カテゴリー

.皮膚科症状に漢方

ステロイドを中止したい、治りにくい方に

2017年7月27日 (木)

汗で顔がかゆい、肌荒れする時の漢方

 夏になって顔がチクチクする、湿疹やにきびが増えたと受診される方が多いです。汗による刺激や乾燥肌が原因となっている方が多いです。

 汗をかいたり、皮脂でベタつく感じがするので、皮膚が乾燥している事に気づいていない方が多いようです。

 汗によって水分が蒸発して、皮膚は乾燥しやすくなります。クーラーによっても室内が乾燥しますので、皮膚から水分が奪われて、更に乾燥肌が進行しやすいです。化粧水や乳液などで保湿される事も大切です。Img_7982

 皮膚から水分が蒸発すると、汗に含まれているミネラルなどが皮膚に残り、肌への刺激となって、皮膚のバリア機能が低下します。それにより、細菌やカビなとによる肌トラブルが起こりやすくなります。

 また、夏は汗腺が開きやすいので、毛穴に角質などがつまり、あせもの原因となりやすいです。

 保湿剤や汗をふきとるなどのスキンケア対策をしても、肌がチクチクする、にきびや湿疹が出るという方に、体の中から肌を健康に整える漢方薬が効果的です。

 皮膚に潤いを届ける漢方薬や皮膚の炎症を鎮める漢方薬などが効果的です。一人ひとりの肌質や皮膚炎、体質に合わせた漢方薬にを処方しております。Ky26_02

医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「乾燥肌に新潟の漢方」new

「新潟のにきび治療の漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「乾燥肌に漢方」

「にきび・吹き出物に漢方」

~*~*~*~

 水戸部クリニックの睡蓮鉢のつぼみが育っています。今シーズン2輪めです。次々と新しいつぼみが育っています。楽しみです。

2017年7月23日 (日)

プールでアトピーが悪化?入らない方がいいですか

 プールの季節になると、アトピーの悪化を心配される方のご相談が多くなります。

 プールの消毒に使われている塩素で悪化する場合もありますが、紫外線や汗による悪化なども考えられますので、楽しい時間を我慢しなくてもよいのではないでしょうか。

 プールの後に、塩素をよく洗い流すようにすることも大切ですが、帰宅されてから、ゆっくりとお風呂につかって、汗や体の汚れを流すなどの工夫をされる事をお奨めします。

 アトピー性皮膚炎の方の中には、「暑がりなので、シャワーだけで済ませています。」という方がいらっしゃいます。本当に暑がりなのでしょうか。Img_7886

 皮膚表面の炎症により体がほてっていて暑いと感じている方が多いですが、体の中が冷えている場合があります。

◇暑いので、エアコンの設定温度は低めにしている

◇冷たい飲み物や食品をたくさん摂っている

◇入浴後にかゆみが悪化するので、湯船にはつからないで、シャワーだけで済ませている

などにより、体の中の冷えによりアトピーが悪化している場合もあります。

 熱いお風呂が苦手な方は、ぬるめのお湯にゆっくりとつかるのもお奨めです。ゆっくりと体の芯まで温める事で、アトピーのかゆみが激しくなる方にも効果的です    

 プールでストレスが発散される事で、アトピー症状の軽快にもつながります。ストレスによってもアトピーは悪化しやすいので、工夫をされる事で、プールなどの水遊びや外遊びも
楽しんで下さい。

 アトピー症状に変化が見られましたら、漢方薬を変方して対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Cl05_0061

「春夏のアトピースキンケア」

「アトピー性皮膚炎に漢方」

新しいHPを作成中です。

「新潟のアトピー治療の漢方」new

2017年7月14日 (金)

ヤマビルに噛まれた傷痕が治らない

 山蛭(ヤマビル)に噛まれる事が多い方、傷痕が治りにくく、いつまでも痛痒いという方に漢方治療を行っております。

 山の中や周辺の森林などで、仕事をする方、山登りやハイキングへ行って来られた方のご相談が多いです。

 ヒルに噛まれた部分は、激しい痒みが続いて、1~2週間以上傷痕が残る場合が多いです。薬を塗っても治りが悪い方、治っても、また山へ行くので噛まれてを繰り返している方に、体の中から痒みを軽減し、傷痕を修復する効果のある漢方薬が好評です。

