カテゴリー

イライラ、落ち込み、ストレス

イライラ、うつうつ、ストレスによる不調に漢方

2019年5月27日 (月)

めまいと頭痛で学校へ行けない子に漢方

 「朝起きると、めまいや頭痛がして、学校へ行かない日が多いです。

 血圧を上げる薬などを飲んでいますが、治りません。」

 起立性調節障害(OD)のお子さんに、体質改善の漢方治療を行っております。

 このお子さんは、めまいや頭痛で、学校へ行けなくなる不安も重なって、更に不調を感じている様子でした。Img_3855

 このお子さんに合わせた漢方薬の服用により、朝、めまいや頭痛が起こることがなくなり、学校でもめまいや頭痛が起こる不安も少しずつ感じなくなり、すっかり自信と取り戻して、漢方薬も休薬となりました。

 成長期のお子さんに多く、自律神経系のバランスの乱れなどにより、めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状が続くお子さんが多いです。

 また、ストレスや緊張が原因となっている場合もありますので、診察により、お子さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 「起立性調節障害・自律神経失調症に漢方」074

 思春期のお子さんの心身の不調に、体にやさしい漢方薬が好評です。

 とてもデリケートな年齢ですので、学校や部活などの人間関係や勉強などで、ストレスを感じていたり、緊張による不調を感じるお子さんが多いです。

◇イライラ、気分の落ち込み

◇頭痛、めまい、吐き気

◇下痢や腹痛

など、多様な症状に悩むお子さんが多いです。

 体の不調から不安になり、学校へ行きにくくなっているお子さんの受診も多いです。

 お子さん一人ひとりに合わせて、漢方薬を処方しております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

 女の子の場合は、初潮を迎えてからの不調に悩むお子さんも多いです。

「思春期女子の心身の不調に漢方」

2019年5月20日 (月)

更年期症状で怒りがこみあげてくる方に漢方

 「更年期でしょうか。急に怒りがこみあげて来て、子供や夫にあたってしまいます。

 喉が締め付けられるように苦しくなったり、怒りっぽくなった自分が嫌になります。」

 心身ともに疲れている方が多いです。Img_3229

 東洋医学では、「心身一如」という考え方があります。

 心と体はお互いに関連して影響を与えているという考え方で、気分や感情が、体の働きに影響を与えると考えられます。

 更年期のイライラや感情の浮き沈みに、ホルモンバランスを整えて、気持ちを整える効果のある漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 この患者さんは、漢方薬を服用していると怒りの感情のコントロールができるようになったそうです。お肌もツヤツヤしてきたと言われています。A303_092

 ホルモンバランスを整える漢方薬の服用により、皮膚のハリやツヤを実感される方が多いです。

 お肌がきれいになると、気分も上がりますね。

「生理痛・生理不順に漢方」

PMS症状などに細やかに対応した漢方薬を処方しております。

「PMS症状に漢方」

イライラやストレスに

2019年5月16日 (木)

男性更年期で気力がわかない方に漢方

 「毎日だるいです。気力がわかなくて、何もしたくない日が多いです。

 仕事はなんとかこなしていますが、週末になると頭痛がして、吐く事が多いです。

 男性ホルモンは境界値と言われています。

 漢方でよくなればと思って受診しました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Img_3298

 「とても調子がいいです。

 1日3回で、お昼に飲めない時もありましたが、ぜんぜん違います。」

 調子がよいと継続されていらっしゃいます。

 「出張が多いので、漢方を飲む前は体も気力もついて行けない感じが強かったのですが、とても調子よく仕事に取り組めています。」

 調子がよく、朝と夕の2回服用で、継続されていらっしゃいます。

「男性更年期に漢方」Ky14_19

~*~*~*~

 男性更年期症状に、漢方治療を行っております。

 ストレスや慢性的な疲労に加えて、加齢による不調が重なって、心身の不調を感じる方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です

2019年5月12日 (日)

生理前にイライラして、胃が痛くなる

 「生理前になるとイライラします。

攻撃的になって、周囲がひいているのがわかります。

 自分ではどうにもならないほど、コントロールできません。

 胃が痛くなって、やる気もなくなります。

 生理が終わると治ります。」 Img_3655

 この患者さんの症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「漢方薬を飲み始めて1週間後に生理が来ました。

まだイライラしますが、イライラのコントロールができるようになりました。

 胃の痛みも楽なっているような感じがします。」

 同じ漢方薬を1カ月処方しました。

 1か月後、

 「漢方薬を飲むようになってから、生理前からイライラしなくなっています。

 生理痛も楽になって、びっくりしました。

 胃が痛くなることもなくて、こんなに楽になるなら、もっと早く飲んでいればよかったです。」

~*~*~*~Ky14_20

 生理前のイライラやおちこみなどの症状に悩む方に女性ホルモンのバランスを整える漢方薬などが効果的です。

 生理前に、体調不良になったり、気分の浮き沈みに悩む方は多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「生理痛・生理不順に漢方」

