カテゴリー

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

脊柱管狭窄のしびれが治らない方に漢方

 「脊柱管狭窄で右足がしびれています。最近は時々左にしびれが出るようになりました。

 病院を変えたりして3年くらいになりましたが、よくなりませんでした。

 漢方がいいかもしれないと思ってきました。」Ky54_12-1

 入浴時の痛みや手足の冷えなどについて細かく伺いました。

 毎日ウォーキングをさウォーキング後は、足のしびれが少し楽になるとのことでした。

 漢方独特の診察や問診表に記載して頂いた内容も考慮して、この方に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「まだよくわかりません。

 お風呂に入った後は、しびれが強くなってビリビリします。

 15分くらいで落ち着くのは、以前と変わりません。」

 漢方薬を変方しました。

 2週間後、

 「漢方薬を変えて頂いてから夜寝ていて、足がビリビリして寝つきが悪いのは治りました。

 少しよくなっているのかもしれませんね。」

 その後さらに1カ月、

 「体から汗が出るようになってきました。

 しびれはまだありますが、よくなっているのがわかります。

 同じ漢方薬を続けてみたいです。」

 さらに1カ月後、

 「とても楽になりました。

 しびれもなくなって、体全体が軽くなっている感じです。

 調子がいいからと思って、2、3日飲まなかったら、またしびれが出ました。

 漢方が効いているんですね。」

「腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアに漢方」

 脊柱管狭窄症などによる関節の痛みやしびれに、漢方治療を行っております。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 診療科にとらわれることなく、多様な症状のご相談が多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

白根大凧合戦2019始まります^^

 Img_3935  6月6日(木)より、

  白根大凧合戦が始まります。

  右の写真は、一心会の方々が揚げて下さる巻凧です。巻凧どうしも合戦します^^

  水戸部クリニックの大凧も桜蝶組で揚がります。 水戸部クリニックHP「桜蝶組」

  大凧合戦期間中は、大勢の観光客の方が来られます。

  水戸部クリニックは、通常通り診療を行っておりますので、診療後に、大凧合戦を観戦して帰られる方もいらっしやいます。

 大凧は、畳24枚の大きさの大凧が大空へ舞い上がり、両岸からの掛け合いになります。

 上手くかかりますと、凧綱を両岸で引き合いをして、どちらかの組の凧綱が切れたところで勝敗が決まります。

 観覧船での観戦も楽しいですが、堤防下の引き合いに参加されるのも楽しいと思います。

 みなさんで、観戦に来られてはいかがでしょうか。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

※水戸部クリニックは、白根大凧合戦期間中も通常通り診療を行っております。

 白根大凧合戦公式ホームページ

2019年5月30日 (木)

お腹が張って、おならをすると楽になる

 「お腹が張って、苦しいです。

 おならをすると、楽になります。

 ずっとこんな状態が続いていて、苦しいです。

 胃の薬をいろいろ変えてもらいましたが、治りません。

 人前でおならをするわけにもいかないし、どうしたらいいでしょう。」Img_3903

 漢方診療を行っておりますと、多様な症状のご相談が多いです。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 一時的な症状と思われましたので、1週間分を処方して、様子をみて頂くことにしました。

 1カ月後に、血圧の薬を取りに来られた時に、

 「先生、あの漢方すごく効きましたよ。

 3日くらい飲んで、スーッと治りました。

 また同じような症状になったら飲もうと思ってとってあります。

 よかったです。」A306_104

 胃腸の症状に悩む方は多く、多様な症状のご相談が多いです。

 漢方では、患者さん一人ひとりの症状や体質に細やかに対応しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「お腹のガス、張り、腹部膨満感に漢方」

 内科症状・胃腸の症状に対応しております。

「内科・胃腸症状に漢方」

 水戸部クリニックは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年5月29日 (水)

疲れが取れない、昼間眠い方に漢方

 疲れが取れない方に、体調を整えて、体力を上げる漢方薬が好評です。

◇朝がつらい

◇疲れが取れない

◇疲れて集中力が続かない

◇昼間眠くなる

など、体の疲れやだるさが続いている方のご相談が多いです。Img_3881

 漢方では、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方がございます。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群に漢方」

~*~*~*~

 「疲れが取れません。毎日だるいです。

 夜勤があったりで、不規則な仕事のせいもあるのかもしれませんが、昼間眠くなることが多くて困ります。Ky53_03

 仕事が休みの日はそれでもいいですが、仕事の時に眠くなるので、困ります。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少し体が楽になったような感じはしています。

 朝起きた時は、まだだるい感じはしていますが、以前よりはよくなっているような感じがします。」

 同じ漢方薬を継続されて約2か月後、

 「漢方薬を飲んでいると調子がいいです。

 夜勤明けは、1日中寝ていたのに、普通に動けるようになっています。

 昼間眠くなることがなくなりました。

 このまま続けたいです。」

2019年5月27日 (月)

