カテゴリー

.皮膚科症状に漢方

ステロイドを中止したい、治りにくい方に

2018年4月10日 (火)

春の乾燥肌は、冬からの乾燥?!スキンケア漢方がお奨め^^

 春になったのに、お肌がカサカサしている、毛羽立っている、ポロポロと剥がれるなどの乾燥肌に悩む方が受診されます。

 冬の間の乾燥が、春になって現れる事があります。冬は空気が乾燥しやすく、暖房器具によって、部屋の空気が乾燥するので、皮膚からの水分も奪われやすくなっています。

 皮膚の生まれ変わり、新陳代謝(ターンオーバー)は、個人差がありますが、28日から56日くらいかかると言われています。

 冬からの乾燥した状態の皮膚組織が入れ替わるので、春になって乾燥肌が激しくなる場合があります。Img_0050_4_3

 冬からの乾燥などにより皮膚のバリア機能が低下しているので、敏感になっています。紫外線や花粉などによって、湿疹やかぶれなどの肌荒れが起こる場合もあります。

 そのような方に、皮膚に栄養や潤いを与え、皮膚を整える効果が期待できる漢方薬が好評です。皮膚の状態、体質に合わせた漢方薬の服用により、乾燥肌や湿疹が改善される方が多いです。

 新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの皮膚炎の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外の方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「乾燥肌に漢方」

「子供の乾燥肌・サメ肌に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状についてのページも充実しています。

「治りにくい皮膚症状を漢方で改善」

~*~*~*~

 横断歩道がかすれてしまっていますが、桜の「Abbey Road」と呼んでいます^^  

 ビートルズファンの方ならわかっていただけるかなぁ・・・。

2018年4月 5日 (木)

春なのに、しもやけ?!漢方で治しましょう

 「3日前くらいから、足の指先がかゆくなって、赤く腫れました。ブツブツした小さい水泡も出て、今はブツブツは落ち着いています。水虫かな~と思いましたが、よくわからなかったので、受診しました。

 左の足の親指が一番ひどいです。爪の色も変わって来たので、心配で受診しました。」Img_9967

 きれいに塗られた足のネイルが、左足の親指だけ塗られていませんでした。心配で、リムーバーで落としたそうです。とてもおしゃれな20代の女性です。

 「しもやけ」でした。冬に多いと思われがちな「しもやけ」ですが、昼夜の気温差が大きい2月から4月上旬に発症する方も多いです。

 手や足の指先が赤く腫れ、かゆみがあります。鼻や耳がかゆくなる場合もあります。温かくなると自然に治る場合もありますが、放置すると、範囲が広がったり、化膿したり、壊死に至る場合もあります。

 しもやけは、血行が悪くなりやすい手や足の指先、鼻や耳など体の末端にできやすいです。血管の働きが未熟なお子さんや血行が悪くなりやすいご高齢の方に多いですが、血行が悪い方、気温が低い場所での仕事、冷たい水を扱う仕事の方などで、毎年しもやけに悩む方もいらっしゃいます。

 しもやけは、体の末端部分の血行不良や冷えが原因となっているので、皮膚の血行を改善し、しもやけの炎症を鎮める漢方薬が効果的です。Ky25_09_2

 新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 この患者さんは、しもやけになってすぐの受診で、しもやけの炎症が軽度だったので、約1週間くらいで、完治しました。

「しもやけに新潟の漢方治療」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「レイノー症状・しもやけに漢方」

~*~*~*~

 水戸部クリニックの桜の花が咲きそうです。午後には開くでしょうか^^

2018年3月26日 (月)

酒さが治らなくて辛い方に漢方

 酒さが治らなくて、受診される方が多い季節です。日焼けや汗により皮膚の酒さの赤みやほてりが激しくなる方、にきびや脂漏性皮膚炎も激しくなる方が多くなります。

 春は、芽吹きの季節ですが、皮膚炎も噴出してくる方が多いです。冬の間に皮膚の深い部分に滞って溜まっていた炎症物質が噴出してくる方が多いです。

 ステロイドやタクロリムス軟膏による治療では、改善がみられない方、合わない方に、健康保険適用の漢方治療を行っております。

 体の中から皮膚を整える漢方薬の服用により、酒さの赤みやほてり、湿疹が改善される方が多いです。長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Img_9903

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「3か月前から急に、顔が赤くなって、ブツブツが出てきました。ステロイドの塗り薬やタクロリムス軟膏を塗っていますが、全然よくならなくて、皮膚科を何か所も受診しました。

 酒さなので、治りませんと言われてしまいました(涙)

 私のような人は受診しますか。」

 漢方治療を希望されて、多様な症状に悩む方が受診されています。ステロイドやタクロリムス軟膏を使いたくない、中止したい方のご相談が多いです。

 漢方では、「酒さには、この漢方薬」とはなりませんので、患者さんそれぞれの酒さの炎症の状態や体質に合わせた漢方薬を処方しております。長年の漢方診療の経験により、酒さの炎症や体質の変化に細やかに対応した処方になります。

 皮膚の新陳代謝を活性化して、酒さを改善する漢方薬や体質改善の漢方薬などにより、酒さに伴う湿疹も改善される方が多いです。

 この患者さんは、脂漏性湿疹による炎症が激しく、鼻や頬にブツブツとした隆起が激しい方でした。この方の体質に合わせた漢方薬の服用により、脂漏性湿疹の隆起がなめらかになり、酒さの赤みやほてりが、少しずつ改善され、約10か月くらいで、酒さになる前よりも美しいお肌になったと、喜んでいらっしゃいます。Ky26_02_2_4

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「酒さ・赤ら顔に新潟の漢方治療」

「様々な皮膚炎に漢方」

2018年3月13日 (火)

頭皮の毛嚢炎に漢方

 頭皮に出来た湿疹、ブツブツ、かゆみに、漢方治療が好評です。抗生物質や塗り薬などでは、なかなか改善されない方、ステロイドやタクロリムス軟膏を使いたくない方のご相談が多いです。

 漢方では、頭皮の毛嚢炎、湿疹に体の中からの体質改善による治療となります。毛嚢炎の症状、患者さんそれぞれの体質に合わせた処方が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「頭皮湿疹・フケに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「フケ・頭皮のかゆみに漢方」 Img_9537_2

~*~*~*~

 「頭に湿疹ができています。皮膚科で毛嚢炎って言われました。近くの皮膚科を何か所も回りましたが、全然よくならなくて、ステロイドも塗ると、少しはいいですが、また3日くらいすると、またひどくなってを繰り返しています。

 何度もよくなりませんって、通院していたら、治りませんと言われてしまいました(苦笑い)

 痒みがひどいですし、ボリボリ掻いていると、その部分の髪の毛が抜けてしまって、薄くなってきましたし、困っていました。知り合いに、ここの漢方がいいと聞きましたので、なんとかなればと思って来ました。」

 頭皮以外は、湿疹はなく、赤みが強く、脂っぽい湿疹が多数できていました。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 最初の2週間では、それほど変化を感じられなかったようですが、1か月、2カ月と継続されているうちに、少しずつ湿疹の炎症が鎮まり、湿疹の数も少なくなってきました。

 その後、それ以上の改善が進まない感じがありましたので、漢方薬を変方して、様子をみました。Ky43_24

 漢方薬を変方して、更に湿疹の数が減り、赤みの強い湿疹が、ほとんど出なくなりました。最近は、服用回数を減らして、服用されています。 

 「いい感じです^^ まだまだですが、漢方を飲む前とは比較にならないくらい良くなっているのがわかります。続けてみます。」

「頭皮湿疹・フケに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「フケ・頭皮のかゆみに漢方」

2018年3月 5日 (月)

ニキビは潰さないで、漢方できれいに治す

 ニキビが治りにくい方、潰したり、触っていたら悪化して、凸凹になってしまった方が、受診されます。いわゆる「にきびを怒らせてしまった」状態と言うそうです。

 一般的な表現ではないのかもしれませんが、新潟?では使われる表現だと院長は申しております(笑)Img_9713

 ニキビを触ったり、潰すしたりすると、細菌が繁殖して、ニキビの炎症が激しくなってしまったり、皮膚細胞が傷ついて、痕になってしまう場合もありますので、できるだけそっとして、怒らせないようにしておくことをお勧め致します。

 では、治りにくいニキビはどうしたらよいでしょうか。体の中からお肌を整える漢方治療が好評です。

 思春期から出始める事が多いニキビは、ホルモンバランスの影響を受けている場合が多く、ホルモンバランスを整えたり、皮膚の新陳代謝を改善する漢方薬が効果的です。

 漢方では、ニキビの状態や患者さんそれぞれの体質に合わせた処方になります。長年の漢方診療の経験により、一人ひとりに合わせたオーダーメード処方を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Ky26_02

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「新潟のニキビ治療の漢方」

「大人にきびに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも作成しております。

「にきび治療の漢方薬」

「大人にきび治療の漢方薬」

~*~*~*~

 甘いものを食べるとてきめんに、ニキビが悪化する方がいらっしゃいますが、我慢してストレスになるのもどうでしょうか。ストレスは、気の滞りを起こして、皮膚炎が悪化する場合もあります。ほどほどに楽しく食べて下さい^^

2018年2月28日 (水)

鼻水が止まらない、花粉症に眠くならない薬を下さい

 「なんとなく、鼻がムズムズ、鼻水が出始めて、花粉症が始まった感じがします。」、「今年も症状が出る前から、漢方を飲み始めたいです。」

 と受診される方が、増えています。以前よりも眠気が起こりにくいと言われる新しい抗ヒスタミン薬が増えていますが、個人の体質や薬剤に対しての感受性の違いなどもあり、眠気やだるさを感じる方、花粉症の症状が激しくて、辛すぎるとのご相談も多いです。

 漢方薬は、抗ヒスタミン薬とは異なる作用で、花粉症の症状を改善します。漢方薬による眠気が起こりませんので、服用しやすいと好評です。Img_9491_2

【抗ヒスタミン薬と漢方薬の作用の違い】

 抗ヒスタミン薬は、アレルギー反応としてヒスタミンが、ヒスタミン受容体にくっつかないように、邪魔をする事で、アレルギー症状を緩和しようと作用します。目や鼻の中の細胞だけに作用すればよいのですが、体の他の部分に作用すると、眠気や口の渇きなどの副作用も起こりやすくなります。以前よりは、このような副作用が起こりにくい抗ヒスタミン薬が開発されているようですが、眠くなったり、集中力が切れてしまうというご相談が多いです。

 漢方では、花粉症の症状や体質に合わせて細やかに対応しております。漢方薬による眠気やだるさが起こりませんので、車の運転や仕事、勉強など、日常生活に支障が出にくいと大変好評です。

 花粉症の症状、鼻炎症状、のどや咳や痰など、皮膚炎などに合わせて、患者さんそれぞれの体質も考慮したオーダーメード処方になります。Ky17_02_3

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「花粉症に漢方」

「蓄膿に漢方」

「花粉皮膚炎に漢方」

2018年2月15日 (木)

体や腕がかゆい原因は肌着!?

 体のかゆみのご相談が増える季節です。乾燥肌やアトピー肌の方の受診も多いですが、特に原因がわからない方の受診が多くなります。

 寒い季節の皮膚のかゆみの原因は、いくつか考えられますが、保温肌着によって、皮膚の乾燥が起こっている場合があります。Img_9556_2

【保温肌着で乾燥肌が起こる!?】

 寒い季節に着ていると暖かい保温肌着ですが、この肌着によって、皮膚が乾燥してかゆみを起こしている場合があります。

 保温肌着に使われている繊維は、吸湿性と保温性に優れています。

 吸湿性が高いので、皮膚表面から放出された湿気を繊維が吸収します。この湿気が水に変わる時に熱が発生します。この熱を逃がさないように保温する性質が高いので、着ていると温かさを感じます。

 冬は、気温が低下するので、体も体温を逃さないように、皮膚表面の血流も低下し、空気の乾燥も加わって、皮膚が乾燥しやすい状態ですので、皮脂欠乏性湿疹が生じやすくなります。

 それに加えて、保温肌着を着ると、皮膚から水分や潤い成分が奪われやすく、更に乾燥肌が促進されやすくなってしまいます。

 アトピー肌の方、乾燥肌の方、特に皮脂分泌量が低下しやすい年齢の方(40代以降の女性、60代以降の男性)は、注意が必要です。Ky27_06_3_2

 乾燥肌が気になる方は、綿の肌着の上に保温肌着を重ねたり、綿の肌着の重ね着がお奨めです。

 また、保温肌着の保湿性によって、胸や背中のにきびやマラセチア毛包炎が悪化する場合があると言われています。

 汗や皮脂の分泌が促進されやすく、保温肌着で蒸れやすいので、にきびやマラセチア毛包炎が悪化しやすい状態となります。

【乾燥肌や皮膚のかゆみに体の中から皮膚を整える漢方薬】

 乾燥肌、乾燥肌による痒みに、体の中から皮膚に潤いを与える漢方薬が効果的です。体の中から皮膚を健康な状態に整える漢方薬は、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方が効果的です。

 保湿剤などでは改善されない方、かゆみが辛い方に好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「乾燥肌に漢方」

「子供の乾燥肌・サメ肌に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「乾燥肌・乾燥によるかゆみを漢方で体質改善」

「赤ちゃん・子供の乾燥肌に体質改善の漢方薬」

2018年2月 9日 (金)

手の平が乾燥して、水泡がかゆい時の漢方

 「手の平が乾燥して、水泡が出ます。ステロイドを中止して3か月になります。リバウンドを経験して、水泡が少しは減りましたが、まだ出てきますし、かゆみが辛いです。

 それから、おでことあごの湿疹が治らないです。あと首に出ているこの赤い皮膚炎ですよね、これなんですけど、ぜんぜん治らなくて、困っています。」

 新潟の水戸部クリニックでは、治りにくい皮膚炎に漢方治療を行っております。ステロイドを中止したい方、使いたくない方のご相談が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。遠隔診療(オンライン診療)も好評です。Img_9467_3

 手の平は、乾燥と水泡

 額とあごは、にきびのような湿疹

 首から肩にかけて、赤紫色の皮膚炎が広がっていました。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。手の平の水泡を吸収し、皮膚に潤いを与える漢方薬やにきび様の湿疹、首の皮膚炎も考慮して、皮膚の新陳代謝を活発にする漢方薬などを併用しました。

 2週間後、

 「手の平の水泡が驚くほど減って、かゆみで眠れないことがなくなりました。おでこ、あごの湿疹は、まだ変わった様子はないです。」

Ky26_20_4_2 継続して2か月後、

 手の平の水泡がほとんど出なくなりました、額とあごの湿疹も軽快を実感されました。

 汗が多くなる季節に移り替わった時に、一時的に水泡や浸出液が多くなりましたが、漢方薬を変方したことで、改善がみられました。Ky26_065_2

 現在継続して、約6カ月になりますが、手の平の水泡は完全に出なくなり、乾燥による荒れも治っています。額、あごの皮膚炎は、全くわからないくらいきれいな状態になりました。

 首の部分の赤みの強い皮膚炎もかなり薄くなり、目立たなくなっているので、継続して経過をみています。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック

「様々な皮膚炎に漢方1」

「様々な皮膚炎に漢方2」

2018年2月 1日 (木)

小麦アレルギーでアトピーが悪化した時の漢方

 「小麦を使う仕事をしていましたが、アトピーが悪化して、検査を受けたら小麦アレルギーになっている事がわかったので、仕事を変えました。それから1年半くらいになりますが、アトピーが酷くなる一方なので、漢方で体の中から治さないとだめなのかなと思って受診しました。Img_9375

 痒みが強く、下から次々に落屑がはがれ落ちます。お風呂に入ると痒くて、しばらく掻いてしまいます。 」

 ステロイド、タクロリムス軟膏を使用中

 顔、首、首の後ろ、上半身、両腕に、症状が強く出ていました。

 小麦アレルギーもあるので、現在小麦を避けた生活をされているそうですが、小麦を含む食事を食べられるように戻りたいとの事でした。

 この方の体質に合わせて、皮膚の炎症を鎮める漢方薬と共に体質改善の漢方薬を処方しました。

 皮膚は、2週間で軽快を実感されました。かゆみが楽になり、落屑の量が減りました。

 継続されて、約3か月くらいで、落屑がほとんど見られなくなったので、漢方薬を変方しました。ステロイドやタクロリムス軟膏は少しずつ塗る回数を減らして、中止となっています。

 皮膚の炎症がほとんど気にならない状態になったので、体質改善の漢方薬を中心に継続されています。

 小麦アレルギーに対しての数値が少し下がり始めています。今後の経過を診ながら、様子をみたいと思います^^ Ky63_03_2

「アトピー性皮膚炎に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状についてなどの掲載も多いです。

「新潟のアトピー治療に漢方」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

 遠隔診療(オンライン診療)も好評です。

2018年1月24日 (水)

慢性じんましんには体質改善の漢方

 治りにくい、再発を繰り返すじんましんに悩む方に、体質改善の漢方治療が好評です。アレルギーのお薬抗ヒスタミン薬により治療が一般的ですが、眠くなって困る方、効き目が弱い方、飲まないと再発する方のご相談が多いです。

 患者さんそれぞれの体質やじんましんの症状に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと、好評です。抗ヒスタミン薬との併用もできます。

 新潟市南区(旧白根市)で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

 遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、遠方からの方も続けやすいと好評です。

「慢性じんましんに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「新潟のじんましん治療の漢方」

~*~*~*~Img_9083

 ある患者さんのお話です。

 「慢性じんましんが、年々悪化しています。アレルギーを抑える薬(抗ヒスタミン剤)だけでは抑えられない時は、ステロイドを飲むようになっています。

 それでもひどくなると、呼吸が苦しくなって(気道浮腫)、ステロイドの点滴を受けています。ストレスで悪化するのがわかっています。仕事のミーティングで血の気が引いたような感じがして、じんましんがバーッと出て、会社を早退したこともあります。またこのような症状が出るかと思うと、不安で、漢方でよくなればと思って受診しました。」

 この患者さんの場合は、ストレスや疲労が原因となっていると思いましたので、体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「じんましんは変わらず出ていますが、気持ちが安定しているのが、自分でもわかります。」

 継続して約3か月後、

 「じんましんが出る回数が減っています。漢方薬を飲み始めてからは、今のところは、ステロイドの点滴を受けにいくほど息苦しくなることはなくなっています。」104

 漢方薬の服用を始めてから約半年後、

 「じんましんがほとんど出なくなりました。まだ不安なので、アレルギーを抑える薬は下さい。出た時のお守り替わりに持っていたいです。こんな生活が私にあるなんて考えてもいませんでした。本当にうれしいです。

「慢性じんましんに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「新潟のじんましん治療の漢方」

より以前の記事一覧