2019年5月11日 (土)

お腹のガスが気になって、授業に集中できない

     「お腹のゴロゴロする音と、ガスが気になって、授業に集中できません。食べるとすぐにトイレに行きたくなります。」

 「おならが出るのが気になって、学校の教室に入れません。」

 「お腹が張って、げっぷやおならが出そうになります。」

などの症状は、過敏性腸症候群のガス型に多い症状です。Img_3408

 整腸剤やお腹のガスを減らすお薬などでは改善がみられない方に、漢方薬が効果的です。

 思春期のお子さんやストレスが多い方、緊張しやすい方に多い症状です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「過敏性腸症候群に漢方」

 思春期のお子さんに多い症状に対応した漢方薬が好評です。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」  274

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「お腹のガスが気になって、教室に入れなくなっています。

 食べるとすぐに、トイレに行きたくなるようです。

 漢方薬を飲んでいましたが、効果がなく、先生のところがよいと聞きましたので、連れて来ました。」

と、付き添いのお母様がお話されました。

 うつむき加減で、おとなしい感じの女の子です。

 このお子さんに合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「お腹にガスがたまらなくなって、喜んでいます。

 でも、まだ教室には入れないみたいです。」

 教室に入れない原因が別のところにあるように思えました。

 ストレスや緊張に対応した漢方薬に変方しまして、お母様とお話する時間を取らせて頂きました。

 学校生活や部活などでのストレスや緊張、勉強、人間関係など、様々な事に悩むお子さんが多いですが、それが心身の不調となって強く表れている場合は、親御さんのご理解も必要となる場合が多いです。

 このお子さんは親御さんのご理解もあり、お子さんのペースでの進路に切り替えて、無事高校を卒業されて、大学へ進学されました。

2019年5月 3日 (金)

男性更年期の不調に漢方薬

   「少し前から、疲れが取れない感じが続いています。なんとなく不安になることがあります。

 妻から男性更年期じゃないかって言われました。

 検索してみたら、あてはまる症状ばかりでした。」

と受診された患者さんがいらっしゃいました。Img_3516

 50代の男性です。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「まだ、そんなに変わった感じはありません。」

 漢方薬を変方しました。

 症状にもよりますが、2、3週間で改善がみられない場合は、変方する場合が多いです。

 2週間後、

 「少しよい気がしますが、まだ体のだるさが強くて、辛いです。肩こりが強いです。

 頭痛がして、ズキンとするときがあります。」

 漢方薬を変方しました。Ky14_14

 「とても調子がよくなりました。肩こりも楽になりました。

 頭痛もほとんどなくなりました。」

 その後、調子がよいと、漢方薬を飲まずに様子をみていたら、3日後くらいから朝起きた時の不調を感じたので、また飲み始めたそうです。

 「すみません。ちょっといいからと、飲むのを止めたら、肩が重くなって、頭痛がしました。

 続けていた方がいいみたいです。もう少し長く処方してもらえませんか。」

 男性更年期に悩む方に、体調を整える漢方薬が好評です。

 ストレスや慢性的な疲労に加えて、加齢による不調が重なって、心身の不調を感じる方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「男性更年期に漢方」

2019年4月24日 (水)

ストレスで髪の毛を抜く

 ストレスを感じると、髪の毛を抜く癖が出る方のご相談を受ける事があります。

 考え事をしたり、ストレスや緊張により、無意識に抜いている方も多いです。

 髪の毛だけではなく、眉毛を抜いている方の受診も多いです。Img_3072

 ストレスに対応した漢方薬により、ストレスによる癖が改善される方が多いです。

 安定剤などとは異なり、ストレスや緊張による気の巡りの乱れを整える事によりますので、眠気やだるさが起こりません。

 車の運転や仕事、勉強などに支障が出ないと好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんからご高齢の方まで服用できます。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。Ky15_15

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「学校で人間関係のトラブルがあってから、髪の毛を抜く癖が治らなくなりました。おねしょも始まって、まだ時々あります。

 クラス替えをしたので、何の問題もなく登校していますが、髪の毛を抜く癖が治りません。」

 辛い思いをされたことで、トラウマのように心の中に残っていると思います。

 お子さんの体質に合わせた漢方薬を2種間処方しました。

 2週間後、

 「完全に治ってはいませんが、髪の毛を抜いているのを見ることが減った感じがします。」

 しばらく継続されていましたが、髪を抜く癖は全くなくなり、夜尿もしなくなったので、漢方薬を中止としました。

「イライラ・ストレス・気分の落ち込みに漢方」

2019年4月19日 (金)

閉経後から急にイライラする

 「閉経後から急にイライラするようになりました。ホットフラッシュも始まりました。子供にあたってしまいます。股関節も痛くて、足をひきずって歩いています。Img_3038