 虫刺されの痕や結節性痒疹にも対応しております。Img_7824

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「治りにくい皮膚症状に漢方」

「様々な皮膚炎に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「仕事で山へ入っての作業が多いです。毎年5月頃からヤマビルに噛まれます。毎日なので、治る暇もなく傷になっています。長靴を履いて、完全防備にしていますが、入り込んできます。痒くて掻きむしるので、余計に治りが悪いとわかっていますが、痒くて我慢ができません。」

 皮膚の炎症を鎮めて、皮膚の修復力を高める漢方薬を2週間処方しました。

 「とても楽になりました。仕事でほぼ毎日噛まれていますが、治りが早くて、いいですね。」Ky24_111

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「治りにくい皮膚症状に漢方」

「様々な皮膚炎に漢方」

2017年7月13日 (木)

脱ステを始めて2か月、漢方を飲んでいてもリバウンドは起こりますか

 慢性的な皮膚炎の方が、脱ステロイドを希望されます。ステロイドを中止する事で、抑えられていた皮膚の新陳代謝が活発になるので、リバウンドが起こる場合が多いです。

 漢方治療は、皮膚炎の状態に合わせて処方を変方したり、追加したりする事で対応しておりますが、リバウンドが激しい場合は、日常生活に支障を来す場合がありますので、急に中止されるよりも、漢方薬などと併用しながら、少しずつステロイドの塗る量や回数を減らしてゆくことをお勧めしております。Img_7814

 ある患者さんは、漢方治療を始めるのと同時に、完全にステロイドを中止されてしまいました。ステロイドを塗っていた頃には見られなかったほど皮膚がきれいになったと喜んでいらっしゃいましたが、1か月半後くらいから、じわじわとリバウンドが起こり始めました。

 ステロイドを塗っていた部分ではない部分にも噴き出しが起こり始めました。皮膚には毛細血管が無数に張り巡らされていますので、ステロイドにより閉じ込められていた炎症物質が、ステロイドを塗っていなかった部分からも噴き出す事はあります。

 そこで、ステロイドを使わずに我慢して乗り切るか、ステロイドを塗りながら症状の軽減に合わせて、ステロイドの使用量をゆっくりと減らして行くかのどちらかになります。

◆皮膚が真っ赤になって熱をもった

◆ジュクジュクとした浸出液が噴き出して来た

◆浸出液が固まって、かさぶたになった

◆皮膚がゴワゴワと厚くなって、象の皮膚のようになった 

◆皮膚が乾燥して、粉が吹いたようになった

◆かゆみが辛くて、掻き壊して、血がにじんでいる 

◆かゆみが辛い、夜も眠れない 

などの症状が、脱ステロイドによるリバウンドの症状として現れる場合が多いです。症状や体質の変化に合わせて、漢方薬を変方したり、追加するなどにより対応しておりますが、非常に辛くなる方が多いです。ステロイドを使いながら、ゆっくりと脱ステロイドを進められる事をお勧め致します。 Ky39_01_3

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。 

 漢方薬により皮膚の炎症が改善され、体質改善が進むと、ステロイドを使わなくてもよい状態に改善される方が多いです。それまでの過程の辛さに耐えられなくなり、脱落してしまう方がいらっしゃる事も現状です。 

 脱ステロイドが成功するまでには、長期戦を覚悟して頂くようにお話しています。

 脱ステロイドによるリバウンドやかゆみ、イライラ、体調不良など、様々な変化に細やかに対応できるのが漢方薬です。ゆっくりと少しずつ脱ステロイドへ進めてゆく事で、美しいお肌を取り戻されている方が多いです。 

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new 

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「治りにくい皮膚症状を漢方で改善」

2017年7月 4日 (火)

転んで打った。顔のあざを早く治したい

 「顔から転んで、あざになりました。目が開けない状態でしたが、3日経って少し腫れが引いたので来ました、このあざを早く治したいのですが、何かありませんか。下を向いて仕事をしています。」

と受診された方がいらっしゃいます。Img_7775_2

 漢方には、打撲後の痛みや腫れに効果的なものがいくつかあります。この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 Ky63_18_7少しずつ腫れや痛みが改善され、顔や体のあざが薄くなって来ました。