めまいと頭痛で学校へ行けない子に漢方

 「朝起きると、めまいや頭痛がして、学校へ行かない日が多いです。

 血圧を上げる薬などを飲んでいますが、治りません。」

 起立性調節障害(OD)のお子さんに、体質改善の漢方治療を行っております。

 このお子さんは、めまいや頭痛で、学校へ行けなくなる不安も重なって、更に不調を感じている様子でした。Img_3855

 このお子さんに合わせた漢方薬の服用により、朝、めまいや頭痛が起こることがなくなり、学校でもめまいや頭痛が起こる不安も少しずつ感じなくなり、すっかり自信と取り戻して、漢方薬も休薬となりました。

 成長期のお子さんに多く、自律神経系のバランスの乱れなどにより、めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状が続くお子さんが多いです。

 また、ストレスや緊張が原因となっている場合もありますので、診察により、お子さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 「起立性調節障害・自律神経失調症に漢方」074

 思春期のお子さんの心身の不調に、体にやさしい漢方薬が好評です。

 とてもデリケートな年齢ですので、学校や部活などの人間関係や勉強などで、ストレスを感じていたり、緊張による不調を感じるお子さんが多いです。

◇イライラ、気分の落ち込み

◇頭痛、めまい、吐き気

◇下痢や腹痛

など、多様な症状に悩むお子さんが多いです。

 体の不調から不安になり、学校へ行きにくくなっているお子さんの受診も多いです。

 お子さん一人ひとりに合わせて、漢方薬を処方しております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

 女の子の場合は、初潮を迎えてからの不調に悩むお子さんも多いです。

「思春期女子の心身の不調に漢方」

2019年5月25日 (土)

肛門から粘液がもれて困る方に漢方

 「肛門から粘液がもれます。仕事中など動いていると、もれて困っています。

 下痢ではないです。便は混じっていません。

 粘液がドロッとした感じでもれてきます。

 大腸の検査も異常なかったです。肛門科も受診しましたが、異常がないと言われました。

 家ではなんともないのですが、仕事の時や外出している時になることが多いです。

 この状態が何年も続いています。」A306_130_1

 漢方治療を行っておりますと、難しい症状で受診される方が多いです。

 この方の場合もちょっと考えましたが、この方の体質に合わせた漢方薬を2週間分処方しました。

 2週間後、

 「先生、粘液が出なくなりました。

 何年も治らなかったのに!! 

 漢方ってすごいですね。このまま続けてみたいです。」

 病気とまでは言えないような症状、なんとなく調子が悪い症状、いわゆる未病の改善に漢方治療が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方内科・水戸部クリニック」

 水戸部クリニックでは、多様な症状に悩む方の受診が多く、患者さんそれぞれの症状やつらいお気持ちに寄り添った診療を行っております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年5月24日 (金)

片頭痛が治りにくい方に漢方

 「片頭痛がひどく、片頭痛の薬を飲んでいますが、痛みが激しくて効いている感じがしません。

 この辺り(側頭部)が痛くなります。」

 片頭痛は、頭の中の血管が拡張する事で起こると言われています。疲労やストレスなどが原因と考えられています。女性は、生理周期に伴って、片頭痛が起こる方が多いです。 Img_3295-1

◆ズキンズキンと波打つような痛み

◆体を動かすと痛みが激しくなる

◆頭痛が起きる前に、チカチカした光が見える

◆吐き気を伴う、吐くこともある

◆片頭痛が起こると、寝込む、動けなくなる

などの症状に悩む方が多いです。

 漢方では、片頭痛が起こる原因となる体のバランスを整えることで、片頭痛が起こりにくい体質に整える治療となります。

 この患者さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。A306_039

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 「まだ片頭痛が出ました。飲んでみてそれほど変わった感じはありません。」

 漢方薬を変方しました。

 「新しい漢方薬に変わってから、片頭痛は出ましたが、痛みが少し軽くなったような気がします。

 続けて様子をみたいです。」

 漢方薬を継続されて、2カ月以上が経過しました。

 「漢方薬を飲むようになってから、片頭痛の回数が減っています。

 片頭痛の薬を飲むほどの痛みは出なくなっています。

 何を飲んでも効かなかったんですよ。びっくりです。」

 現在は、片頭痛が起こることが、ほとんどなくなっています。

 漢方薬を服用していると、体調がよいと現在も継続されています。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「頭痛・片頭痛に漢方」

2019年5月23日 (木)

5月頃からの体のかゆみに漢方

 体のかゆみに悩む方の受診が多いです。

 体のかゆみの原因は様々です。

◇湿疹・アトピー

◇慢性じんましん

◇皮膚の乾燥(皮脂の欠乏などによる)

◇紫外線による日焼け

◇ストレス

などがあげられますが、これからの季節は汗が原因と考えられる皮膚のかゆみが多いです。Img_3877

 汗をかくことで、皮膚のうるおい成分が一緒に流れてしまい、保湿力が低下します。

 またエアコンにより、皮膚の水分が蒸発します。

 汗でべたべたしているので、皮膚が乾燥していることに気づいていない方が多いですが、実は乾燥肌になっているというb場合が多いです。

 保湿剤の使用も効果的ですが、汗で流れてしまいますし、かゆみが改善しない、皮膚の乾燥が気になる方に、体の中から皮膚にうるおいを与える漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Ky27_06

