カテゴリー

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

治らないと言われていた酒さがきれいになった

 酒さは、治りにくいと言われる方が多いようですが、一人ひとりの酒さの症状や体質に合わせた漢方治療を行っております。

 皮膚の炎症を鎮めて、血流改善などの漢方薬などを中心に服用されることで、酒さによる皮膚の赤みや湿疹などが、改善される方が多いです。早い段階で治療を開始されることで、改善を実感されるまでの期間が早い方が多いです。年齢や体質やその方の体調などによる差が大きいですが、早めの治療が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。Img_0646_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「酒さ・赤ら顔に漢方」

「いろいろな皮膚症状に漢方」

 「〇月上旬に頬に赤みが出始めて、顔全体に広がって来て、皮膚科で酒さだから治らないので、ステロイドを塗り続けるしかないと言われました。

 範囲が広がってきたので、タクロリムス軟膏に変更されましたが、酷くなるばかりです。落ち込んでいたら、友達が漢方の先生がいるから、とにかく行ってごらんと言われて来ました。」

 酒さの赤みとニキビのような化膿性の湿疹も出ていました。

 皮膚の炎症を鎮め、酒さの赤みを改善する漢方薬をこの方の体質に合わせて処方しました。Ky26_06_2

 ステロイドやタクロリムス軟膏は、急に中止すると、リバウンドが起こり、日常生活に支障を感じる方が多いので、中止せずに、漢方薬治療と並行して、ゆっくりと塗る量や回数を減らしてゆくようにお話しました。

 2週間後、

 「タクロリムス軟膏は、2、3日に一回に減らしていますが、それほど悪化がなく、過ごしています。」

 継続して1か月後、

 「それほど変わらないような感じがしますが、顔の熱い感じがなくなっています。ニキビのような湿疹は新しいものが出なくなっています。タクロリムス軟膏を塗るのを。「止めています。」

 さらに1か月後、

 「赤みが減っています。でもそれほどよくなっているような感じがしないのですが・・・。」

 初診時に撮影した写真を見てもらいました。

 「えー、こんなに酷かったんでしたっけ!!顔全体に真っ赤っかでしたね。自分では毎日鏡を見ていたので、少しずつよくなっているのがわからなかったのですね (^◇^)

 すごいですね。タクロリムス軟膏もステロイドも完全に止めていますけど、こんなによくなっていたんですね。びっくりしました。」

 この患者さんは、少しずつ改善がみられ、酒さになる前よりもお肌がきれいになったと喜んでいらっしゃいます。酒さの症状が現れてから比較的早い時期に、漢方治療を始められたこともあり、改善が非常に早かった症例です。

2018年6月28日 (木)

鼻血が出やすい、出ると困る時に漢方⁉

 蒸し暑い日が続いていますので、のぼせや頭重、だるいなどのご相談が増えています。それから、鼻血が出て、止まらないなどのご相談が増えています。

 「鼻血が出たので、どうしたらいいでしょうか」とお問い合わせを頂くことも多いですが、頻繁に鼻血が出る方が、鼻血を予防したいとご相談を受ける事があります。

 鼻の粘膜は、柔らかく血管がたくさんあるので、ちょっとした刺激で出血しやすいです。鼻をかむことが多い方、気にして触る癖などがある方にも起こりやすいですし、のぼせたり、刺激物の摂り過ぎなどによっても鼻血が出ることが多いです。Img_1074

 高血圧や他の重篤な疾患による場合もありますが、ほとんどの場合は、のほせたり、体が温まった時などが多く、一時的な症状ですぐ止まる場合が多いです。

【鼻血が出るのをを予防する漢方】 

 お子さんや若い方に多いですが、頻繁に鼻血が出て困るとのご相談を受ける事があります。仕事に支障が出る方、運動中に出やすい方、試合が中断となって困るなどのご相談があります。

