カテゴリー

.子供の症状に漢方

アレルギー、便秘、頭痛、イライラなど心と体の不調に

2017年6月14日 (水)

月曜の朝にお腹が痛くなる子供に漢方

 「朝になるとお腹が痛くなります。日曜日はなんともないのに、保育園に行く日は、お腹が痛くなります。特に月曜日に多いような気がします。」

 保育園や幼稚園、学校に行く時間が近づくと、お腹が痛くなったり、頭痛がすると言い出すお子さんに、困っている親御さんは多いようです。Img_7263_3

 繊細で責任感の強いお子さんに多く、緊張やストレスが、お腹の症状に現れてしまう場合があります。

 お腹の痛み止めや整腸剤では改善がみられないとのご相談緊張やストレスを発散させる、リラックス効果のある漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 漢方薬は、生後2,3か月の赤ちゃんから、ご高齢の方まで服用できます。

「子供の頭痛・腹痛・めまいなどに漢方」

「ストレスによる症状に漢方」

「子供の便秘・腹痛に漢方」new Ky64_20

~*~*~*~

 あるお子さんのお話です。

 「朝になるとお腹が痛くなります。幼稚園でもお腹が痛くなる事があるようです。幼稚園が休みの日はケロッとしています。近くの病院で漢方薬を処方してもらいましたが、変わりませんでした。」

 お子さんの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「お腹が痛くなる日が減りました。幼稚園でも痛がる回数が減ったと、先生に言われました。」

 『頭のいい、責任感の強いお子さんなのでしょう。年中さんでしたね。下の年齢のお子さんが入って来られて、しっかりしなければと緊張するのでしょうね。』

 「そういえば、年長さんと遊んでいる時は、のんびりしていますが、同年齢や年少さんと遊んでいる時は、表情が硬い時があるように思って見ていました。」

 継続されていると、腹痛の回数が減り、お子さん自身もお腹が痛くならなくなったと、自信がついたようです^^

「子供の頭痛・腹痛・めまいなどに漢方」

「ストレスによる症状に漢方」

「子供の便秘・腹痛に漢方」new

2017年5月24日 (水)

赤ちゃんの便秘、浣腸がかわいそう。漢方で快便になりました^^

 赤ちゃんの便秘に悩む方に、漢方薬が好評です。

 便が硬い、便が出にくくて、苦しそうにしている、便秘薬を飲ませても出ない事が多い、浣腸をしないと出ないなどのご相談が多いです。

 いろいろとお薬を試してみてもすっきりと出せない赤ちゃんも多く、浣腸を繰り返す事が辛いという親御さんのご相談が多いです。Img_7184

 漢方では、赤ちゃん一人ひとりの体質に合わせて、腸の働きを整える漢方薬を検討します。便の状態や赤ちゃんそれぞれの体質に合わせて、きめ細やかに対応した処方になります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 漢方薬は、生後2,3か月の赤ちゃんから服用できます。

~*~*~*~

 あるお母さんのお話です。

 「生まれてすぐから便秘が続いています。自力では、排便できないみたいです。S状結腸が少し長いのも原因ではないかと言われました。酸化マグネシウムなどを飲ませて、それでも出なかったら浣腸をするしかないと言われました。Ky56_29_2

 2,3日に1回くらいは、浣腸をしています。スルッと出るのを見た事がないんです。浣腸をしても苦しそうに、うーんっていきんでいると、見ていてかわいそうで、辛いですweep

 この赤ちゃんの体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「最初の2,3回は、浣腸を使いましたが、それからは、すごくいい便が出るようになって、それからは、浣腸を1回も使っていません。」

 とても喜んでくださって、漢方薬を継続されています。

 「本当に毎日、いいうんちが出ています。浣腸も使わないし、酸化マグネシウムも中止して、漢方だけで出るようになりました。私のストレスも解消されちゃいましたhappy01

