カテゴリー

不妊症治療に漢方

体質に合わせた漢方で妊娠しやすい体質に

2017年12月 2日 (土)

卵管水腫でしたが妊娠できました^^

 不妊に悩む方に、体質改善の漢方治療を行っております。先日も妊娠のご報告を頂きました^^

 人工授精8回もうまく行かず、その後、卵管水腫で妊娠しにくいとの事で、切除となり、体外受精をするしか方法がないとの事でした。

 子宮内膜が薄く、厚くならないので、移植ができないと言われている状態での受診でした。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。服用開始から約2カ月くらいで、子宮内膜が厚くなり、驚いたとの事でした。漢方薬を継続して様子をみました。

 その1か月後、「婦人科で、卵子の質が悪く移植できないと言われました。」との事でしたので、漢方薬を変方して様子をみました。Img_8999_2

 変方して約6カ月、

 「体調もよく、卵子の質もよい状態になったので、漢方薬をやめていましたら、また子宮内膜が厚くならなくなってしまいました。だんなと喧嘩になりました(涙)」

 また漢方薬を再開しました。

 継続されて約3か月後、

 「卵子の質がよくなり、採卵にこぎつけました。」

 移植の前に、着床、発育しやすいように漢方薬を変方しました。

 「先生、妊娠しました!!婦人科で確認できましたが、まだ実感が涌かないですけど・・・よかったです\(^o^)/

 本当に本当にありがとうございました(涙)」

 「よかったですね(^^♪おめでとうございます。」Ky55_06

 不妊に悩む方の体質改善は、長期間を要する場合が多いですが、排卵の状態、子宮内膜の状態、卵の質の問題など様々なご相談が多いです。

 患者さんそれぞれのその時の状態に合わせて細やかに対応できるのが漢方薬です。婦人科と並行している方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)を行っておりますので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外の方の受診も多いです。

「不妊症治療に漢方」

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣に漢方」

「子宮内膜が薄い方の為の漢方」

「卵管水腫・卵管閉塞に漢方」

~*~*~*~

 先日、学会で都内へ出かけて来ました。通りがかかりに写真を撮りました^^

2017年11月17日 (金)

アトピーですが、妊娠希望なので、ステロイドを中止したいです。

 妊娠希望の方で、ステロイドなどのお薬を気にされる方に、漢方治療が好評です。ステロイドを中止したい方のご相談が多いです。

 「妊活をしています。アトピーも一緒に治したいです。妊娠を考えるとステロイドをやめられたらいいなあと思っています。」

 顔や肘の内側に発赤があり、かゆみが強い方でした。乾燥肌で、体全体に保湿剤を塗っていました。

 生理不順があり、基礎体温は、高温期への移行がだらだらと上がり、高温期が5日くらいで終わる事がほとんどでした。

 アトピーの症状の軽減と体質改善を中心とした処方から開始しました。Img_8952_2

 皮膚の発赤が徐々に改善され、皮膚の乾燥も少しずつ軽快し、保湿剤を塗る回数が減らせました。一度めんげんによる皮膚炎の噴き出しがありましたが、軽快に向かいました。生理前に悪化することもなくなっています。

 皮膚炎が改善されましたので、漢方薬をアトピー再発予防も考慮しながら、妊娠しやすい体質に整える漢方薬に変方しました。

 アトピー治療のための漢方薬も妊娠を考慮した処方になっていましたので、アトピーの改善と共に、手足の冷えの改善や生理周期が整うのを実感されていました。140

 アトピーによるストレスもなくなり、基礎体温も安定しましたので、漢方薬を継続されていました。初診時から約7か月くらいで、妊娠となりましたので、漢方薬を中止としました。

 その後、無事出産されたそうです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、お財布にやさしく、婦人科での不妊症治療と並行されている方も多いです。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

「不妊症、不育症に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「皮膚炎に西洋医学と東洋医学のよさを活かした治療」

「不妊症治療の漢方」

 新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、継続しやすくなり、新潟県内の遠方からの方や新潟県外の方からも好評です。

2017年11月 7日 (火)

生理が来ない時の漢方(ホルモン注射が合わない方にも)

