カテゴリー

痛み、しびれ、関節痛に漢方

首、肩、腰、ひざ、手足、手術後の痛み、しびれなど

2018年1月27日 (土)

脊柱管狭窄症の痛みで歩けなくなる

 「足のしびれがあります。少し歩くと痛くなって、すぐに歩けなくなります。脊柱管狭窄症と言われました。手術をするか、痛み止めを飲むくらいしか方法がないと言われましたが、手術は嫌です・・・。友達が、こちらで、よくなった人がいると教えてくれたので、来てみました。

 じっとして座っていると、そんなに気にならないので、手術まではと思っています。」

 脊柱管狭窄症は、脊柱管(背骨の中の神経が通っている部分)の周囲の変形などにより、神経が圧迫されるなどして、痛みやしびれを感じる症状です。Img_9449

◆腰痛が続いている、腰周辺部分が重い

◆腰に違和感がある

◆足にしびれや痛みを感じる

◆普段は、痛みやしびれはないが、歩き始めると足がしびれて、歩きにくくなる(間欠跛行)

などの症状が多いです。

 漢方では、脊柱管狭窄が起こっている部分の血流を改善したりする処方により、痛みやしびれを軽減することを考えます。 

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外の方の受診も多いです。遠隔診療(オンライン診療)も好評です。

 この方は、

◇右足にしびれとむくみがあります。

◇腰痛はなく、20分くらい歩いていると、右足のつま先まで激痛が走るようになり、右足の親指の感覚がなくなる

◇寒くなると20分も歩けなくなる

などの症状がありました。

 この方の体質に合わせて、血流を改善して、痛みやしびれを改善する漢方薬を処方しました。Ky32_13_2_5

 2週間後、

 「むくみがひいて、足が軽くなったような感じがします。まだ歩くと20分くらいで、痛くなりますが、激痛ではなくなってきている感じがします。」

 継続して約5カ月、

 「とても楽になりました。いつも歩き始めから時間を計ってしましたが、5分、10分と歩ける時間が伸びています。こんなに歩けるようになるなんて、先生、驚異ですよ。どこへ受診したってだめだったのに!!本当に有り難いです。」

「脊柱管狭窄・椎間板ヘルニアに漢方」

「神経痛・神経障害性疼痛に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「腰痛に漢方」

2018年1月16日 (火)

漢方ダイエット続けています(^^)/

 ダイエットのご相談を受け付けております。みなさんにご説明しておりますが、漢方薬を飲んだだけで、体重が減ることはほとんとありません。

 食事や運動、生活習慣の見直しなどと並行されることで、無理が少なく、ストレスが少なく、継続しやすいダイエットが効果的です。

 診察により、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 年齢や体質、職場環境、生活習慣、ストレスの度合いなどに合わせて処方を熟考しております。Img_9256

◆比較的体力がある方、ない方

◆便秘がある方、ない方

◆仕事などにより、不規則になりやすい方

◆ストレスが多い方、ストレス発散のために食べ過ぎる方

◆中高年以降の方は、基礎代謝が低下している方が多いです。

◆暑がりの方、寒がり、冷え性の方

など、患者さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

「ダイエットと漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「漢方でダイエット」

~*~*~*~Ky44_17_2

 ある患者さんのお話です。

 身長153センチ  体重91キロ

 「産後から太り始めました。膝が痛いです。足の指先がしびれる事がよくあります。整形外科で、体重を減らすように言われましたが、減りません。」

 コレステロール値が高く、薬を服用中。頑固な便秘。運動は苦手。

 ご主人の帰宅を待って、夕食を摂られるので、晩ごはんは、毎晩、夜10時頃との事です。食事後、入浴、11時に就寝。

 初診が、昨年の3月でした。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方して、食事の摂り方などのお話をしました。運動は、膝が痛く、元々苦手なので、しなくてよいとお話しました。

 服用開始して約1か月 4月○日 体重が1キロ減り、膝の痛みが楽になって来ました。

 5月○日 前回からさらに、2キロ減

 12月○日 漢方服用開始から4キロ減

 2月○日、更に4キロ減 膝の痛みが全くなくなった。

 4月○日 漢方開始からトータルで13キロ減

 7月○日 食事は、最近は、普通に食べている日が多いが、トータルで20キロ減

 9月○日 体重は減らないが増えず 体調は安定している

 11月○日 トータル23キロ減

 2018年1月○日 さらに1キロ減

 フェイスラインがすっきりされ、ご近所の方に、「お腹のお肉がなくなったね」と誉められたそうです^^ 苦手な運動はしない。ご主人との晩ご飯も夜10時に摂られていますが、現在も体重が減っています。