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。鼻血を完全に予防することは難しいですが、鼻血が出ることが少なくなったり、ほどんど出なくなる方が多いです。季節やその時の体調による場合が多いので、短期間服用されて、中止となる方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

~*~*~*~ A306_068_2

 このようなご相談があります。

 「ここ1カ月くらい急に鼻血が出るようになりました。2、3日に一回くらいで出ます。仕事中に出る事が多くて困っています。」

 この方は、気温が高い日や緊張しやすい状況が想定される日のみに、漢方薬を服用されることで、鼻血が出ない状態を維持できるようになっています。

~*~*~*~

 「この子なんですが、運動をやっていて、鼻血が出ることが多いです。試合中に出ると、その時点で試合が中止とされてしまうルールなので、困っています。梅雨時から夏の間だけですが、なんとかなりませんでしょうか。」

 このお子さんも、試合の会場の環境などの影響を受けやすいとの事でしたので、鼻血が出やすい会場やその日の気温などを考慮して、必要な日だけの服用としました。

 「試合中に鼻血が出る事がなく済んでいます。今のところいい状態で練習試合ができています。これから本番の大会に向けて頑張っています。」

Img_1073
 先日、北海道へ学会へ行って来ました。

 こんなにかわいらしいお菓子が売っていました。おいしかったです^^

2018年6月26日 (火)

熱中症になりやすい、繰り返す時は漢方

 熱中症が心配される季節になりました。外での仕事が多い方、スポーツなどで汗をかいた時以外に、気温や湿度が高い環境でも熱中症になる場合があります。

 熱中症は、暑さ対策や水分、塩分補給だけでは、予防できない場合が増えています。毎年熱中症になる方、熱中症の症状を繰り返す方に、熱中症の予防効果のある漢方薬が好評です。Ky37_11_2

 「また今年も来ました。

 野球の試合の時だけ、熱中症になります。春は大丈夫ですが、先週の試合後から顔が真っ赤になって、頭が痛いって言い始めました。

 去年も漢方を飲んでいて、熱中症にならずに済んだので、今年もお願いします。」

 このお子さんは、夏の試合の時だけ熱中症の症状が起こり、試合後にぐったりして、点滴を受けたりしていた方です。試合の前と試合終了後の服用で、熱中症の症状が起こることがなくなり、元気に過されています。

「熱中症予防・後遺症治療の漢方」

【梅雨時から夏のだるさにも漢方】Img_0739

 梅雨入りの頃から、だるさや頭重感、めまいなどの暑さ負けの症状に悩む方が多くなります。梅雨時の湿気や気温差などが原因となっている場合が多く、体調を整える漢方薬が効果的です。

 暑さによるだるさや食欲不振、頭痛、めまいなどの症状に対応した漢方薬もございます。

「夏バテに漢方」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです^^

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方で通院が難しい方には、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2018年6月21日 (木)

食欲がなく体重減少が気になる方のための漢方

 「食欲がありません。食べなくちゃと思って、無理やり食べている感じですが、量が食べられないので、体重が減っています。そのせいで、体がふらふらしています。近くの病院で薬をもらいましたが、1か月以上たっても変わらないので、漢方がいいのではと思って来ました。胃カメラも予約できればお願いしたいです。鼻からやっていただけると聞いたので・・・。」Img_0414

 食欲がない状態が続いている方は、重篤な疾患が原因となっている場合もあるので、胃カメラ などをお奨め致します。水戸部クリニックでは、鼻からの胃カメラを受け付けております。また、一般的な口からの胃カメラもできます。(予約制)

 特に異常が認められない方、薬を飲んでも思うような改善がみられない方に、漢方薬が好評です。

 漢方の視点から、胃腸の働きのバランスを整える漢方薬を処方しております。食欲がない原因は、患者さんそれぞれに多様なものが考えられます。

 例えば

◇もともと胃腸が弱い

◇暴飲暴食が続いていた

◇疲れがたまっている

◇ストレスが多い

◇ショックを受けることがあった

など様々です。Ky50_05

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせて、きめ細やかに対応できるのが漢方薬です。水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も受付ておりますので、来院が困難な方にも好評です。

