カテゴリー

.子供の症状

アレルギー、便秘、頭痛、イライラなど心と体の不調に

2019年5月27日 (月)

めまいと頭痛で学校へ行けない子に漢方

 「朝起きると、めまいや頭痛がして、学校へ行かない日が多いです。

 血圧を上げる薬などを飲んでいますが、治りません。」

 起立性調節障害(OD)のお子さんに、体質改善の漢方治療を行っております。

 このお子さんは、めまいや頭痛で、学校へ行けなくなる不安も重なって、更に不調を感じている様子でした。Img_3855

 このお子さんに合わせた漢方薬の服用により、朝、めまいや頭痛が起こることがなくなり、学校でもめまいや頭痛が起こる不安も少しずつ感じなくなり、すっかり自信と取り戻して、漢方薬も休薬となりました。

 成長期のお子さんに多く、自律神経系のバランスの乱れなどにより、めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状が続くお子さんが多いです。

 また、ストレスや緊張が原因となっている場合もありますので、診察により、お子さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 「起立性調節障害・自律神経失調症に漢方」074

 思春期のお子さんの心身の不調に、体にやさしい漢方薬が好評です。

 とてもデリケートな年齢ですので、学校や部活などの人間関係や勉強などで、ストレスを感じていたり、緊張による不調を感じるお子さんが多いです。

◇イライラ、気分の落ち込み

◇頭痛、めまい、吐き気

◇下痢や腹痛

など、多様な症状に悩むお子さんが多いです。

 体の不調から不安になり、学校へ行きにくくなっているお子さんの受診も多いです。

 お子さん一人ひとりに合わせて、漢方薬を処方しております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

 女の子の場合は、初潮を迎えてからの不調に悩むお子さんも多いです。

「思春期女子の心身の不調に漢方」

2019年5月23日 (木)

5月頃からの体のかゆみに漢方

 体のかゆみに悩む方の受診が多いです。

 体のかゆみの原因は様々です。

◇湿疹・アトピー

◇慢性じんましん

◇皮膚の乾燥(皮脂の欠乏などによる)

◇紫外線による日焼け

◇ストレス

などがあげられますが、これからの季節は汗が原因と考えられる皮膚のかゆみが多いです。Img_3877

 汗をかくことで、皮膚のうるおい成分が一緒に流れてしまい、保湿力が低下します。

 またエアコンにより、皮膚の水分が蒸発します。

 汗でべたべたしているので、皮膚が乾燥していることに気づいていない方が多いですが、実は乾燥肌になっているというb場合が多いです。

 保湿剤の使用も効果的ですが、汗で流れてしまいますし、かゆみが改善しない、皮膚の乾燥が気になる方に、体の中から皮膚にうるおいを与える漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Ky27_06

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診が多いです。

「乾燥肌に漢方」 

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

 子供の乾燥肌、皮膚のかゆみに対応した漢方薬もございます。

「赤ちゃん・子供の乾燥肌・サメ肌に漢方」

2019年5月11日 (土)

お腹のガスが気になって、授業に集中できない

     「お腹のゴロゴロする音と、ガスが気になって、授業に集中できません。食べるとすぐにトイレに行きたくなります。」

 「おならが出るのが気になって、学校の教室に入れません。」

 「お腹が張って、げっぷやおならが出そうになります。」

などの症状は、過敏性腸症候群のガス型に多い症状です。Img_3408

 整腸剤やお腹のガスを減らすお薬などでは改善がみられない方に、漢方薬が効果的です。

 思春期のお子さんやストレスが多い方、緊張しやすい方に多い症状です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「過敏性腸症候群に漢方」

 思春期のお子さんに多い症状に対応した漢方薬が好評です。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」  274

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「お腹のガスが気になって、教室に入れなくなっています。

 食べるとすぐに、トイレに行きたくなるようです。

 漢方薬を飲んでいましたが、効果がなく、先生のところがよいと聞きましたので、連れて来ました。」

と、付き添いのお母様がお話されました。

 うつむき加減で、おとなしい感じの女の子です。

 このお子さんに合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「お腹にガスがたまらなくなって、喜んでいます。

 でも、まだ教室には入れないみたいです。」

 教室に入れない原因が別のところにあるように思えました。

 ストレスや緊張に対応した漢方薬に変方しまして、お母様とお話する時間を取らせて頂きました。

 学校生活や部活などでのストレスや緊張、勉強、人間関係など、様々な事に悩むお子さんが多いですが、それが心身の不調となって強く表れている場合は、親御さんのご理解も必要となる場合が多いです。

