カテゴリー

旅行・地域

2017年10月19日 (木)

便意があるのに、便が出ない方のための漢方

 便意があってトイレに行くのに、なかなか出ない、日に何度も便意があるなどの症状に悩む方に漢方治療が好評です。Img_8529_2

 このような症状は、慢性的な便秘やストレスなどによる過敏性腸症候群による場合が多いです。またガンなどの重篤な疾患が原因となっている場合もあるので、症状が続いている方は、検査を受けられることをお奨めします。

 検査を受けても特に異常が認められない方、思うような改善がみられない方に、胃腸の働きを整える体質改善の漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、オンライン診療(遠隔診療)にも対応しておりますので、遠方の方、新潟県外から受診される方も多いです。Ky22_08

◇1日に何度も便意を感じるが、便が出にくい

◇お腹のハリやガスが溜まっている感じが続く

◇残便感がある、何度もトイレに行くが、スッキリと出ない

◇便秘が続いていて、出ると下痢になる

など様々ですが、一人ひとりの症状や体質に細やかに対応できるのが漢方薬です。

「便秘・腹痛に体質改善の漢方薬」

「過敏性腸症候群に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を こんな症状に漢方」

2017年10月18日 (水)

漢方で首のしわが薄くなりました(^-^)

 新潟で漢方治療を行っておりますが、他の症状で漢方薬を服用されている方でも美肌効果を実感される方が多いです。

 漢方薬は、体全体のバランスを整える処方になりますので、皮膚の新陳代謝が活発になり、お肌のハリやツヤの改善を実感される方が多いです。

 また、ニキビや肌荒れで受診された方が、生理痛が軽くなったり、他の症状も改善される場合も多いです。Img_8488

 ネット検索などによる情報で、漢方薬を選んで服用される方がいらっしゃるようですが、思うような改善が見られなかったと、受診される事もあります。漢方薬は、一つの処方が、多様な効果を持ち合わせている場合が多く、長年の経験による処方の使い分けが、重要となります。

 心身の不調で漢方薬を服用してみたい方は、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談される事をお奨め致します。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

~*~*~*~Ky39_20_jpg1

 冷え性をドライアイで漢方薬を服用されている患者さんです。冷え性が改善され、ドライアイも改善して、継続して服用されています。

 「漢方を飲んでいると、お肌もきれいになりますか?なんかお肌のハリが違って来ました。首のしわというか、たるみが薄くなっている気がします。手の甲のくすんだような感じも少しいい感じがします。」

 美肌やアンチエイジングのご相談も受付ております。大変好評です^^

「女性の健康と美しさのための漢方」

「美肌・美容の漢方」

「美肌の秘訣は体内バランスにあり」

2017年10月17日 (火)

1年以上続いている咳、検査異常ないのに、止まらない。

 「咳が1年以上続いています。検査をしても異常がないと言われましたが、昼も夜も出るので、人前だとマスクを離せません。のどがつかえた感じも続いています。

 寝ていても咳が出るので、苦しいです。困っていたら、知り合いにこちらを紹介されました。」

 友人の方や職場の方、ご家族のご紹介で、受診される方が多いです。

 新潟で、漢方治療を行っているクリニックです。長引く咳や痰、喘息症状の予防や改善の為の漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 オンラインによる診療(遠隔診療)も受付ておりますので、新潟県外からの受診も増えています。Img_8781

 漢方では、咳や痰の状態、その時の体力や体質に合わせた処方になります。

 例えば、痰が絡む湿った咳と痰が少ない咳では、処方される漢方薬は異なります。

 昼夜関係なく出る咳と、寝ている時に多い咳、体力がある方、咳による体力の消耗が激しい方、切れにくい痰と切れやすい痰の場合でも処方される漢方薬は異なります。

 長年の漢方診療の経験を活かして、患者さんそれぞれの咳や痰の状態、体力や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Ky16_23_2

 この患者さんの体質に合わせた漢方薬を処方しました。1年以上続いていた咳が少しずつ少なくなりました。

 「ほとんど咳が出なくなって、人前でマスクをしなくても大丈夫になりました。漢方薬を飲んでいると、体調もよいです。のどのつかえる感じもなくなりました。もっと早く来ていればよかったです。」

 のどのつかえる感じは、咳が続いていた事によるストレスが原因となっていた可能性があります。咳がほとんど出なくなった事で、周囲を気にする必要がなくなりましたので、それによるストレスが改善された為と思われます。

「咳・痰・喘息に新潟の漢方治療」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「長引く咳・痰に漢方」

2017年10月16日 (月)