 この患者さんは、胃カメラによる検査などを受けられましたが、特に異常がなく、この方の体質に合わせた漢方薬の服用で、食欲が回復され、以前のようにおいしく食べられるようになりましたので、漢方薬も中止としました。

「胃痛・胃炎・食欲不振に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「胃の不快感に漢方」

~*~*~*~

Img_0150Img_0199_2 HP担当は、ガーデニングにハマっています^^

 いろいろな種類の花が順番に咲いて楽しいです♪



2018年6月20日 (水)

基礎体温がバラバラでしたが、漢方で妊娠、出産しました。

 不妊に悩んでいた方が、漢方治療で妊娠され、出産されました。今回は、産後の肌荒れで受診されました。

 基礎体温がバラバラで、きちんと排卵していないようだと、漢方治療を希望され、約1年半くらい通院されていました。そして妊娠となり、元気なお子さんを無事に出産されたとご報告を頂きました。Img_0649

 「出産後少ししてから、肌荒れが気になっていました。様子をみていたのですが、酷くなってきたので、これは漢方だと思って来ました。授乳中なので、漢方だけでお願いしたいです。この子が生まれてくれて本当によかったです。ありがとうございます。」

 出産後から肌荒れやにきびが気になる方がいらっしゃいます、ホルモンバランスの変化なども原因となっていると考えられます。

 患者さん一人ひとりのお肌の状態や体質に合わせた漢方薬を処方しております。産後の体調も整いますので、次のお子さんをご希望の方にも好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。239

「不妊症・不育症治療に漢方」

「大人にきびに漢方」

「女性の健康と美しさのための漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

「不妊症治療の漢方」

2018年6月19日 (火)

梅雨時に頭が痛くなる方に漢方

 梅雨の時期に入ると、頭痛やめまいに悩む方が多くなります。漢方の視点から考える頭痛の原因はいくつかありますが、天候や気圧の変化などによって起こる頭痛のご相談が多い季節です。

 雨や台風など、気圧の変化や湿度などによって悪化する頭痛に対応した漢方薬が効果的です。 低気圧の影響で、血管が拡張しやすくなり、また空気中の湿度が高い状態が続くので、体の中に余分な水分が溜まりやすくなります。

 水分代謝の改善や患者さんそれぞれの生活環境や体質などに対応した漢方薬が効果的です。Img_0417

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。体質は、遺伝的な要素や生活環境、職場環境、食生活などによって、一人ひとり異なります。その違いに細やかに対応できるのが漢方薬です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「頭痛・片頭痛に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「頭痛・片頭痛治療の漢方」

「漢方から診る頭痛の原因と症状」

~*~*~*~Ky15_14

 ある患者さんのお話です。

 「梅雨時になると、頭が壊れそうな頭痛になります。低気圧の時もだめです。脳外科で監査を受けましたが、異常がないと言われました。普段から頭痛が多く、頭が痛いとイライラします。」

 この方の年齢や体質、頭痛が起こりやすい時、職場環境などを考慮した漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「いまのところは頭痛はないです。なんかよくわからないのですが、体全体も調子がいい気がします。」

 1か月後、

 「全然頭痛になっていません。びっくりしました。何年も悩んでいたのに。なんか頭が重いなあ、また頭痛になるのかとイライラしたりすることもなくなりました。」

「頭痛・片頭痛に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「頭痛・片頭痛治療の漢方」

「漢方から診る頭痛の原因と症状」

2018年6月15日 (金)

更年期でだるい、やる気が起きない方の為の漢方

 「なんとなくだるい、やる気が起きない、更年期の症状でしょうか・・・。生理前になると酷くなるような気がします。」

 と受診される方が多いです。50歳前後10年くらいが更年期といわれます。体や心の不調を感じる方が多く、症状が激しい方は、日常生活や仕事などに支障を感じている場合もあります。

