カテゴリー

イライラ、落ち込み、ストレスに漢方

イライラ、うつうつ、ストレスによる不調に漢方

2018年2月20日 (火)

車の運転が怖い時に漢方

 車の運転が怖いと感じる、高速道路などの運転で、緊張する方に、リラックス効果のある漢方薬が好評です。

 漢方薬による眠気が起こりませんので、車の運転や仕事中でも服用しやすいと好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Img_9468

 ある患者さんのお話です。

 「高速道路を運転していた時に、怖くなって、手に汗をかいたり、呼吸が苦しくなる感じがしました。それからまた同じようになるんじゃないかと思うと、普通の道の運転も不安になるようになっています。それから、狭い空間が苦手になっています。なんとなく不安になります。心療内科のお薬が合わなくて、今は飲んでいません。私も治ったから漢方がいいよって、友達に勧められました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。日常的に不安になる事がある方なので、1種類は毎日、車の運転の時に、もう1種類の漢方薬を追加で服用するようにお話しました。

 2週間後、

 「とても気持ちが楽です。イライラしたり、不安になる事があまりなくなりました。車の運転も怖かったのですが、大丈夫でした。」099_2

 この方は、冷え性やPMSの症状もあるので、毎日飲む漢方の継続を希望されました。車の運転も不安を感じることが少なくなり、追加の漢方薬が不要になりました。

 新潟の水戸部クリニックでは、ストレスや緊張によるイライラや不安などに、リラックス効果のある漢方薬などを処方しております。長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。いわゆるオーダーメード処方になります。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療も好評です。

「ストレスによるイライラ、不安などに漢方」

「情緒不安定気味の方の漢方」

2018年2月13日 (火)

仕事が休みの前日に頭痛が起こる方に漢方

 仕事のストレスで、頭痛が起こったり、悪化する方が多いです。ストレスや緊張を感じた時に頭痛がする方、ストレスや緊張から解放される週末や仕事や学校が休みの時に、頭痛がする方など様々です。

 頭痛薬を飲み続けることに抵抗感がある、頭痛薬で胃が痛くなる、頭痛薬が効かない方に漢方治療が好評です。Img_9477_2

 漢方では頭痛の原因はいくつか考えられますが、ストレスや緊張することが多い方には、気の巡りを改善する漢方薬などが効果的です。ストレスや緊張により気の巡りに滞りや偏りが生じる事で、頭痛が起こると考えます。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、頭痛が起こる頻度が減ったり、痛みが軽減される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。遠隔診療(オンライン診療)も好評です。

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「週に1、2回くらい頭痛がします。特に仕事が休みの前の日に頭痛がする事が多いです。せっかくのんびりできる時に頭痛がすると困ってしまいます・・・。」Ky15_10_2

 職場でのストレスが多いとのことでした。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「漢方薬を飲み始めて、最初の1週間は1回頭痛がありました。2週目は、全く頭痛が起こらなかったので、びっくりしました。職場でのストレスはありますが、頭痛がなくなったので、その分だけでも気分が楽になっています。朝も起きるのが辛かったのですが、スッキリと起きれるようになっています。」

「頭痛・片頭痛に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「頭痛・片頭痛治療の漢方」

「筋緊張性頭痛・片頭痛・群発性頭痛などに漢方」

2018年2月 6日 (火)

職場に苦手な人がいて、動悸がする時の漢方

 「職場に苦手な人がいます。時間帯で入れ替わるのですが、その人と仕事をする時は、動悸がして、仕事が手につかなくなります。

 いない時間は、なんともなく仕事ができますが、体が固まったようになって、動悸がします。安定剤を処方してもらって飲んでいますが、仕事中に眠くなって、困っています。」

 職場のストレス、緊張などによる動悸や不安、頭痛や腹痛、不眠などの症状に悩む方が多いです。原因がわかっていても改善や回避が難しい場合がほとんどですね。Img_9533

 安定剤や睡眠薬による治療が一般的のようですが、日中眠くなって、仕事や車の運転に支障が出る方、思うような改善がみられない方に、ストレスや緊張を発散する効果のある漢方薬が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。遠隔診療(オンライン診療)も好評です。

 この患者さんは、とても繊細でやさしい方でしたので、職場の特定の方に対しての緊張が原因となっている事がわかっていましたので、緊張やストレスを発散しやすい漢方薬を処方しました。

 仕事のシフト表を見て、その方と一緒に仕事をする日だけ漢方薬を服用されるようにお話しました。Ky13_05

 「とても気持ちが楽になりました。他の人と一緒の時のように、全く気にならないとまではいきませんが、動悸がしたり、体がかたまったようになる事もなくなりました。もっと早く飲んでいればよかったです。」

「仕事のストレス・緊張に漢方」

「情緒不安定に漢方」

「心に効く漢方」

2018年1月26日 (金)

子供のめまい、朝起きにくいのは、起立性調節障害?!

