カテゴリー

« 後鼻漏で、夜中に目が覚める | トップページ | 思春期の吐き気、食欲不振に漢方 »

2019年10月12日 (土)

夜中に起きて、家の中を歩き回る子供

 「夜中に起きて、家の中を歩き回っていることが多いです。

 夢遊病みたいな感じで、本人は覚えていないそうです。

 トイレではない場所で、おしっこをしてしまった事もあります。もう中学生なんですけどね・・・。

 近くの小児科で抑肝散を処方された事がありましたが、効果がなかったです。」Img_5295

 このお子さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、

 「あれから一度も夜中に起きませんでした。

 毎晩起きて、歩き回っていたのに、寝ぼけて寝言をいうこともなかったです。」

 夜中に突然目を覚まして、

◆泣き叫ぶ

◆恐怖の表情やおびえたような動作をする

◆大声を出す

◆歩き回る、走り回るA307_107

などの症状があり、ご家族が話しかけてもほとんど反応がなく、翌朝になって聞いても、ご本人は覚えていないという場合が多いです。

 水戸部クリニックでは、夜驚症などの症状に、漢方薬を処方しております。 

 お子さんそれぞれの体質や生活習慣、環境などを考慮した処方で改善される場合が多いです。

「疳の虫、夜泣き、夜驚症に漢方」

 漢方薬は、生後2,3カ月のお子さんから、ご高齢の方まで服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っておりますので、必要に応じて、西洋薬と漢方薬の併用も行っております。

「西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

« 後鼻漏で、夜中に目が覚める | トップページ | 思春期の吐き気、食欲不振に漢方 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.子供の症状」カテゴリの記事

思春期の症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 後鼻漏で、夜中に目が覚める | トップページ | 思春期の吐き気、食欲不振に漢方 »

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