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診が多いです。

「乾燥肌に漢方」 

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

 子供の乾燥肌、皮膚のかゆみに対応した漢方薬もございます。

「赤ちゃん・子供の乾燥肌・サメ肌に漢方」

2019年5月22日 (水)

日光性皮膚炎で目の周りが赤くなって治らない方に漢方

 「目の周りが赤くなって治りません。

 日光性皮膚炎と言われましたが、治らなくて、困ります。

 ステロイドを塗っていましたが、全然よくならないので、嫌になって止めました。Ky26_18-111

 そのせいか余計にひどくなりました。

 メイクもできなくて、庭にちょっと出ただけでも真っ赤になってしまったので、外へ出たくありません。」

 紫外線が強くなっていますので、日光性皮膚炎で受診される方が増えています。

 ステロイド軟こうを急に中止しますと、リバウンドが起こって、症状が激しくなりますので、ステロイド軟こうを塗っていた方は、少しずつ塗る量や回数を減らしてゆくことをお奨めしております。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少しよくなっている感じがします。

 それから便がコロコロだったのが、ちょうどよい感じになったのも漢方の効果ですか。

 トイレに座っている時間が長かったので、楽になってうれしいです。」

 約2か月後、Ky26_17

 「ほとんど目立たなくなってきました。ほら、こんなにきれいになっています。

 出かけるのが楽しくなりました。」

 「光過敏症・日光性皮膚炎に漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 症状によっては、一般的な西洋薬と漢方薬との併用による治療が効果的です。 

 西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療が好評です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年5月21日 (火)

自律神経失調症に漢方

 自律神経失調症と呼ばれる症状に、体全体のバランスを整える漢方薬が効果的です。

 自律神経失調症は、特に原因が特定されない体や心の不調が続いている状態です。

◇疲れが取れない ◇だるい

◇めまいが続いている

◇頭痛、片頭痛 ◇動悸Img_3313

◇体がほてる

◇眠れない

◇微熱が続いている

◇のどの違和感、つかえる感じ

◇イライラ、不安、落ち込み

◇やる気が出ない

など、多様な症状があげられます。

 検査を受けても特に異常がない方、症状を繰り返している方は、自律神経失調症と言われる場合が多いです。

 漢方では、症状一つ一つにお薬を処方するのではなく、体全体のバランスの乱れを整えることで、多様な症状の改善を考えます。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」007

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「仕事中に体がふらつきます。1日の間で10回ふらいくらっとします。

 仕事は楽しくて、ストレスではないと思います。

 8月頃から始まって、最初は夏バテだと言われましたが、治らず

 自律神経だと言われました。まだ治っていないので、仕事中にくらっとしているのは困っています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少しいい感じがします。漢方を飲む前よりは、体が動くようになっています。」

 その後1カ月後、

 「すごく調子がいいです。

 こんなによくなるなんて、感動しています。」

2019年5月20日 (月)

更年期症状で怒りがこみあげてくる方に漢方

 「更年期でしょうか。急に怒りがこみあげて来て、子供や夫にあたってしまいます。

 喉が締め付けられるように苦しくなったり、怒りっぽくなった自分が嫌になります。」

 心身ともに疲れている方が多いです。Img_3229

 東洋医学では、「心身一如」という考え方があります。

 心と体はお互いに関連して影響を与えているという考え方で、気分や感情が、体の働きに影響を与えると考えられます。

 更年期のイライラや感情の浮き沈みに、ホルモンバランスを整えて、気持ちを整える効果のある漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 この患者さんは、漢方薬を服用していると怒りの感情のコントロールができるようになったそうです。お肌もツヤツヤしてきたと言われています。A303_092

 ホルモンバランスを整える漢方薬の服用により、皮膚のハリやツヤを実感される方が多いです。

 お肌がきれいになると、気分も上がりますね。

「生理痛・生理不順に漢方」

PMS症状などに細やかに対応した漢方薬を処方しております。

「PMS症状に漢方」

イライラやストレスに

2019年5月19日 (日)

口の中が塩辛い、しょっぱい方に漢方

 味覚異常に悩む方に、漢方治療を行っております。

 難しい症状ですが、改善される方が多いです。

 食べ物の味が嫌な味に感じられる、何も食べていないのに味がするなどのご相談が多いです。

 ある患者さんのお話です。Img_3857

~*~*~*~

 「半年くらい前から口の中が塩辛いです。食事の時はそれほど気になりませんが、何も食べていない時に、くちの中が塩辛い感じが続いています。

 近くの病院で検査を受けましたが、異常がなく、亜鉛の数値も正常と言われました。

 漢方薬も何度か変えてもらいましたが、変化がなかったので、こちらを受診しました。」

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 症状によりますが、服用できるかどうか、改善傾向がみられるかを見極めのために、最初は、2、3週間分を処方して、様子をみて頂く場合が多いです。

