カテゴリー

育児

2020年1月29日 (水)

子供の鼻づまり、口呼吸が治らない

 「いつも鼻がつまっているので、口呼吸をしています。

 寝ていて咳き込んで苦しそうにしています。

 いろいろとお薬をもらって飲ませていたのですが、よくならないので、漢方薬がよいと聞いてきました。」

 7歳の男の子です。

 このお子さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Img_6112

 2週間後、

 「鼻の通りが良くなって、鼻水が出せるようになりました。

 口呼吸が治りました。何年も治らなかったのに・・・。

 咳もほとんど出なくなって、ぐっすり眠れています。」

 乳幼児期から鼻づまりで受診されるお子さんが多いです。

 鼻腔も狭くて短いので、鼻づまりが起こりやすいですが、お子さんそれぞれの体質や鼻づまりの症状に合わせた漢方薬により改善される方が多いです。

 自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしく作用しますので、生後2,3か月のお子さんから服用できます。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、お子さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと、子育て世代の方々にも好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「子供の鼻炎・花粉症・ちくのうに漢方」

2019年11月 5日 (火)

流産を繰り返していましたが、妊娠、出産しました^^

 不妊に悩む方に、ホルモンバランスを整える漢方治療が好評です。

 生理周期や生理前の症状や体質などに合わせた漢方薬の服用により、妊娠しやすい体質に整うように、漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 Img_5329

 ~*~

 ある患者さんのお話です。

 「流産を繰り返しています。

 妊娠したのですが、途中で発育が止まってしまって・・・、今、婦人科の帰りに寄りました。

 年齢も年齢なので、早く次に気持ちを向けたいと思います。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 しばらく継続されて妊娠され、無事出産されました。

 その後、二人目もご希望でしたので、婦人科と漢方治療と併用されまして、二人目のお子さんも妊娠、出産されました。

 数年ぶりに、他の症状で受診されました。かわいいお子さんと一緒に来院されました。

 「あれだけ不妊に悩んでいたのに、二人も授かるなんて、夢のようですね。

 今日は、生理前のイライラとだるさなど、いろいろありまして・・・。

 ちょっとした事で、上の子を怒ってしまったりします。

 それから・・・。」

 この方のように、出産のご報告も兼ねて受診される方が多く、こちらも幸せな気分になります。

 育児の忙しさやお子さんを思うことによる、不安や心配で、ドキドキしたり、眠りが浅くなっていたりしていて、心身共に疲れているお母様が多いです。015

 心と体の疲れに体にやさしい漢方薬が好評です。

「育児ストレスに漢方」

 産後からの体調不良に対応した漢方薬も効果的です。

「産後の体調不良に漢方」

 不妊に関しての漢方薬選びは、漢方に詳しい医師や薬剤師に

 不妊で漢方治療を希望される方は多く、ネットなどによる情報もたくさん見られますが、生理周期や排卵の状態、体質、年齢などにより、ご自身に合う漢方薬を選択されるのは、難しいと思います。

 漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

「不妊治療に漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

2019年10月23日 (水)

思春期の吐き気、食欲不振に漢方

 「生理の数日前から吐き気がして、ごはんが食べられなくなります。

 それは前からありましたが、生理前でなくても、食事を前にすると、食べたくなくなります。

 部活でもいろいろとあって・・・。l」

 思春期のお子さんに多い症状です。Img_4477

思春期のデリケートな心と体の変化を考慮して、お子さんそれぞれに合わせた漢方処方

 よくお話を伺っていると、処方の候補が頭に浮かんできます。

 東洋医学では、症状が起こっている原因となる心や体のバランスの乱れを整えることで、症状の改善を考えます。

 お子さん一人ひとりの表情や顔色、訴えなどを細かく配慮しながら、その方に合う漢方薬を選択して処方しております。

 漢方薬に関する情報は、ネット検索や書籍などから得ることができるとは思いますが、同じような症状で悩んでいる方でも、体質は一人ひとり異なりますし、生活環境や感受性など、様々な違いがあります。

 その違いに細やかに対応した漢方薬により、心や体のバランスの乱れが改善されることで、症状が改善される方が多いです。

 漢方薬は、それぞれが多様な症状に対応している処方が多いので、ご自分に合う漢方薬を見つけることは難しいと思います。

 漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

健康保険適用の漢方薬

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

少しずつ食欲が出てきました049 

 このお子さんの症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少しずつ食べられるようになってきました。

 学校で、牛乳が飲めなくなっていたのですが、飲んでみたら大丈夫でした^^」

 服用されていると調子がよいと、継続されています。

思春期のお子さんの心と体の不調に対応した漢方

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

女の子の心と体の不調に細やかに対応した漢方があります。

「思春期女子の心身の不調に漢方」

胃腸の不調に対応した漢方

「胃痛・胃炎・食欲不振に漢方」

2019年10月12日 (土)

夜中に起きて、家の中を歩き回る子供

 「夜中に起きて、家の中を歩き回っていることが多いです。

 夢遊病みたいな感じで、本人は覚えていないそうです。

 トイレではない場所で、おしっこをしてしまった事もあります。もう中学生なんですけどね・・・。

 近くの小児科で抑肝散を処方された事がありましたが、効果がなかったです。」Img_5295

 このお子さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「あれから一度も夜中に起きませんでした。

 毎晩起きて、歩き回っていたのに、寝ぼけて寝言をいうこともなかったです。」

 夜中に突然目を覚まして、

◆泣き叫ぶ

◆恐怖の表情やおびえたような動作をする

◆大声を出す

◆歩き回る、走り回るA307_107

などの症状があり、ご家族が話しかけてもほとんど反応がなく、翌朝になって聞いても、ご本人は覚えていないという場合が多いです。

 水戸部クリニックでは、夜驚症などの症状に、漢方薬を処方しております。 

 お子さんそれぞれの体質や生活習慣、環境などを考慮した処方で改善される場合が多いです。

「疳の虫、夜泣き、夜驚症に漢方」

 漢方薬は、生後2,3カ月のお子さんから、ご高齢の方まで服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っておりますので、必要に応じて、西洋薬と漢方薬の併用も行っております。

「西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2019年9月25日 (水)

台風の時や低気圧が近づくと頭痛がする方に漢方

 「台風や低気圧が近づいてくると、めまいと頭痛がひどくなります。

 吐き気がする時もあります。

 具合が悪くなって1週間も学校へ行けなくなります。」 A306_087

 天候が悪くなると、体調が悪くなる、いわゆる「気象病」と呼ばれるような症状に漢方治療を行っております。

 めまいや頭痛、吐き気、関節の痛みが強くなるなど、体調不良を感じる方がいらっしゃいます。

 「天気が悪いと古傷がうずく」と言われる方も多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この患者さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「大丈夫でした。学校に行けたんです。

 大型の台風が続けて近づいてきて、新潟も大荒れの天気でしたから、子供とドキドキしながら過ごしていましたが、漢方を飲んでいたら、めまいも頭痛も起こらなかったので、普通に学校行くことができました。」

 お子さんご本人もニコニコしていられました。Img_5225

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「耳・鼻・喉の症状に漢方」

 関節の痛みに対応した漢方治療も行っております。

「関節痛・しびれ・むくみに漢方」

2019年9月 4日 (水)

起立性調節障害のめまいが治らない子供に漢方

 「起立性調節障害で、薬を飲んでいますが、よくなりません。

 朝になると、めまいがしたり、頭痛がして起きれない日が多いです。

 午後になると調子がよくなります。」A307_114

 このようなお子さんに、体質改善の漢方薬が効果的です。

 成長期のお子さんに多い症状ですが、自律神経系のバランスの乱れによる場合も多いですが、ストレスや緊張などが原因となっている場合もあります。

 お子さんの不調や心に寄り添った診療を心がけております。

 大人が感じないようなことに、不安や恐怖を感じていて、それがストレスや緊張となっている場合も考えられます。

 思春期のお子さんの繊細なお気持ちを考慮することも大切に考えております。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験によりお子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「子供の起立性調節障害・自律神経失調症に漢方」Img_4789 

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年8月30日 (金)

母乳の出が悪い方に漢方⁉

   授乳は、赤ちゃんとお母様の大切な時間です。

 一生懸命におっぱいを飲んで、スヤスヤと眠りにつく姿は、愛おしくて、幸せな気分になりますね。

 その大切な時間に、おっぱいの出が良くない、おっぱいが足りなくて、怒ったように泣かれる・・・。

 というお母様が受診されています。 

 出産時の体力の消耗が激しく、体調が戻っていない方、育児の疲れが取れない方に多い症状です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 ある患者さんのお話です。Ky12_12

 「母乳が足りないです。

 飲んでいて、出なくなるみたいで、怒ったように反り返ります。

 母乳が溜まって乳房が張ってくる感じもないので、母乳の作られる量が少ないんだと思います。

 ミルクを飲んでくれないので、困ります。

 本人(赤ちゃん)も私もいつもぐったり疲れてしまいます。

 食事も工夫したり、おっぱいマッサージも受けていますが、母乳が増えてはいないみたいです。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「母乳の出が少し良くなった気がします。」

 継続して1カ月後、

 「母乳がよく出るようになっています。

 本人が満足するくらい出ているようで、おっぱいを飲みながら、ウトウトして、寝付けるようになりました。

 母乳が溜まってきて、乳房が張ってくるのがわかります。」

「産後の体調不良に漢方」

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療を行っております。

 必要に応じて、西洋薬と漢方薬の併用も致します。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年8月20日 (火)

