カテゴリー

« 円形脱毛で、ヒゲまで抜けた方に漢方 | トップページ | 子宮全摘による後遺症に漢方治療 »

2018年10月 2日 (火)

寒冷じんましんに漢方

 寒冷じんましんに漢方治療が好評です。気温が低くなり始めると、受診される方が多くなってきます。寒冷じんましんは、体が冷えた時に起こります。全身や冷えた部分に、膨らんだブツブツや紅斑が出る場合が多いです。Ky29_04

 冷たいものを食べたり飲んだりした時、冷たい風やクーラーの風に当たった時などにも起こりやすいです。また、冬などに、冷たい水を触っただけでも出る場合があります。

 寒冷じんましんも含めてじんましんは、抗ヒスタミン薬と呼ばれるお薬などで、改善される場合が多いですが、慢性化して治りにくい状態が続く場合があります。抗ヒスタミン薬を服用し続けないと、じんましんが出てくるという方に、体質改善の漢方治療が効果的です。

 体質に合わせた漢方薬の服用により、慢性化していた寒冷じんましんが出なくなってくる方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方で来院が難しい方には、オンライン診療が好評です。

「慢性じんましんに漢方」

~*~*~*~Ky27_06

 ある患者さんのお話です。

 「今年の1月頃から寒冷じんましんが続いています。温める薬はないと言われて、抗ヒスタミン薬を飲んでいます。漢方がよいと聞きましたので、来てみました。」

 薬のアレルギーもある方でしたので、漢方薬も少量から服用して頂いて様子をみました。

 2週間後、

 「体が温まった気がしますが、まだじんましんが出ます。朝起きた時に、赤く小さい発疹が出ます。水仕事をして、手についた水滴を拭かずに、そのままにしていると、バーッと出て来ます。」

 服用されて、問題がなかったので、漢方薬の服用量を通常量に増やしました。

 1か月後、

 「じんましんはほとんど出なくなりましたが、雨の日など温度変化で、かゆくなる時があります。」

 前回の漢方薬に漢方薬を追加して更に1か月後、

 「あれからじんましんが出なくなりました。抗ヒスタミン薬も飲まなくても大丈夫になっています。また出ると心配なので、もう少し漢方を続けたいです。」

「慢性じんましんに漢方」

« 円形脱毛で、ヒゲまで抜けた方に漢方 | トップページ | 子宮全摘による後遺症に漢方治療 »

.皮膚科症状に漢方」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576144/67231187

この記事へのトラックバック一覧です: 寒冷じんましんに漢方:

« 円形脱毛で、ヒゲまで抜けた方に漢方 | トップページ | 子宮全摘による後遺症に漢方治療 »