 生理不順や生理痛に、ホルモンバランスを整える漢方治療が効果的です。ホルモン注射で、吐き気や嘔吐などにより、継続が難しい方のご相談も多いです。

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、生理不順が改善されたり、激しい生理痛が軽減される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。長年の漢方診療の経験を活かして、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、新潟県内だけではなく、新潟県外からの受診も増えています。Img_8490

「生理痛・生理不順に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「生理が2,3か月に1回しか来ません。生理が来ると激痛になって、仕事を休まなければならなくなります。ホルモン注射を受けたことがありますが、気持ち悪くなって、吐き気がするので、中止しています。」

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。A307_049

 足がむくみやすい方でしたが、すぐにむくみの改善を実感され、漢方服用を開始されてから約1か月後から定期的な生理が続くようになりました。

 経血に血の塊のようなどろっとしたものが混じっていたそうですが、それも少しずつ改善され、激しい生理痛は起こらなくなっています。

「生理痛・生理不順に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

2017年10月 1日 (日)

漢方治療で自然妊娠しました。

 「妊活を始めて、約2年半になりますが、妊娠しません。婦人科では、夫婦共に異常がないので、なんで妊娠しないんだろうね・・・と言われて、それが余計にストレスに感じています。

 人工授精では妊娠とならなかったので、漢方で妊娠しやすいようになればと思って受診しました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。基礎体温が少し低めでしたので、黄体機能のバランスを整えることなどを考慮した処方としました。Img_8455_2

 7月から漢方治療を開始されました。

 10月の上旬に、体外受精のために採卵の予定でした。

 先日お電話を頂きました。

 「生理が遅れていましたが、旅行に出かけたせいかな と思っていましたが、もしかしてって、検査をしてみたら、妊娠陽性反応が出ました。なんだか実感が涌かないのですが・・・そどうしたらいいですか・・・。」

 漢方治療を開始して、約2か月で、自然妊娠となりました\(^o^)/

 『おめでとうございます。漢方は中止して、婦人科へ受診して下さい。お腹を冷やさないように、ストレスを溜めないようにして下さいね・・・。』Ky55_05_2

 いつも嬉しくて、お母さんのような発言になってしまいます(笑)

 不妊に悩む方のお辛い気持ちに寄り添った診療を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、通常のお薬のように、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 不妊治療と並行して妊娠となる方、漢方治療のみで、自然妊娠となる方など様々です。

「不妊症・不育症治療に漢方」

「卵管水腫・閉そくに漢方」

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「不妊症治療に新潟の漢方」

2017年9月 4日 (月)

漢方で妊娠しました\(^o^)/のご報告を頂きました^^

 「結婚して2年以上になりますが、なかなか妊娠出来ません。友人の紹介で来ました。子宮内膜症、子宮筋腫、チョコレート嚢胞、卵管水腫もあります。それが妊娠しにくい原因と言われていますが・・・。」

 と受診された方ですが、基礎体温や生理周期などを診ながらこの方の体質に合わせて女性ホルモンのバランスを整える漢方薬などを処方しました。

 漢方治療を始めて、約3か月経過しました。自然妊娠です。

 「今日検査をしたら、妊娠判定薬で、陽性が出ました。漢方を続けた方がいいですか。」

とお電話を頂きました。妊娠がわかった時点で、漢方薬は中止としました。

 「今まで、一度も妊娠陽性となった事がなかったので、びっくりしました。本当にありがとうございます。」Hunin2_2

 不妊症の方に、体質改善の漢方治療を行っております。婦人科での検査で、特に異常がないと言われている方、婦人科系の疾患がある方など様々ですが、体質改善の漢方治療で、妊娠される方が多いです。

 婦人科での手術後の体調を整えたい方、不妊治療と並行しての治療を受けられている方など様々です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣症候群に漢方」

「不妊症治療に漢方」

男性不妊も受付ております。

「男性不妊に漢方」

2017年7月 7日 (金)

卵管閉塞の治療に漢方

 卵管閉塞に悩む方に、保険適用の漢方治療を行っております。

 卵管閉塞は、何らかの原因で、卵管が詰まったり、通りが悪くなっている状態を言います。片側が詰まっている方、両側が詰まっている方、通りが悪い方がいらっしゃいます。遺伝的な原因や感染症、卵管水腫、子宮内膜症などの炎症による場合などが多いと言われています。Img_7795