「子供の便秘・腹痛に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状も内容が充実しています。

「子供の便秘・腹痛を体質改善の漢方で」

~*~*~*~

Img_7185_2 新潟市南区小林地区の風景です。

 田植えが終わって、涼しげな景色が広がっています。

 苗が育ち、青いじゅうたんになり、黄金色のじゅうたんに変わるのが、とても楽しみです。




2017年5月23日 (火)

離乳食を始めてからの湿疹に漢方

  「離乳食を始めてから、口の周りに湿疹ができるようになりました。ステロイドを塗るとすぐにきれいになりましたが、塗るのを止めるとまた出てくるの繰り返しです・・・。このまま続けるのが、心配になりました。」

 このようなご相談が多いです。Img_7190_2

 離乳食やよだれで、口の周りやあご、ほっぺの周りなどが、かぶれる赤ちゃんは多いです。

 赤ちゃんの皮膚は刺激に敏感で、自分のよだれですらかぶれてしまう事があります。消化機能が未熟なので、食べ物に敏感に反応しやすい赤ちゃんも多いです。

 食事が終わってから、こすらずに柔らかいガーゼなどで、清潔にしてあげる事も大切です。

 気を付けていても、口の周りの湿疹が治りにくい、あごやほっぺから顔全体にまで広がってくると心配になる親御さんも多いと思います。A301_010_2

 ステロイドを使いたくない、塗るのを止めるとまた湿疹が出て来る、合わなかった方が、漢方治療を希望されています。

 お子さんそれぞれの湿疹の状態や範囲、体質に合わせた漢方薬が効果的です。漢方では、皮膚表面の炎症を鎮める治療と健康な皮膚を作る力を高める治療の両面を考えた処方になります。

 漢方薬は、生後2,3か月の赤ちゃんから服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 漢方薬は、口の周りの湿疹やよだれかぶれ以外にも乳児湿疹など様々な皮膚炎に対応しております。

「乳児湿疹、アトピー、赤ちゃんのアレルギーを漢方で」

「乳児湿疹にステロイドを使わない漢方治療」

「赤ちゃん、乳児のアトピーに漢方」new

~*~*~*~

Img_7193_2Img_7201_2













 柏崎の「夢の森公園」で、「かきつばた」を観て来ました。

 ザリガニやメダカ、しおからとんぼ、ミズスマシなど、たくさんの生き物が、水辺に見られました^^

2017年4月20日 (木)

夜尿症の体質改善は、焦らない

 夜尿症のお子さんの体質改善に漢方薬を処方しております。

 小学校高学年になっても続いている方の受診も多く、修学旅行やスポーツクラブの合宿までに治したいと、焦る親御さんが多いですが、漢方薬による体質改善は、お子さんそれぞれの成長のスピードも異なりますので、個人差によるものが大きく、ゆっくりと見守って頂くことが大切です。

 ご本人が一番気にされていますので、精神的に辛くならないように、おおらかに受け止めてあげる事が大切です。

 一般的な西洋薬による治療が合わない方、思うような改善がみられない方が、漢方薬による体質改善を希望されています。

 お子さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の夜尿症治療の漢方」

「夜尿症が気になるお子さんに漢方」 Img_6626

~*~*~*~

 あるお子さんのお話です。

 夜尿と学校での癇癪が気になると、受診されました。

 夜は、ぐっすり眠ってしまって、起きないので、ほぼ毎日漏らしているとの事でした。

 とても繊細なお子さんでしたので、学校でのストレスも原因の一つと考えられました。学校でのイライラが強く、時に、感情を爆発させて、暴れる事があり、発達障害ではないかと言われたそうです。

 赤ちゃんの頃から夜泣きや疳の虫の症状が激しかったお子さんの中には、小学生になってもその症状が続いている場合があります。

 肝の働きが未熟なためと考えられます。肝は、気(目に見えませんが、元気の気、気分の気と考えるとわかりやすいでしょう。)のコントロールを行っています。

 肝の働きが未熟な為に、気が上昇すると興奮状態になり、上記のような症状が起こりやすくなります。

 肝の働きを整え、神経の興奮を鎮める漢方薬と夜尿症に対応した漢方薬を処方しました。

 夜尿の事は、おおらかに受け止めて、お家での会話、スキンシップの時間を意識して増やすように、お奨めしました。A306_027_2

 漢方薬の服用を始めて、学校でのイライラが少しずつ落ち着いて来たと、担任の先生から言われたそうです。

 夜尿症の症状は、一進一退が続いていましたが、継続されているうちに、漏れる時間が、少しずつ朝方になっていましたので、尿を溜める力が少しずつついているとお話していました。

