状が多いです。

 このような症状に、緊張やストレスを発散しやすい、リラックス効果のある漢方薬などが効果的です。

 診察により、一人ひとりの症状や体質に細やかに対応できるのが漢方薬です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 Img_6711

 新潟で診療を行っておりますが、オンライン診療(遠隔診療)が、可能になりましたので、新潟県内外の方の受診も多いです。 

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

「内科・胃腸症状に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「情緒不安定気味の時の漢方」

「心に効く漢方」

「胃の症状に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。他の症状で受診されている方です。

 「調子はいいです。今日は、他の症状でちょっと・・・。会食が苦手です。一人暮らしをしてますが、一人での食事は、普通に食べられますが、会食となると、胸やけがして、食べられなくなって、なんていうんですか、ドキドキします。ネットで調べたら、会食恐怖症って、書いてあって、これは困ったと思って・・・。」A306_079

 この症状が始まったのは、就職されてからという事がわかりました。ご家族や親しい友人との会食は、普通に食事ができるとの事で、職場の上司や同僚との会食の時に、このような症状が出るとの事でした。

 この方の症状や体質に合わせた漢方薬を会食に行く少し前の時間に服用するようにお話しました。

 「あの漢方 めっちゃいいですね。あっ すみません。ほんとよく効いたんで・・・。(笑顔)」

 社会人1年生、慣れるまで大変ですね^^

2017年10月 3日 (火)

思春期の娘の心の不調に漢方が効きました^^

 なんとなく調子が悪いと言う、食欲がない、ため息をついている、イライラ、怒りっぽい、反抗期が続いているなど、思春期のお子さんの心と体の不調を心配される親御さんは多いものです。

 二次性徴により急激に体が大人へと成長しますので、精神的に不安定になるお子さんが多いです。みんな誰もが通る道、親御さんが通って来た道ですが、お子さんそれぞれの感受性は異なりますし、体の不調となって表れて、日常生活や学校生活に支障が出ている場合は、漢方薬を服用されてみてもよいと思います。

 お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬により、心身の不調が改善される方が多いです。Img_8634Img_8633

 自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしいと好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「思春期女子の体調不良に漢方」

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「心に効く漢方」

「思春期の女性の悩みを漢方で」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「幼少期から、頭が痛くなったり、お腹が痛くなったりして、近所の病院で処方された漢方薬を飲んでいました。ずっと調子がよかったのですが、中学生になった頃から、なんとなく調子が悪い日が増えて、たくさん食べられなくなりました。その先生に相談したら、体重を増やして、体力をつけるようにと言われました。これはちょっと違うなと思って、漢方に詳しい先生に相談させて頂いた方がよいと思いました。」

 心配そうなお母様に付き添われて、受診されました。

 思春期のお子さんに多い症状です。食欲がなかったり、頭痛や腹痛、なんとなく憂鬱、イライラしやすいなどの症状のご相談が多いです。A307_046

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少しよい気がします。頭が痛くなる回数が減っています。なんとなく効いているみたいです。」

 笑顔が素敵なかわいいお嬢さんです。

 服用していると調子がよいと継続を希望されました。

「思春期女子の体調不良に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「心に効く漢方」

「思春期の女性の悩みを漢方で」  

2017年9月14日 (木)

授乳中の不眠に漢方薬

 授乳中の不眠に悩む方に、漢方薬が好評です。授乳のために夜中に起きると、眠れなくなってしまう方、夢ばかりみて、ぐっすり眠った感じがしない方に、睡眠薬や安定剤などを飲みたくない方に、体にやさしい漢方薬が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、お財布にやさしいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 眠れない原因となる体のバランスを整える漢方薬の服用により、自然な眠りが得られる方が多いです。Img_8489_2

 育児や夜中の授乳、おむつ替えなどで、疲れが溜まっている方、かわいいわが子の事を心配し過ぎて、眠りが浅くなったり、怖い夢をみてしまう方など、不眠の原因は、様々です。

 長年の漢方診療の経験を活かして、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。患者さんそれぞれの不眠の症状や体質に合わせて細やかに対応できるのが漢方薬です。

「不眠症に漢方」

新しいHPもお読みください。

「産後の体調不良に漢方」

~*~*~*~

 「夜中におっぱいをあげると、頭が冴えて、興奮して眠れません。動悸がしたり、体が熱くなるような感じもします。」

 産後の体調不良もありましたので、体調を整える漢方薬などを処方しました。

~*~*~*~Ky53_18_2

 動悸や体のほてりも治まって、気持ちよく眠れるようになっています。

 「寝てはいるのですが、夢ばかりみます。昨日は、ベビーベッドに娘が寝ていて、川を流れて行ってしまう夢をみました。その前は、よく覚えていませんが、怖い夢だったことだけはわかります・・・。」

 初めてのお子さんで、緊張や不安が強くなっている方でしたので、リラックス効果のある漢方薬を処方しました。

 「あれから怖い夢をみなくなりました。授乳して、娘が眠ると安心して、私も眠れるようになりました。」

「不眠症に漢方」

新しいHPもお読みください。

「産後の体調不良に漢方」

2017年9月 7日 (木)

内臓のもやもやする感じに漢方

 内臓がもやもやする感じ、ムズムズ、もぞもぞと動くような感じがする方のご相談を受け付けております。下痢や便秘などの症状もなく、検査を受けても異常が認めれないという方に、漢方治療が好評です。

