カテゴリー

« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月22日 (火)

頸椎手術後の後遺症のしびれ、痛みに漢方

 「頸椎手術後から、左足がザワザワとします。しびれる時もあります。動いていると症状がなくなります。

 整形外科へ行きましたが、頸椎ヘルニアは、手術できれいに治っているから問題ないと言われましたが、足のざわざわが気になります。」

 関節手術後の違和感や不快感が続いている方が受診されています。

 手術は成功し、レントゲンやMRIなどでも異常がないと言われても、しびれや感覚麻痺、冷えなどの症状に悩む方が多いようです。Img_0507

 漢方では、患部の血流の滞りなどが原因となって、上記のような症状が起こっていると考えます。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、少しずつ症状が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 この患者さんは、漢方薬の服用を開始して、約2週間後から、若干の改善を実感されました。しばらく継続されていらっしゃいましたが、気温の上昇と共に、足のざわざわを感じなくなり、漢方薬を中止しました。Ky32_19_3

 そして、職場でクーラーをつける日が増えてきたら、また足のざわざわが始まったので、服用を再開しました。最近は、足のざわざわやしびれが出た時など、ご本人が調節して服用されています。

「手術後の痛み・腫れ・後遺症に漢方」

関節の痛みやしびれの改善に対応した漢方薬がございます。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

Img_0443 クレマチスの花が満開です ^^


2018年5月18日 (金)

給食を食べるとお腹が痛くなる子供に漢方

 「学校で給食を食べると、お腹が痛くなります。ほとんど下痢です。早上がりなどで給食がない日は、なんともないのですが、給食を食べると、だめなんです・・・。家での食事は、普通に食べられるし、下痢にもならないです。」

 というお子さんがお母様と受診されました。

 学校生活での緊張やストレスが原因となっていると考えました。繊細で感受性が豊かなお子さんに多い症状です。このお子さんの体質に合わせた漢方薬を処方しました。Img_0104

 2週間後、

 「漢方を飲ませて、1回だけお腹が痛くなったと言っていましたが、下痢にならなかったみたいです。それきり治っています。びっくりしました。」

 このお子さんは、腹痛や下痢にならない状態を続けられた事で、自信がついて、2カ月くらいの服用で、漢方中止としました。

 お子さんそれぞれの感受性や体質は異なりますので、改善を実感されるまでの期間は、お子さんによって、差がありますが、お子さん一人ひとりに寄り添った診療を心がけております。診察により、お子さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。Ky21_05_2

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「子供の過敏性大腸症候群に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「子供の症状に漢方」

2018年5月17日 (木)

食いしばり治療に漢方

 寝ている時に、歯をくいしばっていて、あごが痛い、頭痛がする方に、漢方治療が好評です。

◇食いしばりで、あごが痛い、歯が痛い

◇ストレスを感じると食いしばっている

◇食いしばりとチックに悩んでいる

◇食いしばりで、頭痛がする

◇食いしばりの痛みで目が覚める

 かみ合わせの改善、マウスピース、枕を変えるなど、いろいろと工夫されている方が多いようですが、思うような改善がみられない方に、漢方治療が好評です。Img_0124

 ストレスや緊張により、歯を食いしばってしまう事が癖になっている方が多いようです。ストレスや緊張を自覚されていない方も多く、とても我慢強い方に多い症状です。

 小さなお子さんでも、歯ぎしりや食いしばる方がいらっしゃいます。繊細で感受性が豊かなお子さんに多いです。

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、食いしばる回数が減り、それに伴うあごの痛みや頭痛、肩こりも改善される方が多いです。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」 Ky53_081

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「寝ている時に、歯ぎしりをしているようです。隣で寝ていて気になると言われています。あごを強くかみしめているみたいで、朝起きた時に、あごが痛いことが多いです。」

 仕事などでストレスがあり、日常的ににイライラしている自分に気づいているとの事でした。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「少し楽になったような気がしますが、まだかみしめが強いみたいで、あごが疲れた感じがします。」

