カテゴリー

痛み、しびれ、関節痛

首、肩、腰、ひざ、手足、手術後の痛み、しびれなど

2019年8月27日 (火)

クモ膜下出血手術部位の痛み、圧迫感に漢方

 「クモ膜下出血で手術を受けたのですが、なんというか、手術後の縫った部分でしょうか、ビリビリしています。

 何かに圧迫されているような感じも続いています。

 親も兄弟もクモ膜下出血になっています。

 頭のビリビリと圧迫感が一番つらいですが、再発の予防も考えたいです。」A306_007

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「頭のビリビリと圧迫感が少し楽になったような気がします。」

 さらに1カ月後、

 「痛み止めを飲まなくても、大丈夫になりました。」

 とても調子がよいと、継続されています。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この方のように、難しい症状で受診される方も多いですが、熟考して、患者さんそれぞれの苦痛に寄り添った処方を検討しております。

「手術後の痛み、腫れ、後遺症に漢方」Img_4373

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

 西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っております。

2019年8月17日 (土)

クーラーにあたると肩が冷たくなり痛い

 「クーラーで肩が冷たくなって、痛いです。

 クーラーの風が直接あたらないようにしていますが、

 腕までむらさき色になります。血圧も高くなって、頭も痛くなります。」Img_4511

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「少しよいような気がしますが、まだ肩の痛みがあります。」

 漢方薬を変方しました。

 「肩の痛みは、9割方よくなりました。腕がむらさきにならなくなりました。

 頭痛もなくなって、とても調子がいいです。」

 クーラーによって、体の不調を感じる方が多いです。

 しかし、今の時期は、熱中症などの危険を考えると、クーラーをつけない生活は難しいです。

 そのような方に、漢方薬がおススメです。Ky29_10

 冷えなどによる痛みを感じている部分の血流を改善し、温める効果のある漢方薬などが効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「五十肩に漢方」

 クーラーによる不調に、細やかに対応した漢方薬を処方しております。

「冷房病対策の漢方」

2019年7月25日 (木)

脊柱管狭窄、腰椎すべり症の痛み、しびれ

 脊柱管狭窄の痛みやしびれの改善に漢方治療を行っております。

 痛みやしびれにより、日常生活に支障を感じている方、ご高齢の方の生活の質の改善のために、漢方治療を行っております。

 手術後に、何年も経過して痛みやしびれが再発した方のご相談も多いです。

 患部の血流を改善したり、温めたりする漢方薬などが効果的です。

 脊柱管狭窄、腰椎すべり症、椎間板ヘルニアなどによる痛みやしびれで受診される方が多いですが、痛みの度合いや体質、痛みやしびれを感じる部位などにより、細やかに対応した漢方薬が効果的です。

「腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアに漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「頸椎ヘルニア、すべり症、狭窄症に漢方」Img_4356 

~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 86歳の女性の方です。

 ご家族の方と、手をつないで診察へ入って来られました。

 「脊柱管狭窄と腰椎すべり症です。

 5か所つぶれています。

 足のしびれと痛みがひどいです。

 それから、足のむくみがひどくて、利尿剤を飲んでいますが、全然むくみが引きません。」

 両ひざから下が丸太のようにむくんで、足の甲もサンダルが入らないくらい、パンパンにむくんでいました。

 この方の体質に合わせて、体の余分な水分の代謝を促進する漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、足のむくみは少し引いた程度でした。

 ご高齢の方なので、漢方薬に対しての体の反応もゆっくりになると思われましたので、漢方薬を変方せずに、そのまま様子をみて頂きました。

 1か月後、

 「むくみが引いて、足のだるいのは、だいぶ楽になりました。

 でも、腰から下がまだ痛いし、しびれています。」

 足の甲のむくみがすっかり引きました。

 この方の場合は、むくみを改善してから本格的に狭窄症の治療を考えておりましたので、漢方薬を変方しました。

 変方して2、3カ月くらいは、それほど効果を実感されなかったようですが、その後、痛みやしびれが改善して、一人で診察室へ入って来られるようになりました。A303_019_20190725105801 

 関節の痛みやしびれが激しい方は、日常生活に支障が出る場合が多いです。

 水戸部クリニックでは、高齢者の方の生活の質を改善することも考慮して、漢方治療を行っております。

 心や体の不調を改善して健康寿命を延ばすために、患者さん一人ひとりに寄り添った医療を心がけております。

「健康寿命に老化対策の漢方」

2019年7月24日 (水)

歯ぎしり、食いしばりであごが痛い方に漢方

 「食いしばりが強くて、あごが痛いです。

 寝ていて歯ぎしりがうるさいと家族に言われます。

 マウスピースも使っていますが、強く食いしばっているみたいで、朝起きると、あごが痛いです。

 首と肩のこりも強いです。

 めまいがしたり、頭痛が多くなってきたので、脳外科を受診しました。

 ストレートネックによるのではないかと言われました。

 薬も出なかったのですが、でも辛いんです。」Img_4336

 と受診された方です。

 強い食いしばりによって、首や肩に力が入っている可能性もあるとお話しまして、この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少し気持ちが楽になった気がしますが、仕事が忙しくなったり、緊張すると、グッと食いしばってしまいます。