 卵管は、精子と卵子が受精する場所なので、卵管の通りが悪い、卵管閉塞は、妊娠が難しくなります。

 漢方の考え方では、卵管部分に老廃物などがこびり付いていたり、気滞(疲労やストレスによって、気の巡りに滞りが生じると通過障害が起こることがあると考えます。)が原因と考えます。※卵管の癒着(ゆちゃく)による閉塞は除く。
 

 女性ホルモンのバランスを整え、卵管の詰まりを改善する漢方薬などを体質や体調の変化に合わせて、処方しております。婦人科のお薬と併用できます。漢方によって、少しでもお力になれればと精力を注いでおります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「不妊症・不育症治療の漢方」new

「女性の健康と美しさのための漢方」new

 従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「不妊症治療の漢方」

「女性のための漢方」

~*~*~*~A314_034_4

 ある患者さんのお話です。

 婦人科で検査を受けたら、卵管が詰まっていて、造影剤が通らないと言われて、大きな病院での再検査を勧められたそうです。

 「再検査を受ける前に、漢方を試してみて、しばらく経ってから行こうと思って、受診しました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 漢方薬の服用を開始して約1か月後に、婦人科で再検査を受けられました。

 「卵管のつまりはないと言われました。妊娠したいので漢方を続けていいですか。」

 処方を一部変方して、継続されています。

「不妊症・不育症治療の漢方」new

「女性の健康と美しさのための漢方」new

 従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「不妊症治療の漢方」

「女性のための漢方」

2017年6月29日 (木)

自己注射をしても排卵しにくかったのですが、漢方で妊娠!!

 「多嚢胞性卵巣で、排卵しにくいので、自己注射をしています。それでも排卵しない月があります。不妊治療を続けていますが、なかなか妊娠しなくて、困っていました。友達が、こちらで妊娠したと聞きましたので・・・。」Img_7740

 多嚢胞性卵巣症候群は、はっきりとした原因がわかっていませんが、卵巣の表面が肥厚して、排卵が起こりにくく、排卵されない卵胞によって卵巣が多嚢胞化している状態です。このような状態ですと排卵が起こりにくいので、妊娠しにくい方が多いようです。

 漢方の考え方では、多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣の周りに、汚れた血液や水分など(漢方では、痰湿や瘀血といいます)がこびりついて起こると考えられます。それらを取り除いて、自然に排卵しやすいように整える漢方薬を患者さんそれぞれの体質に合わせて処方しております。

 この方の体質に合わせて、基礎体温の状態や体調の変化に合わせて変方したり、追加したりして、妊娠しやすい状態に整える漢方薬を調節しました。

 婦人科での不妊治療と併行しながら、数か月継続されました。

 先日、1年半ぶりくらいに受診されました。140

 「先生、お久しぶりです。この子を出産しました。ありがとうございました。まだ授乳中なのですが、にきびがひどくなって困っています。授乳中でも漢方は飲めますか。」

 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬などは、産後の体調を整える効果もありますので、この方の体質に合わせて処方しました。

 「卒乳したら、二人目も欲しいので、またそちらのお願いしたいです ^^」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

『子宮内膜症・多嚢胞性卵巣症候群などに漢方』

『不妊症治療に漢方』new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「新潟の不妊症治療の漢方」

~*~*~*~Img_7739

 最近のHP担当は、寄せ植えにはまっています^^

 植え方や配色など、初心者ですが、楽しく挑戦しています。

2017年4月28日 (金)

新潟のED改善に漢方

 EDに悩む方に、漢方薬が好評です。「なかなか勃起しない」、「途中で元気がなくなる」、「勃起しない時が増えた」などのご相談が多いです。

 一般的にED薬として知られているお薬が合わなかった方のご相談も多いです。Img_6722

 EDの原因としては、陰部の血流が悪かったり、勃起につながる神経の働きが衰えている事などが考えられます。年齢を重ねると、EDになる方の割合が高くなりますが、加齢だけが原因ではない事がわかってきました。

 ストレスや疲労の蓄積、不規則な食事や生活、飲酒、喫煙などが原因となって起こる事が多いようです。高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病もEDの原因となりえると言われています。