 漢方薬を変方しました。

 「あまりイライラしなくなりました。歯ぎしりも聞こえなくなっていると言われました。朝起きた時に、あごが痛いとか疲れた感じもなくなりました。」

2018年5月16日 (水)

顔にできたブツブツ(稗粒種)に漢方

 顔に小さいブツブツ、1~2mmの小さいものが、目の周りや頬の辺りにできていて、治らないという方に、漢方治療を行っております。Img_0416
 イボだと思って受診される方もいらっしゃいますが、イボではなく稗粒種(角質腫・角質粒)の場合があります。にきびや毛包炎などとは異なり、炎症ではないので、痛みやかゆみはありませんが、放っておいたら数が増えたり、大きくなってきたと受診される方が多いです。

 自然に治る場合もありますが、なかなか治りにくい、痕が残るのが心配という方のご相談が多いです。

 皮膚の新陳代謝を活発にして、少しずつ稗粒種が小さくなる漢方薬を処方しております。小さいものでも硬くなった角質が詰まっているので、とても長い期間を要する場合が多いですが、根気よく続けられることで、改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。Ky26_13_siwa

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

「美肌は体の中から」

「体内バランスを整えて美肌」

2018年5月14日 (月)

仕事が忙しくなると熱が出る方に漢方

 「仕事が忙しくなってくると熱が出て困っています。月末とか年度末に多いですが、この日までに仕上げなければならないなど、仕事が立て込んで来ると、38度くらいの熱が出て、頭がぼーっとして、体がだるくなって、困っています。

 解熱剤を飲んでも、全然効かないし、風邪じゃないのに、解熱剤を飲むのもどうなのかなって思って受診しました。」Img_0411

 緊張やストレスがピークに達したことにより発熱する方がいらしゃいます。小さなお子さんに多い「知恵熱」のような症状と考えました。大人でもこのような症状に悩む方がいらっしゃいます。

 この方の体質に合わせて、仕事が忙しくなりそうな時、また熱が出そうな感じがした時に服用されることをお奨めしました。

 2週間後、

 「先生、あの漢方いいですね。ちょっと嫌だな、疲れてきてるなあ、熱が出そうな感じがすると思ったら、すぐ飲むようにしています。熱が出ることもなく、頭がすっきりして、仕事を効率よくこなせています。」

 仕事などで、急に忙しくなったり、緊張やストレスを感じていたり、疲労が溜まっていると、体温が高くなることがあります。過度のストレスや疲労により交感神経が活発になり、体温が上がります。 

 風邪や感染症などの炎症による発熱とは異なるので、解熱剤が効きません。

 医療機関で検査をうけても、異常がなく、はっきりとした原因がわからないと言われる場合が多いようです。

 このような方に、自律神経系のバランスを整え、ストレスや緊張を発散する漢方薬などが効果的です。Ky14_165

 患者さんそれぞれの症状や体質、生活習慣、職場環境などに細やかに対応できるのが漢方薬です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状の内容も充実しています。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニック」

2018年5月11日 (金)

生理前からめまいがする方に漢方

 生理前から生理中に、めまいに悩む方が多いです。女性は生理周期に伴って、ホルモンバランスが大きく変動しますので、それにより、めまいやふらつき、吐き気や頭痛に悩む方が多いです。Img_0270_2

 生理前から生理中に起こる心身の不調は、PMS(月経前症候群)と呼ばれる症状です。

◇めまいや頭痛、吐き気

◇だるさ、倦怠感

◇肩こり、腰痛

◇イライラ、気分の落ち込み、やる気が起きない

◇下痢や便秘

など、多様な症状に悩む方が多いです。

 漢方では、患者さんそれぞれのPMS症状に細やかに対応した処方があります。ご自分で調べた漢方薬を飲んでみたけれど、効果を感じなかった、合わなかったと受診される方もいらっしゃいます。同じ症状に悩む方でも、体質や生活環境などは、それぞれ異なります。その違いに合わせた漢方薬を選択することは、難しいので、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。必要に応じて、一般的な西洋薬と漢方薬のよさを活かした治療を行っております。Ky15_02

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「PMS(月経前症候群)に漢方」

「めまいに漢方」

2018年5月 9日 (水)

漢方の便秘薬って効きますか?

