カテゴリー

めまい

めまい、たちくらみなど

2019年5月27日 (月)

めまいと頭痛で学校へ行けない子に漢方

 「朝起きると、めまいや頭痛がして、学校へ行かない日が多いです。

 血圧を上げる薬などを飲んでいますが、治りません。」

 起立性調節障害(OD)のお子さんに、体質改善の漢方治療を行っております。

 このお子さんは、めまいや頭痛で、学校へ行けなくなる不安も重なって、更に不調を感じている様子でした。Img_3855

 このお子さんに合わせた漢方薬の服用により、朝、めまいや頭痛が起こることがなくなり、学校でもめまいや頭痛が起こる不安も少しずつ感じなくなり、すっかり自信と取り戻して、漢方薬も休薬となりました。

 成長期のお子さんに多く、自律神経系のバランスの乱れなどにより、めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状が続くお子さんが多いです。

 また、ストレスや緊張が原因となっている場合もありますので、診察により、お子さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 「起立性調節障害・自律神経失調症に漢方」074

 思春期のお子さんの心身の不調に、体にやさしい漢方薬が好評です。

 とてもデリケートな年齢ですので、学校や部活などの人間関係や勉強などで、ストレスを感じていたり、緊張による不調を感じるお子さんが多いです。

◇イライラ、気分の落ち込み

◇頭痛、めまい、吐き気

◇下痢や腹痛

など、多様な症状に悩むお子さんが多いです。

 体の不調から不安になり、学校へ行きにくくなっているお子さんの受診も多いです。

 お子さん一人ひとりに合わせて、漢方薬を処方しております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

 女の子の場合は、初潮を迎えてからの不調に悩むお子さんも多いです。

「思春期女子の心身の不調に漢方」

2019年5月21日 (火)

自律神経失調症に漢方

 自律神経失調症と呼ばれる症状に、体全体のバランスを整える漢方薬が効果的です。

 自律神経失調症は、特に原因が特定されない体や心の不調が続いている状態です。

◇疲れが取れない ◇だるい

◇めまいが続いている

◇頭痛、片頭痛 ◇動悸Img_3313

◇体がほてる

◇眠れない

◇微熱が続いている

◇のどの違和感、つかえる感じ

◇イライラ、不安、落ち込み

◇やる気が出ない

など、多様な症状があげられます。

 検査を受けても特に異常がない方、症状を繰り返している方は、自律神経失調症と言われる場合が多いです。

 漢方では、症状一つ一つにお薬を処方するのではなく、体全体のバランスの乱れを整えることで、多様な症状の改善を考えます。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」007

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「仕事中に体がふらつきます。1日の間で10回ふらいくらっとします。

 仕事は楽しくて、ストレスではないと思います。

 8月頃から始まって、最初は夏バテだと言われましたが、治らず

 自律神経だと言われました。まだ治っていないので、仕事中にくらっとしているのは困っています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少しいい感じがします。漢方を飲む前よりは、体が動くようになっています。」

 その後1カ月後、

 「すごく調子がいいです。

 こんなによくなるなんて、感動しています。」

2019年3月23日 (土)

めまい、揺れる感じが治らない方に漢方

 「めまいとふわふわ揺れる感じが続いています。毎年4月から6月くらいまで続きます。

 今年は、早く症状が出ました。頭がもあっとする時もあります。

 自律神経失調症と言われましたが、薬を変えてもらっても治りません。

 死ぬんじゃないかと思うほどつらいです。」Img_3020

 春は、めまいに悩む方が多くなります。冬から体の中に溜まった冷えにより血行が悪い状態になっています。

 そして、3月の気温の変化により、さらに血行が良くなったり悪くなったりしますので、水分代謝や自律神経のバランスなどに乱れが生じて、めまいが起こる場合が多いです。

 検査を受けても異常がない場合は、漢方では、めまいの原因となっている体のバランスを整える治療を考えます。

◆胃腸が弱い

◆ストレスが多く、イライラしやすい

◆水分代謝が滞り、お腹が冷えている

◆血行不良

◆疲れがたまっているなどKy15_02

 診察により、患者それぞれの体質や生活習慣、職場環境などを考慮した処方による治療となります。

 この患者さんは、胃腸が弱く、季節変化や寒暖差により、めまいが起こったり、頭痛などの症状も悪化していますので、それを改善する漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「胃の調子は良くなり、頭痛も楽なりましたが、横になると、スーッと吸い込まれそうな感じのめまいがします。」

