カテゴリー

.皮膚症状

ステロイドを中止したい、治りにくい方に

2019年3月18日 (月)

掌蹠膿疱症の関節痛が治った漢方

 掌蹠膿疱症は、手の平や足の裏に膿疱や水疱が出る皮膚炎ですが、掌蹠膿疱症性の関節炎を発症する場合もあります。

 漢方では、体の中から掌蹠膿疱症の炎症を鎮め、膿疱が皮膚に排泄されにくいような体質に整える治療になります。それにより、関節の炎症も改善される方が多いです。

 ある患者さんのお話です。

 「掌蹠膿疱症です。掌蹠膿疱症性の関節痛が痛いです。ステロイドは使わなくなって、何年にもなります。怖いでしょう・・・塗っても塗らなくても膿疱が出てくるし、止めました。

 膿疱も出ていますが、関節痛の方が辛いです。夜痛みで目が覚めます。」Ky24_111

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「痛みが楽になりました。足の裏が軟らかくなって、痛みもずっと楽になりました。びっくりしました。

 膿疱は、まだよくわかりません。2週間ですものね、続けてみたいです。」

 1か月後、

 「まだ痛みはありますが、漢方薬を飲む前とは比較にならないくらい楽になりました。

 膿疱は、新しいのが出にくくなっている感じがします。」

 漢方薬の服用を始めてから約3カ月が経過しました。

 「関節の痛みは、ほとんどなくなっています。手の平は、きれいになっています。左の足は皮がむけたりはしますが、膿疱が出なくなっています。右足の方は、まだ膿疱が出ますが、出てもすぐに治っています。

 関節が痛くないし、すごくうれしいです。」

 現在も継続中です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「掌蹠膿疱症に漢方」

関節の痛みやしびれに対応した漢方薬もあります。

「関節の痛み・しびれ・むくみに漢方」

2019年3月 7日 (木)

悪玉コレステロールが下がった漢方!!

 漢方治療は、体全体のバランスの乱れを整える体質改善が中心となっていますが、ストレートに血圧を下げたり、コレステロールを下げたりする漢方薬はないと言えるでしょう。

 時々、漢方薬が万能薬のように思われている方もいらっしゃるようですが、餅屋は餅屋と言われるように、治療が必要な高血圧の方やコレステロールの数値が高い方は、西洋薬による治療が適切な治療となります。

 漢方薬では、高血圧に伴う、頭痛やのぼせなどの症状の緩和などに併用されることは効果的ですが、漢方薬だけで、血圧を下げたり、コレステロールを下げるというのは、難しいです。Img_2950

 その前提でのお話になりますが、慢性化した皮膚炎の方で、その治療のための漢方薬を服用されていた方で、コレステロールの数値が正常になり、コレステロールの薬の中止ができた方がいらっしゃいました。

 掌蹠膿疱症の症状で受診されたのが、3年前になります。

 手の平や足の裏から足の甲まで、膿のある水疱がブツブツと出ていました。ステロイドを塗っても治りが悪いと受診されたのが、最初でした。

 漢方では、皮膚炎などの表面の炎症を鎮める治療と、皮膚炎が起こる体質を改善する治療を考えます。

 皮膚炎の改善のための治療のために漢方薬を服用されていました。激しい皮膚炎でしたので、徐々に改善され、水疱や膿がほとんど出てこなくなるまでに2年くらいを要しましたが、現在は、予防のために、漢方薬を少量で継続されていましたが、悪玉コレステロール値が正常値に下がった状態で安定しているので、コレステロールのお薬を中止できました。

 定期的に血液検査を受けていますが、正常値を保てているので、漢方薬のみで、体調管理を続けていらっしゃいます。Ky39_20

 体の中の老廃物の代謝を促進する効果のある漢方薬などを皮膚炎の改善のために処方することがあります。漢方薬は、体全体のバランスの乱れを整えることを考えての治療となりますので、このように、他の症状も改善される場合が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「西洋医学と東洋医学の両方の良さを活かした医療を水戸部クリニックで」

 治りにくい皮膚炎に、体質改善の漢方治療を行っております。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

2019年3月 4日 (月)

花粉症の症状が年々軽快してる?

 花粉症の症状で受診される方が増えてきました。今年は、暖冬の影響で、少し早いようです。

 毎年花粉症で受診される方のお話ですが、漢方薬を飲み始めてから、花粉症の症状が年々軽くなっていると言われました。

 この方は、花粉が飛ぶ季節も、皮膚炎などの改善のために、漢方薬を服用されていらっしゃいます。皮膚炎の症状が辛くなると、受診されて漢方薬を服用されるという状態で、何年にも渡り、断続的に、漢方薬を服用されています。Img_2991_1

 最初は、皮膚炎の治療が目的で受診されていました。そして、スギ花粉の症状もあるとの事で、スギ花粉の季節は、花粉症のための漢方薬を追加していました。

 漢方薬を服用されるようになって、3回目のスギ花粉の季節が巡って来ました。

 「漢方薬を飲んでいると、皮膚だけじゃなくて、なんとなく調子がいいなあって思っていたんですけど、花粉症の症状が、おととしより去年、去年より今年と、年々楽になっているんです。

 その年によって、花粉の飛散量が違うからかな?と思っていましたが、漢方を飲み始めてからなんですよね、去年より楽、あれ?また今年も去年よりも楽になってるって・・・。

 点鼻薬も目薬も要らなくなって、アレルギーの錠剤も余っています。漢方だけで調子がいいです。Ky17_01

 何をしても、何を飲んでも、目がかゆいし、鼻水が止まらなかったのに、マスクもしなくても大丈夫になりました。漢方ってすごいですね。」

「アレルギー性鼻炎に漢方」

 漢方薬の服用により、体全体のバランスが整えられることで、アレルギー症状が改善されたり、他の不快症状もいつの間にか楽になっていたという事が起こる場合があります。

 実は、HP担当もそうだったのです^^

 高校生の頃から花粉症の症状に悩み、一晩でティッシュをひと箱使いきってしまうほどの鼻水に悩んでいました。そして、自分が漢方の勉強をするようになってから、漢方薬を服用するようになりました。

 生理痛や生理不順などの改善のために、漢方薬を継続していました。それから3,4年後でしたでしょうか、毎年の花粉の季節の激しい鼻水と目のかゆみ、喉の痛みが、軽快している事に気づいたのは・・・。

 現在は、花粉症の症状がほとんど出なくなり、花粉症の方が受診されると、「そろそろそんな季節になったのね・・・。」と思うだけになっています。Ky01_03_2

 私自身が、花粉症の辛い経験はしておりますので、一人ひとりの花粉症の症状に合わせて、漢方薬の処方を選択しております。

 漢方薬との出会いから、30年以上?になりますが(笑)

 最近は、アンチエイジングや更年期症状のための漢方薬を服用しておりますが、今年の花粉に対しても私の場合は大丈夫だと思いますよ (^^)v

2019年2月12日 (火)

乾燥にきび肌に効果的な漢方は?

 「にきびが治りません。乾燥するので、ヘパリン軟膏をずっと、顔全体にたっぷり塗っていますが、塗らないとカサカサ、ザラザラしますが、にきびは脂っぽいです。」

 にきびができていても、皮膚は乾燥している方は多いです。エアコンなどにより、肌の乾燥に悩む方が多い季節です。Img_2892_2

 保湿剤を塗ってもすぐにカサカサする。にきびが悪化するなど、悩みはつきないようです。

 乾燥肌の方は、保湿剤をたっぷり塗るだけでよいのでしょうか。空気の乾燥などに、適応できる肌づくりも大切です。乾燥により皮膚のバリア機能が低下しているとニキビができやすくなります。乾燥肌の改善により、ニキビも改善される場合が多いです。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 乾燥肌が改善され、にきびも改善されましたので、漢方薬を服用されて、約1カ月後には、ヘパリン軟膏が不要となりました。Ky42_07

 24歳の男性の方です。

 若い方は、皮膚の修復力が高いので、改善が非常に早いです。うらやましい限りです(笑)

 体の中から皮膚の乾燥を改善し、ニキビの改善効果のある漢方薬が効果的です。

 乾燥肌は漢方では、血虚として考えます。

 血虚とは、東洋医学の考え方で、血が不足して、循環がよくない状態を言います。

 体の中に栄養が十分に行き渡っていない状態と考えて頂けるとわかりやすいと思います。

◇乾燥肌

◇髪がパサつく

◇爪が割れやすい

◇ささくれができやすい

◇顔色が悪い、くすんでいる

◇足がつりやすい

などが、血虚の方に起こりやすい症状です。

 このような症状の改善には、漢方の補血薬と呼ばれるお薬などが効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「大人にきびに漢方」

乾燥肌や美肌の漢方治療も好評です。

「乾燥肌に漢方」

水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方をよさを活かした診療を行っております。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

2019年1月 9日 (水)

漢方を飲んでいるとドライアイが治って、目薬が不要になりました

 乾燥肌で漢方治療を受けられている方ですが、ドライアイで、目薬が手放せないという方でした。

 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬などの服用を続けているうちに、気づいたら、ドライアイの症状を感じなくなっていたそうです。目薬を差してもすぐに目がショボショボして、目が疲れる、目の周りも乾燥してかゆいなどの症状が、いつの間にか感じなくなっていたそうです。Img_2601

 漢方治療では、このように他の症状も一緒に改善される事がよくあります。

 漢方の視点では、乾燥肌を皮膚表面だけの症状と捉えるのではなく、体全体からバランスの乱れを考えて、整える治療を考えます。

 それにより、診察時にはこちらに伝えられていなかった症状も一緒に改善される方が多いです。

 この患者さんは、生理痛や生理不順などの症状で、漢方薬を服用されている方です。生理痛や生理不順で受診された方でも、体質は一人ひとり異なりますので、その違いに合わせた漢方薬を処方しておりますので、このように、ドライアイやその他の症状も改善される場合があります。Ky20_23_2

 女性ホルモンのバランスを整える漢方薬は、美肌効果やアンチエイジング効果が期待できる処方が多く、好評です。

「ドライアイに漢方」

生理痛・生理不順に女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が効果的です。

「生理痛・生理不順に漢方」

2018年12月25日 (火)

掌蹠膿疱症の関節痛に、漢方!!

 掌蹠膿疱症に漢方治療を行っております。掌蹠膿疱症性の関節炎も発症している方の受診も多いです。

 掌蹠膿疱症に悩む方は多く、ステロイドやタクロリムス軟膏などによる治療を受けられている方が多いようですが、思うような改善がみられない方が、体の中から皮膚炎や関節の炎症を鎮める漢方治療を希望されています。Img_2674

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、症状が改善される方が多いです。掌蹠膿疱症は、皮膚に老廃物や炎症物質が排泄されている状態なので、体の中からの体質改善により、少しずつ皮膚に現れている膿疱や炎症によるかゆみが改善される方が多いです。それに伴い、掌蹠膿疱症による関節の痛みを軽減される方が多いです。

 漢方薬は、長く飲み続けないと効果がないと思っている方が多いようですが、2、3週間くらいで、若干の軽快を実感される方が多いです。症状にもよりますが、最初の2、3週間くらいで、処方の再検討を行っております。

 調子がよいようでしたら、同じ処方で継続しますし、改善がみられないようでしたら、変方したり、他のお薬を追加したりして対応しております。 

 また、掌蹠膿疱症などの皮膚炎の場合は、皮膚炎の症状の変化や体調の変化に合わせて、細やかに対応して、処方を変方する場合が多いです。患者さんそれぞれのその時々に合わせて、細やかに対応できるのが漢方薬です。

 ステロイドやタクロリムス軟膏を中止したい方のご相談も多いです。これらの塗り薬は、急に中止しますと、リバウンドにより、掌蹠膿疱症の症状が激しくなる場合が多いので、漢方薬と併用しながら、ゆっくりと少しずつ減らしてゆくことをお奨めしております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックは、新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

「掌蹠膿疱症に漢方」

従来からのHPを順次リニューアルしています。より詳しい内容に書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

~*~*~*~Photo_2

 ある患者さんのお話です。

 「掌蹠膿疱症で、20年も悩んでいます。掌蹠膿疱症の関節炎の方が皮膚炎よりも辛いです。この鎖骨の辺りがずっと重い感じで痛いです。

 手の平よりも足の裏に、ブツブツ膿が出ています。ステロイドを20年以上塗っていますが、全然よくなっている感じはありません。いい加減塗るのを止めようかと思っています。

 それよりも痛みの方が辛いです。腰も痛くて、それは掌蹠膿疱症とは別みたいですけど、坐骨神経痛ですか、そう言われて、何年にもなります。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「漢方を飲んで1週間くらいで、鎖骨の痛みが楽になっているのがわかりました。腰の痛みもちょっといいみたいです。膿疱は、まだよくわかりませんが、漢方を飲んでから、そんなにかゆくなくなっています。」

 この方は、少しずつ痛みが軽減され、鎖骨の痛みをほとんど感じなくなりました。手の平や足裏の膿疱も漢方薬を服用されているとほとんど出ることがないと継続されています。

 「20年以上も悩んでいたのに、驚きました。もっと早く来ればよかったです。」

「掌蹠膿疱症に漢方」

従来からのHPを順次リニューアルしています。より詳しい内容に書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

2018年12月21日 (金)

しもやけには漢方!!

 「毎年しもやけができます。もうなっています。ビタミン剤などを飲んでいましたが、治らないので、諦めていましたが、こちらで治療して頂けると聞いたので、受診しました。」

 しもやけに悩む方は、意外に多く、治らないと受診される方が多い季節です。

 しもやけは、気温の低下や冷えなどにより手や足先の血流が悪くなると、手や足の指先が紫色になったり、赤く腫れあがったりする症状です。耳たぶや鼻などに赤い発疹ができる方もいらっしゃいます。Img_2636

 血流を改善する漢方薬がしもやけの改善に効果的です。水戸部クリニックでは、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。秋から冬の終わりまで服用されることで、しもやけにならずに過ごせる方、しもやけができても、例年よりも症状が軽く過ごせている方が多いです。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、個人で購入される場合とは異なり、経済的で続けやすいと好評です。

「しもやけ・レイノー症状に漢方」

 従来からのHPを順次リニューアルしています。より詳しい内容に書き替えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」 Ky25_20_2_2


 ~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「しもやけ治りました。こんなにすぐ効くなんて思っていませんでした。すみません・・・、正直に言ってしまいますと、漢方なんて効くと思っていませんでした。今までいろいろなところを受診しましたが、治りませんでしたから。

 それから、頭痛もなくなったのですが、漢方の効果ですか。」

 漢方薬は、しもやけを体全体のバランスの乱れの改善から考えますので、しもやけ以外の不調も改善される方が多いです。

2018年12月15日 (土)

貨幣状湿疹にステロイドを使わない治療

 「貨幣状湿疹が治りません。ステロイドを塗っていましたが、範囲が広がっています。こことか、この部分の皮膚の色が黒ずんでいるのも気になります。年寄りだから仕方ないと言われましたが、かゆくて困っています。」

 貨幣状湿疹に漢方治療を行っております。ステロイドの塗り薬などによる治療が一般的ですが、治りにくい方、かゆみが辛い方の受診が多いです。

 体の中から皮膚の炎症を改善し、整える漢方薬を処方しております。貨幣状湿疹など慢性化している皮膚炎の改善に、西洋医学的な視点とは異なる捉え方による治療となります。

 患者さんそれぞれの皮膚の症状やその時の体質に合わせた漢方薬による治療になります。皮膚炎の症状の変化や体調、体質の変化などに細やかに対応できるのが漢方薬です。Img_2595

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックは、新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

 ステロイドやタクロリムス軟膏などを中止したい方、使いたくない方の受診も多いです。

 この患者さんの経過です。

 ご高齢の女性の方で、年齢的に皮膚の新陳代謝のスピードがゆっくりでしたが、服用を開始されて、2カ月くらいから改善を実感されました。治療の途中で、冬に湯たんぽによるやけどになったり、陰部の炎症が起こったりと、他の部分の皮膚トラブルも起こりましたが、その都度そちらの治療もしながら、少しずつ貨幣状湿疹の症状の改善がみられました。Ky24_111

 現在はほとんど症状が出なくなっていますが、服用していると体が温かくて、皮膚もかゆくならないと、継続されています。

「貨幣状湿疹に漢方」

 漢方薬は、自分で治す力自然治ゆ力を高めることで、皮膚だけではなく、体全体のバランスの乱れを整えることを考えた治療になります。

「健康寿命に老化対策の漢方」

2018年10月 2日 (火)

寒冷じんましんに漢方

 寒冷じんましんに漢方治療が好評です。気温が低くなり始めると、受診される方が多くなってきます。寒冷じんましんは、体が冷えた時に起こります。全身や冷えた部分に、膨らんだブツブツや紅斑が出る場合が多いです。Ky29_04

 冷たいものを食べたり飲んだりした時、冷たい風やクーラーの風に当たった時などにも起こりやすいです。また、冬などに、冷たい水を触っただけでも出る場合があります。

 寒冷じんましんも含めてじんましんは、抗ヒスタミン薬と呼ばれるお薬などで、改善される場合が多いですが、慢性化して治りにくい状態が続く場合があります。抗ヒスタミン薬を服用し続けないと、じんましんが出てくるという方に、体質改善の漢方治療が効果的です。

 体質に合わせた漢方薬の服用により、慢性化していた寒冷じんましんが出なくなってくる方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方で来院が難しい方には、オンライン診療が好評です。

「慢性じんましんに漢方」

~*~*~*~Ky27_06

 ある患者さんのお話です。

 「今年の1月頃から寒冷じんましんが続いています。温める薬はないと言われて、抗ヒスタミン薬を飲んでいます。漢方がよいと聞きましたので、来てみました。」

 薬のアレルギーもある方でしたので、漢方薬も少量から服用して頂いて様子をみました。

 2週間後、

 「体が温まった気がしますが、まだじんましんが出ます。朝起きた時に、赤く小さい発疹が出ます。水仕事をして、手についた水滴を拭かずに、そのままにしていると、バーッと出て来ます。」

 服用されて、問題がなかったので、漢方薬の服用量を通常量に増やしました。

 1か月後、

 「じんましんはほとんど出なくなりましたが、雨の日など温度変化で、かゆくなる時があります。」

 前回の漢方薬に漢方薬を追加して更に1か月後、

 「あれからじんましんが出なくなりました。抗ヒスタミン薬も飲まなくても大丈夫になっています。また出ると心配なので、もう少し漢方を続けたいです。」

「慢性じんましんに漢方」

 従来からのHPの内容を順次リニューアルしています。漢方薬についてより詳しい内容に順次書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

2018年9月30日 (日)

円形脱毛で、ヒゲまで抜けた方に漢方

 円形脱毛症に漢方治療を行っております。ストレスや心配事などが原因となっている場合が多く、脱毛が止まらず、範囲が広がって困っている方の受診が多いです。脱毛は、頭皮だけではなく、まつげやまゆ毛、体毛やひげも抜けてしまうがいらっしゃいます。Ky41_07_2

◇脱毛が進み、範囲が広がっている

◇脱毛部分に、毛が生えてこない

◇発毛してもすぐに抜ける

◇まつ毛やまゆ毛、ひげ、体毛も抜けて、なかなか生えてこない

などのご相談が多いです。

 ストレスなどに対応した漢方薬や毛根に栄養を届ける漢方薬などの服用により、過剰な脱毛が改善され、以前のような状態を保つことができるようになる方が多いです。

「円形脱毛症に漢方」 Ky41_132

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「脱毛です。頭のこの辺から始まりました、朝起きると、髪の毛が束になって、抜けています。範囲が広がっています。ひげも抜けて、生えて来ないんです。ひげを剃っても、まだらになっていて、わかるので、気になっています。なんかすね毛も、ここら辺が抜け始めた感じがします。」

 最初に脱毛に気づいた頃の環境の変化などを伺いました。就活で忙しい時から始まっていたことがわかりました。

 「そういえば、そうでした。就職先は決まったので、もうそんなに気にしていないつもりでしたが・・・。まだずっと抜けていますね。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。最初の2カ月くらいは、安定せず、発毛しても別の部分が広範囲に抜けたりしていましたが、その後安定し始め、抜けた部分に生えた毛が伸び始めました。

 「頭のこの辺は、生えているのがわかりますが、この耳の横がまだのようです。」

 よく見ると、細い毛が生えているのが確認できました。少し安心されたようです。

 その後、発毛が順調に進み、過剰に抜ける事もなくなり、脱毛部分がわからないくらいに回復しました。

 「よかったです。髪もすね毛も以前よりも濃くなったみたいです。(笑)」

「円形脱毛症に漢方」

 従来からのHPの内容を順次リニューアルしています。漢方薬についてより詳しい内容に順次書き換えております。

「私の漢方情報サイト・MY漢方」

より以前の記事一覧