カテゴリー

不妊症

体質に合わせた漢方で妊娠しやすい体質に

2020年3月18日 (水)

妊娠のご報告を頂きました^^

 妊娠のご報告を頂きました。

 「人工授精を何度も受けていますが、妊娠しません。

 年齢も年齢なので、難しいと言われていますが、どうしてもあきらめたくないんです。」

 この方の体質に合わせた漢方薬で約半年で、妊娠されました。

 季節や体調の変化や人工授精のタイミングに合わせて漢方薬を変方したりするなど、調節を行って来ました。Img_4335

 「人工授精に言った時に、子宮内膜が薄いから難しいかもしれないと、婦人科の先生に言われていたので、あまり期待していなかったのですが、妊娠していました。

 本当に嬉しいです。」

 この方は、順調に発育が進んでいるそうです。

「不妊症治療の漢方」 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2019年11月 5日 (火)

流産を繰り返していましたが、妊娠、出産しました^^

 不妊に悩む方に、ホルモンバランスを整える漢方治療が好評です。

 生理周期や生理前の症状や体質などに合わせた漢方薬の服用により、妊娠しやすい体質に整うように、漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 Img_5329

 ~*~

 ある患者さんのお話です。

 「流産を繰り返しています。

 妊娠したのですが、途中で発育が止まってしまって・・・、今、婦人科の帰りに寄りました。

 年齢も年齢なので、早く次に気持ちを向けたいと思います。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 しばらく継続されて妊娠され、無事出産されました。

 その後、二人目もご希望でしたので、婦人科と漢方治療と併用されまして、二人目のお子さんも妊娠、出産されました。

 数年ぶりに、他の症状で受診されました。かわいいお子さんと一緒に来院されました。

 「あれだけ不妊に悩んでいたのに、二人も授かるなんて、夢のようですね。

 今日は、生理前のイライラとだるさなど、いろいろありまして・・・。

 ちょっとした事で、上の子を怒ってしまったりします。

 それから・・・。」

 この方のように、出産のご報告も兼ねて受診される方が多く、こちらも幸せな気分になります。

 育児の忙しさやお子さんを思うことによる、不安や心配で、ドキドキしたり、眠りが浅くなっていたりしていて、心身共に疲れているお母様が多いです。015

 心と体の疲れに体にやさしい漢方薬が好評です。

「育児ストレスに漢方」

 産後からの体調不良に対応した漢方薬も効果的です。

「産後の体調不良に漢方」

 不妊に関しての漢方薬選びは、漢方に詳しい医師や薬剤師に

 不妊で漢方治療を希望される方は多く、ネットなどによる情報もたくさん見られますが、生理周期や排卵の状態、体質、年齢などにより、ご自身に合う漢方薬を選択されるのは、難しいと思います。

 漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

「不妊治療に漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

2019年9月 5日 (木)

漢方で妊娠!!

 不妊治療を受けられている方で、漢方治療を希望される方が多いです。

 自然妊娠を希望される方、タイミング療法、人工授精、体外受精を受けられている方など様々ですが、

 なかなか妊娠しない、卵胞の発育が良くない、子宮内膜が厚くならないなど、様々なご相談が多いです。

 水戸部クリニックでは、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Img_4490 

 生理周期や経血の状態、婦人科での検査結果なども参考に処方を選択しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「不妊症・不育症治療に漢方」

 男性不妊も対応しております。

「男性不妊に漢方」

~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「人工授精も6回しましたが、ダメで、体外受精に切り替えましたが、なかなか妊娠しません。

 今、卵巣が腫れていると言われて、移植の時期が未定になりました。

 なかなか腫れが引かないので、漢方を試してみようと思って受診しました。

 こちらの漢方で妊娠した友達からの紹介です。絶対いいから行ってみなよって言われました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。Ky55_06

 PMS症状の改善やむくみ、頭痛などの症状の変化、婦人科の先生からのお話なども考慮して、漢方薬を変方したりして、妊娠しやすい体質を保つことを目的として、漢方薬を調節しました。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれのその時の体の状態に合わせた漢方薬を処方しております。

 そして先日、お電話を頂きました。

 「妊娠しました。漢方薬が1日分残っていますが、どうしましょうか。」

 『おめでとうございます。よかったですね。安胎の漢方ですから、飲み切って中止でもいいですよ。』

 「本当によかったです。もっと早くに行ってればよかったです。」

2019年7月 9日 (火)

