カテゴリー

« 花粉症の多様な症状に漢方 | トップページ | 指の腱鞘炎に漢方 »

2020年3月11日 (水)

ご高齢の方の皮膚のかゆみに漢方

 「体がかゆいです。何年も前からかゆいです。

 塗り薬を塗っても治らないので、何年も塗っていません。

 それ以外は、血圧の薬を飲んでいるだけで、健康です。」

 とご家族の方と一緒に受診された91歳の方です。A307_087_20200311110001

 お腹、背中、手足など、手が届く部分はほぼ全身に掻き壊しがありました。

 長期間の掻き壊しにより、皮膚表面に傷があり、赤黒い色素沈着がみられました。

 この方の年齢や皮膚の状態、体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「かゆみはまだありますが、とても楽になりました。

 体にあった傷(色素沈着)がこんなにきれいに治るなんて、驚きました。

 続けて飲みたいです。」

 付き添いで来られたご家族の方が、

 『実は、もっと早くに連れて来ようと思っていたんですが、嫌だって言っていたんです。

 それが、眠れないほどかゆくなったらしくて、行くって言いましたので、前回連れて来たんです。

  何年もかゆいって言ってたのが、こんなに早く良くなるんですね。

  連れて来てよかったです。』

~*~*~*~

 ご高齢の方は、皮膚のかゆみを訴える方が多くなります。

 加齢により、皮脂の量が減り、皮膚が乾燥してカサカサになったり、粉をふいたように白くなったり、ひび割れができたりして、かゆみや痛みが起こっている場合が多いです。

「乾燥肌、皮膚のかゆみに漢方」

 漢方では、皮膚に潤いを与える力を高める処方があります。

 年齢による皮膚のバリア機能の低下などもありますが、服用前よりもかゆみや皮膚の炎症が改善される方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「西洋医学と東洋医学の良さを活かした医療を水戸部クリニックで」

« 花粉症の多様な症状に漢方 | トップページ | 指の腱鞘炎に漢方 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花粉症の多様な症状に漢方 | トップページ | 指の腱鞘炎に漢方 »

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