 このお子さんは親御さんのご理解もあり、お子さんのペースでの進路に切り替えて、無事高校を卒業されて、大学へ進学されました。

2019年4月27日 (土)

風邪をひきやすい子に漢方

   「この子は風邪をひきやすくて、すぐに熱を出すんです。

保育園の行事とか、出かけようかなって思うと、熱を出します。

そうなると、イベントの前から、心配になって、いつもドキドキです。

 体力がつく漢方薬ってありますか。」 Ky16_14

 と受診された方です。

 扁桃炎を繰り返したり、1カ月の間に何度も熱が出たり、喘息発作で入院したりと、お母様も気の休まる日がないそうです。

 漢方薬による虚弱体質改善により、風邪をひきにくくなったり、熱が出ても頻度が減ったり、熱が出ても改善が早くなる場合が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 自然の生薬から作られる漢方薬は、生後2、3カ月の赤ちゃんから服用できます。

 このお子さんは、風邪をひいても治りが早くなり、熱が出ても改善が早いことが多くなりました。

 「漢方を飲んでいると、本当に調子がいいです。

卒園のイベントが続いて、卒園式、入学式も元気に行けました。とても助かっています。」

 小児の虚弱体質改善の漢方薬が好評です。A303_006

「小児の病気に漢方」

 中耳炎を繰り返す方の体質改善も好評です。

「中耳炎を繰り返す子供に漢方」

 扁桃炎を繰り返す、高熱を出しやすいお子さんに

「子供の扁桃炎に漢方」

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

2019年3月12日 (火)

頻繁に高熱が出て、学校に遅刻します

 「朝になると、熱が出る日が多いです。2日、3日連続で出る時もあります。38度以上になる日が多くて、学校に遅刻します。お腹が痛くなる時もあります。この状態が3年以上続いています。検査をしても異常がないと言われました。」

 原因がわからない発熱は、ストレスや緊張から起こっている場合もあります。このお子さんの体質に合わせた漢方薬の服用により、高熱を出す回数が減り、腹痛も忘れるくらいなくなりました。Img_2978

 このお子さんは、1年数カ月漢方薬を服用されていましたが、風邪やインフルエンザなどによる感染症によらない高熱が出なくなり、無事高校を卒業されました。

 子供さんの繰り返す発熱は、特に原因が見つからない場合は、疲労や虚弱体質によっての発熱やストレスや緊張による場合も考えられます。

 繊細でやさしいお子さんに多い症状です。お子さん一人ひとりの感受性を大切にした診療により、リラックス効果のある漢方薬などを処方しております。

 漢方薬の服用により、症状の改善がみられると、自信がついて、改善に勢いがつく場合もあります。小さなお子さんでも、このような症状で受診されることがあります。Img_2981

 大人には気にならないような事に、不安や恐怖を感じるお子さんもいらっしゃいます。また、体調不良により、学校などで、吐き戻してしまったことなどがトラウマとなって、登校しにくい状態になるお子さんもいらっしゃいます。

 診察により、お子さんそれぞれのお話を伺うことで、原因が見えてくる場合があります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「子供の体調不良・アレルギー体質に漢方」

 ストレスや緊張などによると思われる症状に対応した漢方治療を行っております。

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

2019年3月 1日 (金)

めまいと頭痛で、学校を休む子供に漢方

 「めまいと頭痛を繰り返しています。2カ月以上治らなくて、学校を休んでいます。朝起きると頭が痛いと言って、起きれないみたいです。近くの小児科で漢方薬を頂いて1カ月になりますが、治らなくて・・・。」

 めまいや頭痛を繰り返すお子さんの受診は多いです。成長期のお子さんに多く、成長のスピードが激しく、自律神経系のバランスが乱れる場合があります。

◆朝調子が悪い

◆朝食をあまり食べない

◆午前中調子が悪く、夕方になると元気になる

◆頭痛やめまいがすることが多い

◆立ちくらみが多い

◆寝つきが悪い、眠れない

などの症状で、受診されるお子さんが多いです。Img_3036_2

 起立性調節障害や自律神経失調症などと言われる場合が多いようですが、改善を実感されない方が、体質改善の漢方治療を希望されています。

 お子さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、症状が改善される事が多いです。

 診察により、このお子さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「よく眠れるようになったようです。