 女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが変化し始めるので、多様な症状に悩む方が多いです。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬の服用により、更年期の症状が改善される方が多いです。Img_0744

 更年期のような症状の原因が重篤な疾患による場合もありますので、一度婦人科を受診されることをお奨め致します。特に異常が認められない方、ホルモン療法などが合わない方に、漢方治療が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「更年期症状に漢方」

「疲労・だるさ・倦怠感に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「女性のための漢方」 A307_069

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。40代後半の女性です。

 「1年くらい前からですが、生理が近くなると、だるくなって、やる気が起きなくなります。なんとか仕事には出かけますが、夕飯が作れない日が多くなります。友達に更年期じゃない?って言われました。こちらでよくなったと聞きましたので、来ました。」

 この方の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつ体調が整い、体が楽になるのを感じたそうです。

 「生理前のだるさがなくなって、夕飯が作れない日がなくなりました。普段の体調もよくなったと思います。普段からこんなに調子が悪かったんだって、気づきました。今は、体が軽くなった感じでとても調子がよいです(^^)」

Img_0690Img_0708Img_0756見附の「イングリッシュガーデン」に行って来ました。

薔薇が見ごろでした^^



2018年6月12日 (火)

指を曲げると電気が走るようなしびれに漢方

 「いつも肩や腕が痛いです。指をこうやって曲げると、人差し指の先までしびれるような、電気が走るような感じがあります。整形外科へ行きましたが、同じ年代の人より握力が強いくらいで、特に異常はないからと、お薬も出ませんでした。

 でも、ずっとこの状態が続いているんです。手ですから、使わないわけにはいかないですよね・・・。なんとなく、こう違和感というか、変な感じもありますし、困っています。」Img_0623

 関節や神経の痛みやしびれに悩む方のご相談が多いです。漢方では、痛みやしびれを感じる部分の血流を改善したりすることで、痛みやしびれを軽減する治療を考えます。

 この患者さんの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつ痛みが楽になり、日常生活に支障がない程度まで回復されました。

 一般的な痛み止めとは異なり、患部の炎症を鎮めたり、血流の滞りを改善することによる治療となるので、改善を実感されるまでに一定の期間が必要となる場合が多いです。

 改善を実感されるまでの期間は、個人差によるものが大きいですが、早い方は、1,2週間くらいで、改善を実感される方もいらっしゃいます。年齢や体質、仕事内容などによっても改善を実感されるまでの期間は異なります。A307_015_3

 力仕事や細かい作業をしている方、更年期に伴って症状が始まった方、けがなどの古傷の部分に症状が出る方など、原因となっている体の不調は、一人ひとり異なります。診察時によくお話を伺って、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。遠方の方には、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「手のこわばり、痛み、しびれ、むくみに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2018年6月11日 (月)

花火の季節に喘息、痰が悪化

 「花火が揚がる季節になると喘息症状が酷くなります。長岡花火の頃にピークになります。痰も絡んで、苦しそうにしています。今のうちから漢方で体質改善できたらと思いました。」

 と受診された方です。

 沖縄で台風が発生したようですし、遠く離れているようでも、気圧の変化による影響に敏感に反応する場合があります。Img_0924_3

 漢方では、喘息症状の軽減と喘息体質の改善を考えます。患者さんそれぞれの喘息症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この患者さんは、体質改善の漢方薬に合わせて、喘息症状が出始めた時に、別の漢方薬を併用される事で、症状が悪化することがほとんどなくなり、快適に過ごされていらっしゃいます。A306_011

「咳・痰・喘息に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「しつこい咳・痰に漢方」

~*~*~*~

 本日、白根大凧合戦最終日です。「桜蝶組」が優勝候補のようです^^

Img_0945_2Img_0946_4Img_0970_3










「白根大凧合戦・桜蝶組」

Img_0973_2Img_0974




2018年6月 8日 (金)