 漢方の便秘薬を飲んでみたけれど、すっきりと出ない、下痢になって、調節が難しいという方が受診されることがあります。

 市販でも漢方の便秘薬や生薬配合の便秘薬など、多くの種類の便秘薬がありますが、なかなか自分に合った便秘薬が見つからないという方のご相談が多いです。Img_0194

 漢方では、便秘の原因や体質に合わせた処方が多くあります。もともとの体質や生活習慣、学校や職場などの環境、便の状態などに合わせて、細やかに対応した処方があります。

 ご自分に合う便秘薬がわからない方、便秘で辛い方は、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されるのもよいと思います。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの便秘の状態や体質などに合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「便秘・腹痛に漢方」

「内科・胃腸症状に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「便秘対策の漢方」

「便の状態で決める漢方」

Img_0273

2018年5月 8日 (火)

季節の変わり目に鬱っぽくなる方に漢方

 季節の変わり目になると、なんとなく欝々する、やる気が起きない、体がだるい、眠れないなどの症状で受診される方が多くなります。

 気温や気圧などの変動が激しく、自律神経系のバランスが乱れて、心や体の不調を感じる方が多い季節です。3月下旬ころからそのような方の受診が多くなっています。また、進学や就職、異動などにより、職場や学校、日常生活など生活環境が変わった事で、緊張やストレスによる心や体の不調を感じる方のご相談も多いです。Img_9970

 漢方では、気の働きのバランスの乱れが原因となっていると考えます。

 気は、目で見る事はできませんが、生命を維持するためのエネルギー源のようなものと考えられています。気が不足したり、滞ったりするなど、気の働きに異常が起こると、気力が低下したり、イライラしたり、不眠などの不調が起こると考えられています。

 漢方には、気を補ったり、めぐりを改善する処方があります。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、気分の不調が改善される方が多いです。

 同じような症状に悩む方でも、体質はそれぞれ異なりますので、ご自身に合う漢方薬を見つけるのは難しい場合が多いです。漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談される事をお勧め致します。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「情緒不安定を漢方で改善」

「心に効く漢方」A306_020_3

~*~*~*~ 

 60代女性のお話です。ご家族に付き添われて受診されました。

 「毎年この季節になると、鬱っぽくなって、部屋にこもっています。人の話が気になり過ぎて、外にも出たくないです。何もする気が起きないので、だらだら過ごしています。うつ病の薬を飲んだこともありますが、なんか合わない気がして、止めてそれっきりです。」

 この方の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 最初の2週間は、少し気持ちが楽になったとの事でした。

 その後、1か月後に受診された時は、表情がとても明るくなっていました。

 「なんだかよくわからないのですが、外へ出たいと思えるようになりました。よくなっているんだと、家族に言われました。そうみたいです。気分がスッキリした感じです。」

2018年5月 7日 (月)

膝が腫れて痛い時の漢方

 膝関節が腫れて痛い、歩くと痛い、じっとしていても痛いなど、様々ですが、膝の痛みで悩んでいる方に、漢方治療が好評です。

 膝の関節部分の軟骨がすり減って水が溜まって腫れたり、炎症が起こっている事により痛みを感じている方が多いです。Img_0251

 漢方薬には、膝関節の状態や患者さんそれぞれの体質に合わせて、膝関節の炎症を鎮め、痛みを軽減する処方があります。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、一人ひとりの体質や膝の炎症に合わせた処方を検討しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「膝の痛みに漢方」

関節の痛みやしびれ、むくみなどに対応しております。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「右ひざが、痛いです。こんなに腫れています。整形外科で、水は溜まっていないので、様子をみるようにと言われました。

 痛くて痛くてどうしようもないです。湿布も痛み止めも効かないし、どうしたらいいのかと思っていたら、娘が調べてくれて、こちらを探してくれました。」

 両脚に、軽度の下肢静脈瘤もできていたので、膝だけではなく、脚の血行不良を改善する漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「膝の腫れが少し引いて、足が軽くなりました。まだ膝は痛いですけど、まだ飲み始めたばかりですよね。」