 2週間後、

 「少し良い気がします。」Ky18_01

 1か月後、

 「漢方を飲んでいると塩辛くないです。しばらく続けてみたいです。」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「味覚障害に漢方」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

 多様な症状に悩む方の受診が多いです。

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っております。症状により、西洋薬と漢方薬との併用による治療も行っております。

2019年5月18日 (土)

喘息で入院を繰り返している方に漢方

 「3年前から喘息で、入退院を繰り返しています。

 副鼻腔炎も治りにくくて、困っています。

 体質改善をしたいと思って受診しました。」

 その日は、喘息症状は落ち着いていて、副鼻腔炎の症状が激しい状態でした。 Img_3812

 鼻がつまっていて、鼻をかむと、わずかに黄色い鼻水が出る症状でした。

 漢方では、副鼻腔炎の症状や鼻水の状態などに細やかに対応した処方があります。

 この方の副鼻腔炎の症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 今回は、副鼻腔炎の症状が激しかったので、そちらの改善を優先して、副鼻腔炎がおちついたら、喘息体質改善の治療に切り替えることをお奨めしました。

 「副鼻腔炎の症状は、すっかり良くなりました。

 鼻の中の嫌な臭いもしなくなりましたが、喘息っぽくなってきました。

 ゼーゼーし始めています。」

 漢方薬を変方しました。

 喘息の治療のための漢方薬は、咳や痰の状態やその時の体力や体調などを考慮して、検討しております。

 「少しはよかったのですが、痰が多くて、咳が出ている感じがします。」

 漢方薬を変方しました。 Ky16_27-2

 「咳も痰もほとんど出なくなりました。これかの見通しがついた感じがして、安心しました。」

 しばらく継続されて、喘息発作を起こすことがほとんどなくなっています。

 現在は、咳や痰が気になって時に、漢方薬を服用されていますが、喘息発作に移行することがなくなって、喘息での入院することがなくなっています。

 「ちょっと疲れたとか、風邪っぽいなあと思うと、すぐ喘息になって、吸入薬でもだめで、入院になってばかりでしたが、漢方薬を飲んでから一度も入院していませんし、体力がついている感じがします。」

「咳・痰・喘息に漢方」

~*~*~*~

 喘息症状の改善や喘息体質の改善に漢方薬が効果的です。

 咳や痰が激しい状態の時は、咳や痰の改善を中心とした漢方薬で、喘息症状が落ち着いている時は、喘息体質の改善の漢方治療が中止となります。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 必要に応じて、一般的な咳や痰に対応したお薬との併用も致します。西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした治療を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方内科・水戸部クリニック」

2019年5月17日 (金)

流産を繰り返してからの出産(^^♪

 流産を繰り返している方、不妊に悩む方に、漢方治療が好評です。

 「流産を繰り返しています。3年もたちますが、流産ばかりです。

 昨日流産しました。39歳ですし、これはもう漢方に頼るしかないと思って、受診しました。

 今、流産後の出血が止まっていません。止まらなかったらまた受診するように言われています。」

 流産後の体調を整えることから始めましょうとお話しました。Img_3714

 生理周期や生理痛、PMS症状などを細かく伺いました。

 子宮筋腫があり、経血にドロッとした血の塊が混じる。

 漢方では、経血の状態や経血量、月経日数なども体質判断の指標となります。

 この方の体調を整える漢方薬から始めました。

 「体が温まって、体全体の調子がよくなった感じがします。」

 その後、

 「流産後の生理が来ました。無排卵だったような感じです。

 それから腰から下が冷えます。」

 漢方薬を変方しました。

 「生理が来ないので、妊娠判定薬で尿を検査したら、妊娠+が出ました。

 婦人科へはまだ行ってませんが、また流産すると困るので、この漢方薬を続けたいです。」

 この方は、妊娠9か月ころまで、服用を続けて、無事元気なお子さんを出産されました。140

 その後、赤ちゃんを抱っこされて受診されました。

 「おかげさまで、すくすくと育っています。二人目も欲しいので、また漢方薬をお願い致します。」

 現在の生理の状態、体質、年齢などを考慮した漢方薬を服用されていらっしゃいます。

「不妊症・不育症に漢方」

2019年5月16日 (木)

男性更年期で気力がわかない方に漢方

 「毎日だるいです。気力がわかなくて、何もしたくない日が多いです。

 仕事はなんとかこなしていますが、週末になると頭痛がして、吐く事が多いです。

 男性ホルモンは境界値と言われています。

 漢方でよくなればと思って受診しました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Img_3298

 「とても調子がいいです。

 1日3回で、お昼に飲めない時もありましたが、ぜんぜん違います。」

 調子がよいと継続されていらっしゃいます。

 「出張が多いので、漢方を飲む前は体も気力もついて行けない感じが強かったのですが、とても調子よく仕事に取り組めています。」

 調子がよく、朝と夕の2回服用で、継続されていらっしゃいます。

「男性更年期に漢方」Ky14_19

~*~*~*~

 男性更年期症状に、漢方治療を行っております。

 ストレスや慢性的な疲労に加えて、加齢による不調が重なって、心身の不調を感じる方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です