 漢方では、精力低下を腎の機能の低下「腎虚」と考えます。腎臓の機能や腰から下の機能、生殖機能を含めて、腎の働きと考えます。

 老化と共に起こると考えられやすい腎虚ですが、ストレスや疲労の蓄積、病気、生活習慣などによって、若い方でも腎虚になる場合があります。Ky23_13_4

 漢方では、一人ひとりの体質(証)に合わせた処方になります。同じ症状でも違う漢方薬による治療になる場合があります。診察によって、その方の証に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「男性更年期に漢方」new

「男性不妊に漢方」new

☆従来からのPC用HPはこちら 

「男性更年期に漢方」

~*~*~*~

Img_6728_2Img_6732_2Img_6733Img_6742Img_6744









Img_6745_2Img_6746Img_6743_2

 

 先日、雪割草の群生地に行ってきました。小高い山でしたので、いい運動になりました。

2017年3月28日 (火)

無排卵が多かったのですが、漢方で妊娠、出産しました。

 妊活中の方で、無排卵に悩む方に漢方治療が好評です。生理周期にばらつきがある、低温期と高温期がはっきりとしていない、などの症状がある方は、毎月きちんと排卵が起こっていない可能性があります。

 また、月経はあっても排卵していない無排卵月経の場合もあります。なかなか妊娠しないので、婦人科を受診したら、無排卵だったという方も増えているようです。Img_6441

 無排卵となる原因としては、ストレスや疲労の蓄積、過度なダイエットなどにより、ホルモンバランスが乱れた事が原因となっている場合が多いようです。

 ホルモン剤や排卵誘発剤などによる治療が合わない方、なかなか改善がみられない方に、体のバランスの乱れや女性ホルモンのバランスの乱れを整える漢方薬が好評です。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、体調が整えられ、排卵が再開する方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「不妊症治療の漢方」

☆新しいHPを作成中です。よりわかりやすく新しいページを追加しております。

「不妊症・不育症治療に漢方」new

~*~*~*~015

 ある患者さんのお話です。

 「基礎体温が、上がりません。無排卵になっていると言われました。しばらく治療を受けていましたが、妊娠しないので、漢方を飲んでみたいと思いました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。2か月ほど継続して服用されていました。

 2年ぶりに受診されまして、

 「あれからすぐに妊娠して、出産しました。二人目が欲しいと思いまして、また願いしようと思います。」

 二人目、三人目も漢方で妊娠できればと、再度受診して下さる方が多いです^^

~*~*~*~

 桜の花が使われているパンを買いました。おいしく頂きました^^

 ところで、桜の皮は、生薬として使われていることをご存知ですか。桜皮として、十味敗毒湯などに、含まれています。皮膚炎などに処方する事が多い漢方薬です。

2017年3月 8日 (水)

不妊治療を受けてられた方から妊娠のご報告2件!!

 漢方による不妊治療を行っているクリニックです。昨日は、妊娠のご報告と出産のご報告を頂きました。Img_6150_1_2

 お一人の方は、無事出産されて、授乳中なので、花粉症の漢方薬を希望されて受診されました。多嚢胞性卵巣があり、妊娠しにくいと言われていた方でしたが、漢方薬を服用後に、すぐに妊娠、出産となられたそうです。

 もう一人の方は、妊娠5か月になられていました。咳が続いていて、お腹に響くと心配になるとのことで、漢方薬を希望して受診されました。服用できる漢方薬も限られてしまいますが、咳を鎮める漢方薬を処方しました。

 無事出産をされて、授乳中の方や産後の体調不良で、受診された際に、ご報告を頂く事が多いです。Ky55_05_2

 お子さんの便秘やアトピーなどで受診されて、ご報告を頂く事も多く、とても嬉しくなります。漢方診療を続けていてよかったと、エネルギーを頂きます^^

 「不妊症・不育症治療に漢方」new

「男性不妊に漢方」new

 従来からのPC用HPはこちら 他の症状についてのページが充実しています。

「不妊症治療に漢方」

~*~*~*~

 自分へのご褒美に、チーズフォンデュ食べて来ました^^

より以前の記事一覧

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