 漢方薬を変方しました。

 その後、少しずつめまいや頭痛が楽になるのを実感されました。

 「めまいも頭痛も出なくなっています。あのめまいと自律神経失調症のつらさは死にたくなるほどでした。先生には、足を向けて寝られません(笑)」

 6月くらいまで症状が続くので、漢方薬を続けたいそうです。

「めまいに漢方」 

 西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年3月 1日 (金)

めまいと頭痛で、学校を休む子供に漢方

 「めまいと頭痛を繰り返しています。2カ月以上治らなくて、学校を休んでいます。朝起きると頭が痛いと言って、起きれないみたいです。近くの小児科で漢方薬を頂いて1カ月になりますが、治らなくて・・・。」

 めまいや頭痛を繰り返すお子さんの受診は多いです。成長期のお子さんに多く、成長のスピードが激しく、自律神経系のバランスが乱れる場合があります。

◆朝調子が悪い

◆朝食をあまり食べない

◆午前中調子が悪く、夕方になると元気になる

◆頭痛やめまいがすることが多い

◆立ちくらみが多い

◆寝つきが悪い、眠れない

などの症状で、受診されるお子さんが多いです。Img_3036_2

 起立性調節障害や自律神経失調症などと言われる場合が多いようですが、改善を実感されない方が、体質改善の漢方治療を希望されています。

 お子さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、症状が改善される事が多いです。

 診察により、このお子さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「よく眠れるようになったようです。

 頭痛は、毎朝あります。朝が一番痛くて、夕方になると楽になるそうです。

 2日続けて学校へ行けましたが、痛くて早退して来ました。」

 このお子さんは、体調不良が続いていたために、学校で1日中過ごす自信もなくなっている印象を受けました。

 漢方薬を変方して、様子をみて頂きました。

 2週間後、

 「頭痛が楽になっているそうです。毎日学校へ行っています。

 悪夢が続いていたそうですが、それもみなくなったそうです。」A301_047

 ストレスに対応した漢方薬により、気持ちが安定して、悪夢をみなくなったようで、よかったです。緊張やストレス、不安などが、悪夢という形で表れることがあります。

 一般的な安定剤などとは異なり、眠気が起こりませんので、お子さんでも服用できます。

 このお子さんは、飲まないと心配とのことで、6カ月くらい継続されていましたが、徐々に自信を取り戻し、漢方薬を中止としました。

 毎日元気に登校されていらっしゃいます。

 水戸部クリニックでは、保険適用の漢方薬を処方しております。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「子供のめまい、立ちくらみ、起立性調節障害に漢方」

 思春期のお子さんの体調不良に対応した漢方薬が好評です。

「思春期の子供の心身の不調に漢方

 生理などに伴う女の子特有の症状も対応しております。

「思春期女子の心身の症状に漢方」

2018年11月 7日 (水)

血圧の薬を飲むと頭痛がして具合が悪くなる

 「血圧の薬を飲み始めたら、ドキドキして、のぼせたり不安になったりしました。体がほてるようになりました。薬を変えてもらいましたが、症状が変わらなくて、何度も相談したのですが、聞いてもらえませんでした。しまいには、心療内科へ行けって言われたんです・・・。それなら漢方もいいんじゃないかって、近所の方に、ここを紹介されました。」Ky13_01

 漢方薬単独で血圧を下げることは難しい場合が多いですが、軽症の高血圧の方は、漢方薬と食生活の改善などで、血圧の薬を飲まずに改善される場合もあります。血圧が高めの方は、ストレスに敏感な方が多く、自律神経系のバランスを整える漢方薬などで、血圧が安定する場合があります。

 また、血圧が高めの方は、頭痛や肩こり、めまいなどを感じている方が多く、血圧の薬で、血圧が安定している方でも、上記のような症状は、改善されていない方が多いようです。このような方には、血圧の薬と一緒に自律神経系のバランスを整える漢方薬などを服用されることで、改善される方が多いです。

 ストレスや緊張によっても、血圧が上昇しやすいので、ストレスを感じやすい方、毎日ストレスを強く感じている方などには、気の巡りを改善する漢方薬などが効果的です。

 この患者さんは、不安感が強く、血圧が高めだったので、最初は血圧の薬と漢方薬を併用して頂いて、徐々に、不安感が和らぐのを診ながら、血圧の薬を減らして、漢方薬のみでも血圧が安定するようになりました。

 血圧の変動に合わせて、血圧の薬を再開しなければならなくなる可能性もあるので、定期的に血圧を測るようにお話しております。

 水戸部クリニックでは、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。必要に応じて、血圧を下げるお薬やコレステロールのお薬などとの併用も行っております。