 失敗しない日が少しずつ増えてきました。

 漢方薬を継続されて、約1年になろうとした時に、

 「先月から、1度も失敗していません。本人も驚いています。尿パッドも止めてみると言いました。自信がついてきたみたいです。学校生活も落ち着いて過ごせるようになりました。」

「子供の癇癪に漢方」

「疳の虫・夜泣き・夜驚症」

「新潟の夜尿症治療の漢方」

「夜尿症が気になるお子さんに漢方」

2017年4月 4日 (火)

新学期の不安でお腹が痛くなる、学校へ行きたくない子供に漢方

 4月になり、新学期が始まりますね。

 この季節は、体調不良を訴えるお子さんが多くなります。頭が痛い、お腹が痛い、疲れるなどのご相談が増えます。新しい環境への期待と不安で、緊張するお子さんが多いです。

 新学期が始まったばかりは、焦ってしまう親御さんも多いようです。何日間かお休みして、休息を取らせてあげる事も大切ですが、学校や習い事を休んでみたり、リラックスしやすい環境を工夫したりされても症状が続く方に、漢方治療が好評です。

Img_6512_2◆朝、起きれない

◆頭痛や腹痛、めまいが多い

◆疲れやすい

◆イライラしやすい

◆集中力にかける

などの症状で、遅刻や早退の回数が増えたり、学校に行きにくくなるお子さんのご相談が多くなります。

◇季節の変わり目で、体調を崩している

◇ストレスや疲労の蓄積で、心身共に疲れる

◇人間関係のトラブルによる不安

◇緊張の糸が切れた

など、お子さんそれぞれの心身の不調となる原因が考えられます。A307_046_od_4

 繊細で感受性が高いお子さんに多く、周囲に気を使い過ぎて、疲れてしまう方が多いようです。

 漢方では、気のアンバランスと考える事ができます。目に見えない気(気力、気分、元気などと考えて頂けるとわかりやすいと思います。)を重要と考えます。

◆気分が、欝々している状態は気滞

◆気力が低下して、元気がない状態を気虚

◆イライラしたり、怒りっぽい状態を気逆

 この気の状態を整える漢方薬の服用により、緊張や不安が和らぐ場合が多いです。お子さんそれぞれの体調不良の状態に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「小児の頭痛・腹痛・めまい・たちくらみなどに漢方」

「心に効く漢方」

☆新しいHPを作成中です。順次新しいページを追加しております。

「子供の病気に漢方」new Img_6542Img_6518Img_6546


~*~*~*~

 喜多方のピーナッツ屋さんに寄りました。

 ピーナッツソフトが、とてもおいしかったです^^

 ピーナッツプリンは、ピーナッツバターのように濃厚で、まろやかでした。

2017年3月 9日 (木)

寝言が多く、怒りっぽい子供に漢方

 「寝言が多いです。熟睡できていないのか、頭が痛いといって、学校に行けない日があります。昼間眠そうです。」

 とても繊細で優しいお子さんに多い症状です。物事に敏感だったり、周囲に気を使ったりして、時々パワーダウンしてしまうお子さんがいらっしゃいます。

Img_6108_3◆頭が痛い、お腹が痛いという事が多い

◆急に怒り出す

◆癇癪を起こすことが多い

◆夜泣きが多い

などの症状は、肝の働きが未熟なためと考えられます。肝は、気(目に見えませんが、元気の気、気分の気と考えるとわかりやすいでしょう。)のコントロールを行っています。

 肝の働きが未熟な為に、気が上昇すると興奮状態になり、上記のような症状が起こりやすくなります。

 肝の働きを整え、神経の興奮を鎮める漢方薬などが効果的です。お子さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。Ky27_02_2_2