しもやけがひどい方に漢方

 毎年しもやけになる方、年々ひどくなっている方の受診が増えています。急に気温が高くなる日もありますが、朝晩は気温が低い日が多いでね。

 しもやけが辛い方、手の指先までなる方などに、血流を改善する漢方薬が好評です。患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。Img_8752

 しもやけは、気温の低下や冷えなどにより手や足先の血流が悪くなると、手や足の指先が紫色になったり、赤く腫れあがったりする症状です。耳たぶや鼻などに赤い発疹ができる方もいらっしゃいます。

 気温が低くなり始める秋から冬にかけて症状が出る方、冬の終わり頃から春先になると症状が出る方が多いですが、夏になっても治らないと受診される方もいらっしゃいます。手足のマッサージやクリームなどでは改善されない方のご相談も多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、患者さんぞれぞれのしもやけの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)も受付ておりますので、以前よりも新潟県外からの方の受診が増えています。

「レイノー症状、しもやけに漢方」

新しいHPもご覧ください。よりわかりやすい内容を目指しております。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「しもやけが、年々ひどくなっています。何年か前までは足だけでしたが、手にも出るようになっています。こんなに腫れてしまって痛くて辛いです。」

 指先から手の甲まで赤紫になりパンパンにむくんでいます。指先が氷のように冷たい方でした。Ky26_20

 しもやけの炎症が激しく、手の甲が腫れて、むくんでいましたので、血行を改善し、炎症を鎮め、むくみを改善する漢方薬を処方しました。

 2週間後、手の腫れやむくみが少しずつ引いて来ましたが、手足の指先は、赤紫です。

 「漢方を飲んでから、手足が温まっているのを感じています。まだまだですが、飲む前とは全然違います。来てよかったです(^◇^)」

 漢方薬の継続により、少しずつしもやけの炎症が改善され、健康なきれいな指先に戻りました。現在は、気温が低くなる秋ごろになると、予防の為に受診されています。

~*~*~*~

 「しもやけが治りません。お風呂に入っても、すぐに冷えます。ひどくなると足がむくんで、階段を上がれなくなるほどになります。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しましたが、なかなか改善がみられませんでした。漢方でいう「お血(血のめぐりが悪い状態)」が、とても強い方と判断し、血流改善の漢方薬を変方したり、追加したりなど、調節しました。少しずつ手や足の指や甲の腫れと赤紫色の皮膚が改善され始めました。Ky25_20_2_2

 この方は4か月後にやっと手の指先が温かくなって来たことを実感されました。しもやけによる指の腫れや赤紫色が改善され、きれいな手足に戻りました。 

 冷えが強い方なので、夏の間は、予防の為に量を減らして漢方薬を服用されています。

「レイノー症状、しもやけに漢方」

新しいHPもご覧ください。よりわかりやすい内容を目指しております。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

~*~*~*~ 

 学会で金沢へ行って来ました。観光客の方で賑わっていました。新潟は、美味しいものがたくさんあります。県外からの方が、診察の帰りに観光して食事をされた方が、喜んで下さいます^^

2017年10月12日 (木)

大人のあせもが治らない時は漢方

 涼しい日が多くなりましたが、あせもが治らない方の受診が続いています。お子さんに多いあせもですが、近年は、大人の方のあせもの受診も増えています。

 あせも(汗疹)は、汗腺が詰まって発汗が妨げられ、汗が皮膚にたまることで起こります。

 塗り薬による治療が一般的ですが、なかなか治りにくい方、かゆみが辛い方、あせもの痕が気になる方に、体の中から皮膚を美しく整える漢方治療が好評です。

 汗腺のつまりを改善したり、汗による皮膚の炎症を鎮める漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「治りにくい皮膚症状に漢方」 529116804_917847_1

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。20代の女性です。

 「夏前からのあせもが、ずっと治らないんです。背中は治ったのですが、おしりの部分が、ずっと治りません。近くの皮膚科でステロイドも処方されたのですが、全然治りません。

 水着も着れなかったです・・・ weep 

 先生~ 痕が残りますか?」

 不安そうでした。

 あせもの炎症が落ち着いてから、傷跡などをなめらかに整える効果のある漢方薬に変方しました。

 「にきびもきれいに治りました。来年は、水着が着れます (^^♪ ありがとうございます。」Ky54_15_2

 夏の終わりから秋にかけて、虫刺されの痕やあせも、かぶれなどの掻き壊しの痕や黒ずみなどが気になる方の受診が増えます。

 美肌の漢方薬が大変好評です。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「治りにくい皮膚症状に漢方」

2017年10月10日 (火)

稲花粉で鼻水が止まらない時は、眠くならない漢方

 新潟では、稲刈りが終盤になっていますので、稲花粉のアレルギー症状が落ち着き始めた方が多いように思います。

 連休中は全国的に秋晴れだったようなので、お出かけされた方が多いようです。

 「連休中に福島へ行ったら、まだ稲刈りが済んでいない田んぼが多くて、また症状が出てしまいました。」

 「連休中に、山の方へ旅行に行ったら、目が痒くなって、鼻水が止まらなくなっています。」

 「また今年も症状が始まりました。秋ですね。いつもの漢方薬を下さい。」

と受診される方が多いです。Img_8635_2

 漢方薬は、秋の花粉症の症状に細やかに対応しております。鼻炎症状でも、鼻水が主症状の方、鼻づまりが主症状の方では、対応する漢方薬が異なります。

 目のかゆみもある方、喉のチクチク、イガイガが主症状の方には、その症状に対応した漢方薬になります。花粉による皮膚炎のご相談も受付ております。

 一般的な抗ヒスタミン薬とは異なり、眠気や喉の渇きなどが起こりませんので、車の運転や仕事、日常生活などに支障が出にくいと好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「花粉症に体質改善の漢方」

「耳・鼻・喉の症状に漢方」 Img_8669

~*~*~*~

 今日は平日なのに、お子さんの受診が多いと思っていたら、文化祭の代休の方が多いのですね。

2017年10月 5日 (木)

げっぷが多すぎて、横隔膜が痛くて辛いです。そんな時の漢方

 「げっぷが多すぎます。ずっと続いていて、横隔膜が、痛くなっています。寝る時もうつぶせにして、押さえていないと、痛くて辛いです。どこへ行っても異常がないからと言われています。ご飯を食べるもの大変です。」

 と受診された患者さんのお話です。

 げっぷの原因としては、食道裂孔ヘルニアなどによる逆流性食道炎や空気をたくさん飲み込んでしまう呑気症などが考えられます。

 逆流性食道炎が原因となっているげっぷであれば、治療薬で改善される場合が多いです。 

 呑気症の場合は、胃の働きや安定剤などによる治療が一般的です。

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療を行っております。げっぷなどの不調などが思うような改善がみられない方に、必要に応じて、西洋薬と漢方薬による治療を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟で漢方診療を行っておりますが、遠隔診療も受付ておりますので、新潟県内外からの方が受診されています。Img_8484_2

 この患者さんは、逆流性食道炎の治療薬などを処方されていたそうですが、激しく出続けるげっぷは、治まることはなかったそうです。

 この患者さんの場合は、げっぷが続いていることにより、横隔膜の部分の痛みもある事も考慮した漢方薬を処方しました。この方の場合は、漢方薬のみの治療としました。

 「げっぷが出る回数が、驚くほど減りました。まだ出ますが、普通にご飯が食べれられるよういなりました。人と話をするのも大変でしたが、こんなに普通にしゃべれるようになりました。そういえば、この辺、横隔膜の痛みは治りました。」

 横隔膜周辺部の痛みは治ったので、漢方薬を1種類にして、継続されていらっしゃいます。調子がよいと漢方を中止したら、すぐにげっぷの回数が増えてしまったそうです。

 ご高齢の方の場合は、加齢による体の機能のバランスの乱れにより、慢性的なげっぷが続いている場合があります。このような方は、漢方薬の継続服用により、症状の改善が維持できる場合が多いです。

「内科・胃腸症状に漢方」

「高齢者の生活の質を改善する漢方(老化予防)」

 従来からのPC用HPもご覧ください。

「こんな症状に漢方」

2017年10月 1日 (日)

漢方治療で自然妊娠しました。

 「妊活を始めて、約2年半になりますが、妊娠しません。婦人科では、夫婦共に異常がないので、なんで妊娠しないんだろうね・・・と言われて、それが余計にストレスに感じています。

 人工授精では妊娠とならなかったので、漢方で妊娠しやすいようになればと思って受診しました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。基礎体温が少し低めでしたので、黄体機能のバランスを整えることなどを考慮した処方としました。Img_8455_2

 7月から漢方治療を開始されました。

 10月の上旬に、体外受精のために採卵の予定でした。

 先日お電話を頂きました。

 「生理が遅れていましたが、旅行に出かけたせいかな と思っていましたが、もしかしてって、検査をしてみたら、妊娠陽性反応が出ました。なんだか実感が涌かないのですが・・・そどうしたらいいですか・・・。」

 漢方治療を開始して、約2か月で、自然妊娠となりました\(^o^)/

 『おめでとうございます。漢方は中止して、婦人科へ受診して下さい。お腹を冷やさないように、ストレスを溜めないようにして下さいね・・・。』Ky55_05_2

 いつも嬉しくて、お母さんのような発言になってしまいます(笑)

 不妊に悩む方のお辛い気持ちに寄り添った診療を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、通常のお薬のように、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 不妊治療と並行して妊娠となる方、漢方治療のみで、自然妊娠となる方など様々です。

「不妊症・不育症治療に漢方」

「卵管水腫・閉そくに漢方」

「子宮内膜症・多嚢胞性卵巣に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「不妊症治療に新潟の漢方」

2017年9月28日 (木)

腰椎すべり症の激痛に漢方

 「5月に腰椎すべり症になりました。それから3か月になりますが、激痛で泣いていました。寝ていても起きていても、痛くて痛くて、死にたいくらいです・・・。娘が漢方がいいと、こちらを調べてくれて連れて来てもらったんです。いたたた・・・。すみません、痛くてやっと動いています・・・。」

 娘さんに付き添われて、診察室へ入って来られました。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつ痛みが軽減され、漢方を開始して約1か月になります。

 「漢方を飲んで痛みが驚くほど楽になりました。このまま寝たきりになるのかと思ったり、死んだほうがマシなんて考えたりしていたのが、嘘の様です。毎日畑仕事に出られるようになりました。このまま続けていてもいいですよね。」Img_8465_2

 腰椎すべり症や脊柱管狭窄、椎間板ヘルニアなどによる痛みに、漢方治療が効果的です。患者さんそれぞれの痛みの原因や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

「脊柱管狭窄・椎間板ヘルニアなどに漢方」

「腰痛やしびれに漢方」

 長年の漢方診療の経験を活かして、ご高齢の方の生活の質の改善に力を入れております。痛みやしびれ、だるさなどが慢性化すると、気持ちが沈んだり、やる気がなくなったり、外出がおっくうになったり、寝てばかりの生活になりがちです。

 痛みやしびれを感じる部分を動かさないようにしていると筋力が衰えたり、全体の機能低下が進行しやすくなります。Ky32_09

 気力の低下や気分の落ち込みが、鬱や認知症に移行する原因になりやすいことはご存知かと思います。

 水戸部クリニックでは、患者さん一人ひとりの症状や辛いお気持ちに寄り添った医療を心がけております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、ご自宅で診察が受けられる遠隔診療(オンライン診療)が可能となりましたので、新潟県全域や県外からの方も増えています。

「老化予防に漢方・認知症・介護予防に」

2017年9月27日 (水)

子供の咳、痰、吸入薬を減らしたい時の漢方

 子供は、呼吸器系が弱い傾向があり、成長と共に丈夫になっていくと言われていますが、苦しそうな咳が続いていたり、寝ている時に激しい咳をしていると、親御さんは心配になりますね。

 風邪をひいて咳だけ残っている場合や気管支喘息などによる場合などがありますが、咳止めや吸入薬では、咳が止まらない、吸入ステロイドを減らしたい方に、体質改善の漢方治療が好評です。Img_8451_2

 風邪などによる感染症、アレルギーなどによる気管支炎、喘息などが多いですが、咳が続いていると体力の消耗が激しく、免疫力が低下して、治りにくくなる場合があります。食欲が低下したり、辛そうにしているのをみていると心配になるでしょう。

 漢方では、咳や痰に対しての処方や体調を整え、免疫力を高める処方があります。新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「新潟の小児の咳・痰・喘息に漢方」

「子供の病気に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「子供の症状に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。5歳のお子さんです。

 「月に何度も風邪をひきます。風邪から必ずといっていいほど、喘息のような症状になります。ヒューヒューが聞こえたら、吸入薬を使っていますが、苦しそうにしている事が多いです。漢方がよいと聞いて、受診しました。」A306_027_2

 お子さんの体質に合わせて、体質改善の漢方薬を処方しました。喘息の様な咳や痰が始まったら、もう一種類の漢方薬を追加で飲ませるようにお話しました。症状が激しい場合は、吸入薬も一緒に使って頂きました。

 「風邪をひく回数が減っています。咳が出ても前よりも軽くなっています。吸入薬を使い回数が減って来ました。なんかすごくよく食べるようになっています。漢方の効果ですか。」

 体質改善の漢方薬により、風邪をひきにくくなったり、小食だった子が、よく食べるようになる事はよくなります^^

「新潟の小児の咳・痰・喘息に漢方」

「子供の病気に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「子供の症状に漢方」

より以前の記事一覧

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