 漢方薬は、他のお薬を同じように、処方せんによって受け取れます。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

「新潟の漢方内科・水戸部クリニック」

従来からのHPを、漢方薬についての詳しい内容に順次リニューアルしています。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

2018年10月30日 (火)

突発性難聴後から続いている耳づまりに漢方

 「耳がつまった感じが続いています。めまいがしたり、耳鳴りもあります。いろいろあって、ストレスがあったのもわかっています。突発性難聴になって、それは治ったのですが、その後から耳がつまった感じが取れません。」

 耳がつまったような、ふさがっているような感じ、耳閉感の改善に漢方薬が効果的です。東洋医学的な視点からの耳閉感の原因は、いくつか考えられますが、この方の場合は、ストレスがきっかけとなっているようでした。Ky19_091_2

 ストレスや緊張、不安や心配事が、身体的な症状として現れることはよくあります。このような症状に対応した漢方薬の服用により、耳閉感が改善される方が多いです。

 耳閉感にはこの漢方というのではなく、その方の証(体質や症状などの身体の状態)に合わせた処方により改善に向かいます。証は、季節や環境の変化、体調の変化などにより、変わる事もあります。漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの証に合わせた漢方薬を処方しております。健康保険適用の漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

 この患者さんの体質に合わせた漢方薬の服用により、めまいや耳鳴りはほとんど感じる事がなくなりましたが、耳のつまった感じが軽減はされたものの、まだ続いていましたので、漢方薬を変方して、継続されていると、徐々に改善していることを実感されまして、気にならなくなりましたので、漢方薬を中止となりました。

「耳・鼻・喉の症状に漢方」

耳の症状についてのページ順次追加しております。

「耳鳴りを漢方で改善」

2018年8月23日 (木)

めまいが治らない方に漢方

 「めまいが半年以上治りません。メニエール病の疑いと言われて3か月くらい薬を飲んでいましたが、治らなくて、心療内科に行くように言われて薬を飲んでいました。漢方薬も一緒に出してもらったのですが、治りませんでした。」

 めまいの原因は、メニエール病や突発性難聴、脳の疾患などが原因となっている場合もありますので、検査を受けられることをお奨めします。検査を受けても特に異常が認められない場合は、漢方薬で改善される場合が多いです。 Ky15_03_2

 漢方では、めまいの原因を多様な視点から考えます。

 例えば、

◆水分代謝のバランスの乱れ

◆疲れが溜まっている、体力の低下

◆ストレスや緊張、激しい怒りなど

がめまいの原因となっている場合などが考えられます。

 この患者さんは、パワハラ上司が異動になって来て、一緒に仕事をするようになってから症状が始まっていた事がわかりました。

 このようなご相談は意外に多いです。みなさん頑張ってますね。

 ストレスに対応した漢方薬を2週間処方しました。

 「すぐ治ってびっくりしました。今日は、お肌の相談できました。」

 にきびや肌荒れのご相談も多いです^^

 水戸部クリニックは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方で来院が難しい方に、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「めまいに漢方」

新しいHPもご覧ください。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2018年7月 3日 (火)

血圧の薬で頭痛、できれば止めたい

 血圧を下げるお薬による副作用と思われる症状が辛い、血圧が高めだが、血圧の薬を飲みたくないとのご相談を受けることがあります。

 漢方薬で血圧が下がるのかというお話になります。血圧を下げることだけに注目すれば、漢方薬の効果は血圧を下げるお薬(降圧剤)には劣ります。血圧が高ければ高いほど心筋梗塞や脳卒中のリスクは上がりますので、速やかに血圧を下げる必要がある場合は、血圧を下げる薬を服用されることが大切です。

 漢方薬によって、血圧を上げている体質が改善されれば、血圧が下がってくる場合もあります。血圧の薬と漢方薬を併用したりする事で、血圧を下げる薬の量を減らしたり、それによる不快な症状が改善される場合があります。

 漢方では、血圧だけではなく、頭痛や頭重、めまい、たちくらみ、顔の赤み、目の充血、動悸、イライラ、ストレスなど、体全体の状態を整えることを考えます。それが血圧が高くなる原因となっている場合もありますので、体質改善の漢方薬で改善されると、血圧が安定する場合があります。Img_1160

 しかし降圧剤のように、確実に血圧を下げる漢方薬はありませんので、血圧に関しては、降圧剤による症状の軽減など補助的に考えられるとよい場合が多いです。血圧の安定を測りながら、血圧の薬(降圧剤)に合わせて、体質に合った漢方薬を併用することで、高血圧の症状と一緒に改善することで、血圧の薬を減らせる可能性があります。