 ストレスや緊張に敏感な方に多い症状です。とても我慢強い方は、ご自身がストレスを感じている事に気づいていない方もいらっしゃいます。

 漢方では、気の巡りのバランスの乱れと考えられます。気とは、体全体の動きをコントロールする役割を担っていると考えて頂けるとわかりやすいでしょうか。

 ストレスや緊張、不安などにより気の巡りに滞りが生じると、胃腸の調子が悪くなったり、頭痛や体の痛みとして現れる事があります。Img_8399

 診察により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「過敏性腸症候群に漢方」

「イライラ・ストレス・落ち込みに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「ストレスに漢方」

「情緒不安定に漢方」

「過敏性腸症候群に漢方」 Ky21_02_5

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「体の中がもやもやと騒がしく、じっとしていられない感じが起こります。夜中にもやもやで目が覚める時もあります。イライラしやすく、動悸がする時もあります。いろいろな検査を受けたり、何か所も病院を回りましたが、異常がないと言われました。」

 仕事のストレスが多く、疲れが溜まっている方でしたので、体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「動悸は減りましたが、まだ体の中からのもやもやはあります。夜中に仕事の事を考えて、目が覚めます。」

 漢方薬を一部変方して、様子をみて頂きました。

 「少しもやもやの回数が減ったような気がします。」

 同じ処方を継続しました。

 「以前よりも、もやもやが減りましたが、日曜日の夕方になると、ひどくなります。仕事のこ夢をみて、目が覚める事が多いです。」

 漢方薬を追加しました。

 「体の中からのもやもやが治まり、夜中に目が覚める事もなくなりました。体が楽になりました。」

 現在も継続中です。

「過敏性腸症候群に漢方」

「イライラ・ストレス・落ち込みに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「ストレスに漢方」

「情緒不安定に漢方」

「過敏性腸症候群に漢方」

2017年8月30日 (水)

夏休み明けからの体調不良に漢方

 夏休みが終わり、新学期が始まっている学校が多いようです。

 なんとなく具合が悪い、頭痛やめまいがする、お腹が痛い、下痢になるなど、不調を訴えるお子さんが増える時期です。水戸部クリニックにも親御さんに付き添われて、受診されるお子さんが多くなっています。

 お子さんに大きなストレスがかかる時期ですので、無理をさせないで、休ませてあげることも必要です。お家で休んでいても、体調不良が続いている、食欲がないなどのご相談を受け付けております。Img_8372_3

 検査を受けても特に異常がない、改善がみられない時は、新学期の不安などによる場合などが考えられます。

 夏休みに入る前から感じていた不安や緊張、ストレスなどによる精神的な疲れが癒されていないお子さんに多い症状です。繊細でやさしいお子さんに多いです。

 少し休んで、好きな事をして、心を休める時間も大切です。休んでいても、学校へ行っていない事を気にして、体調不良が続いていたり、食欲がないなどの状態が続いていては、心が休まる暇がありません。


 漢方では、気滞(きたい)と呼ばれる状態です。ストレスや不安で、気の巡りがよくない状態と考えられます。気が滞った部分に、様々な症状が出る場合があります。

 頭痛、めまい、胃痛、食欲不振、腹痛、下痢、だるさなど、様々です。

 気の巡りを改善し、気持ちが安定するお手伝いをする漢方薬が好評です。お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方になります。A307_046_od_3

 自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしく作用します。乳幼児の方から服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「子供の頭痛・めまい・たちくらみに漢方」

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

「思春期女子の体調不良に漢方」

~*~*~*~

 心の疲れはわかりにくいですが、休息が必要な時もあります。今までずっと頑張り続けて来た疲れが、症状となって表れている場合があります。お子さんが安心して休める空間を作ってあげる事も大切だと思います。

2017年8月19日 (土)

PMSで別人のようになる方に漢方

 生理前になるとイライラ、泣き出したり、攻撃的になって別人のようになる方に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が好評です。自分ではコントロールできなくて困っている方、奥様のPMS症状に悩むご主人も多いようです。Img_8278

 生理前の心と体の不調は、月経前症候群(PMS)と呼ばれます。生理の準備の為に、女性ホルモンのバランスが急激に変動して、自律神経系のバランスが乱れ、感情のコントロールができなくなり、生理が始まると嘘のように、いつもの自分に戻るという方が多いです。

◇イライラする

◇気分の落ち込み、死にたくなる

◇急に泣きたくなる、泣き出す

◇感情の起伏が激しくなる、情緒不安定

◇無気力になる

◇動悸がするA307_073

◇吐き気

◇めまい

◇眠気

◇頭痛

◇便秘、腹痛、下痢

◇過食、食欲不振

◇不眠

◇肩こり、腰痛

など、様々です。

 漢方では、一人ひとりの症状や体質に細やかに対応しています。長年の経験により、患者さんそれぞれのPMS症状に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「PMS症状に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の内容についてのページも充実しています。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「日常は何もないのですが、生理前に別人のようになります。身近な人にあたります。家族や親しい人に、毎月の事でも感情の起伏が激し過ぎて、対応に困ると言われています。」

 この方は、体の不調はあまりなく、精神的な症状が激しくなる方でしたので、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬に、気持ちを整える効果のある漢方薬を組み合わせて処方しました。

 「とても調子がいいです。親しい人に、PMS症状が全く出なくなったので、生理前だとわからなくなったと言われました。」

 ご自身も服用されていると冷えも感じる事がなく、気持ちも楽に過ごせていると、継続されています。

「PMS症状に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の内容についてのページも充実しています。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

~*~*~*~

Img_8282 サラダランチを注文したら、小さなパンがついただけで、本当にサラダだけでした(^^;

 で、追加注文して、余計なものを食べてしまいました(笑)

より以前の記事一覧

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