カテゴリー

« 痰が喉に張り付いて切れない時は漢方 | トップページ | 鼻水が止まらない、花粉症に眠くならない薬を下さい »

2018年2月26日 (月)

閉経後の股関節痛に漢方

 閉経前後から、股関節や膝関節痛に悩む女性が多くなります。

 女性ホルモンの減少に伴い、関節部分の軟骨成分の減少、筋力の低下、骨粗しょう症、リウマチなどの症状に悩む方が多くなります。

 歩くときに痛みが出る方、じっとしていても痛みを感じるなど、日常生活に支障が出る方は、つらいですね。

 痛み止めや湿布、注射などによる治療が一般的ですが、痛み止めの効果が持続しない方や薬が合わないとのご相談が多いです。

 このような方に、関節部分の炎症を鎮め、痛みを軽減する漢方治療が好評です。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬による治療となります。Img_9017

 股関節の痛みのみの方、他の関節痛も伴う方、更年期症状も伴う方など様々ですが、診察により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせたオーダーメード処方になります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で漢方診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。佐渡から、通院して下さる患者さんもいらっしゃいます^^

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

「膝関節痛に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。 

 「閉経してから股関節が痛くなりました。体重を支えるのが大変です。歩くのも痛いです。整形外科に行ったら、体重を減らしなさいと言われました。けど、ダイエットなんて無理です。でもこのまま動けなくなったら大変と思って、受診しました。」

 以前から腰痛はあり、むくみが強く、夕方になると足が痛くなるとの事でした。

 この方は、股関節の血流を改善し、むくみを改善する漢方薬などを処方しました。ダイエットはできないと言われていましたが、心身共に負担が少ないダイエットのお話をしました。Ky32_15_3

 最初の2週間で、腰痛の軽減を実感されました。股関節の痛みは、足を引きずって歩くほどの痛みでしたが、その後少しずつ軽減されています。

 体重は、最初の1カ月で、2キロ減りました。ストレスを感じにくく、継続できそうな気がするとの事です。

 「こんな歩き方になっていて、還暦を迎える前に寝たきりになるんじゃないかと、心配でしたが、希望が持てました。車の運転も以前よりも楽にできるようになりました。甘いものも食べられるし、ストレスが少ないです。もっと早く来ていればよかったです。」

« 痰が喉に張り付いて切れない時は漢方 | トップページ | 鼻水が止まらない、花粉症に眠くならない薬を下さい »

.更年期に漢方」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

痛み、しびれ、関節痛に漢方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576144/66417509

この記事へのトラックバック一覧です: 閉経後の股関節痛に漢方:

« 痰が喉に張り付いて切れない時は漢方 | トップページ | 鼻水が止まらない、花粉症に眠くならない薬を下さい »