 それが悪いんでしょうか。」

 漢方薬を変方しました。

 「食いしばりが完全になくなってはいませんが、気持ちがとても楽になりましたし、

 朝起きた時に、あごが痛くならなくなりました。

 歯ぎしりしなくなったと、家族に言われました。

 そういえば、めまいや頭痛は治りました。

 首や肩のこりはまだありますが、漢方薬を飲む前と全然違います。」A306_043

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っております。

 必要に応じて、西洋薬と漢方薬との併用も行っております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年7月12日 (金)

ふくらはぎに激痛で歩けなくなる

 「ふくらはぎが痛くて歩けなくなります。

 ふくらはぎの一点です、そこに突然激痛が走ります。

 その部分だけが、筋肉が破れるんじゃないかっていうくらいの痛みが起こります。

 朝起きた時や仕事中に突然痛くなるので、困っています。 Img_3331-1

 整形外科や外科へも受診しましたが、なんともないと言われます。

 寝る時に、体の向きを変えたり、歩き方を考えたりしていますが、突然痛くなるので、どうすることもできません。

 鎮痛剤が効かないし、突然なので、痛みが治まるまでじっとしているしかない状態です。」

 と受診された方がいらっしゃいました。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「漢方薬を飲み始めて1週間後の朝に、痛くないことに気づきました。

 朝は、起きると激痛が起こって、しばらく動けなくなっていましたが、その日以降、痛くなっていません。

 2カ月以上この状態が続いていたんですよ!!

 仕事中も急に歩けなくなっていたのに、あれから一度もないです!!

 ふくらはぎが、破れるんじゃないかってくらいの激痛だったんですよ。

 漢方ってすごいですね。

 このまま歩けなくなるんじゃないかと思っていました。」Ky32_26

 再発すると怖いとの事で、同じ漢方薬を希望されました。

 その後、体調がよく、激痛が起こることもなくなったので、漢方薬を中止としました。

~*~*~*~

 原因がわからない痛みやしびれで受診される方が多いです。

 漢方の視点から、痛みやしびれが起こっている体のバランスの乱れを改善する漢方薬を処方しております。

「関節痛・しびれ・むくみに漢方」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年7月 3日 (水)

掌蹠膿疱症の関節炎に漢方

 「ひざが痛いです。水が溜まっていますが、掌蹠膿疱症が原因と言われています。

 最初は、右ひざに溜まっていましたが、左のひざにも溜まってきたみたいで、両方痛くなってきて、辛いです。

 手の平と足の裏の湿疹は、出ていますが、最近は落ち着いています。

 それよりもひざが痛いのがつらいです。

 水を抜いてもらったら楽になると言われましたが、また溜まるって聞いているし、漢方でお願いできればと思って受診しました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Ky32_20

 2週間後、

 「右のひざの水は、引いたのですが、左のひざがパンパンに腫れました。

 どうしようかと思ったのですが、漢方を飲み続けていたら、1週間くらいで水が引いてきました。

 一時は、ひじまで痛くなりました。

 これが、先生が言っていた『めんげん』なのだと思いました。

 ひざの水も引けて、だいぶ楽になってきた感じです。

 めんげんって、とんでもない場所にも出るんですね、鼻の横にでっかい吹き出物が、何年ぶりに出ました。

 体の中の老廃物が出たって感じなんでしょうね。」

 掌蹠膿疱症の治療に漢方薬を処方しております。

「掌蹠膿疱症に漢方」

 掌蹠膿疱症による関節炎の痛みも対応しております。

「関節痛・しびれ・むくみに漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っておりますので、必要に応じて、一般的な西洋薬と漢方薬の併用もおこなっております。

 「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年6月29日 (土)

原因不明の体の痛みに漢方

 「7年くらい前から、全身に痛みが出ます。

 ずっと同じ場所ではなくて、日によって腕だったり、背中になったり、足に痛みが出たりと、移動します。

 整形外科、脳外科、内科、神経内科も何か所もこの7年くらいで、まわりましたが、異常がないと言われます。

 漢方薬も何種類か処方して頂いたのですが、下痢になったりして、合わなかったです。Img_4248

 体はいつもだるいです。

 ストレスなのかなあ とも思いますが、毎日体のどこかが痛いので、困っています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「とても楽になりました。