 このお子さんは、色白で、細身のお子さんでした。食が細いとのお話でしたので、胃腸の働きを整え、体力をつける漢方薬と肝の働きを整える漢方薬などを処方しました。

 お仕事が忙しいお母様でしたので、お子さんと一緒にお話したり、遊ぶ時間を増やす工夫をされる事をお奨めしました。

 「少しずつ寝言が少なくなっています。頭が痛いという事が少なくなっています。」

 同じような症状で受診されるお子さんでも、体質は、それぞれ異なりますので、お子さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「子供のめまい、頭痛、腹痛、たちくらみなどに漢方」

「ストレスに負けない薬」

~*~*~*~

 ご兄弟で集めてられるベイブレードだそうです。見せてくれました^^また人気が出ているようですね。

2017年2月16日 (木)

子供が花粉症に!!マスクを嫌がります。漢方でマスクいらずに

 「子供が鼻をズルズル、目もかゆがっています。まぶたがこんなに腫れてしまって、花粉症でしょうと言われましたが、マスクを嫌がります。あまり薬が効いていないみたいです。漢方がいいと聞きましたが、子供でも飲めますか。」

 小児の花粉症を発症する方が、年々増えています。花粉が飛び始める時期が、風邪やインフルエンザが流行する時期と重なるので、はっきりと判断がつかない場合が多いようですが、熱もなく、鼻炎症状や目のかゆみなどが続いているお子さんは、医療機関を受診されることをお勧めします。Img_6146

【子供の花粉症は鼻づまりが多い!?】

 花粉症の症状として、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどが一般的ですが、子供の場合は、鼻づまりが多い傾向にあります。鼻腔が狭く、鼻水も大人に比べると粘り気のある鼻水が多い傾向がありますので、鼻づまりを起こしやすいです。鼻づまりは、見た目ではわかりにくいですが、口を開けたままでいる(口呼吸)をしている事などが指標となりますので、よく観察してあげる事が大切です。

【頻繁に鼻を触る、鼻血を繰り返しているのは、鼻づまりが原因!?】

 鼻がムズムズしていたり、頻繁に鼻を触っている事も鼻づまりによる場合が考えられます。鼻を触り過ぎて、鼻血が出ることもあります。A306_008

【鼻づまりで睡眠不足!!?】

 鼻がつまっていると、眠りの質が低下して、日中の集中力が低下することもあります。日中ぼーっとしていることが多い場合は、鼻づまりがあるかもしれません。

【目のかゆみ、充血、まぶたの腫れは、花粉症かも!?】A306_064

 大人に比べ、花粉の時期に目の症状が出るお子さんが多いです。目の充血やかゆみ、まぶたや目の周りの腫れなどの症状を伴うお子さんが多いです。頻繁に目をこすっていたら、花粉によるアレルギー性結膜炎かもしれません。 

 子供の花粉症の治療は、大人と同じように、抗ヒスタミン薬の内服やステロイドの点鼻薬、目薬などによる治療が一般的ですが、効果が弱いと感じる方、薬が合わない方、体質改善をしたい方に、漢方治療が好評です。

 花粉症のための漢方薬は、鼻炎症状に細やかに対応しております。漢方では、『花粉症にはこの漢方』というのではなく、鼻水の状態、つまりの度合い、喉の痛みの有無、目の炎症の状態の違いなどに、細やかに対応した処方があります。

 抗ヒスタミン薬とは異なり、眠気や喉の乾きが起こりませんので、日常生活に支障が出にくく、大変好評です。Ky52_151_2

 マスクを嫌がるお子さんが多いようですが、漢方で症状が改善され、マスクなしで過ごせるお子さんが多く、大変喜ばれています。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 症状が激しい時は、抗ヒスタミン薬や点鼻薬、目薬等との併用もできます。