 100歳時代と言われるようになった現代では、QOL(生活の質)の改善がより求められるようになっています。漢方薬がその一助になりえると思います。

 水戸部クリニックでは、よりよい診療のために、日々修練を重ねております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

~*~*~*~A306_039

 ある患者さんのお話です。

 「近くの病院で血圧の薬を飲んでいますが、頭がフワフワしたり、顔がかーっとのぼせるというか、熱くなります。気持ちが悪くなって、飲まなくてもいいですかって聞いたら、飲むように言われました。でも、飲むと、具合が悪くなるんです。

 飲むのを止めていたら、血圧が高くなっていると怒られました。でも頭はフワフワするし、顔が熱くなるしでしょう、具合が悪くなるんです。そしたら、友達が、漢方がいいんじゃないかっていうので、来てみました。」

 この方は、血圧が高めでしたので、血圧の薬を止めないようにお話して、体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 1週間後、血圧は安定していましたが、まだフワフワが気になるとの事なので、血圧の薬の量を減らして、1週間後に再度受診していただきました。

 「とても調子がいいです。頭がすっきりしています。家で血圧を測っていますが、安定しています。紙に書いてきました。肩こりも楽になって、体が軽くなりました。」

 こちらでも血圧を測定しました。安定しているので、血圧の薬を減らして、漢方薬と併用して継続されるようにお話ししました。」

 「これで、ビールも安心して飲めます^^」「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2018年5月11日 (金)

生理前からめまいがする方に漢方

 生理前から生理中に、めまいに悩む方が多いです。女性は生理周期に伴って、ホルモンバランスが大きく変動しますので、それにより、めまいやふらつき、吐き気や頭痛に悩む方が多いです。Img_0270_2

 生理前から生理中に起こる心身の不調は、PMS(月経前症候群)と呼ばれる症状です。

◇めまいや頭痛、吐き気

◇だるさ、倦怠感

◇肩こり、腰痛

◇イライラ、気分の落ち込み、やる気が起きない

◇下痢や便秘

など、多様な症状に悩む方が多いです。

 漢方では、患者さんそれぞれのPMS症状に細やかに対応した処方があります。ご自分で調べた漢方薬を飲んでみたけれど、効果を感じなかった、合わなかったと受診される方もいらっしゃいます。同じ症状に悩む方でも、体質や生活環境などは、それぞれ異なります。その違いに合わせた漢方薬を選択することは、難しいので、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。必要に応じて、一般的な西洋薬と漢方薬のよさを活かした治療を行っております。Ky15_02

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「PMS(月経前症候群)に漢方」

「めまいに漢方」

2018年1月26日 (金)

子供のめまい、朝起きにくいのは、起立性調節障害?!

 「この子の症状は、起立性調節障害だと思います。ネットで調べたら、書いてある症状が全部当てはまります。でも以前に、心療内科のお薬が合わなかったので、漢方をお願いしようと思って来ました。」 

◇朝調子が悪い、食欲がない

◇頭痛、めまい、たちくらみ

◇イライラ、気分の落ち込み

◇午前中調子が悪く、夕方になると元気になる

などの症状は、思春期のお子さんに多い症状です。

 成長期は、自律神経のバランスが乱れやすく、多様な症状を訴えるお子さんが多くなります。Img_9078

 このお子さんの場合は、受験のストレスが大きな原因となっていることがわかりました。緊張やストレスが、イライラや不安などの精神的な不調や頭痛やめまいなどの体の不調となって表れる場合があります。お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 このお子さんに合わせて、緊張やストレスに対応した漢方薬を処方しました。

 服用しているととても気持ちが楽でいられると、継続されています。食欲も出て、以前のように、がっつり食べられるようになっています。受験が終わると、このような症状が消失する可能性が高いと思われます。治ったら中止とお話しています^^ 

 新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、お子さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 受験生のお子さんの緊張や不安、ストレスなどがピークに達する時期です。イライラしたり、落ち込んだり、感情の起伏が激しくなっている方、頭痛やめまい、食欲不振などの体調不良などに合わせて、緊張やストレスの発散効果のある漢方薬などが効果的です。A307_107_2

◆ご家族に当たり散らす

◆イライラしやすい、不安が強い

◆食欲がない

◆朝起きれない

◆頭痛や腹痛が多い、下痢になりやすい

などのご相談も受付ております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

「起立性調節障害に漢方」