 整形の先生にやせるしかないと言われていますが、もうずっと前からなので、あきらめています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「すべての症状が治りました。こんなに効くのかと思いました。ひざの痛みが楽になって、動き過ぎたら、また痛くなりました。」

 ひざを急に動かし過ぎて少し腫れていましたので、漢方薬を変方しました。

 「とても調子がいいです。漢方薬を飲んでいるとイライラしませんし、ホットフラッシュもなくなっています。

 治ったからいいかなあ と思って、3日くらい飲まなかったら、ホットフラッシュが始まって、ひざがチクチクし始めたので、これは大変と思って漢方薬を飲み始めました。続けた方がいいみたいです。」

 更年期によるホルモンバランスの乱れにより、様々な症状が起こります。Ky54_04

◇イライラや気分の浮き沈み、やる気が起きない、急に涙が出る

◇ホットフラッシュなど、汗が噴き出したり、のぼせたりする

◇疲れやだるさが続いている

◇肌荒れ激しくなった

◇シミが急に濃くなった

◇関節痛が悪化

など、様々ですが、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「更年期症状に漢方」

 男性更年期症状に対応した漢方薬も処方しております。

「男性更年期に漢方」

2019年4月17日 (水)

部活の時に過呼吸になる子供に漢方

 「部活の時になると、過呼吸になります。部活は好きで続けたいようですが、何度か繰り返しています。先生や周りの友達も心配してくれていますが、それも気になるようで、困っています。漢方なら体にやさしいと思って来ました。」A306_010

 真面目なお子さんで、部活に一生懸命に取り組んでられるために、緊張やプレッシャーなどが過呼吸を起こしていると考えられます。

 このお子さんに合わせた漢方薬を2週間処方しまして、部活の時だけ服用するようにお話しました。

 2週間後、

 「あれから一度も過呼吸の症状は出ていません。試合もありましたが、過呼吸になりませんでした。」

 このお子さんの場合は、過呼吸を繰り返したことで、また過呼吸になる不安が、再発を繰り返す悪循環を起こしていると考えられます。過呼吸を起こさない日が続くと、自分に自信と取り戻して、漢方薬を飲まなくても大丈夫になると思いますので、自然に中止してよいとお話しました。

 その後、2カ月くらい服用されて、漢方薬を中止となりました。A303_038

 思春期のお子さんは、とてもデリケートな年齢ですので、心のバランスも乱れやすくなります。学校生活や部活などに支障を感じるほどの不調に悩むお子さんもいらっしゃいます。お子さんそれぞれのの繊細さを考慮した漢方薬で改善される方が多いです。

「思春期のイライラ・落ち込みに漢方」

 また、大人の方の緊張やストレス、不安などで、過呼吸になる方のご相談を受け付けております。

 真面目で責任感が強い方、感受性が高い方、ストレスや緊張に敏感な方、心配事や不安になる方に多い症状です。

 漢方では気の巡りのバランスの乱れと考えます。気は目に見えませんが、生命活動のエネルギーとなっています。元気、やる気、気力などから、気の存在がなんとなくイメージしやすいと思います。

 その気の巡りを調節する漢方薬などにより、不安や緊張による過呼吸が起こりにくくなる方が多いです。

「イライラ・気分の落ち込み・ストレスに漢方」

 水戸部クリニックでは、診察により患者さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

2019年4月15日 (月)

食いしばる、朝起きると両腕が痛い

 「寝ている時に歯を食いしばっているのがわかって、目が覚めることが多いです。朝起きると両腕がしびれています。」
 強く食いしばって、肩や腕に力が入っているので、腕にしびれが出ていると考えらえます。Ky53_081
 
 朝起きてあごが痛くなっている方、寝ている時の歯ぎしりを、ご家族から指摘されている方の受診も多いです。
 原因は、一人ひとり異なりますが、日中のストレスや緊張などが原因となっている場合もあります。
 繊細な方、感受性が高い方に多い傾向があり、小さなお子さんでも起こる場合があります。
 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。
 日によって、腕のしびれの度合いなどに変化があるか、意識して気づいたことがあれば、お知らせいただけるようにお話しました。
 「少しよくなった感じがします。腕のしびれが軽くなっています。うとうとして、食いしばっているのに気づく事がありましたが、漢方薬を飲んでから、それが減りました。
 
 それで、気づいたのですが、主人の仕事が休みの土日の朝になると、腕のしびれがひどい事に気づきました。」
 『(^^;  そういうお話を聞くことが多いです・・・。では、週末に、漢方薬の服用回数を増やしてみましょう。』
 この方は、ご主人の休暇の予定に合わせて、漢方薬を調節して服用されることで、食いしばりで目が覚めたり、腕がしびれている事がほとんどなくなって、調子がよいそうです。
 
 漢方薬を中止されると、食いしばりや腕のしびれが出て、日中もイライラするそうなので、継続されています^^
 肩こりや首の痛みやしびれも対応しております。
 
 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。
 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。
 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

より以前の記事一覧