 さらに1か月後、

 「膝が痛くなくなりました!! 見て下さい。下肢静脈瘤のボコボコがぺったんこになりました。この血管ももじゃもじゃしたのは、見えますけど、ボコボコが治っています。」

 と驚いていられました。

 調子がよく、しばらく中止していたら、また膝が痛くなったと受診されました。

 漢方を完全に中止すると痛みが再発する方は、服用回数を減らして、再発予防の為に継続されることをお奨めしております。A303_014_3

 「最近は、とても調子がいいです。先生に言われた通り、1日1回か2回くらいで、漢方薬を飲んでいました。先日は、鎌倉を3時間も歩いて観光して来ました。娘に調べてもらってよかったです。娘に感謝です。あっ先生にも感謝ですよね ^^」

「膝の痛みに漢方」

関節の痛みやしびれ、むくみなどに対応しております。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

2018年5月 2日 (水)

生理前に片頭痛が悪化する方に漢方

 生理や排卵日辺りになると、片頭痛が起こりやすい、悪化するという方に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が好評です。

 片頭痛は、疲労やストレス、肩こりなどによって、誘発されると言われていますが、女性の場合は、生理周期に伴って、片頭痛が悪化する方が多いようです。

 生理の時や排卵日になると女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減ります。それが、片頭痛を誘発していると考えられています。

 頭痛薬では痛みが改善されない、胃が痛くなる、頻繁に片頭痛が起こって、仕事などに支障が出る方などに、漢方薬が好評です。Img_0266

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「頭痛・片頭痛に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「新潟の頭痛・片頭痛治療の漢方」

「漢方からみる頭痛・片頭痛」

~*~*~*~A306_074

 ある患者さんのお話です。

 「片頭痛が酷いです。突然目の前が真っ白になって、片頭痛が起こります。吐くことが多いです。生理前に激しくなります。イライラもひどくなって、人間関係に問題が起こってしまうことがあります。

 私の母もそうなので、遺伝だから仕方ないと思っていましたが、知り合いがこちらでよくなったと聞いたので、受診しました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつ、片頭痛の頻度が減り、片頭痛の痛みが軽くなって、驚いたそうです。

 「今日は、母も連れて来ました。私と同じように片頭痛が酷いです。更年期の症状もあって、辛そうです。」

 お母さまの更年期症状と共に、片頭痛が軽減され、体調がよいと、親子で服用されています。

「PMS症状に漢方」

「更年期症状に漢方」

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

Img_0268
 水戸部クリニックのミニガーデンのネモフィラが見ごろです^^

2018年5月 1日 (火)

不快な寝汗に漢方

 寝汗がひどくなった。寝ていて何度も下着を替える、汗をかいた後に体が冷えるなどの症状に悩む方に、漢方薬が好評です。

 汗にもいろいろなものがあります。体温調節のための自然発汗や緊張やストレスなどによる冷や汗などのご相談も多いですが、慢性的な寝汗は、体力の低下などによる場合が多いです。更年期の方やご高齢の方の寝汗のご相談も多いです。Img_0191

 患者さんそれぞれの汗の状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「多汗症に漢方」

「汗疱治療に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「変な汗をかきます。首の辺りにジトーッとした汗が出ます。寝ていても汗をかくようになって、何度も下着を替えます。更年期なんでしょうか、生理もきたり、こなかったり不順になっています。 

 それから、最近とても疲れます。夕方になると、ぐったりして何もしたくなくなります。」A307_056

 更年期の女性に多い症状です。イライラや気分の落ち込みなど、多様な症状に悩む方が多くなります。

 女性ホルモンのバランスを整え、体調を整える漢方薬を2週間処方しました。

 「先生、寝汗をかかなくなりました。首の辺りのジトーッとした嫌な汗は、まだありますが、漢方を飲む前よりも楽になっています。

 夕方になると疲れて動けなくなっていましたが、少しずつ体が楽になっています。」

 漢方薬を服用していると調子がよいと、現在も継続中です。

« 2018年4月 | トップページ