2019年5月15日 (水)

脊柱管狭窄でブロック注射が効かない

 「脊柱管狭窄で腰が痛く、ブロック注射していますが、痛みがひどく、効いている感じがしません。

 少し動くと息切れがして、心臓がドキドキします。

 循環器内科で検査をしてもらいましたが、特に異常はないと言われました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Img_3063_1

 「息切れはまだしますが、少し楽になりました。

 腰はまだ痛いですが、体が楽になり、すーっと眠れるようになりました。

 朝方に、目が覚めてもすぐ眠れるようになりました。」

 漢方薬を継続して丸2カ月が経過しました。

 「腰の痛みはありますが、以前よりもすごく楽になって、活動しやすくなりました。」Ky13_02

 『体を動かしやすくなると、筋肉量が増えて、心臓への負担が減りますから、長生きできますよ。』

 「あら~ 先生 もういいのに~、うれしいわ 私もう85歳ですよ^^」

 人生100年時代と言われていますから、健康寿命を延ばして、快適な生活を過ごせるお手伝いができればと思い、日々努力を続けております。

 漢方では、体全体のバランスの乱れを整えることで、心や体の不調の改善を整える治療となりますので、いくつかの症状が改善されることが多いです。

 全体として服用する薬の種類や量が減らせる場合が多く、医療費の削減にもつながります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「腰痛治療に漢方」

 健康寿命を延ばして、ご高齢の方の生活の質を改善するために、漢方治療を行っております。

「健康寿命に老化対策の漢方」

2019年5月14日 (火)

鼻の通りが悪く、眠りの質がよくない

   「副鼻腔炎で、鼻腔に膿がたまります。耳鼻科で吸引してもらうと、よくなりますが、またたまります。

 寝るときに鼻が詰まって、口呼吸になるのが苦痛です。

 いろいろ薬を変えてもらいましたが、よくならなくて、鼻腔が曲がっているのも原因かもしれないと言われました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Img_3296-1

 2週間後、

 「鼻が楽になりました。横になっても鼻が詰まらなくなっています。

 よく眠れるようになりました。

 口呼吸もしなくなったので、朝起きて、口の中や喉がカラカラに乾いて痛いこともなくなりました。」

 継続されて、1か月後、

 「すごく調子いいです。

 鼻腔に膿もたまらなくなっているみたいです。

 このまま続けたいです。」Ky18_18

 副鼻腔炎や鼻づまりに、漢方治療を行っております。 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「蓄膿(副鼻腔炎)に漢方」

2019年5月13日 (月)

しゃっくりが止まらない方に漢方

 「しゃっくりが止まりません。もう1カ月くらいになります。

 こんなに長く続いている方はいますか?

 しゃっくりが止まらないので、食欲もなく夜も眠れないので、体がふらふらします。

 近くの医療機関で、漢方薬を2種類変えてもらって飲みましたが、ぜんぜん止まりません。」Img_3320-1

 この方の体質に合わせた漢方薬を1週間分処方しました。

 しゃっくりが止まれば、それでお薬は中止、止まらなければ漢方処方を変方しますので、受診していただくようにお話しました。

 結果は、バッチリ(^^♪ でした。

 「どうやっても、何をしても止まらなかったしゃっくりが、漢方薬を飲んで3日で止まりました。

 漢方薬を止めてみましたが、しゃっくり出ないみたいです。まだ飲んだ方がいいですか。」

 とお電話を頂きました。

 漢方薬を中止としました。

 しゃっくりは、いつの間にか止まることが多い症状ですが、ごくまれに何週間も何カ月も止まらないと受診される場合があります。

 いつまでも止まらないしゃっくりの原因となっている体のバランスの乱れを整える漢方薬が効果的です。A306_034_2

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「止まらないしゃっくりに漢方」

2019年5月12日 (日)

生理前にイライラして、胃が痛くなる

 「生理前になるとイライラします。

攻撃的になって、周囲がひいているのがわかります。

 自分ではどうにもならないほど、コントロールできません。

 胃が痛くなって、やる気もなくなります。

 生理が終わると治ります。」 Img_3655

 この患者さんの症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「漢方薬を飲み始めて1週間後に生理が来ました。

まだイライラしますが、イライラのコントロールができるようになりました。

 胃の痛みも楽なっているような感じがします。」

 同じ漢方薬を1カ月処方しました。

 1か月後、

 「漢方薬を飲むようになってから、生理前からイライラしなくなっています。

 生理痛も楽になって、びっくりしました。

 胃が痛くなることもなくて、こんなに楽になるなら、もっと早く飲んでいればよかったです。」

~*~*~*~Ky14_20

 生理前のイライラやおちこみなどの症状に悩む方に女性ホルモンのバランスを整える漢方薬などが効果的です。

 生理前に、体調不良になったり、気分の浮き沈みに悩む方は多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「生理痛・生理不順に漢方」

2019年5月11日 (土)