不妊から妊娠、出産のご報告を頂きました^^

 1年前に、「2人目がなかなかできません。上のを出産してから3年以上経っています。」と

 受診された方が、赤ちゃんを抱っこされて、診察室へ入って来られました。Img_4324

 「おかげさまで、二人目が生まれました。

 乳腺炎になったのできました。

 なかなか妊娠しなかったので、体調を整えてって思っていたら、漢方を1カ月飲み切らないうちに、すぐに妊娠しました。」

 乳腺炎で受診される方も多く、助産師さんからのご紹介や漢方治療で、妊娠、出産された方が、お子さんを抱っこされて受診されることもあります。

「乳腺炎を漢方で改善」

 不妊症に悩む方に体質改善の漢方治療をを行っております。

 この方の場合は、非常に早い妊娠となりました。

 生理不順などがあり、基礎体温が安定していない方、多嚢胞性卵巣、子宮内膜症、子宮筋腫などががある方など様々です。

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣に漢方」

 漢方では、このような症状も考慮しながら、妊娠しやすい体質に整えることを考えます。A302_005

 長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「不妊症に漢方」

2019年6月 4日 (火)

不妊で漢方治療を受けた方から妊娠、出産のご報告

 「先生、おひさしぶりです。無事女A302_007 の子を出産しました。

 ありがとうございます。

 3年以上妊娠しなかったのに、漢方薬を飲んで2カ月にならないうちに、自然妊娠しまして、出産しました。

 産後しばらくして、生理が再開したのですが、また妊娠前のような生理痛が起こるようになりました。

 そろそろ二人目も考えていますので、早めに漢方をまた飲みたいと思って受診しました。」

 この患者さんは、子宮筋腫、チョコレート嚢胞、卵管水腫がありました。生理痛も激しく、ドロッとした経血がある方でした。

 出産後に再開した生理の症状が、以前のように重くなり始めたそうで、漢方治療の再開を希望されました。

 水戸部クリニックでは、不妊に悩む方に、体質改善の漢方治療を行っております。

 長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「不妊症治療の漢方」Img_3818

 子宮内膜症や多嚢胞性卵巣の方は、着床や排卵に支障が出る場合が多いので、それらの改善も効果的です。

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣に漢方」

 人工授精を受けられている方の中には、子宮内膜が厚くなりにくくて、困っている方もいらっしゃいます。

「子宮内膜を厚くしたい方に漢方」

 卵管水腫などの改善に漢方薬が効果的です。

「卵管水腫・卵管閉塞」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

2019年5月17日 (金)

流産を繰り返してからの出産(^^♪

 流産を繰り返している方、不妊に悩む方に、漢方治療が好評です。

 「流産を繰り返しています。3年もたちますが、流産ばかりです。

 昨日流産しました。39歳ですし、これはもう漢方に頼るしかないと思って、受診しました。

 今、流産後の出血が止まっていません。止まらなかったらまた受診するように言われています。」

 流産後の体調を整えることから始めましょうとお話しました。Img_3714

 生理周期や生理痛、PMS症状などを細かく伺いました。

 子宮筋腫があり、経血にドロッとした血の塊が混じる。

 漢方では、経血の状態や経血量、月経日数なども体質判断の指標となります。

 この方の体調を整える漢方薬から始めました。

 「体が温まって、体全体の調子がよくなった感じがします。」

 その後、

 「流産後の生理が来ました。無排卵だったような感じです。

 それから腰から下が冷えます。」

 漢方薬を変方しました。

 「生理が来ないので、妊娠判定薬で尿を検査したら、妊娠+が出ました。

 婦人科へはまだ行ってませんが、また流産すると困るので、この漢方薬を続けたいです。」

 この方は、妊娠9か月ころまで、服用を続けて、無事元気なお子さんを出産されました。140

 その後、赤ちゃんを抱っこされて受診されました。

 「おかげさまで、すくすくと育っています。二人目も欲しいので、また漢方薬をお願い致します。」

 現在の生理の状態、体質、年齢などを考慮した漢方薬を服用されていらっしゃいます。

「不妊症・不育症に漢方」

2019年4月25日 (木)

卵巣嚢腫で採卵ができない

 「卵巣嚢腫があって、卵巣が腫れています。妊活中ですが、採卵ができなかったり、採卵できても卵が育たなかったりしています。

 他の病院でホルモン剤や漢方薬を1年以上飲んでいましたが、あまり変わらないので検索したら、こちらを見つけました。」

 卵巣嚢腫で受診される方は多いです。Img_3161

 卵巣嚢腫にはこの漢方薬ということではなく、患者さん一人ひとりの体質や症状に合わせた漢方薬になります。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。定期的に婦人科で検査を受けられて、採卵のタイミングを待ってられました。

 漢方薬を服用されて、約5カ月が経過した時に、婦人科で卵巣嚢腫がかなり小さくなって、卵巣の腫れが引いていると言われたそうです。

 この時は、まだ採卵できるまでの大きさになかったそうですが、その1カ月後に、採卵から移植となりました。

 「妊娠できました。」

と、お電話を頂きました\(^o^)/Ky55_05

 不妊治療を受けられている方のご相談が多く、卵巣嚢腫、チョコレート嚢胞など、卵巣のトラブルを抱えている方、卵管水腫や子宮内膜が厚くならない方など、様々なご相談を受け付けております。