 HP担当もよく、ぶつけたりする事がありますが、顔の場合は、早く治したいので、ぶつけた直後に、すぐに漢方薬を服用して、翌日には何食わぬ顔で診療に出ていたりする事があります(笑) 

 打った衝撃の度合いによって、改善までの期間に差がありますが、湿布などによる対応だけの場合よりも早い改善がみられる場合が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

~*~*~*~

 雨に濡れたアジサイは、きれいですね^^

2017年6月30日 (金)

水いぼの痕が治らない

 水いぼが治っても、ブツブツとした痕がいつまでも残ってしまう方がいらっしゃいます。成長と共に痕が薄くなって、きれいに治ってしまう場合が多いですが、何年も経っても痕が残っている方がいらっしゃいます。

 このような方に、皮膚の新陳代謝を活発にして、水いぼの痕を改善する漢方薬が好評です。一人ひとりの皮膚の状態や体質に合わせた漢方薬の服用により、少しずつ目立たなくなる方が多いです。Img_7749_2

 水いぼや掻き壊した傷跡、色素沈着などのご相談を受け付けておりますが、ほとんど気にならない状態になるまでには、長期間を要する場合が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new

「痛くない水いぼ治療」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「治りにくい皮膚症状に漢方」

「取らない・水いぼ治療」

~*~*~*~A307_036_2

 ある患者さんのお話です。

 「2歳の時の水いぼの痕が気になります。当時は、ピンセットで取る治療をしてもらいましたが、痕が残ってブツブツになっています。自然に目立たなくなりますと言われましたが、高校生になった今でも残っています。女の子なので、気にしています。」

 この方の体質に合わせて、皮膚の新陳代謝を活発にする漢方薬を処方しました。少しずつ痕が薄くなり、目立たなくなっています。

~*~*~*~Img_7752

 水連の花が咲きました。 蓮の種は、生薬名を連肉といい、鎮静、滋養強壮薬として下痢、遺精、精神不安、不眠、動悸などに用いられます。

 漢方薬としては、啓脾湯や清心連子飲に含まれています。

 めだかが、いるのですが、みえますでしょうか^^

2017年6月22日 (木)

陰部のかゆみ、ただれに、ステロイドを使わない漢方治療

 陰部のかゆみやただれなどの炎症に悩む方に、ステロイドを使わない漢方治療が好評です。

 かゆみ止めやステロイド軟膏などによる治療が一般的ですが、思うような改善がみられない方に、体の中から皮膚を整える漢方薬が効果的です。ステロイドを使いたくない方、中止したい方のご相談が多いです。Img_6719

 陰部の皮膚は、薄くて敏感です。おりものや経血、下着やナプキンにより、かぶれたり、ただれたりする場合が多いです。

 なかなか治りにくい、治っても繰り返す方は、免疫力が低下している場合が多いです。陰部は、下着などによって、蒸れやすいので、細菌が繁殖しやすい状態になっています。

 体調を整え、免疫力を高める漢方薬と皮膚の炎症を鎮める漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「陰部湿疹に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についてのページも充実しています。

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「陰部の湿疹が治らなくて、漢方を処方して頂けると聞いて来ました。かゆくて、掻くとポロポロと落屑が剥がれます。ステロイドを使いたくないです。」

 半年くらい前から症状が続いているとのお話でした。

 皮膚炎の症状やこの方の体質に合わせた漢方薬を2週間分処方しました。

 「調子いいです。状態とすれば、今までの症状が10割とすると、7割くらいに減って来ました。全然治らなくて、皮膚科を4か所も変えていたのですが、こんなに早くよくなるなんて、もっと早く来ればよかったです。」A306_105_2

 症状の改善がみられていますので、継続して4週間分処方しました。

 「あれから、どんどんよくなっています。かゆみも楽になって、落屑がほとんど出なくなっています。もう少し続けたいです。」

 この方は、3か月くらいで、ほとんど症状が出なくなりましたので、中止となりました。

「陰部湿疹に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についてのページも充実しています。

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new

2017年6月16日 (金)

全身に出る原因不明のブツブツに漢方が効いた!!