お腹のガスが気になって、授業に集中できない

     「お腹のゴロゴロする音と、ガスが気になって、授業に集中できません。食べるとすぐにトイレに行きたくなります。」

 「おならが出るのが気になって、学校の教室に入れません。」

 「お腹が張って、げっぷやおならが出そうになります。」

などの症状は、過敏性腸症候群のガス型に多い症状です。Img_3408

 整腸剤やお腹のガスを減らすお薬などでは改善がみられない方に、漢方薬が効果的です。

 思春期のお子さんやストレスが多い方、緊張しやすい方に多い症状です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「過敏性腸症候群に漢方」

 思春期のお子さんに多い症状に対応した漢方薬が好評です。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」  274

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「お腹のガスが気になって、教室に入れなくなっています。

 食べるとすぐに、トイレに行きたくなるようです。

 漢方薬を飲んでいましたが、効果がなく、先生のところがよいと聞きましたので、連れて来ました。」

と、付き添いのお母様がお話されました。

 うつむき加減で、おとなしい感じの女の子です。

 このお子さんに合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「お腹にガスがたまらなくなって、喜んでいます。

 でも、まだ教室には入れないみたいです。」

 教室に入れない原因が別のところにあるように思えました。

 ストレスや緊張に対応した漢方薬に変方しまして、お母様とお話する時間を取らせて頂きました。

 学校生活や部活などでのストレスや緊張、勉強、人間関係など、様々な事に悩むお子さんが多いですが、それが心身の不調となって強く表れている場合は、親御さんのご理解も必要となる場合が多いです。

 このお子さんは親御さんのご理解もあり、お子さんのペースでの進路に切り替えて、無事高校を卒業されて、大学へ進学されました。

2019年5月10日 (金)

仕事が忙しいと疲れて、体がつらい時は漢方

 「仕事が忙しいと疲れて、体がつらいです。

 早めに休んでも、朝疲れが取れていません。

 最近仕事が立て込んでいて、連日忙しいのもあると思いますが、体がつらいです。

 職場の同僚が漢方がよいのではと、こちらを紹介してくれました。」Img_3566_1

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「最初の4、5日くらいは、よくわからなくて、効いているのかなあと思っていましたが、1週間くらいしたら、朝すっきりした感じで目覚めました。

 とても楽になりました。

 仕事が一段落したので、今はそれほど疲れなくなっています。

 また仕事で忙しい時だけ飲みたいので、同じ漢方薬をお願い致します。」Ky14_14_1

~*~*~*~

 なんとなくだるい、疲れが取れないなどの症状に、体調を整える漢方薬が好評です。

 仕事などが忙しくて、一時的なパワー不足の状態に陥っている方、慢性的に疲労倦怠感が続いている方など、様々ですが、診察により、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「疲れ・だるさ・慢性疲労症候群に漢方」

2019年5月 9日 (木)

食欲はあるけど、太れない方に漢方

   「2年前に体調を崩して、体重が5キロ減りました。

 それから食べても食べても太れなくなりました。

 普通に食欲はありますが、体重も増えませんし、体がだるいです。

 動悸がすることが多く、気になったり、考え事をして眠れない日が多いです。」A307_085_1

 体調を崩したことで、胃腸の働きのバランスが乱れていると考えられます。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 2週間後、 

「とても調子がいいです。漢方がおいしいです。香りもいいです。

体質に合っているとおいしく飲めるって聞いていましたが、本当なんですね。」

「胃痛・胃もたれ・胸やけ・食欲不振に漢方」

~*~*~*~

 食欲がない、もたれる、食べても太れないなどの胃の不調があって、胃カメラなどの検査を受けても異常がない方は、胃の機能異常と考えられます。

 重篤な疾患によらない場合は、胃の働きのバランスが乱れている状態と捉えて、胃の働きを整える漢方薬などが効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Img_3077

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方内科・水戸部クリニック」

 胃腸症状以外に、生理痛や皮膚炎・関節痛など、多様な症状に漢方治療を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年5月 8日 (水)

交通事故の後遺症(ひざが腫れて痛い)に漢方

 交通事故やケガの後遺症による痛みやしびれに漢方治療が好評です。

 当時の傷は完治していたのに、長い年月が経過してから痛みやしびれを感じるようになる場合があります。

 何年も前であったり、何十年前のケガの部位が、寒い日や雨の日に痛んだりする方も多いようです。A307_016

 痛みやしびれを感じる部分の炎症を鎮め、血流を改善する漢方薬などが効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「むちうち、事故の後遺症に漢方」

 手術後のお腹の違和感や便秘なども対応しております。

「手術後のお腹の張り、痛み、違和感に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。 Ky32_22

 「右足がむくんで腫れています。若い頃に、交通事故に合って、左ひざを手術しました。

 何十年もなんともなかったのですが、1年くらい前から、左ひざが痛くなり始めて、かばって歩いていたら、右足がむくむようになりました。

 足に力が入らなくて、立ち上がった時に、転んでしまいました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「ひざの腫れがひいきました。まだ痛みはありますが、足が動かしやすくなって、体が軽いです。」