 なんていうか、脳の疲れが取れた感じがします。

 体の痛いのも、あまり出なくなっています。

 安定剤に依存していた感じがありましたが、止めてみたら、大丈夫でした。098

 車の運転が怖くて、遠くまで出かけるのが怖かったのですが、ちょっと距離を伸ばしてみました。

 それから、〇〇番の漢方薬が、すごく甘くておいしかったです。

 お砂糖が入っているのかなって思ったくらいです。」

 体質に合った漢方薬がおいしく感じられるという場合があります。匂いや味にクセがあるので、飲みにくいけど、頑張って飲んでいるという方も多いですが、この方のように、味にクセが強い漢方薬でもおいしく感じられる場合があるようです。 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この方のように、はっきりとした原因がわからない症状で受診される方も多いですが、漢方の視点から、症状が起こっている原因となっている体のバランスの乱れを整える処方を検討しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年6月19日 (水)

原因がはっきりしない腰痛に漢方

 「腰が痛いです。

 レントゲンもMRIも撮ってもらいましたが、異常はないと言われるだけで、痛み止めを処方されています。

 痛み止めがきれると、痛くなります。

 体が冷えます。

 それからごはんを食べると下痢になります。」Img_3207-1

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「まだ腰の痛みはありますが、夜寝ていて、痛みで目が覚めることはなくなりました。

 関係ないのかもしれませんが、午前中は、腰が痛いです。

 お昼を食べると楽になります。

 長く座っていると痛くなります。」

 漢方では、腰痛の原因となっている体のバランスの乱れを整えることによる改善を考えますので、痛みを感じる状況などを細かくお伝えいただいた方が、証(漢方での体質のとらえ方)の見極めの指標となります。

 漢方薬を変方して、2週間後、

 「足の冷える感じがなくなって、腰の痛みを感じなくなりました。

 ごはんを食べると、すぐに下痢になっていて、たくさん食べられなかったのですが、普通に食べても下痢しなくなりました。

 食事が楽しくなりました。」A307_007

 現在は、調子がよいので、漢方薬の服用量を減らして継続されていらっしゃいます。

「腰痛に漢方」

 脊柱管狭窄やヘルニアなどが原因の痛みに、漢方治療を行っております。

「腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアに漢方」

 神経痛の改善に漢方治療が好評です。

「神経痛・神経障害性疼痛に漢方」

2019年6月 8日 (土)

帯状疱疹後のビリビリに漢方

 帯状疱疹後のビリビリや激痛に漢方治療を行っております。

 帯状疱疹が治っても、その後にチクチクする痛みが残る場合があります。

 自然に治る場合が多いですが、ズキズキ、ビリビリなどの激しい痛みが続いて治らない方が受診されます。Img_4050

 漢方では、帯状疱疹が出ている部位や患者さんそれぞれの体質に合わせた処方になります。

 帯状疱疹が出るのは、体の免疫力が低下した時に出ますので、帯状疱疹が治っても、体力の回復が不十分な状態が考えられます。また、激しい痛みで、休息や睡眠が十分に取れていない方が多いです。

 体力の回復力を高める漢方薬などが効果的です。

「帯状疱疹・帯状疱疹後の痛みに漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。Img_4051_1

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「帯状疱疹は治って、表面上はなにもないように見えますが、強い痛みが残っています。

 帯状疱疹は、背中からわき腹に出ました。そのあたりがビリビリしています。

 かゆみもあって掻き壊しています。仕事中も痛いしかゆいしで、イライラします。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「漢方薬を飲んで1週間くらいで、痛みはなくなりました。

 かゆみは少しありますが、だいぶ楽になりました。

 まだ時々、チクチクっとするので、もう少し漢方を続けたいと思います。」Img_4052_1

 水戸部クリニックでは、多様な症状に対応して漢方治療を行っております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年6月 7日 (金)

左わき腹がチクチク痛む、突き上げるような痛み

 「左のわき腹がチクチク痛くなります。

 検査をしても異常がないと言われます。何か所も病院を変えてみましたが、左にはあんまり臓器がないから問題ないと言われます。

 便秘もしていませんし、なんともないと言われますが、突き上げるような痛みが左わき腹に起こります。」

 左側に限局した痛みや張った感じにに悩む方のご相談を受け付けております。このような方のご相談は意外に多いです。

 漢方では、体全体のバランスの乱れを整えることで、不快な症状の改善を考えます。A306_124

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この患者さんは、

 「漢方薬を飲み始めて、5日目から、突き上げるような左わき腹の痛みが起こらなくなりました。

 いいかなあと思って、漢方薬を中止したら、2日後くらいからまた痛みが起こって、漢方が効いているんだと思いました。」

 継続されているうちに、痛みが起こる頻度が減りましたので、服用量を減らして継続されています。

「内科・胃腸症状に漢方」

 漢方外来を行っておりますと、様々な症状に悩む方のご相談が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っておりますので、必要に応じて、一般的な西洋薬と漢方薬との併用も行っております。

「新潟発・私の漢方情報サイトMY漢方」

より以前の記事一覧