カテゴリー

.皮膚症状

ステロイドを中止したい、治りにくい方に

2020年10月21日 (水)

子供のアトピーと手荒れがひどいです。

 「アトピーで、ステロイドを塗っていますが、

塗ると赤くなって、かえってかゆがります。

 塗らないとまた出てくるので、塗っていますが、

止められたらいいなあ と思って連れてきました。」Img_8088

 手の指先がガサガサになって、一部あかぎれのようにひび割れができています。 

 肘の内側、お腹、背中、おちんちんの周り、お尻が、

カサカサして、掻き壊していました。

 このお子さんの体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 夏の間は、汗などによるかゆみにより、掻き壊しなどがありましたが、

日に日に良くなっています。

 「手もこんなにきれいになって、お腹も背中もスベスベです。

ステロイドを塗らなくていいなんて

本当に嬉しいです。よかったね~」A301_028_20201012161601 

 とお子さんとにっこり (^^♪

 秋になり少し乾燥傾向ではありますが、

保湿剤など塗らずに皮膚を鍛えることも大切ですとお話しました。

 皮膚炎を外側から抑え込むのではなく、お子さん自身の自然ちゆ力

(皮膚炎や風邪など、体の不調に対して自分で治そうとする力)を

引き出すことも大切です。

【子供のアトピーに漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 漢方薬や生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年10月20日 (火)

子供の慢性じんましんを治したい

 「じんましんが、3歳の時に出るようになって、

アレルギーのお薬を7年間飲み続けています。

 お薬を飲まないと出るのを変えたいと思って来ました。」

 10歳のお子さんです。

 慢性じんましんの体質改善に漢方治療が好評です。Img_8070

 ゆっくりと経過を診ますので、アレルギーのお薬を急に中止せずに

漢方薬を併用して、じんましんの症状の変化をみながら、

ゆっくりとアレルギーのお薬を減らしてゆく事をお奨めしております。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

お子さんそれぞれの体質やじんましんの症状に合わせた漢方薬を処方しております。

 このお子さんは、漢方薬の服用を開始されて約3カ月くらい経過したところでA307_029

じんましんが出ない日が続くようになりましたので、

アレルギーのお薬は、じんましんが出た時に、

とんぷくで服用するようにお話しました。

 じんましんが出なくなりましたので、しばらく継続して

漢方治療も中止としました。

 「7年もアレルギーのお薬を飲んでいたんですよ。

それが治るなんて・・・ よかったです。」

「慢性じんましんに漢方」

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

 飲みにくい方に、飲みやすい方法などもお知らせしております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年10月11日 (日)

食物アレルギーが治った⁉

 「この子は、食物アレルギーです。

 食べ物を食べると、上唇がすぐに腫れます。

 普段から唇は荒れていて、リップクリームなどを塗ってもそれほど良くはなりません。

 小麦やそばなどにアレルギーが出ています。

 便秘もひどいです。硬い便をやっと出しています。」Img_8075

 お子さんの体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 3週間後、

 「便の調子がとても良くなりました。

 今までに見たことない形の良い便が出るようになりました。

 上唇も腫れなくなって、良く食べるようになっています。」

 現在も継続されています。

 約1年後、

 「アレルギー検査を受けましたら、

小麦をはじめとする数値がほぼ正常値に近くなっていました。」 A302_022

 少しずつ食べられるものが増えています。

 まだ心配なので、漢方薬は続けたいです。

【子供の病気に漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 アレルギー体質改善の漢方治療は、長期間を要する場合が多いですが、

症状が軽くなったり、ほとんど症状が出なくなったりするお子さんが多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年10月 9日 (金)

陰部のヒリヒリが治らない

 「陰部がヒリヒリします。

 袋がかゆいというよりも、痛痒いんですよ・・・。

 塗り薬を何年も塗っていますが、治らないのです。

 畑仕事をして、汗をかくと余計にかゆくなります。」Img_7938

 80代の男性です。

 男性の陰部は蒸れやすく、かゆみや湿疹に悩む方が多いようです。

 この方の場合は、陰部に炎症は認められませんでしたので、考えました。

 ご高齢の方は、加齢により病態が複雑になっている場合が多いので、

東洋医学的に多方面でのとらえ方をする必要があります。

 2週間後、

 「全然変わりません。

 お風呂に入ると、ヒリヒリが強くなります。」 Ky61_08

 うーーん

 そこでまたお話を伺って、再検討です。

 漢方診療は、患者さんからお話をよく伺うことが重要となります。

 考えて、考えて、変方しました。

 2週間後、

 「少しいいみたいです。

 まだヒリヒリしますが、漢方を飲む前の痛痒いよりは良くなっています。」

 継続されて3カ月後くらいには、ヒリヒリを感じなくなりました。

【陰部湿疹に漢方】

 陰部湿疹でのご相談も多いですが、漢方治療では、

皮膚表面の炎症だけではなく、体の中から皮膚を整える治療となります。

 診察により、体質や年齢、症状が出る時の状態などを細かく伺う事で、

その方に合わせた漢方薬を処方しております。A307_060

 女性のデリケートゾーンのかゆみや湿疹も対応しております。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年10月 6日 (火)

高齢者の皮膚のかゆみ

 ご高齢の方で皮膚のかゆみに悩む方が多いようです。

 皮膚の皮脂の分泌が減り、水分保持力が低下するので、

乾燥によるかゆみを生じやすくなります。

◆皮膚が乾燥してかゆい

◆描き壊した傷が治りにくい

◆皮膚にひび割れができて痛い

◆塗り薬を塗ってもかゆみが辛い

などのご相談が多いです。

 水戸部クリニックでは、ご高齢の方の皮膚炎に漢方治療を行っております。

 体の中から皮膚を整える漢方薬が効果的です。

【乾燥肌に漢方】Img_7937

 ある患者さんのお話です。90代男性です。

 「3年前から湿疹が治りません。

 かゆくて、かゆくて、夜は寝た気がしません。

 近くに温泉があるのですが、そこへ行って来るとかゆみが少し治まります。」

 腕、体、足にブツブツとした湿疹が出ていました。

 掻き壊しによる傷や色素沈着がみられました。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Ky31_1311

 2週間後、

 「かゆみがかなり楽になりました。

 続けたいです。」

 漢方薬を継続されて約7か月後には、

掻きかき壊しによる色素沈着がかなり薄くなってきました。Ky31_13111

 「本日初めて、半そでを着ました(^^)

 去年も一昨年も夏でも長そでを着ていました。」

 こちらも嬉しくなります^^

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【老化対策の漢方】

2020年10月 4日 (日)

手荒れ、指先の皮がむけて痛い

   「5、6年前から手荒れが治りません。

 調理の仕事をしておりますので、水仕事が多いです。

 ステロイドが合わなくて、使っていません。

 体の調子が悪くなると、手荒れもひどくなる気がします。」Img_7942

 この方の体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 3週間後、

 「漢方薬を飲んで、すぐに良くなるのがわかりました。

 指先の皮がむけて、薄くなったままで、

新しい皮ができて来なかったのですが、

すぐに新しい皮ができてきて、こんなに良くなっています。Job_itamae_woman

 財布からカードやお札を取り出す時に、皮がないから

取り出すのが大変だったんです。

 それが楽に取り出せるようになりました^^」 

【手荒れに漢方】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】

帯状疱疹後神経痛が治りません

 帯状疱疹が治った後に、痛みだけが残る場合があります。

 皮膚表面はきれいに治っていても、

◆チクチクっとした痛みが残っている

◆衣類などがあたっただけで痛い

◆電気が走るようなビリビリとした痛み

◆たくさんの針などで、ザクザク刺されるような痛みImg_7940

◆体の中から鈍い痛みが起こる

◆顔をしかめたくなるような激しい痛み

など様々です。

 このような方に、体の中から体調を整える漢方治療を行っております。

 服用により、帯状疱疹後の神経痛が消失したり、

痛みが軽減する方が多いです。

【帯状疱疹(後)に漢方】

~*~*~*~Ky61_21

 70代の女性です。

 「昨年の暮れに帯状疱疹になりました。

 お薬を頂いて、治っていると言われますが、

時間を置いて、1日に何度も痛みが出ます。

 ギューッと爪を立てられたような感じです。

 じっとしていると、鎮まっては来ますが、

またしばらくすると、ギューッと痛くなります。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「先生!!

 漢方薬を頂いて、2日飲んだら、

痛みがスーッと楽になって来ました。

 今は、チクチクっとする時もありますが、

あのギューッとした痛みがなくなりました。Ky61_16_20200925113001

 よかった~

 もっと早く来ていればよかった。」

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年10月 3日 (土)

背中の湿疹が治らないと言われました

 「背中の湿疹が治りません。

 ずっとステロイドを塗っています。

 いつ治りますかと聞いたら、治りませんと言われました。

 困っていたら、漢方があると知り合いから紹介されました。」Img_7899

 お母様に付き添わて受診されたのは、十代後半の若い男の子です。

 ニキビのような激しい皮膚炎が背中全体に出ていました。

 皮膚の新陳代謝を活性化して、炎症物質の排泄を促進する漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「少し、ボコボコしている湿疹が滑らかになっています。

 新しい湿疹も出るには出ますが、漢方薬を飲む前よりも

大きいものが出なくなって来ています。Kata-3

 ステロイドも中止しましたが、悪化しません。」

 漢方薬を継続されて、約3カ月後には、

湿疹はほとんど出なくなり、湿疹の痕、

掻き壊しによる皮膚の黒ずみ(色素沈着)が気になるとのことでした。

 激しい皮膚炎が鎮まると、そのようなご相談が多くなります。

 漢方薬を変方して、色素沈着を改善する漢方薬を継続して頂きました。

 色素沈着は、長期間を要する場合が多いですが、

少しずつ目立たなくなってくる方が多いです。Kata-4

【新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック】

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年10月 1日 (木)

掌蹠膿疱症で、痛くて歩けない

 「掌蹠膿疱症です。

 足裏全体に広がって、痛くて歩くのが苦痛です。

 普通の靴が痛いし、サンダルを履いてやっと歩いています。

 トイレに行くのも大変です。

 薬を塗っていますが、どれを塗っても効かなくなって・・・。」Img_7884

 手の平の炎症もありましたが、足裏の膿や浸出液が激しく、

硬くなって、深い亀裂が生じていましたので、

その痛みで歩くのが辛かったと思われます。

 この方の体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 「足の裏の痛みが少し良くなって、歩くのが楽になりました。」Ky25_05

 前回に比べて足裏の炎症が鎮まり、亀裂部位の修復が進んで、

足裏の痛みが軽減されたようです。

 掌蹠膿疱症に漢方治療を行っております。

 一言に掌蹠膿疱症と言っても、症状は患者さんそれぞれ異なります。

 季節や体調の変化により、皮膚症状も変化する場合もあります。

 その変化に細やかに対応できるのが、漢方薬です。

【掌蹠膿疱症に漢方】

 この方は、少しずつ掌蹠膿疱症の水疱や膿疱が減り、

厚くなった足裏の皮膚の角質部分が滑らかになり、

日常生活に支障がないくらいまでに改善しました。

 手の平の水疱も減り、ステロイドを塗る回数が減っています。

 「人前で、手を見せるのが嫌だったのですが、恥ずかしくなくなりました。

 もう少し続けたいです。」271

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

【新潟の漢方外来・水戸部クリニック】

2020年9月26日 (土)

アトピーの治りが悪くなって、噴き出しがひどいです

 「アトピーですが、最近治りが悪くなっています。

 ステロイドを塗っても噴き出してきて、治りが悪いです。

 かゆみが強くて、イライラして眠れません。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を3週間処方しました。

 3週間後、

 「皮膚が一時的にかゆくなりましたが、

お話を伺っていた『めんげん』なのかなと思っていたら、

すぐ良くなりました。

 こんなに短い期間でアトピーが良くなるなんて、

びっくりしました。

 まだステロイドは塗っていますが、

こんなに良くなることはありませんでした。

 唇が乾燥して、ひび割れて痛かったのですが、

それも治りました。

 ステロイドを中止できるように、続けたいと思います。」Img_7771

「アトピー性皮膚炎に漢方」

 アトピー性皮膚炎に漢方治療を行っております。

 漢方では、皮膚炎を体の中から整える治療となりますので、

改善を実感されるまでに、長期間を要する場合も多いです。

 この方は、比較的早い改善を実感されましたが、

その方それぞれのアトピー症状の重症度の違いや体質の違いなどにより、

改善を実感されるまでの期間は異なります。

 焦らずじっくりと取り組んで頂ければと思います。Ky27_06_20200914180701

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、

患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、

経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、

新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

より以前の記事一覧