カテゴリー

« 授業中だけおならが多い | トップページ | 原因がはっきりしない腰痛に漢方 »

2019年6月18日 (火)

顔だけに赤い湿疹が出て治らない方に漢方

 「顔だけに赤い湿疹が出ます。

 紫外線によるのではないかと言われて、ステロイドを塗って

いましたが、塗るのを止めるとまたポツポツと出てきます。

 妊娠も考えているので、ステロイドを中止したいと思って、受診しました。」Img_3229_1

 顔の赤みやほてりで受診される方が多い季節です。

 日焼けによる皮膚の炎症が慢性化している方、酒さが治らない方、はっきりと原因がわからない方など様々です。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「2週間の間に、1回だけ赤い湿疹が出ました。

 以前からですが、お腹が冷たいのが気になります。」

 漢方薬を変方しました。

 2週間後、

 「漢方薬を変方したら、肌の調子が劇的によくなりました。

 お腹も温かくなって、ステロイドを塗らないで様子を見ていますが、いまのところ湿疹が出ていません。」Ky26_06

 この方は、ステロイドを中止しても湿疹が出なくなりましたので、漢方薬も中止となりました。

 漢方の視点では、体全体のバランスの乱れを整えることで、顔の湿疹や赤みなどを改善する治療を考えます。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬による治療を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「酒さ・赤ら顔に漢方」

 治りにくい皮膚炎・ステロイドを中止したい方、使いたくない方に漢方治療が好評です。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

« 授業中だけおならが多い | トップページ | 原因がはっきりしない腰痛に漢方 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.皮膚症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 授業中だけおならが多い | トップページ | 原因がはっきりしない腰痛に漢方 »