 頭痛は、毎朝あります。朝が一番痛くて、夕方になると楽になるそうです。

 2日続けて学校へ行けましたが、痛くて早退して来ました。」

 このお子さんは、体調不良が続いていたために、学校で1日中過ごす自信もなくなっている印象を受けました。

 漢方薬を変方して、様子をみて頂きました。

 2週間後、

 「頭痛が楽になっているそうです。毎日学校へ行っています。

 悪夢が続いていたそうですが、それもみなくなったそうです。」A301_047

 ストレスに対応した漢方薬により、気持ちが安定して、悪夢をみなくなったようで、よかったです。緊張やストレス、不安などが、悪夢という形で表れることがあります。

 一般的な安定剤などとは異なり、眠気が起こりませんので、お子さんでも服用できます。

 このお子さんは、飲まないと心配とのことで、6カ月くらい継続されていましたが、徐々に自信を取り戻し、漢方薬を中止としました。

 毎日元気に登校されていらっしゃいます。

 水戸部クリニックでは、保険適用の漢方薬を処方しております。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「子供のめまい、立ちくらみ、起立性調節障害に漢方」

 思春期のお子さんの体調不良に対応した漢方薬が好評です。

「思春期の子供の心身の不調に漢方

 生理などに伴う女の子特有の症状も対応しております。

「思春期女子の心身の症状に漢方」

2019年2月26日 (火)

下痢になることが多い子供のための漢方

 「下痢や軟便が多いです。それから乾燥肌が気になります。冬になると、乾燥がひどくなり、かゆがります。1年くらい整腸剤を飲んでいましたが、変わりませんでした。」

 このようなお子さんが受診されました。Img_2977

 漢方薬を服用して2週間後、

 「2年ぶりに、バナナうんちが出ました (⌒∇⌒)」

 3歳のお子さんです。

 漢方では、お腹の調子を整えることで、下痢や軟便などを改善する処方があります。お腹が緩くなっている原因となっている体のバランスを整える漢方薬により、便の状態が整うお子さんが多いです。

 水戸部クリニックでは、診察により、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 このお子さんは、下痢や軟便は改善されましたが、お肌の乾燥が強かったので、皮膚に潤いを与える漢方薬を追加しました。

 「お肌の乾燥は、よくなりました。

 昨年の水いぼの痕をかゆがっていましたが、きれいに治って、びっくりしました。A308_007_2

 髪の毛もパサついている感じでしたが、以前よりもよくなっている感じがします。

 これも漢方の効果ですか?」

 お肌の乾燥などは、漢方では血虚と呼ばれる状態です。

 皮膚や髪に栄養を届ける力が低下している状態と捉えていただけるとわかりやすいと思います。

 血虚を改善する漢方薬などにより、乾燥肌が改善されたり、髪質が改善されることが多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

「子供の病気に漢方」

 子供の病気やアレルギーなどに、体質改善の漢方

「赤ちゃん・子供の乾燥肌に漢方」

2018年12月28日 (金)

子供のチックに漢方

 「咳払いをしたり、目をぱちぱちしたりするようになっています。やたら髪の毛を抜く癖があって、それを止めさせたら、チックが出るようになってしまいました。」

 と受診された方のお話です。

 チック症状は、突発的に繰り返される体の動きや言葉で、癖の一種と言われています。一過性の場合が多く、自然に治るお子さんが多いようですが、気にされる親御さんが、お子さんと受診される事が多いです。

 チックの原因は、はっきりとわかっていませんが、ストレスや緊張によって、起こっている場合が多いです。

 感受性の高い繊細なお子さんに多い傾向があります。Img_2701

 夜泣きや疳の虫などもあったというお話をされる方が多いです。漢方では、お子さんの神経の昂りを鎮めて、リラックス効果のある処方があります。自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしく作用します。

 このお子さんに合わせた漢方薬の服用により、2週間くらいでチック症状が減り始めました。

 「目のぱちぱちが、寝る前に多かったのですが、ほとんどしなくなりました。咳払いも全然しなくなって、驚きました。宿題の時の親子喧嘩もなくなりました。漢方もおいしいと喜んで飲んでいます。」

 漢方薬は、飲みにくいイメージが強いですが、体質に合っていると、比較的飲みやすいと言われています。それでもお薬が苦手な方は、大人でも多いですよね。特に漢方薬の匂いや味が苦手というお子さんも多いです。

 水戸部クリニックでは、お子さんが飲みやすい工夫などもお話しております。チックや夜泣き、夜驚症などのお子さん、アトピーなどのアレルギー症状で受診されているお子さんも多いですが、飲みやすく工夫して継続されている方が多いです。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「夜泣き・疳の虫・夜驚症に漢方」