 「この子の症状は、起立性調節障害だと思います。ネットで調べたら、書いてある症状が全部当てはまります。でも以前に、心療内科のお薬が合わなかったので、漢方をお願いしようと思って来ました。」 

◇朝調子が悪い、食欲がない

◇頭痛、めまい、たちくらみ

◇イライラ、気分の落ち込み

◇午前中調子が悪く、夕方になると元気になる

などの症状は、思春期のお子さんに多い症状です。

 成長期は、自律神経のバランスが乱れやすく、多様な症状を訴えるお子さんが多くなります。Img_9078

 このお子さんの場合は、受験のストレスが大きな原因となっていることがわかりました。緊張やストレスが、イライラや不安などの精神的な不調や頭痛やめまいなどの体の不調となって表れる場合があります。お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 このお子さんに合わせて、緊張やストレスに対応した漢方薬を処方しました。

 服用しているととても気持ちが楽でいられると、継続されています。食欲も出て、以前のように、がっつり食べられるようになっています。受験が終わると、このような症状が消失する可能性が高いと思われます。治ったら中止とお話しています^^ 

 新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、お子さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 受験生のお子さんの緊張や不安、ストレスなどがピークに達する時期です。イライラしたり、落ち込んだり、感情の起伏が激しくなっている方、頭痛やめまい、食欲不振などの体調不良などに合わせて、緊張やストレスの発散効果のある漢方薬などが効果的です。A307_107_2

◆ご家族に当たり散らす

◆イライラしやすい、不安が強い

◆食欲がない

◆朝起きれない

◆頭痛や腹痛が多い、下痢になりやすい

などのご相談も受付ております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

「起立性調節障害に漢方」

2018年1月25日 (木)

産後のイライラに漢方

 産後から始まったイライラ、気分の落ち込みや体調不良に、心と体にやさしい漢方治療が好評です。出産による体力の消耗が激しい方は、自分の体調が戻らないまま、育児となりますので、心や体がついて行けなくなる場合があります。

 消耗した体力の回復が追い付かないと、心に余裕がなくなってしまうことも理解できますが、周囲の理解が得られずに、苦しんでいる方が多いことも現状です。

 安定剤を飲みたくない方、思うような改善がみれない方が、漢方治療を希望されています。漢方では、体調を整え、イライラや欝々した気分を発散する効果のある処方などあります。Img_9418_3

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、産後の体調が整い、気持ちが安定する方が多いです。

 授乳中の方でも服用できますので、大変好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市南区(旧白根市)で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

 遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、遠方の方も続けやすいと好評です。

「産後の体調不良に漢方」

「育児ストレスに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「新潟の産後疲れ治療の漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「産後からイライラしたり、気分が沈んだりします。妊娠前からパニック症状が出た事はありましたが、こんなにひどくはなかったです。上の子を出産した時もそうでした。自殺未遂もしました。その時は、心療内科に通院していました。その後は、安定していて、二人目を妊娠中は安定していたので、薬も飲まずに過ごせていました。

 でも、また出産後からまた同じ症状が始まりました。上の子にあたってしまいます(泣)

 また、心療内科へ行くようにと、主人に言われましたが、前回の時も辛かったので、漢方の方がよいと思って来ました。」

 細身で青白い顔で、とても疲れている感じの方でした。297

 帝王切開での出産でしたし、体力を回復する力が低下している為に、心に余裕がなくなっていると思われました。 

 この方の体質に合わせて、体力の回復を促進する漢方薬とイライラや気分の好き沈みに対応した漢方薬を処方しました。

 服用を始めたばかりの頃は、「辛い、死にたくなります・・・。」と泣きながらお電話を頂くこともありましたが、少しずつ気持ちが安定して、ご主人が出勤されている時間も親子で穏やかに過すことができています。

 生理前の悪化もなくなって、初診時とは違って、血色もよくなり、穏やかな表情になられました。現在は、体調や気分に合わせて、調節して服用されています。

「産後の体調不良に漢方」

「育児ストレスに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「新潟の産後疲れ治療の漢方」

~*~*~*~

 例年にない大雪ですね。HP担当は、除雪機で駐車場の除雪に奮闘しましたsmilesweat01

2017年12月28日 (木)