 新潟で、漢方治療を行っております。原因がはっきりとわからない湿疹や皮膚炎に悩む方が受診される事があります。

 この皮膚炎にはこの漢方薬となるものではなく、漢方では、皮膚炎の症状や体質に合わせた処方になります。Img_7691

 先日もある患者さんが受診されました。

 「体のあちこちに、膿のようなものが出ます。少し奥の部分に芯のような硬いものがあるのがわかります。出では治りますが、また別の場所に出てきます。それから、体のあちこちに、突然腫れやむくみが出ます。足や肩に出やすいです。

 近くの病院で検査をしてもらいましたが、CRPが異常に高い状態が続いたりを繰り返していますが、また治ってを繰り返しています。」

 ※CRP 炎症や病気によって、組織細胞の破壊が起こると血液中に増えるタンパク質の事です。

 皮膚の新陳代謝を活発にして、水分代謝を活発にする漢方薬を処方しました。

 突然起こるむくみや腫れが、起こらなくなり、芯があるブツブツした湿疹が、体に出てくる頻度が徐々に減っています。Ky28_14_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」で、ステロイドを使わない治療

従来からのPC用HPはこちら

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

2017年6月15日 (木)

アトピーに漢方を飲んだら、足がパンパンに腫れました

 アトピー性皮膚炎などの治りにくい皮膚炎に、漢方治療を行っております。脱ステロイドをしたい方にも対応しております。

 漢方治療を始めてから、皮膚の新陳代謝が活発になり、一時的に皮膚炎が噴き出して、悪化したように感じたり、炎症が強い部分に痛みが出たり、腫れたりする事があります。Img_7519_2

◆かゆみが激しくなった

◆皮膚の赤みが増した

◆炎症が激しくなり、痛みを感じる部分がある

◆浸出液が出てきた、多くなった

◆乾燥が激しくなった

◆落屑が増えて、ポロポロと剥がれる

◆皮膚の一部が腫れたり、熱を持っている

◆以前には、出ていなかった部分にも皮膚炎が噴き出した。全身に広がった。

などの症状が出て、漢方薬を中止したほうがよいのか、継続していてよいのかとのお問い合わせを頂く場合があります。

 めんげんという症状です。好転反応とも言われます。

 漢方薬を服用された事で、皮膚の新陳代謝が活発になり、体の中に溜まっている老廃物や有害物質を排泄する働きが活発になり始めると、一時的に皮膚炎が激しくなったように見える場合があります。これは、体の中の異物を排泄する皮膚の正常な浄化作用です。Ky39_01_2

 体の中に溜まっていた老廃物や有害物質を排泄しようとする働きが高まりますので、一時的に悪化したように思えて、不安になる方もいらっしゃいます。しかし、この状態を過ぎると、皮膚症状の改善が始まります。個人差によるものが大きいですが、「好転反応」や「めんげん」は何度か繰り返す場合が多いです。繰り返すたびに、症状は弱くなってくる方がほとんどです。

 ご心配でしたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい^^ 

「アトピー性皮膚炎に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についてのページも充実しております。

「アトピーに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「漢方薬を飲み始めて、3週間後くらいから、足のふくらはぎの部分がパンパンに腫れて、熱を持っている感じがします。歩くと痛いくらいになりました。痛み止めを飲みながら、仕事に行っています。めんげんなのかもしれないと思いましたが、漢方を続けていていいですか。」

 1週間くらいでちょうど漢方薬が飲み切る時期でしたので、続けて服用して、なくなる頃に受診して頂くようにお話しました。

 「ふくらはぎの腫れは、だいぶ引きました。赤くなっていたのも治まってきました。少し硬くなっている部分がありますが、最初に比べると落ち着いてきました。

 顔や体のアトピーは、少しずつよくなっているのがわかります。」

 これだけ激しいめんげん症状が現れる方ばかりでは、ありませんが、以前とは違った症状が現れただけでも、不安に感じてしまう方も多いと思います。わかりやすい説明を心がけております。ご遠慮なくご相談いただければと思います。

「アトピー性皮膚炎に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についてのページも充実しております。

「アトピーに漢方」 Img_7517

~*~*~*~

 用事で、岩手方面へ出かけて来ました。途中のS..Aで、燕の巣を見つけました。

 もうすぐ巣立ちでしょうか ^^

2017年6月 7日 (水)

