カテゴリー

« ステロイドをやめたら、アトピーが悪化 | トップページ | いつも胃が痛くて、食べられない(思春期の胃痛) »

2018年1月11日 (木)

がん手術後に、抗がん剤を使いたくない

 がん手術後に、抗がん剤を使わない選択をされる方がいらっしゃいます。主治医の先生と患者さんご本人、ご家族と話し合って決められたことと思います。

 抗がん剤の使用に関しては、様々な議論がされていますが、最終的には、患者さんご自身の意思にゆだねられる事になります。

 手術後の体調不良を整えたり、免疫力を高める事で、再発リスクを減らしたいと、漢方治療を希望される方が受診されます。がんに対しての漢方治療では、外科手術後の放射線治療や化学療法の副作用の軽減などに、効果がある場合が多いです。

 手術後のだるさ、手術後の違和感、腫れ、気力の低下などの症状が漢方薬で改善される方が多いです。

 がんの治療は、外科的な手術を含め、西洋医学と東洋医学のよさを活かした治療により、日常生活を少しでも快適なものに整える事が理想と考えております。Img_8981_2

 水戸部クリニックでは、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。がん手術後の症状や体質は、時間の経過とともに変化する場合が多いので、その変化に合わせて、細やかに対応できるのが漢方薬です。

 がんの悪化や再発予防のために、体を温めたり、ストレスを発散する事で、免疫力が低下しにくい状態を保つことも大切です。体の冷えやストレスは、免疫力の低下を招きやすいので、体を温める効果のある食品を積極的に摂ったり、ストレスを発散したり、希望を持つ意識を高めるなど工夫されることで、元気に過ごすことができている方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、新潟県内の方だけではなく、新潟県外からの受診も多いです。

 遠隔診療(オンライン診療)が可能になったことで、継続しやすいと好評です。

「胃がん手術後の生活の質を改善」

「手術後の痛み・腫れ・後遺症に漢方」

« ステロイドをやめたら、アトピーが悪化 | トップページ | いつも胃が痛くて、食べられない(思春期の胃痛) »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

痛み、しびれ、関節痛」カテゴリの記事

.胃腸症状」カテゴリの記事

.胃の症状」カテゴリの記事

お腹の張り、引きつり、ガス」カテゴリの記事

疲れ、だるさ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がん手術後に、抗がん剤を使いたくない:

« ステロイドをやめたら、アトピーが悪化 | トップページ | いつも胃が痛くて、食べられない(思春期の胃痛) »