「子供の花粉症・アレルギー性鼻炎に漢方」

「花粉症に漢方」

☆新しいHPを作成しております。順次新しいページを追加しております。

「子供の鼻炎・花粉症・ちくのうに漢方」new

2017年1月17日 (火)

赤ちゃんの目の周りの湿疹が治らない時は漢方

 目の周りの湿疹が治らない、赤みが気になる、痒みが辛い方に、漢方治療が好評です。漢方薬は、生後2,3か月の赤ちゃんから服用できます。

 赤ちゃんの場合、乳児湿疹、乾燥、アレルギー、アトピーによる場合などが考えられますが、目の周りは、皮膚が薄くて敏感ですので、塗り薬にも気を使われる方が多いようです。ステロイドやタクロリムス軟膏がなどが合わない方、使いたくない方の受診が増えています。

◆目の周りが赤くなっているKy12_13_2

◆目の周りに湿疹ができて、掻いている

◆目の周りがただれたようになっている、目ヤニが多い

◆目の周りがカサカサして、赤くなっている

◆目の周りの湿疹が激しく、ジュクジュクした浸出液が出ている

などの症状に、体の中から皮膚を健康な状態に整える漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 目の周りの湿疹の状態に合わせた漢方薬による治療が効果的です。

◆赤みが強い湿疹には、皮膚の炎症を鎮めて、赤みを改善する漢方薬

◆ただれが強い方には、激しい炎症を鎮めて、皮膚の修復を促進する漢方薬

◆皮膚の乾燥が激しい方は、皮膚に潤いを与える効果のある漢方薬

◆ジュクジュクした湿疹には、ジュクジュクを吸収して、炎症を鎮める漢方薬

など、皮膚炎の状態にきめ細やかに対応しております。

 ステロイドやタクロリムス軟膏が合わない方、使いたくない方に、体の中から健康な皮膚に整える漢方薬が効果的です。

「目の周りの湿疹、アトピーのかゆみを漢方で改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「目の周りの湿疹、漢方」new

~*~*~*~Ky20_31e
 ある患者さんのお話です。3歳の女の子です。

 目の周りと口の周りの湿疹が、真っ赤になって、腫れていました。

 「生後2か月頃から、湿疹が出ました。乳児湿疹と言われていました。ステロイドからタクロリムス軟膏も使っていました。一時よくなりましたが、途中で、効かなくなってきました。かゆくてイライラしているし、季節の変わり目に、悪化しています。今日は、まだ少しいい方です。」

 皮膚の炎症を鎮めて、瞼の腫れが激しかったので、腫れを軽減する漢方薬を処方しました。

 「少しずつよくなっているのがわかります。寝ていて掻いていましたが、あまりかかなくなっています。瞼の腫れがすぐに引いてびっくりしました。ステロイドもタクロリムス軟膏も塗っていません。」

 1か月後、

 「目の周りがすっきりきれいになりました。風邪をひいた時に、漢方をお休みしていましたが、悪化することもなかったので、本当によかったですが、最近、ほっぺが乾燥してかゆいようなので、それもお願いできればと思います。」

 目の周りはすっかりきれいになりましたので、漢方薬を変方ました。頬の乾燥に対して、皮膚に潤いを与える漢方薬に変方することで、頬や体全体のカサカサが改善されています。

「目の周りの湿疹、アトピーのかゆみを漢方で改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「目の周りの湿疹、漢方」newImg_5910Img_5911

~*~*~*~

 除雪が終わった後に、ご飯を食べに出かけて来ました。 

 かわいいわんちゃんが、迎えてくれました^^

2017年1月13日 (金)

頭痛がして学校へ行けないお子さんに漢方

 朝、頭痛がして、起きれない、学校へ行けないお子さんが受診されます。検査を受けても特に異常がない場合が多いようです。

 頭痛薬などでは改善が見られない、頭痛薬を飲ませ続けるのが不安という親御さんのご相談が多いです。お子さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