学校にいる時だけ出る咳を止めたい

 「学校にいる時だけ咳が出ます。家に帰ると出ません。ずっと気になっています。」

 高校生の女の子です。お母さまと受診されました。

 『学校がお休みの日はどうですか。』

 「休みの日は全然出ません。」

 喘息などの検査を受けても異常がなく、ご本人がとても気にされていると、心配したお母様が付き添って来られました。

 学校にいる時間だけ咳が出て。帰宅すると、咳は出なくなり、休日や友達と出かける時は、咳は出ていないとのお話でした。

 学校生活における緊張やストレスによって、咳が出ていると考えられます。Img_9216

 このお子さんは、学校にいる時だけに、このような症状が出るとの事なので、学校がある日に、漢方薬を服用するようにお話しました。咳こみがなくなって、楽しく学校生活を過ごせているそうです。

 緊張やストレスによるイライラ、気分の落ち込み、不安、気力低下や緊張やストレスによると思われる不調、自律神経失調症、不眠、頭痛、のどの違和感、発汗など、様々な症状を訴えるお子さんが増えています。思春期のお子さんに多くなります。

 安定剤などを飲ませるのが不安という親御さんに付き添われて、受診される方が多いです。

 漢方では、気の巡りの滞りと考えられます。緊張やストレスや不安で、気の巡りがよくない状態と考えられます。気が滞った部分に、様々な症状が出る場合があります。

 咳こみ、喉のつかえ、頭痛、めまい、胃痛、食欲不振、腹痛、下痢、だるさなど、様々です。

 気の巡りを改善し、気持ちが安定するお手伝いをする漢方薬が好評です。長年の漢方診療の経験により、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方になります。A306_010_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

「思春期女子の心身の不調に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。外の症状についての内容も充実しております。

「こんな症状に漢方」

2017年12月13日 (水)

物忘れがひどくて、認知症になる可能性が高いと言われました。

 「主人の物忘れがひどくて、このまま進むと認知症になる可能性が高いと言われました。漢方でなんとかならないかと思いまして・・・、親戚がこちらにお世話になっておりまして、相談してみたらと言われました。」

と奥様に付き添われて、受診された患者さんのお話です。Img_8968_2

 物忘れの原因としては

◆加齢によるもの

◆ストレス

◆薬の影響

◆脳の病気

などが考えられますが、加齢によって、記憶力が低下する事が多いと言われています。

 仕事を退職した方、過度のストレスが続いている方、周囲との会話やコミュニケーションが少ない、食事の栄養バランスが悪いなども一因と言われています。

 漢方では、加齢による心身のバランスの乱れを整える事で、症状の改善が期待できると思います。明らかな原因疾患などが見つからない方、穏やかな作用を希望される方に好評です。

 長年の漢方診療の経験から、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。A307_064_4

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、継続される方にも好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能となりましたので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

 この方の体質に合わせた漢方薬を服用していただいて、約3か月頃から症状の軽快を実感され始めました。

 現在、初診から約1年になりますが、

 「とても調子がいいです。異常な物忘れは治りました。あの時はなんだったのかと思えるくらいです。本当に物忘れがひとかったんです。今は、イライラもしなくなりましたし、この間、健康診断を受けましたが、どこも異常がないと言われました。漢方を続けていてもいいんですよね。」

「健康寿命に老化対策の漢方」

「イライラ、落ち込み、ストレスに漢方」

2017年12月 5日 (火)

体力がもたない、仕事が辛くなったのは男性更年期?

 「午前中しか体力が持ちません。午後になると、眠くなり、居眠りして仕事に支障が出ます。自営業なので、人に叱られるような事はないですが、効率が悪いですし、困っています。ネットで調べたら、男性更年期なのかもしれないと思って、受診しました。」

 という方が受診されました。60代の男性です。

 漢方では、男性は8の倍数、女性は7の倍数で、体や心に変化が生じるとの考え方があります。Img_8990_2

【黄帝内経・素問によると】

 男性は、

・・・・

32歳になると、筋骨が強壮となり、肌肉が豊かでたくましくなる。

40歳になると、腎気が衰え始め、髪が抜けたり、歯が欠けたりするようになる。

48歳になると、陽気が上部で衰え、顔がやつれ、髪に白髪が混じるようになる。

56歳になると、肝気が衰え、筋脈の自由が利かず、精気も少なく、腎気が衰えて、肉体疲労が極まる。

64歳になると、歯は抜け、髪は落ちる。

・・・・

 32歳くらいまでが、成長、成熟のピークで、40歳になる頃から、疲れや体力の低下がみられはじめ、50歳前後から60歳代に、体や心のバランスの不調を感じる方が多くなります。A307_070

 そのバランスの乱れを整える漢方薬の服用により、改善される方が多いです。患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた処方になります。