 現在も継続中です。

 体に無理にならないように、ダイエットによるストレスがかかりにくいように、ゆっくりと少しずつ体重を減らしてゆくことをお奨めしております。漢方薬を服用されるだけでは、基礎代謝の改善がみられても、体重が減る場合は、少ないです。食事の摂り方や量の調節も継続される事で、我慢によるドカ食いなどによるリバウンドなどが起こりにくく、継続しやすいと思います。

「ダイエットと漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「漢方でダイエット」

2018年1月11日 (木)

がん手術後に、抗がん剤を使いたくない

 がん手術後に、抗がん剤を使わない選択をされる方がいらっしゃいます。主治医の先生と患者さんご本人、ご家族と話し合って決められたことと思います。

 抗がん剤の使用に関しては、様々な議論がされていますが、最終的には、患者さんご自身の意思にゆだねられる事になります。

 手術後の体調不良を整えたり、免疫力を高める事で、再発リスクを減らしたいと、漢方治療を希望される方が受診されます。がんに対しての漢方治療では、外科手術後の放射線治療や化学療法の副作用の軽減などに、効果がある場合が多いです。

 手術後のだるさ、手術後の違和感、腫れ、気力の低下などの症状が漢方薬で改善される方が多いです。

 がんの治療は、外科的な手術を含め、西洋医学と東洋医学のよさを活かした治療により、日常生活を少しでも快適なものに整える事が理想と考えております。Img_8981_2

 水戸部クリニックでは、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。がん手術後の症状や体質は、時間の経過とともに変化する場合が多いので、その変化に合わせて、細やかに対応できるのが漢方薬です。

 がんの悪化や再発予防のために、体を温めたり、ストレスを発散する事で、免疫力が低下しにくい状態を保つことも大切です。体の冷えやストレスは、免疫力の低下を招きやすいので、体を温める効果のある食品を積極的に摂ったり、ストレスを発散したり、希望を持つ意識を高めるなど工夫されることで、元気に過ごすことができている方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、新潟県内の方だけではなく、新潟県外からの受診も多いです。

 遠隔診療(オンライン診療)が可能になったことで、継続しやすいと好評です。

「胃がん手術後の生活の質を改善」

「手術後の痛み・腫れ・後遺症に漢方」

2018年1月 9日 (火)

看護師さんの肩こり、腰痛に漢方が好評です

 肩こり、腰痛に悩む看護師さんが多いようです。夜勤で疲れたり、患者さんを持ち上げたり、中腰になったりと、肩や腰への負担が大きいですね。

◆ストレッチをしている

◆マッサージに行っても、すぐに痛くなる

◆枕を変えてみた

 などいろいろと試してみても、すぐに元の状態に戻ってしまう、思うような改善がみられない、慢性化しているので、半ばあきらめているという方も多いようです。

 肩や腰の血流が慢性的に悪い状態になっていることが原因となっている場合が多いです。漢方では、患者さんそれぞれの体質に合わせて、コリや痛みを感じる部分の血流を改善する治療を考えます。Img_8739

 夜勤などがあり、生活リズムが不規則になりやすく、寝ても疲れが取れないという看護師さんも多いです。

 そのような方には、体調を整えて、疲労を改善する効果のある漢方薬が効果的です。

 PCなど座り仕事が多い方、介護施設などで、手荒れなどに悩む方、ストレスに敏感な方などのご相談も多いです。

 口コミで広がっているようで、看護師さん同士でご紹介下さるようです^^

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「肩こりや肩こりなどによる頭痛に漢方」

「新潟の腰痛治療の漢方」

新しいHPもご覧ください。多様な症状についてのページを追加しております。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」 Ky65_23_2

~*~*~*~

 ある看護師さんのお話です。

 「肩こりが強くて、筋弛緩剤などを処方してもらっていましたが、だるくなって、仕事に支障が出るので、続けられません。この漢方薬も処方してもらいましたが、効いた感じはないです。同僚がこちらにかかっているので、紹介されて来ました。夜勤もありますが、この歳になってくると、キツイですね・・・。寝ても寝ても疲れが取れません。」

 疲れが溜まっている方は、ストレートに肩や腰の血流を改善する漢方薬のみでは、改善を実感されない場合も多いです。体全体のバランスの乱れを整える漢方薬などの併用が効果的です。

 「とても調子がいいです。体が楽です。肩こりも楽になりました。今までの辛さはなんだったのかと思いました^^」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

「肩こりや肩こりなどによる頭痛に漢方」

「新潟の腰痛治療の漢方」

新しいHPもご覧ください。多様な症状についてのページを追加しております。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

~*~*~*~  

 夜勤明けの甘いものが、とてもおいしいのだそうですね。おいしいお店のお話で盛り上がりました^^

2018年1月 6日 (土)

毎日足がつる時は、芍薬甘草湯ですか?続けるのが心配!!