◆偏頭痛

 ズキズキと痛み、体を動かすと痛みが激しくなる、光や音に敏感になりやすい、吐き気やおう吐を伴うお子さんも多いです。目の前のキラキラした光が見えたり、頭痛が起こりそうな前兆を感じるお子さんもいらっしゃいます。成人に比べて、偏頭痛の時間は、短いことが多いです。

 12歳くらいまでのお子さんの場合は、男の子と女の子の比率はほぼ同じですが、12歳以降になりますと、初潮を迎える女の子が多くなりますので、女の子の偏頭痛は、男の子の3~4倍に増加します。

◆ストレスが原因の頭痛

 現代の子供たちは、受験や人間関係など大人と同じようなストレスを感じている方が多く、日常のストレスや疲れによって、頭痛を繰り返すお子さんの受診が増えています。

 頭痛の原因やお子さん体質は、それぞれ異なりますので、診察によりお子さん一人ひとりの体質に合わせた漢方薬を処方しております。Img_5838

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「子供の頭痛、腹痛、偏頭痛、立ちくらみなどに漢方」

「心に効く漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「子供の頭痛に漢方」new

 甘いものを食べると、低血糖が改善され、偏頭痛が軽減される場合があると言われていますが、食べ過ぎは、反って悪化させる場合がありますので、ほどほどにして下さいね。

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。中学生のお子さんです。

 「毎朝 頭痛がして、学校へ行けなくなっています。CTもMRIも異常がありませんでした。心療内科を紹介されて、偏頭痛の薬と安定剤を処方されています。安定剤は、心配なので、飲ませていません。3か月くらい続けてみましたが、変わらないようなので、漢方で改善されればと思って受診しました。」A307_046

 とお母様。

 優しい表情のおとなしい感じのお子さんでした。うつむき加減で、小さい声で、質問に答えてくれました。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間分処方しました。

 2週間後,

 「飲みにくくて、最初はジュースに混ぜて飲んでいましたが、慣れたようです。偏頭痛の回数が減って、偏頭痛の薬を飲む回数が増えました。」

 とお母様。

 小さな声で、お子さんが

 『あの・・・よく眠れるようになって、悪夢を見なくなりました・・・。』

 それから約1か月後、

 お母様が来院されまして、

 「頭が痛い時もあるようですが、頭痛薬を飲むほどではないようです。最近は、学校へ毎日行けるようになりました。漢方は、1日1回に減らして、調子が悪いと追加で飲んでいるようです。」

 と喜んでいらっしゃいました。

「子供の頭痛、腹痛、偏頭痛、立ちくらみなどに漢方」

「心に効く漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「子供の頭痛に漢方」new

2017年1月11日 (水)

アトピー治療で夫婦の意見が違って喧嘩になりました

 育児や子供の健康管理で、ご夫婦の意見が合わない時があります。アトピーの治療に関して、喧嘩になってしまったとのお話を伺いました。Img_5871_2

「ステロイドは使いたくないので、漢方でお願いしていますが、主人と意見が合わなくて、喧嘩になりました。でも、私は、やっぱりステロイドは使いたくないんです・・・。」

 漢方治療を始められて約2週間の方です。若干の軽快はみられていましたが、アトピーの炎症が激しいお子さんでしたので、お父様が焦ってしまわれるのもわからなくはありません。

 ご両親からのご意見もあるとお話されていましたが、お母様が、漢方のみでの治療を継続されました。

 漢方を開始して、約2か月が経過したところで、水戸部クリニックへお仕事で来院された男性の方が、

 「こちらで、うちの〇〇がお世話になっています。よくなっています。ありがとうございます。」

と、帰り際に言われました。カルテを見ましたら、そのお母様のご主人でした。Ky62_03

 漢方薬によるアトピー治療は、お子さん自身の自然ちゆ力を高める事によって、健康な皮膚を作れるように少しずつ整えますので、改善を実感されるまでに、一定の期間が必要になる場合が多いです。それまでに焦ってしまう方がいらっしゃる事も現実です。

 患者さんの辛いお気持ちに寄り添った診療を心がけております。

「アトピー性皮膚炎に漢方」

「アトピーとステロイド離脱と漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new

より以前の記事一覧

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