 この患者さんは、体質に合わせた漢方薬の服用により、

 「全然違いますね。体がシャキッとした感じです。午後になると、ウトウトしてしまう事が多かったのに、しっかりと仕事が続けられています。ありがとうございます。」

 と現在も継続中です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)を行っておりますので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方も多いです。

「男性更年期に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「新潟の男性更年期治療の漢方」

女性の更年期症状も漢方薬は対応しております。

「更年期障害に漢方」

2017年11月20日 (月)

感情が抑えられない、子供のイライラに困っています。

 「学校で、イライラする事が多いと言われました。自分の中で困った事があると、感情が抑えられなくなるので、発達障害ではないかと言われました。家では、そんな事はなく、普通に過ごしているように親には見えますが、どうしたらよいかわかりません。漢方でよくなればと思って受診しました。」

 というご相談を受けました。Img_6610

 診察室の椅子にちょこんと座って、にこにこしているお子さんです。学校生活は、初めてのことばかりで、集団行動も多く、戸惑いや不安、緊張などがあるのだと思います。

 小さなお子さんでも飲みやすい気持ちがリラックスしやすい漢方薬を処方しました。

 少し落ち着きがないようですが、以前よりはよくなり、学校で注意される事が少なくなっているそうです。学校で注意される事が少なくなったら、家でも元気がよくなった感じがするそうです。現在も継続中です。

 小児の癇癪やイライラに、気持ちが安定しやすい漢方薬が効果的です。興奮した神経の働きを穏やかに整え、エネルギー(肝気の滞り)を発散させる効果のある漢方薬などが効果的です。お子さんの症状や体質に合わせた健康保険適用の漢方薬を処方しております。

 漢方薬は、生後2、3か月のお子さんから服用できます。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと子育て世代の方に好評です。Ky27_02_2_2

「子供の癇癪に漢方」

「疳の虫・夜泣き・夜驚症に漢方」

 思春期のイライラや気分の落ち込み・ストレスなどによる体調不良に、漢方薬は対応しております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

「思春期女子の心と体の不調に漢方」

2017年11月 2日 (木)

秋から気分が欝々します。そんな時は漢方

 「夏までは気分がよいのですが、秋から冬になると気分が欝々して沈みます。なかなか寝付けなくなります。」

 このような方の受診が多くなります。

 秋になると、なんとなく気分がふさぐ、欝々した気分になりやすいという方が多くなります。日照時間が減り、青々としていた葉が枯れて、落ち葉が増えるのを見ていると、なんとなく気分が沈んでしまう方が多いようです。秋になって異動などにより、環境が変わったり、仕事の内容が変わり、ストレスを感じる方も多いようです。

◇イライラしやすい

◇気分の浮き沈みが激しい

◇気分が沈むことが多い

◇寝つきが悪い

◇途中で目が覚める

◇体がだるい、疲れが取れない

◇朝起きるのが辛い

などの症状に悩む方の受診が多くなります。

 ストレスや疲労の蓄積により、心身の不調を感じている方が多いようです。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、上記のような症状が改善される方が多いです。Img_8847_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟で漢方診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)も行っておりますので、新潟県内の遠方の方や新潟県外の方も受診されています。

 ご自分で調べた漢方薬を服用してみたが、効果を感じなかった、合わなかったという方が受診される事があります。

 漢方薬は、この症状には、この漢方薬というのではなく、その症状の原因となっている体のバランスの乱れを整える漢方薬による治療となります。患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた処方選択は、長年の経験による判断が重要となります。

 ご自分に合った漢方薬は、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

 新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた漢方薬を処方しております。

「職場のストレスやイライラに漢方」

「疲労、倦怠感に漢方」

~*~*~*~

A301_089_2
 ある患者さんのお話です。

 「ここ最近の話ではないのですが、秋から冬にかけて、気分が沈みます。何が原因というわけでもないようですが、毎年この時期から、気持ちがこう、ずーんと沈みこんで、何もしたくなくなります。本当に困っています」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「楽になりました。なんかこう少しずつ、気持ちが軽くなってくるのがわかりました。現役(仕事)の時に来ていればよかったなあ。」

 『まだまだ現役ですよ。』

 「あっはっは もう じいさんですよ。仕事も辞めて遊んでます。久しぶりに釣りに出かけようと思います。」

 高齢の方は、心身の不調に悩む方が増えます。それにより、イライラしたり、気分が沈みがちになったり、やる気がなくなったという方に、心身の不調を整え、健康寿命を延ばす為に漢方治療がお奨めです。

 「高齢者の生活の質を改善する漢方」

より以前の記事一覧