若い男性の頻尿に漢方

 トイレの回数が多い、何度もトイレに行きたくなる方に、漢方治療を行っております。高齢者の方に多い症状のように思われがちですが、若い方でも悩んでいる方が受診されることがあります。

 高齢者の方の頻尿は、重篤な疾患などが原因となっていない場合は、膀胱などの機能の衰えなどが原因となっている場合が多いですが、若い方の場合は、緊張やストレスなどが原因となっている場合が多いです。Img_0446

 漢方では、緊張やストレスによる気の巡りの異常により起こっていると考えられる場合もあります。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、若い方の頻尿が改善される場合が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

~*~*~*~ 

 20代男性の方です。

 「トイレの回数が多くて困っています。下痢になったり、便秘になったりを繰り返しています。仕事中に何度もトイレに行きたくなります。周りの目が気になって、よけいに調子が悪くなります。学生のころからでしたが、就職してから、酷くなっているような気がします。」

 繊細でやさしい印象の男性でした。真面目な方なので、極度の緊張が大きな原因となっていると考えられました。この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。Ky23_041

 2週間後、

 「調子がいいです。トイレの回数が人並み?になったと思います。下痢と便秘もしなくなりました。こんなにすぐ効くとは思いませんでした。」

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

高齢者の方の頻尿に対応した漢方治療も行っております。

「頻尿・トイレが近い方に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「男性更年期に漢方」

~*~*~*~

※白根大凧合戦期間中も水戸部クリニックは、平常通り診療を行っております(^^)

2018年6月 7日 (木)

白根大凧合戦2018 初日

Img_0890Img_0892Img_0894Img_0896 白根大凧合戦が始まりました。

 初日は、引き合いになっても引っ張る人が少なかったためでしょうか、引き分けが多かったようです。

 本日最終の合戦では、桜蝶組が勝利しました^^

 水戸部クリニックは、明日も平常通り診療を行っております。

Img_0898

Img_0882

Img_0883
Img_0908

白根大凧合戦桜蝶組

Img_0909








慢性じんまんが激しくて、呼吸困難になる方に漢方

 慢性じんましんに悩む方は多く、一般的な抗ヒスタミン薬が合わない方、改善がみられない方に、体質改善の漢方治療を行っております。

 じんましんの症状は、

◇じんましんとは、皮膚や粘膜に突然出てくるブツブツで、痒みを伴うことが多いです。食事が原因となっている場合だけではなく、何かに触れるなどの刺激などで出ることもあります。

 数時間で消えても、毎日のように繰り返して、何年も治らない方が受診されています。

◇気道粘膜や喉のなどにもアレルギー症状が出る方は、胸や喉が苦しくなったり、喘息のような咳が出たり、呼吸困難になったりする場合もあります。Img_0193_2

 このような症状を繰り返している方が、漢方薬による体質改善を希望されています。

 漢方では、慢性じんましんの症状や患者さんそれぞれの症状や体質に細やかに対応しております。水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

~*~*~*~A307_032_2

 ある患者さんのお話です。

 「慢性じんましんで5年以上前から悩んでいます。突然、みみずばれのようなのが出ます。薬を飲んでいても、出る時が多いです。酷い時は、喉の奥が腫れた感じになり、苦しくなります。気道浮腫っていうんですか?そうなる時もあって、呼吸困難になったこともあります。

 職場の同僚がこちらがよいと教えてくれたので、来ました。」

 この方のじんましんの症状の軽減とアレルギー体質改善の漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「なんかちょっといいみたいです。最初の1週間くらいは、抗ヒスタミン薬も一緒に飲んでいましたが、大丈夫かな?と思って、漢方薬をしっかり飲んで、抗ヒスタミン薬を減らして飲んでみました。

 1か月後、

 「本当に、調子がいいです。漢方だけにしていますが、ぜんぜんじんましんが出なくなっています。何年も辛くて、悩んでいたのに、うそのようです。先生のおかげです。本当にありがとうございます。」

「慢性じんましんに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「じんましんに漢方」

~*~*~*~

 白根大凧合戦が、本日1時より開催されます。

 明日も平常通り診療を行っております^^ 

 (診療やってますか?のお問い合わせが多いので・・・。)

2018年6月 6日 (水)

生理痛でピルを続けていたら、抜け毛!!