夜驚症の子供に漢方薬

 「熱が出た時に、夜驚がありました。

 その後から、熱が下がっても夜驚が続くようになりました。

 学校でも緊張しているのか、家に帰って来た時に、肩がカチカチになっています。」Img_4761_20190820122101

 感受性の高い、真面目なお子さんに多い症状です。

 日中のイライラやかんしゃくに悩む親御さんは多いです。

 漢方薬は、自然の生薬から作られていますので、お子さんの心と体にやさしく作用します。

 夜驚症は、成長に伴って自然に治る場合がほとんどですが、心配される親御さんが多いようです。

 漢方薬を服用されているうちに、いつの間にか症状が気にならなくなるお子さんが多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。245

 このお子さんは、

 「とてもいいです。

 学校から帰ってきても、肩のカチカチしたロボットみたいな感じがなくなりました。

 夜驚も2回くらいありましたが、それ以来ないですね。

 続けてみたいです。」

「疳の虫、夜泣き、夜驚症に漢方」

2019年7月31日 (水)

夏休み 子供の暴言にイライラ

 夏休みが始まりましたね。

 家でお子さんと一緒に過ごす時間が増えたためでしょうか、親子喧嘩の回数が増えて、疲れている親御さんの受診が多くなります。

 イライラしたり、疲れていると、心に余裕がなくなってしまうものです。

 お子さんとの大切な時間を楽しく過ごすために、漢方薬を希望される方が増えています。

 一般的な精神安定剤とは異なり、眠気やだるさは起こりませんので、大変好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「育児ストレスに漢方」Img_3815

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「夏休みに入って、親子喧嘩が増えました。

 ちょっとすると、暴言をはくので、イライラします。

 仕事もあるので、忙しいのに、わがままは言うし、下の子と喧嘩ばかりします。

 もう、仕事中が私の息抜きの時間になっているくらいです・・・(^^; 」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「なんかいいみたいです。

 まだイライラしますが、しますけど、なんか違いますね。

 だんなに当たるほどまではならなくなりました。

 それから、生理も楽だったのは、漢方ですか。

 生理前は、いつもどうしようもなくイライラしていましたが、そんなにイライラしなかったですし、

 PMSも軽く済みました。」A307_075_20190731110501

 一つの漢方薬が、多様な症状の改善に効果を発揮することがあります。

 漢方薬は、体全体のバランスの乱れを整える事で、心や体の不調を改善する効果がありますので、診察時に伝えられていなかった症状も一緒に改善されることがよくあります。

 お子さんの成長は、過ぎてしまうとあっという間です。

 親御さんにとっても楽しい思い出になります。

 せっかくの夏休みです。たくさんの楽しい思い出を作って下さい^^

 水戸部クリニックでは、乳幼児からご高齢の方の心と体の不調を整える漢方治療を行っております。

 なかなか治りにくい症状や皮膚炎など、多様な症状に対応しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」 

2019年7月22日 (月)

陰嚢湿疹が治らない方に漢方

 陰嚢湿疹に悩む方に、漢方治療が好評です。

 ステロイド軟こうなどを塗っても、すぐに再発する、かゆくなるという方のご相談が多いです。

 陰嚢の裏側や内股周辺部が、蒸れてかゆくなったり、湿疹ができやすいという方が多いようです。

 乳幼児の方から成人男性の方まで、かゆみや湿疹に悩む方に、漢方治療を行っております。

 ステロイドを使いたくない、中止したい方のご相談も多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「陰部湿疹に漢方」Img_4303

 ある患者さんのお話です。3歳の男の子です。

 「アトピーがあります。

 ステロイドを塗っていますが、3日くらい塗らないとまた赤くなって、かゆがります。

 それから、おちんちんの裏側が、かゆくて掻くのでただれて、こんなになっています。」

 陰嚢の裏側が、掻き壊して、ジュクジュクしてただれていました。

 このお子さんの体質と皮膚の状態に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「まだよくわかりません。

 でも、漢方薬を飲む前よりも、うんちの出がよくなった感じがします。」

 その後1カ月、

 「少しいいみたいです。

 以前よりもかゆくないみたいで、体をボリボリかかなくなりました。

 おちんちんの裏は、まだかゆいみたいですが、ジュクジュクした感じがなくなって、少しよくなっているみたいです。」Ky24_02

 漢方薬を服用されて約5カ月後くらいには、おちんちんの裏側の湿疹は、きれいになりました。

 ステロイドも完全に中止しています。

 漢方薬も中止してしばらく調子がよかったのですが、梅雨時から汗によって、掻き始めたので、早めに受診されました。

 涼しい季節になるまで、予防として、漢方薬を少量服用されています。

 成人男性の股間のかゆみ、湿疹も対応しております。

「陰部湿疹に漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

より以前の記事一覧