 足がつった時に、芍薬甘草湯が一般的に知られるようになりました。運動中などはすぐに改善がみられる場合が多いので、服用される方が多いようです。

 運動時に足がつる原因は、筋肉を使ったり、大量に汗をかいたりすることにより、電解質(カルシウムやナトリウムなど)が急速に消費されると、足がつりやすくなると考えられます。

 このような場合には、筋肉のけいれんや引きつれを改善する芍薬甘草湯が即効する場合が多いです。

 急な足のつり、こむら返りには、とてもよいと思いますが、慢性的に足がつる方は、予防として芍薬甘草湯を毎日服用されることは、あまりお奨めしたくありません。Img_8983

 芍薬甘草湯は、芍薬と甘草という2種類の生薬で構成されています。漢方薬は、構成されている生薬の種類が少ないほど、シャープに効く傾向があります。急な足のつり、こむら返りに、即効する場合が多い理由がわかると思います。

 芍薬甘草湯に、含まれる甘草の量が多めなので、継続的に服用される場合は、注意が必要となってきます。頻度は高くありませんが、むくみを生じたり、血圧が高くなってくる「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状が出る場合がありますので、長期間服用を続ける場合は注意が必要です。

【中高年の方の足のつり予防は、芍薬甘草湯以外の漢方薬がお奨めです】

 毎日のように、足や腿がつりやすい方、こむら返りを起こしやすくなってくるのは、中高年の方に多いです。

 軽い運動をしただけでも、ふくらはぎやももの部分がつったり、睡眠中にいきなり足がつる回数が増えたという方が多くなります。以前よりも痛みが激しくなった、翌朝まで違和感が残るようになったとのご相談も多くなります。

 加齢により筋肉量が減り、水分保持力が低下するので、脱水症状になりやすく、足の血行不良や冷え、神経障害など様々な要因が重なっている場合が多いです。他の病気などの治療の為に、他のお薬も服用されている方が多いです。

 漢方では、体全体のバランスの乱れを整える処方がたくさんあります。慢性的な足のつりの原因となる体のバランスの乱れを整える事で、足のつり、こむら返りの予防と共に、他の体の不調も改善される方が多いです。

 漢方では、一人ひとりの症状や体質に合わせた処方になります。新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になったこともあり、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」 Ky32_26_2

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。立ち仕事の60代男性です。

 「忙しいと足が腿(もも)の辺りがつります。予防しようとイオン飲料を飲むと体が冷えて、冷えて、つらいです。年末年始は、書き入れ時で、特にひどくなります。

 あー痛ててて、ってマッサージして、なんとか動いていますが、痛くて動きが悪くなります。」

 血圧が高めで、血圧のお薬も服用されている方なので、芍薬甘草湯ではない漢方薬を処方しました。この方の職場環境と体質を考慮した処方です。

 毎日予防も兼ねて漢方薬を服用するようにお話しました。

 「あれ(処方された漢方薬)いいですね。冬は、足が冷えて冷えてどうしようもなかったのに、冷えないし、腿(もも)が1度もつってません^^ 忙しいので疲れますが、朝がつらくなくなりました。」

2017年12月26日 (火)

手術後の腰痛がつらい時は漢方

 腰痛や股関節などの手術を受けても痛みの軽減を感じない方に漢方治療が好評です。手術後は、一時的に痛みが楽になっていても、半年~1年くらい経って、元のような症状が始まったという方も多いようです。

 例えば、椎間板ヘルニアなどの場合は、飛び出している椎間板が神経を圧迫していると考えられ、飛び出している部分の切除手術を受ける方がいらっしゃいます。手術は成功し、MRI検査でもきれいな背骨が見られるようになっていても、痛みが続いている、すっきりしないという方がいらっしゃいます。Img_9215

 また、手術後は、痛みを感じなくなり、快適に過ごされていた方でも、秋から冬にかけて痛みが出る方、季節に関係なく、痛みが慢性的になってきたという方も多いようです。

 漢方では、痛みを感じる部分に、何らかの炎症や血流の滞りが生じていると考えます。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬により改善される方が多いです。

