カテゴリー

« 酒さが治りません。漢方薬を変えた方がいいですか | トップページ | ガーデニングで蚊に刺された!! »

2020年7月25日 (土)

夏バテにはどんな漢方薬がいいですか

 夏バテ症状に漢方薬が効果的です。

◆なんとなくだるい

◆疲れが取れない

◆食欲がない

◆頭痛やめまいが続く

◆夏やせした

◆夏になると毎年体調不良になる

などのご相談が多いです。Ky14_14_20200725001701

 昔の夏バテのは、暑さによる体力の消耗がほとんどでしたが、現代の夏バテは、人によって異なります。

 生活習慣や職場環境や食生活の違いなどによって、多様化しています。

 クーラーや冷蔵庫などにより、便利で快適に過ごせるようになった一方で、自律神経系のバランスが乱れやすくなっています。

◆屋外など暑い場所で長時間過ごすことが多い方

◆クーラーの効いた場所で長時間過ごすことが多い方

◆1日のうちで、屋外とクーラーの効いた場所の移動を繰り返すことが多い方

◆冷たい食品を多く摂る方

◆もともと体力がなく、季節変化などにより、体調不良を起こしやすい方

など様々です。A307_106

 診察時に、細かな問診や生活習慣などを伺う事で、患者さんそれぞれの夏バテ症状の原因を考えます。

 一人ひとりの症状や体質なども考慮した漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、一人ひとりの夏バテ症状やその方それぞれの生活環境、体質などに合わせた漢方薬を処方しております。

 すでに夏バテ症状が起こっていて辛い方、毎年夏バテになるので予防したい方などの受診が増えています。

 暑さ負け対策、冷房病対策などをされている方も多いようですが、ご自身の夏バテの原因に合わせた漢方薬の服用もお奨めです。

「夏バテに漢方薬」

 クーラー病、冷えやむくみ、下痢、食欲不振などのご相談も受け付けております。

「冷房病対策の漢方」

 屋外で仕事をされる方、スポーツなどで熱中症になりやすい方、繰り返している方には、熱中症対策の漢方薬が好評です。

「熱中症対策の漢方」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方、新潟県外からの方の受診も多いです。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」Img_7180

« 酒さが治りません。漢方薬を変えた方がいいですか | トップページ | ガーデニングで蚊に刺された!! »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

熱中症」カテゴリの記事

疲れ、だるさ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 酒さが治りません。漢方薬を変えた方がいいですか | トップページ | ガーデニングで蚊に刺された!! »