 婦人科での治療と並行して、妊娠しやすい体質に整える漢方薬を服用されることで、妊娠となる方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣などに漢方」

 妊娠したい方、二人目不妊の方のご相談も多いです。

「不妊症・不育症に漢方」

 男性不妊のご相談も受け付けております。

「男性不妊に漢方」

2019年4月12日 (金)

出産のご報告を頂きました。

 ある患者さんから、妊娠、出産のご報告を頂きました。かわいい女の子と一緒に診察室へ入って来られました。

 「無事に元気な女の子を出産しました。・・・基礎体温や生理周期など、その都度状態にあった漢方薬を処方して頂いてありがとうございました。

 人工授精の時に処方して頂いた漢方薬は、体のむくみが引くのがわかり、先生のおっしゃっていたように、子宮が水っぽい状態にならずに、今回は着床できるかも・・・って思っていましたら、すぐに妊娠して、この子を出産しました。すくすくと育って、2歳半になりましたので、もう一人欲しいと思います。」141

 婦人科での不妊治療と漢方治療を並行されている方、漢方薬のみで、自然に任せている方など様々ですが、生理周期や基礎体温の状態などに合わせて、漢方薬を変方したりして、一人ひとりの排卵の状態や子宮内膜の状態などに合わせた処方をしております。

 2人目、3人目も漢方をご希望される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「不妊症治療の漢方」

 不妊症治療のために、患者さんそれぞれの体質や状態に合わせた漢方薬を処方しております。生理や妊娠に関して、詳しい内容を記載してございますので、ご覧ください。

「女性の健康と美しさのための漢方」

2019年4月 8日 (月)

不妊治療に漢方(卵の質がよくないと言われた方)

 不妊治療を受けられている方に、漢方薬による体質改善が好評です。

 自然妊娠を希望される方、人工授精、体外受精を受けている方など様々ですが、婦人科と並行して漢方治療を受けられている方が多いです。

 卵胞の発育が良くない、卵子の質がよくないと言われて困っている方がいらっしゃいます。

 漢方では、卵胞の発育に働きかける処方があります。個人差によるものが大きいですが、体質に合わせた漢方薬を服用されることで、卵胞の発育が改善され、採卵できる卵子数が多くなる方が多いです。Img_3105-1

 ある患者さんのお話です。

 「体外受精5回受けましたが、だめでした。

 卵の質が悪いと言われて、先月は、採卵ができないと言われてしまいました。」

 漢方の問診票や基礎体温が、バラバラなのと、43歳の年齢を考慮した漢方薬を処方しました。

 漢方薬の服用を始めて約3カ月くらいで、基礎体温が2層に整いました。

 それから約2カ月後に、採卵ができました。

 「あの漢方いいですね。この年齢だと、2,3個採れればいい方だって言われていましたが、今回は、5個採れました。凍結もできるかもしれないって、婦人科で言われました。

 頑張ります!!」

 良い結果が出るといいですね ^^お祈り申し上げます。274

 不妊に悩む方に、ホルモンバランスを整えたり、体調を整える漢方治療を行っております。

 卵子の質がよくない、子宮内膜が薄い、多嚢胞性卵巣があり、採卵が難しいなど、様々なご相談を受け付けております。

 不妊に悩む方の症状や体質に合わせて細やかに対応した漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「不妊症に漢方」

 子宮内膜が薄くて移植が難しい方

「子宮内膜が薄い方に漢方」

 多嚢胞性卵巣などにより排卵が難しい方

「多嚢胞性卵巣・子宮内膜症などに漢方」

2019年3月28日 (木)

妊娠、出産のご報告を頂きました^^

 なかなか妊娠しない、流産を繰り返す方に、ホルモンバランスを整え、妊娠しやすい体調に整える漢方薬が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、婦人科での不妊治療と併用されている方も多いです。

 不妊で漢方治療を受けられていた患者さんから、メールを頂きましたので、ご本人の許可を得て、内容の一部をご紹介致します。

~*~*~*~*~Img_3054

 水戸部クリニックの先生方、皆様

 先生方のおかげで、無事に男の子を出産して、その子が一歳2か月になりました。
 早くお礼を伝えたいと思いながら、今日になってしまいました。ご報告が遅くなりすみません。
 今 この子と一緒にいられるのも水戸部クリニックの先生はじめ皆様のおかげです。そろそろこの子のためにもう一人産みたいと思うようになってきました。また近いうちに受診したいと思いますので、よろしくお願い致します。139
~*~*~*~*~
 流産を繰り返して、辛い日々を過ごされて、こちらへ受診された方でした。
 
 水戸部クリニックでは、患者さんそれぞれの体質や体力に合わせた漢方薬を処方しております。
 
 妊娠ご希望で受診される方は、基礎体温表や婦人科での検査結果などを持参して頂けますと助かります。人工授精や体外受精を受けられる方のご相談も多いです。

 

より以前の記事一覧