カテゴリー

めまい

めまい、たちくらみなど

2020年9月 1日 (火)

めまいが治らなくて、食欲もありません

 「めまいが治りません。

 脳外科で検査も受けましたが、異常はありませんでした。

 治らないので、気分もすっきりしませんし、食欲もなくなりました。

 3キロやせて、入院しましたが、治りませんでした。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Img_7633

 2週間後、

 「めまいが治りました!!

 お天気が良くない日はちょっと、頭が重い感じがしますが、

漢方薬を飲む前とは、全然違います。

 朝起きた時の気分がいいです。

 食欲も出て来て1キロ戻りました^^

 漢方薬を続けたいです。」

「めまい・メニエール症状に漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2020年7月26日 (日)

ご高齢の方のめまい、ふわふわ

 めまい、ふらつき、ふわふわ感に漢方治療が好評です。

 梅雨明けが例年より遅い予報ですし、めまいや頭痛が辛い方の受診が多いです。

 梅雨時の湿度の高さや低気圧などによって、症状が悪化している方が多い季節ですが、全ての方に当てはまるとは限りません。

 特にご高齢の方の場合は、体力の低下や他の疾患に伴う場合なども考慮する必要があります。Img_7283

 漢方独特の診察や患者さんのお話をしっかりと伺って、顔色や表情、話し方なども診させて頂いて処方を判断しております。

 漢方って本当に奥が深いんです。ブログ担当もまだまだ勉強中です・・・。

 ネット上でも漢方薬についての情報があふれていますが、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 91歳の女性です。娘さんに付き添われて受診されました。

 「1日中、ふわふわしています。

 CTも異常がありませんでした。

 食欲もないですし、体の中がぶるぶる震える感じです。

 それから汗をかいて眠れません。

 体がかあーっと暑くなって・・・」

A306_040_20200726022101  お話を伺いながら、頭の中で処方を絞り込み漢方薬を2週間分処方しました。

 2週間後、

 「全然良くなりません。

 ふわふわは続いていますし・・・、汗も止まりません。」

 『漢方って効くんですかね・・・。』

 と娘さんがボソッと

 漢方処方を変方して2週間分処方しました。

 1週間後に、娘さんからお電話がかかって来ました。

 『飲んで3日くらいで、ふわふわが治りました。

 変な汗をかかなくなったんです。

 よく眠れるようになったと言っています。

  腰の痛みも治してもらえるのなら、すぐに連れて行きたいのですが、いいですか。』

 よかったあ・・・^^

 初診の時から処方を決定しても、改善がみられなかった場合やその他の症状がみられた場合など、次の候補の処方も検討してありますので、じっくりと取り組んで頂けるとありがたいです。

 特にご高齢の方は、体力が低下していたり、お薬の代謝能力の低下なども考慮する必要がありますので、こちらもいつも以上に慎重になります。

「健康寿命に老化対策の漢方」 

2019年9月25日 (水)

台風の時や低気圧が近づくと頭痛がする方に漢方

 「台風や低気圧が近づいてくると、めまいと頭痛がひどくなります。

 吐き気がする時もあります。

 具合が悪くなって1週間も学校へ行けなくなります。」 A306_087

 天候が悪くなると、体調が悪くなる、いわゆる「気象病」と呼ばれるような症状に漢方治療を行っております。

 めまいや頭痛、吐き気、関節の痛みが強くなるなど、体調不良を感じる方がいらっしゃいます。

 「天気が悪いと古傷がうずく」と言われる方も多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この患者さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「大丈夫でした。学校に行けたんです。

 大型の台風が続けて近づいてきて、新潟も大荒れの天気でしたから、子供とドキドキしながら過ごしていましたが、漢方を飲んでいたら、めまいも頭痛も起こらなかったので、普通に学校行くことができました。」

 お子さんご本人もニコニコしていられました。Img_5225

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「耳・鼻・喉の症状に漢方」

 関節の痛みに対応した漢方治療も行っております。

「関節痛・しびれ・むくみに漢方」

2019年9月 4日 (水)

起立性調節障害のめまいが治らない子供に漢方

 「起立性調節障害で、薬を飲んでいますが、よくなりません。

 朝になると、めまいがしたり、頭痛がして起きれない日が多いです。

 午後になると調子がよくなります。」A307_114

 このようなお子さんに、体質改善の漢方薬が効果的です。

 成長期のお子さんに多い症状ですが、自律神経系のバランスの乱れによる場合も多いですが、ストレスや緊張などが原因となっている場合もあります。

 お子さんの不調や心に寄り添った診療を心がけております。

 大人が感じないようなことに、不安や恐怖を感じていて、それがストレスや緊張となっている場合も考えられます。

 思春期のお子さんの繊細なお気持ちを考慮することも大切に考えております。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験によりお子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「子供の起立性調節障害・自律神経失調症に漢方」Img_4789 

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年8月 8日 (木)

仕事中に体がふらつく、くらっとする

 「仕事中に体がふらつきます。1日に10回以上くらっと、めまいのような感じになります。

 夏バテではないかと言われましたが、全然治りません。

 この仕事は大好きなので、仕事のストレスとはではないと思います。

 すぐ疲れて、下痢する事が多いです。」Img_4539

 という方が受診されました。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「まだ疲れる感じはありますが、体が動くようになって、うれしいです。 

 この2週間の間は、下痢もなかったです。」

 漢方薬の継続を希望されました。

 「とても調子よくなりました。

 こんなに良くなるなんて、と感動しています!!」Ky52_06_20190808121201 

 体調が整ってきたので、漢方薬の服用量を減らしてもよいとお話しました。

 「漢方薬を飲んでいると、本当に体調がいいです。

 この1カ月間もすごく体調がよかったです。

 風邪をひいても、すぐに治るようになりました。

 体調の心配をしなくて済むようになると、毎日の気分も違いますね。」

 『それなんです。

 体調の心配がなくなると、気分が良くなりますから、免疫力も高まります。

 それにより、より良い状態が保ちやすくなります。』

 「そうなんですね。漢方薬を飲むようになってから、

体が軽くなって、すごく気持ちが楽で、益々仕事が楽しくできていると思っていました^^」

「疲れ・だるさ・倦怠感に漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っております。

2019年7月17日 (水)

胃がん手術後から、食事をすると貧血っぽくなる

 「食事をしてすばらくすると、貧血っぽい感じになります。

 胃がんで、手術をして5年になりますが、手術の後から始まったと思います。

 食事の後に必ずなるわけではないですが、2日に1回くらいは、くらーっとします。」Img_4334

 胃の切除手術後から、ダンピング症候群という症状に悩む方が多いです。

 食事を摂ると

◆頭痛、めまい、動悸、冷や汗、全身倦怠感

◆腹痛、下痢、悪心、嘔吐

などの症状が起こる場合があります。

 これは、胃から小腸に急速に食物が流れて入ってくるために起こる症状です。

 ダンピング症候群にはこの漢方薬という処方はありませんが、診察により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせて、胃腸の働きを整える漢方薬により、ダンピング症状が改善される方が多いです。Ky21_09 

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 まだ、2,3日おきに、くらーっとした感じがあります。

 継続されて、1か月後、

 「かなり減りました。

 2か月後、

 「漢方を飲んでいると、調子がいいです。

 毎日ではなくても食事をすると、突然くらーっとなっていましたから、食事をするのが恐怖でしたが、今のところ症状が出なくなっているので、漢方を続けたいです。

「胃がん手術後の生活の質を漢方で改善」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。 

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方内科・水戸部クリニック」

2019年6月16日 (日)

更年期のイライラ、頭痛に漢方

 「頭痛がして、血圧が高くなりました。

 婦人科で検査を受けたら、ホルモンの値からみても更年期だと言われました。

 もともとイライラしやすい性格ですが、最近ひどくなっています。」Img_4212

 更年期は、生理周期の乱れや多様な症状に悩む方が多くなります。

 この患者さんに合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「漢方薬を服用して2日で、頭痛も腹痛も治って驚きました。

 イライラもしますが、なんだか落ち着いています。

 が、なんだか便の出が悪くなったような気がします。」

 漢方薬を変方しました。

 「とても調子がいいです。便の出も元の状態に戻りました。

 続けてみたいと思います。」

 急に顔がほてったり、汗が噴き出すホットフラッシュが、代表的な症状と言われていますが、すべての方に、ホットフラッシュが起こるわけではなく、一人ひとり異なります。Ky54_04_1

 その違いに合わせた漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「更年期障害に漢方」

 更年期以降も閉経後も女性として、健康的で若々しく過ごしたいですね。

 漢方薬で、心と体のバランスの乱れを整えて、健康寿命を延ばすお手伝いができればと思っております。

「老化対策の漢方で、健康寿命を延ばしたい」

2019年5月27日 (月)

めまいと頭痛で学校へ行けない子に漢方

 「朝起きると、めまいや頭痛がして、学校へ行かない日が多いです。

 血圧を上げる薬などを飲んでいますが、治りません。」

 起立性調節障害(OD)のお子さんに、体質改善の漢方治療を行っております。

 このお子さんは、めまいや頭痛で、学校へ行けなくなる不安も重なって、更に不調を感じている様子でした。Img_3855

 このお子さんに合わせた漢方薬の服用により、朝、めまいや頭痛が起こることがなくなり、学校でもめまいや頭痛が起こる不安も少しずつ感じなくなり、すっかり自信と取り戻して、漢方薬も休薬となりました。

 成長期のお子さんに多く、自律神経系のバランスの乱れなどにより、めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状が続くお子さんが多いです。

 また、ストレスや緊張が原因となっている場合もありますので、診察により、お子さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 「起立性調節障害・自律神経失調症に漢方」074

 思春期のお子さんの心身の不調に、体にやさしい漢方薬が好評です。

 とてもデリケートな年齢ですので、学校や部活などの人間関係や勉強などで、ストレスを感じていたり、緊張による不調を感じるお子さんが多いです。

◇イライラ、気分の落ち込み

◇頭痛、めまい、吐き気

◇下痢や腹痛

など、多様な症状に悩むお子さんが多いです。

 体の不調から不安になり、学校へ行きにくくなっているお子さんの受診も多いです。

 お子さん一人ひとりに合わせて、漢方薬を処方しております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

 女の子の場合は、初潮を迎えてからの不調に悩むお子さんも多いです。

「思春期女子の心身の不調に漢方」

2019年5月21日 (火)

自律神経失調症に漢方

 自律神経失調症と呼ばれる症状に、体全体のバランスを整える漢方薬が効果的です。

 自律神経失調症は、特に原因が特定されない体や心の不調が続いている状態です。

◇疲れが取れない ◇だるい

◇めまいが続いている

◇頭痛、片頭痛 ◇動悸Img_3313

◇体がほてる

◇眠れない

◇微熱が続いている

◇のどの違和感、つかえる感じ

◇イライラ、不安、落ち込み

◇やる気が出ない

など、多様な症状があげられます。

 検査を受けても特に異常がない方、症状を繰り返している方は、自律神経失調症と言われる場合が多いです。

 漢方では、症状一つ一つにお薬を処方するのではなく、体全体のバランスの乱れを整えることで、多様な症状の改善を考えます。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」007

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「仕事中に体がふらつきます。1日の間で10回ふらいくらっとします。

 仕事は楽しくて、ストレスではないと思います。

 8月頃から始まって、最初は夏バテだと言われましたが、治らず

 自律神経だと言われました。まだ治っていないので、仕事中にくらっとしているのは困っています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少しいい感じがします。漢方を飲む前よりは、体が動くようになっています。」

 その後1カ月後、

 「すごく調子がいいです。

 こんなによくなるなんて、感動しています。」

2019年3月23日 (土)

めまい、揺れる感じが治らない方に漢方

 「めまいとふわふわ揺れる感じが続いています。毎年4月から6月くらいまで続きます。

 今年は、早く症状が出ました。頭がもあっとする時もあります。

 自律神経失調症と言われましたが、薬を変えてもらっても治りません。

 死ぬんじゃないかと思うほどつらいです。」Img_3020

 春は、めまいに悩む方が多くなります。冬から体の中に溜まった冷えにより血行が悪い状態になっています。

 そして、3月の気温の変化により、さらに血行が良くなったり悪くなったりしますので、水分代謝や自律神経のバランスなどに乱れが生じて、めまいが起こる場合が多いです。

 検査を受けても異常がない場合は、漢方では、めまいの原因となっている体のバランスを整える治療を考えます。

◆胃腸が弱い

◆ストレスが多く、イライラしやすい

◆水分代謝が滞り、お腹が冷えている

◆血行不良

◆疲れがたまっているなどKy15_02

 診察により、患者それぞれの体質や生活習慣、職場環境などを考慮した処方による治療となります。

 この患者さんは、胃腸が弱く、季節変化や寒暖差により、めまいが起こったり、頭痛などの症状も悪化していますので、それを改善する漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「胃の調子は良くなり、頭痛も楽なりましたが、横になると、スーッと吸い込まれそうな感じのめまいがします。」

 漢方薬を変方しました。

 その後、少しずつめまいや頭痛が楽になるのを実感されました。

 「めまいも頭痛も出なくなっています。あのめまいと自律神経失調症のつらさは死にたくなるほどでした。先生には、足を向けて寝られません(笑)」

 6月くらいまで症状が続くので、漢方薬を続けたいそうです。

「めまいに漢方」 

 西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」