従来からのHPを順次リニューアルしています。より詳しい内容に書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

2018年10月24日 (水)

疳の虫がひどい、保育園で大泣きする子に漢方

 疳の虫が激しいお子さんに、困っている親御さんが多く、漢方薬を希望される方が増えています。自然の生薬から作られる漢方薬は、お子さんの心と体にやさしく作用します。

 ある患者さんのお話です。8カ月の赤ちゃんです。

 「疳の虫がひどいです。保育園でうちの子だけ大泣きして、大騒ぎをしています。迎えに行っても、外まで聞こえてきて、先生方に、ご迷惑じゃないかと思っています。

 家でも、急にスイッチが入ると、反り返って泣いて、いつまでも泣き止みません。」Ky56_06_2

 赤ちゃんや小さなお子さんは、大人が思いもよらないようなことが刺激になって、驚いたり、興奮したりすることが多いです。とても感受性の高いお子さんに多い症状です。

 漢方薬には、疳の虫や夜泣き、癇癪に対応した処方があります。お子さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬の服用により、気持ちが安定しやすくなることが多いです。

 自然の生薬から作られる漢方薬は、心と体にやさしく作用しますので、生後2,3か月のお子さんから服用できます。

「夜泣き、疳の虫、夜驚症に漢方」 A306_008_2



「子供のかんしゃくに漢方」

 2週間後、

 「少し静かにしてくれるようになりました。もう少し続けてみたいです。」

 それから1か月後、

 「つかまり立ちができるようになったら、大泣きが少し減りました。」

 『大人が感じないような事に、イライラやストレスを感じているようです。赤ちゃんの視点から見たら、毎日が新しい刺激でいっぱいですから。立てるようになって、視野が広がったのがよかったのかもしれませんね。』

 2カ月後、

 「調子がよく、そんなに大泣きしたり、大騒ぎをしなくなったので、いいかなあと思って中止したら、また始まってしまって・・・。もう少し続けた方がいいみたいです。」

「夜泣き、疳の虫、夜驚症に漢方」

 子供の日常のイライラ、怒りっぽい、かんしゃくにも対応しております。

「子供のかんしゃくに漢方」

従来からのHPの内容を順次リニューアルしております。漢方薬について詳しく知りたい方は、ご覧ください。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

2018年10月13日 (土)

運動後にいつも頭痛が起こる子供に漢方

 運動をすると頭痛が起こるお子さんのご相談を受けつけております。体育の授業がある日など運動すると、頭痛がしたり、吐き気がしたりを繰り返しているお子さんが受診されています。

 ほんの今まで、元気で遊んでいたお子さんが、急に頭が痛いと言い出して、吐いたり、苦しんだりして、少し時間が経つと、何事もなかったように、ケロッとしているとのご相談があります。体育の授業など運動をした後に、繰り返すようになって、検査を受けても異常がなかったと、受診されます。毎日のように頭痛薬を飲ませることに、抵抗感がある親御さんのご相談が多いです。Ky16_0112

 学校などで、吐いてしまった場合は、それが気になって、体育の授業や運動を休みがちになったり、学校へ行きにくくなってしまったり、イライラしているお子さんが多いようです。

 真面目なお子さんや繊細で優しいお子さんに多い傾向があります。学校で一生懸命に頑張って、疲れていることなどが考えられます。

 頭痛薬を飲んでも頭痛が治まらない、頭痛薬を毎日飲ませるのが、心配な方に、お子さんの心身のバランスを整える漢方薬が効果的です。

 長年の漢方診療の経験により、お子さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場で診察が受けられるオンライン診療も好評です。

「子供の頭痛・片頭痛に漢方」

従来からのHPをリニューアル中です^^

「漢方情報サイト・MY漢方」

~*~*~*~

 あるお子さんのお話です。

 「学校の体育の授業をすると、顔が真っ赤になって、頭痛がするそうです。一度吐いたらしくて、それ以来、体育の授業を休んでいます。運動は嫌いな子ではないのですが、また吐いたらと心配になって、できなくなっているみたいです。」

 体育の授業以外は、頭痛はないようなので、体育のある日だけ、朝、学校に行く前に漢方薬を服用して頂くようにお話しました。

 「漢方薬を飲ませるようになってから、1度だけ頭痛があったようですが、すぐに治ったそうです。それ以来、体育の授業の後も、他で運動しても、大丈夫になりました。」Ky49_06

自信を取り戻したようなので、中止してよいとお話しました。

より以前の記事一覧