 「生理痛とにきびが酷くてピルを飲んでいますが、抜け毛に困っています。髪の毛だけでなく、手や足だけでなく体中のうぶ毛も抜けてしまって、生えてこなくなりました。

 それで、ピルを飲むのを止めて少し経つと、抜けが減って、体のうぶ毛も生えてくるようになりましたが、また生理痛とにきびが酷くなってしまって、これはなんか違うって思いました。

 漢方を試してみたいと思って受診しました。」

Img_0553 生理痛やPMSなどの症状に、女性ホルモンのバランスを整える漢方治療を行っております。ピルが合わない方、服用したくない方の受診も多いです。

 生理痛や生理不順が続いている方は、重篤な疾患が原因となっている場合もありますので、一度婦人科を受診されることをお奨めします。特に異常が認められない方、思うような改善がみられない方に、漢方薬が好評です。

  一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、激しい生理痛や生理時の貧血症状の改善、PMSなどの症状が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 この患者さんは、生理痛が楽になり、にきびの改善がみられています。にきびは、生理前に悪化しやすい方なので、それに合わせた処方としました。抜け毛もしなくなり、体のうぶ毛も以前のように生えてきています。Ky46_17_3

「生理痛・生理不順に漢方」

「にきびに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「女性のための漢方」

「治りにくい皮膚症状に漢方」

~*~*~*~

※白根大凧合戦が始まりますが、水戸部クリニックは、平常通り診療を行っております(^^) 

 受診の帰りに、ご覧になられてはいかがでしょうか^^

2018年6月 1日 (金)

お腹が張って、おならが出てしまう方に漢方

 「お腹が張って、妊婦みたいにお腹が膨れます。お腹が張り過ぎて、おならが漏れてしまいます。臭いが気になって、人と一緒に行動するのが苦手です。でもそうもいかないので、とても気を使っています。」

 お腹のハリやガスが溜まって苦しいなどの症状に悩む方に、腸の働きを整える漢方薬が好評です。Img_0647

 お腹の張りやガスが溜まる原因は、いくつか考えられます。

◆座っているなど、同じ体勢でいる時間が長い

◆トイレやおならを我慢することが多い

◆腸のぜん動運動が弱い

◆ストレスや緊張することが多い

などが考えられます。

 漢方では、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方を検討します。診察により、その方のお腹の症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「お腹の張り、ガス、腹部膨満感に漢方」

「過敏性腸症候群に漢方」 A306_105_4

 この患者さんは、他の症状の改善も希望されていました。お腹のガスやおならが漏れてしまう症状が続いており、漢方薬を変方したり、追加したりしました。

 「お腹のガスが溜まらなくなりました。パンパンに張って、妊婦みないなお腹になっていたのが、シューっとしぼんだ感じです。

 20年以上悩んでいたんです。あちこちの病院も行ってみましたが、よくならなくて、食事も気をつけて、友達と外食に行くのも気にして、少ししか食べないようにしていました。おならの臭いが気になって行列に並んだりもできなかったのです。その悩みから解放されました。

 本来の自分を取り戻せた感じです。本当の自由が私に戻って来ました。本当にありがとうございます。」

~*~*~*~

「お腹の張り、ガス、腹部膨満感に漢方」

「過敏性腸症候群に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「こんな症状に漢方」 Img_0661Img_0657

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »