カテゴリー

« 後鼻漏が治りません | トップページ | 潰瘍性大腸炎で血便が止まらない »

2020年8月 5日 (水)

イボを治したい

 イボに悩む方に、漢方治療を行っております。

 イボにもいろいろな種類がありますが、小さいのに、なかなか頑固に存在しているので、困ったものです。

 イボができている部位によっては、切除などが難しいと言われる場合もあるようですし、増えて困るとのご相談も多いです。

 漢方治療でも、改善までに長期間を要する場合が多いですが、意外に早い改善がみられる場合もあります。

 漢方では、イボの性状(イボの種類など)だけではなく、皮膚の状態や年齢、体全体のバランスの乱れを考慮して、処方を検討します。

「青年性扁平疣贅に漢方」Img_7327

 ~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「イボが治りません。 

 頭の中と顔に何か所かできています。

 顔のイボは、小さいですが、増えている気がします。」

 頭皮の中に数個大きめのイボが、顔に小さめのイボが数個できていました。

 変化がわかりやすいように、写真を保存しました。

 継続されて、約3週間後に比較しましたら、

 頭皮のイボは、頭皮とイボの境界が、はっきりとしていたのですが、少し緩んだ感じに見えました。

 顔のイボは、若干扁平になり、小さくなっているのがわかりました。

 「ちょっと小さくなりましたね。嬉しいです!!」

 よかったですね。

 イボのご相談は多いですが、難治な場合が多く、熟考を重ねる事で、処方を洗練させる努力を続けております。

 小さいのに、イボはなかなかに頑固で治りにくい場合が多いです。Ky26_03

~*~*~*~

 継続されて、6カ月後

 顔のイボはほとんど目立たなくなりましたし、新しいイボはできていません。

 頭皮のイボは、かなり小さくなって、色が赤みを帯びています。

 治り始める時に赤くなる場合が多いと言われています。

 現在も継続中ですが、頭皮のにきびも少しずつ扁平になって、目立たなくなりつつあります。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、皮膚炎の改善のための漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

Img_7328

« 後鼻漏が治りません | トップページ | 潰瘍性大腸炎で血便が止まらない »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

イボ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 後鼻漏が治りません | トップページ | 潰瘍性大腸炎で血便が止まらない »