 継続されて、1か月後、

 「とても調子がよくなりました。ひざの痛みが取れて、正座ができるようになりました。」

 調子がよいので、服用量を減らして継続されました。

 その後、ひざの痛みを感じると2、3日~1週間くらい服用して、治ると、漢方薬を中止してを繰り返して、快適に過ごされていらっしゃいます。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年5月 7日 (火)

春になると顔が赤くなる、ほてる方に漢方

「春になると顔が赤くなります。もともと赤いですが、春になると真っ赤になります。

 レーザー治療も受けてみましたが、痛いだけで・・・。」

 春になると、顔が赤くなったり、湿疹が出るという方の受診が多いです。

 春に発症したり、悪化する皮膚炎の原因は、いくつか考えられます。

【紫外線によっても皮膚が敏感に】Ky38_02

 3月頃から紫外線量が増え始めるので、紫外線による皮膚への影響が強くなります。

 日光性皮膚炎による顔の赤みやかゆみで受診される方が多いです。

 また、紫外線によって、皮膚表面の角質が厚く、硬くなります。

「日光性皮膚炎に漢方」

それにより、毛穴が詰まりやすくなるので、にきびなどの湿疹ができやすくなります。

【春は、自律神経系の乱れが起こりやすい!?】

 春は、寒暖の差が激しく、また、進学や就職、異動など環境の変化などが、自律神経系のバランスが乱しやすくなります。

それにより、皮膚のバリアー機能がアンバランスとなり、外界からの刺激に敏感に反応しやすくなります。

そのために、皮膚炎が悪化したり、にきびが悪化する方が多くなります。

「にきびに漢方」

【花粉による皮膚炎も】Ky14212

 花粉による皮膚炎の場合もあります。

顔や首など花粉が付きやすい部分に皮膚炎が起こる場合があります。

また、屋外に干した洗濯物についた花粉によりかぶれを起こす場合もあります。

「花粉皮膚炎に漢方」

 この患者さんは、皮膚が薄く、日光性皮膚炎による皮膚の炎症と考えられましたので、この患者さんの皮膚の状態や体質に合わせた漢方薬により、徐々に皮膚の炎症が鎮まり、赤みがひいてきました。

 もともと皮膚が薄く、乾燥しやすい方なので、皮膚に潤いを与える漢方薬を継続されています。

 漢方では、患者さんそれぞれの皮膚炎の症状はもちろんですが、一人ひとりの体質を考慮して、治療を考えます。

 漢方薬がオーダーメード処方と言われるのはそのためです。A308_011

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

2019年5月 6日 (月)

デリケートゾーンが乾燥してヒリヒリする

  デリケートゾーンのかゆみや乾燥に、体の中から炎症を鎮める漢方薬が好評です。 

 更年期や閉経後くらいから、おりものの量が減ったり、デリケートゾーンや膣内の乾燥に悩む方のご相談が多くなります。

 塗り薬などでは改善がみられない方に、体の中から潤す効果のある漢方薬などで改善される方が多いです。  Img_3293

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「陰部湿疹・かゆみに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「閉経後から、デリケートゾーンが乾燥して、ヒリヒリしています。

 膣錠処方されていますが、それが溶けるのが刺激になって痛いです。

 乾燥がひどいせいか、カンジダにもなりました。

 カンジダは治りましたが、すごくつらかったです。」 A307_047_1

 膣内やデリケートゾーンの乾燥は、塗り薬などでは改善が難しい方が多いようです。

 漢方薬には、体の中から皮膚や膣内などの粘膜ににうるおいを与える処方があります。

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、デリケートゾーンや膣内の乾燥などによる痛みやかゆみが改善される方が多いです。

 「漢方薬を飲んでいると、チクチク、ヒリヒリする感じがないので、それを気にせずに過ごせています。」

「陰部の湿疹・デリケートゾーンのただれや痒みに漢方」

 おりものや経血、ナプキンなどによるかぶれにも対応しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

2019年5月 5日 (日)

鼻がつまって、耳もこもった感じに漢方

 鼻づまりに漢方治療を行っております。

 鼻水や鼻づまりには、抗ヒスタミン薬や点鼻薬などによる治療が一般的ですが、漢方では、鼻炎の症状に細やかに対応した処方になります。Img_3018

 例えば、

◇鼻水が多い方には、鼻水に対応した漢方薬

◇鼻づまりが強い方には、鼻の通りを改善する漢方薬

◇副鼻腔炎を起こしている場合は、鼻の中の炎症を鎮める漢方薬

◇後鼻漏

 喉の奥に鼻水が落ちる

 喉の奥に、痰のようなものが張り付いている感じ

には、後鼻漏の症状を改善する漢方薬になります。

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬による治療が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「アレルギー性鼻炎に漢方」A306_025

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「鼻づまりがひどいです。耳までこもった感じがする時があります。」

 診察によりこの方の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「まじないにでもかかったように、2包み飲んだだけで、すぐに効きました。2包みですよ。