 自分で調べた漢方薬を飲んでみたが、効果がなかった、合わなかったというお話を聞くことがありますが、漢方薬は、いわゆる病名投与(この病気にはこの薬)という選択の仕方ではなく、患者さんそれぞれのその時の証(症状や体調、体質)に合わせた処方になりますので、専門的な知識による判断が必要となります。

 漢方薬による治療を希望される方は、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談される事をお奨め致します。

 新潟の水戸部クリニックでは、保険適用の漢方診療を行っております。新潟市南区(旧白根市)で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療も好評です。 Ky32_13_2

「手術後の痛み、腫れ、しびれに漢方」

「腰痛に漢方」

「神経痛・神経障害性疼痛に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「腰痛」

「手術後の違和感など」

2017年12月19日 (火)

冷えがつらい!!そんな時は漢方を

 冷えによると思われる症状で受診される患者さんが多くなる季節ですが、今冬は、冷えが原因と思われる症状での患者さんが早いように感じていました。

 すると気象庁から、「日本に厳しい寒さをもたらすラニーニャ現象が発生しているとみられ、この寒さは、春頃まで続く可能性が高い。」と発表されました。

 みなさんの体の方が早く反応されていました(笑)Img_9118_1_2

 「今年の冷えは、去年と違って辛くて我慢できません・・・。いつもの漢方だけでは、冷えます・・・。」

 「寒くなってから、腰が痛くなりました。」

 「関節痛が悪化して辛いです。」

 「下痢になる事が多いです。」

 「手足が冷たいです。」

 「鼻水が止まりません。」

 「しもやけになりました。」

などの症状で、受診される方が増えていますが、これは冷えが原因となっている場合が多いです。

 毎冬に受診される方が多くなる季節ですが、今年は例年に比べて、冷えの度合いが強く、漢方処方を追加して、工夫が必要になる方が多いです。

 冷えにより、血流が悪くなると関節が痛くなったり、悪化することが多いです。また、冷えがお腹の中に留まると、慢性的に下痢になる場合があります。常に体が冷えていて、温まらない状態になると、鼻水が出ます。Ky29_03_2

 漢方では、症状が起こっている原因を改善して、体調を整えることを考えます。長年の漢方診療の経験から、患者さんそれぞれの冷えを改善する漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

「冷え性に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。多様な症状に関してのページを掲載しております。

「新潟の冷え性に漢方」

「あなたの冷えのタイプは?」

~*~*~*~

 津南から受診された患者さんのお話です。

 「しばらく調子がよかったので、漢方を飲まずに過ごしていましたが、今年はだめです。もう足の指が、しもやけで真っ赤になって、腫れてしまいました。朝、手の指が痛いようなこわばるような感じもしますが、それも漢方で治りますか?

 歳のせいだからと言われましたが、先生のところならなんとかなるかもしれないと思って・・・。」

 津南地域にお住まいの方なので、雪による冷えが体の中に蓄積する可能性などのお話をしましたら、

 「今日は、青空が広がっていますよ。こちら(新潟市南区)へ来たら、荒れていますね。」

 本日は、下越地域は、雪混じりの雨と強い風が吹き荒れています。新潟は、地域での天候の差が激しいですね(^^;

2017年12月14日 (木)

風邪をひいても仕事を休めない、眠くなる薬は困る方に漢方

 風邪をひいても仕事が休めない方、眠くなる薬は困る方に、漢方薬が好評です。

 いわゆる総合感冒薬と呼ばれるお薬には、抗ヒスタミン薬が配合されている場合が多く、安静にしてぐっすり休める方には、とてもよいと思います。しかし、仕事を休めない方、車の運転や仕事中に眠気が出て困るという方が多いようです。

 そのような方に、漢方薬が好評です。

 ある患者さんのお話です。Img_9073

 「バスの運転手をしています。風邪をひいても休めないので、風邪をひけないんですよ。できるだけ予防したいのですが、何かお薬はありませんか。

 運転していると冬は腰が痛くなりますが、痛み止めでも眠くなって困るので、それも飲めなくて・・・、姿勢を変えながら運転していますが、辛くて・・・。ボロバスを運転しているので・・・(笑)」

 この方は、冷えにより、免疫力が低下して、風邪をひきやすくなりますし、冷えにより腰痛が悪化していますので、体を温める漢方薬を処方しました。

 冬の運転は、体が冷えて冷えて、風邪をひきやすかったそうですが、体が温まって、快適だそうです。肩や腰の痛みを楽なって、ハンドルを操作も滑らかになっているそうです。

 漢方は、患者さんそれぞれの職場環境や生活環境、体質、季節変化などに合わせた処方が効果的です。

 『風邪には葛根湯でしょ。』

と思っている方がいらっしゃるようですが、葛根湯を飲むタイミングや風邪症状の状態が合っていないと、あまり効果がない場合もあります。

【葛根湯が効くタイミングは・・・】Ky48_16_2

◇背中がゾクゾクする、寒気がする

◇肩こり、首や背中のこり

◇頭痛、筋肉が痛いような重だるい感じ

の状態の時が効果的です。

【葛根湯のタイミングではない時、体質が合わない時】

◆悪寒があまりなく、すでに発熱している時Ky16_01

◆のどが痛い時

◆胃腸が弱い方

 このような状態の方には、別の漢方薬が効果的です。風邪症状や体質に合わせた漢方薬でなければ、あまり効果を感じられない場合が多いです。風邪症状や一人ひとりの体質に細やかに対応しているのが漢方薬です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、お財布にやさしいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の風邪に漢方」

「風邪に漢方」

2017年12月 6日 (水)

手の指が痛い、リウマチではないと言われましたが、治りません。

 「手の指の関節が痛いです。冷たい風があたっただけで、ズキズキと痛みます。リウマチ検査も異常がないと言われましたが、手を使わないわけにはいかないので、困っています。

 お箸を使う時も痛いです。毎年冬に悪化します。」

 という方が受診されました。

 治りにくい関節痛やしびれの改善に、体質改善の漢方治療を行っております。長年の漢方診療の経験から、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Img_9003_2

 冬に痛みが悪化するとのお話でしたので、手の関節部分の血流の滞りや冷えが原因となっていると考えられます。

 この方の体質に合わせて、血流を改善する漢方薬などを処方しました。

 2週間後、

 「手の指の関節部分を押すと痛いですが、漢方を飲む前よりも楽になっています。冷たい風があたるだけでもズキンズキンと痛かったのが、なくなっています。」

 調子がよいようですので、同じ処方で、継続しました。

 「冬なのに、全然痛みを感じなくなりました。夏以外は、ずーっと痛くて辛かったのですが、びっくりしています。痛みのない生活が戻ってくるなんて、思ってもいませんでした。」 

 関節の痛みやしびれに、患部の炎症を鎮めたり、血流の滞りなどを改善する漢方薬などが効果的です。漢方薬は、いわゆる病名投与、例えば、腰痛にはこの漢方、頭痛にはこの漢方などで、漢方薬を決定するのではなく、痛みが起こっている部分の状態(血流や冷えや炎症の状態の違い)に合わせた漢方処方になります。A307_058

 その処方の選択は、長年の漢方診療の経験によります。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 ネットなどで調べて漢方薬を飲んでみたが、効果がなかったという方が多いのは、その為です。

 漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談される事をお勧め致します。

 新潟で漢方診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外の方の受診も多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「手のこわばり、むくみ、しびれ、痛みに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「こんな症状に漢方」

2017年11月28日 (火)

肩関節炎が治らない方に漢方

 「肩関節炎が治りません。何をしても、どこへ行っても治りません。漢方がよいと聞きましたので、来てみました。」

 という方の受診が多いです。Img_8970

 肩関節周囲炎は、関節部分の骨や軟骨、腱、靭帯などが老化して、肩関節の周辺部に炎症が起こり、痛みやしびれを感じる症状です。中年以降、50代の方に多いです。

◇腕や肩を動かすときに痛みがある。

痛いからと、あまり動かさないでいると、肩の動きが悪くなってしまいます。

◇寝ているとズキズキと痛み、目が覚める事がある

◇気温が低い時、雨の日や冬に悪化することが多い

 など様々ですが、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 肩関節周辺部分の炎症を鎮め、血行を改善する漢方薬などを一人ひとりの症状や体質に合わせて処方しております。Ky31_02

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)を行っておりますので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

「新潟の五十肩・肩関節周囲炎に漢方」

新しいHPもご覧ください。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

 この患者さんは、「いつも首が冷たい、マッサージをしてもらうと、その直後は、少し楽になる」とのお話でしたので、首から肩の関節部分の血行を改善して、温める漢方薬を処方しました。少しずつ痛みが楽になり、痛みをほとんど感じなくなっています。

より以前の記事一覧