乾癬が1年半で、きれいになりました。ステロイドも止められました。

 「すっかりきれいになりました。もっと早く来ていればよかったです。こちらへお世話になるまでに、6年も治らなかったのですから。それから1年半でこんなにきれいに治るとは思ってもいませんでした。

 あとは、爪だけでしょうか。それから、腕と脚の黒ずみが残っているのは、仕方ないでしょうか、この歳だし、乾癬がこんなにきれいに治っただけでも充分ですけどね。」

 『乾癬などで皮膚の激しい炎症が引いた痕に、色素沈着が残る場合が多いです。これも時間がかかりますが、少しずつ薄くなるような漢方がありますよ。』

 「やっときれいになったし、また乾癬が出てくると困るので、もう少し続けたいと思います。」

 乾癬で初めて受診されたのが、約1年半前になります。Img_6696_2

 腕や脚を中心に、全身に落屑、赤く丸く肥厚(皮膚が厚く盛り上がった状態)がみられ、かゆみが強いと受診されました。体の各部位に合わせて、何種類ものステロイド軟膏が処方されていました。落屑や肥厚は全身に広がり、肛門周辺部までかゆいとの事でした。

 この方の乾癬症状や体質に合わせた漢方治療を開始しましたが、ここまでの道のりは、簡単ではありませんでした。

 漢方を飲み始めてから、順調に改善すると思って受診される方が時々いらっしゃいますが、長期間慢性化した皮膚炎の方、ステロイド外用剤やタクロリムス軟膏などを使用されていた方の場合は、一時的に皮膚炎が激しくなる噴き出し現象が起こったり、ステロイド剤などの減量などによるリバウンドが起こったりする事で、漢方に対しても不安を感じられて、気持ちが揺れる方もいらっしゃいます。

 診察時にお話していますが、ステロイド外用剤やタクロリムス軟膏によって、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が抑えられていますので、漢方治療を開始する事で、皮膚の新陳代謝が正常に働き始める事で、皮膚に留まっていた炎症物質が、噴き出してくる場合があります。

 漢方では、皮膚炎の状態や患者さんのその時の体力や体調に合わせた処方になります。Ky39_01_3

 皮膚症状に変化が生じれば、柔軟に漢方薬を変方する事で対応しております。

◆ジュクジュクした浸出液が多い皮膚には、ジュクジュクを吸収し、皮膚の炎症を鎮める漢方薬など

◆カサカサした皮膚や落屑が多い皮膚には、皮膚に潤いを与える漢方薬など

◆赤みや炎症が激しい皮膚には、皮膚の炎症を鎮めて、皮膚の修復を高める漢方薬など

 変化する皮膚炎の状態や体調、疲労やストレスなどの状態なども考慮して、漢方薬を変方するなどにより、細やかに対応しております。Ky39_01_5

 この患者さんの場合は

 漢方治療を開始して、しばらくは順調に乾癬の症状の改善がみられました。

 ステロイド外用剤やタクロリムス軟膏を塗らなくても改善がみられていました。

 ところが、半年くらい経過してから、皮膚炎の悪化がみられるようになりました。

 高齢のご両親の介護が始まり、ご本人の疲労の蓄積とストレスがピークに達している事がわかりました。

 我慢強い方で、介護のストレスなどについては多くは語られませんでしたが、乾癬症状の悪化が続いていましたので、疲労やストレスについて伺いました。

 ストレスや疲労の蓄積によって、皮膚炎が悪化する場合が多いので、生活環境の変化やストレスなどについても、ご遠慮なくお話して頂いた方が助かります。

 ストレスや疲労、季節の変化などにより、体質が変わる事がありますので、それに合わせて細やかに対応できるのが漢方薬です。

 この患者さんも、漢方薬を変方する事で、劇的に改善がみられ、乾癬の症状が激しく出ていた部分に、皮膚の黒ずみが、軽く残っている状態までに改善されました。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、個人で購入される場合とは異なり、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。新潟県外からの方も多く、継続しての受診が難しい方には、遠隔診療にも対応しております。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new  乾癬のページも作成中です。

従来からのPC用HPはこちら

「治りにくい皮膚症状を漢方で改善」

~*~*~*~

Img_6698_2
 村上方面からの患者さんで、帰り路にお花の苗を買って帰られるのを楽しみに通院されいます^^写真は、ご自宅のお花の写真だそうです。

より以前の記事一覧

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