 2包飲んだところで、鼻水がたらーっと出ましたが、それから鼻がスーッと通っています。

 耳がこもる感じも今のところないです。

 こんなに早く効くものですか。効いてるんですよね~ やっぱり・・・。」

 鼻炎の症状に合わせて、細やかに対応した漢方治療が好評です。

 アレルギー性鼻炎や花粉症以外に、血管運動性鼻炎に対応した漢方治療も行っております。

「血管運動性鼻炎に漢方」

2019年5月 4日 (土)

ガン手術後からの食欲不振を漢方で改善

 「食欲がありません。あまり食べたいとも思わなくなっています。

 ガンの手術を受けて退院して1カ月になりますが、食べられないので、体力もないし、やせるばかりで困っています。

 ガンの部分は胃ではないですし、悪いものは全部取れたので、食欲がないのは関係がないと言われました。

 便秘もあって、市販の漢方薬を飲んでいますが、便がなかなか出なくて疲れます。」A307_085

 ガンの手術後の体調不良のご相談を受け付けております。

 患者さんそれぞれの体力やガンの状態などによる差が大きいですが、体調を整えるために、漢方薬を処方しております。

 長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 この患者さんは、漢方薬を服用されて約2週間くらいで少し食欲が出始めて、少量ですが、食事がおいしく摂れるようになられました。

 食事の量が少しずつ増えて、便秘も改善されて、便秘薬を飲む回数が減っています。

「胃ガン手術後の生活の質を改善する漢方」

 手術後の違和感や痛み、しびれ、ひきつれなどの不快感に悩む方のために漢方治療を行っております。

「手術後の痛み、腫れ、しびれなどに漢方」

2019年5月 3日 (金)

男性更年期の不調に漢方薬

   「少し前から、疲れが取れない感じが続いています。なんとなく不安になることがあります。

 妻から男性更年期じゃないかって言われました。

 検索してみたら、あてはまる症状ばかりでした。」

と受診された患者さんがいらっしゃいました。Img_3516

 50代の男性です。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「まだ、そんなに変わった感じはありません。」

 漢方薬を変方しました。

 症状にもよりますが、2、3週間で改善がみられない場合は、変方する場合が多いです。

 2週間後、

 「少しよい気がしますが、まだ体のだるさが強くて、辛いです。肩こりが強いです。

 頭痛がして、ズキンとするときがあります。」

 漢方薬を変方しました。Ky14_14

 「とても調子がよくなりました。肩こりも楽になりました。

 頭痛もほとんどなくなりました。」

 その後、調子がよいと、漢方薬を飲まずに様子をみていたら、3日後くらいから朝起きた時の不調を感じたので、また飲み始めたそうです。

 「すみません。ちょっといいからと、飲むのを止めたら、肩が重くなって、頭痛がしました。

 続けていた方がいいみたいです。もう少し長く処方してもらえませんか。」

 男性更年期に悩む方に、体調を整える漢方薬が好評です。

 ストレスや慢性的な疲労に加えて、加齢による不調が重なって、心身の不調を感じる方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「男性更年期に漢方」

2019年5月 2日 (木)

高齢の方の足の冷えに漢方

 ご高齢の方の足の冷えに、漢方治療が効果的です。

◇足が冷たい、冷や冷やする

◇介護をしているご家族の方の足が冷たい

◇靴下を重ねてはいても冷える

◇足が冷たくて、寝つきが悪い

◇温めてもなかなか温まらない

などのご相談が多いです。 Img_3291

 ご高齢の方の足が冷たい原因は、いくつか考えられますが、加齢により血管が細く硬くなって、血のめぐりが悪い状態になっている場合が多いです。

 漢方薬には、血の巡りを改善する処方がいくつもあります。一人ひとりの体質に合わせた漢方薬により、足の冷えが改善される方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。A303_019 

「冷え性に漢方」

 ご高齢の方の不調や介護を受けられている方の体調管理などについてのページも作成しております。

「健康寿命に老化対策の漢方」

2019年5月 1日 (水)

歯周病を改善したい方に漢方

 「歯周病が治りません。何か所も出来ていて辛いです。ごはんも食べにくくて困っています。歯周病の症状が激しくなったら手術した方がよいと言われましたが、頻繁には仕事も休めないので、できれば手術を避けたいと思います。」

 と受診されました。Img_3352

 歯周病が治りにくい方、治っても繰り返す方に、体の中から歯茎の炎症を鎮める漢方治療を行っております。

 歯周病の症状が軽度の場合であれば、改善の可能性がありますが、歯医者さんへの受診、治療をお勧め致します。

 すっきりと治らない、再発を繰り返す方に、体の中から歯茎の炎症を鎮めて、回復力を高める漢方治療を行っております。

 歯科治療と並行される方もいらっしゃいます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。Ky34_04

 「少しよくなったような気がします。

 歯茎の腫れが引いてきている感じがします。」

 その後、継続服用により、歯周病の症状が改善されました。

 現在は、歯周病が悪化しにくいように、服用量を減らして、継続されていらっしゃいます。

 様々な症状に悩む方が漢方治療を希望されます。

 診療科にとらわれることなく、多様な症状に漢方治療を行っております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »