カテゴリー

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月30日 (水)

夏休み明けからの体調不良に漢方

 夏休みが終わり、新学期が始まっている学校が多いようです。

 なんとなく具合が悪い、頭痛やめまいがする、お腹が痛い、下痢になるなど、不調を訴えるお子さんが増える時期です。水戸部クリニックにも親御さんに付き添われて、受診されるお子さんが多くなっています。

 お子さんに大きなストレスがかかる時期ですので、無理をさせないで、休ませてあげることも必要です。お家で休んでいても、体調不良が続いている、食欲がないなどのご相談を受け付けております。Img_8372_3

 検査を受けても特に異常がない、改善がみられない時は、新学期の不安などによる場合などが考えられます。

 夏休みに入る前から感じていた不安や緊張、ストレスなどによる精神的な疲れが癒されていないお子さんに多い症状です。繊細でやさしいお子さんに多いです。

 少し休んで、好きな事をして、心を休める時間も大切です。休んでいても、学校へ行っていない事を気にして、体調不良が続いていたり、食欲がないなどの状態が続いていては、心が休まる暇がありません。


 漢方では、気滞(きたい)と呼ばれる状態です。ストレスや不安で、気の巡りがよくない状態と考えられます。気が滞った部分に、様々な症状が出る場合があります。

 頭痛、めまい、胃痛、食欲不振、腹痛、下痢、だるさなど、様々です。

 気の巡りを改善し、気持ちが安定するお手伝いをする漢方薬が好評です。お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方になります。A307_046_od_3

 自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしく作用します。乳幼児の方から服用できます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「子供の頭痛・めまい・たちくらみに漢方」

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

「思春期女子の体調不良に漢方」

~*~*~*~

 心の疲れはわかりにくいですが、休息が必要な時もあります。今までずっと頑張り続けて来た疲れが、症状となって表れている場合があります。お子さんが安心して休める空間を作ってあげる事も大切だと思います。

2017年8月28日 (月)

膿を持ったにきびが治らない時の漢方

 膿を持って大きく盛り上がったにきび、赤黒くなっていたり、白い脂のようなものを含んでいるにきびが治りにくい、見た目も気になるし、触ると痛いなどのご相談を受け付けております。

 塗り薬や抗生物質などによる治療では、改善が見られない方、食事を気を付けてみたり、にきび化粧品を変えてみた方など、様々ですが、なかなか改善されない方に、体の中から皮膚を美しく整える漢方治療が好評です。Img_7806

 「皮膚は内臓の鏡」という言葉があるのをご存じですか。漢方では、心身の働きのバランスが乱れると、健康な皮膚を作る力が低下したり、老廃物が皮膚に溜まって皮膚炎が起こったりすると考えていただけるとわかりやすいと思います。

 特ににきびの場合は、男性は男性ホルモンによる影響を受けやすく、女性の場合は、女性ホルモンの影響を受けやすいです。

 漢方では、男女差や患者さんそれぞれの体質の違いに合わせた処方による治療になります。ホルモンバランスを整え、体の中から体全体の働きを整える事で、皮膚の炎症を鎮め、美しい皮膚に整える治療になります。Ky26_04_2_2

 にきびなどの皮膚炎以外の症状も一緒に改善される方、また、別の症状で受診された方が、にきびやアトピー性皮膚炎が改善されたり、美肌効果を実感される場合も多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「にきびに新潟の漢方」new

「大人にきびに漢方」new

~*~*~*~

 友人、知人からのご紹介、ご家族そろって受診される方が多く、新潟県外から受診される方も多いです。遠隔診療も行っておりますので、遠方の方も継続しやすいようです^^

「遠隔診療」

2017年8月25日 (金)

高齢者の痰が出せない時の漢方

 高齢者の方で、痰が多い方、食事など日常生活に支障がある方に、痰の量や切れを改善する漢方薬が好評です。自宅療養の方、ショートステイ、介護施設にいらっしゃる方など様々です。

◇痰が絡んで、切れにくい、咳払いが多い

◇痰が多く、食事が摂りにくい

◇痰が多く、吸引を受けているが、苦痛を軽減したい

などのご相談が多いです。Img_8339

 喉から肺への空気の通り道である気道の粘膜は、それを保護する粘液が分泌されています。細菌やウイルスによる感染や炎症などが起こると、それを排泄するために、痰が多くなります。

 高齢者の方は、気管支炎や喘息、肺気腫、肺炎など肺の慢性疾患がある方、慢性的に肺や気管支の機能が低下している方が多いです。

 痰が多い方は、咳払いをしたり、痰による咳が多くなっている事で、体力の消耗が激しく、倦怠感や食欲不振になる方も多いです。

 痰の状態を改善することで、生活の質の改善をするお手伝いをする漢方薬が好評です。介護をされているご家族の方、付き添いでこられるヘルパーの方などからのご相談が多いです。A306_034

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「高齢者の咳や痰に新潟の漢方」new

「しつこい咳・痰に漢方」

 高齢者の方の生活の質の改善のための漢方治療に力を入れております。

「老化予防(介護、認知症の予防、改善に)」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「ショートステイに行っています。肺炎になり、退院して来ましたが、痰が多くなって、飲み込みにくくなっているので、とろみ食しか食べられなくなって、味気ないそうです。

 吸引もしていますが、痰の量が減れば、吸引の必要がなくなるので、今までのように、自宅に帰れるのですが・・・。」

 痰の状態と体質に合わせた漢方薬を処方しました。飲み込みが大変な状態でしたので、漢方薬の服用方法などをお話しました。

 少しずつ痰の量が減り、以前のような食事が摂れるようになっています。A305_030_3

~*~*~*~

 自宅で、家族で介護をされている方です。おじい様の痰の量が多く、切れにくく苦しそうにされていて、1日に何度も管を入れての痰吸引を受けていらっしゃるそうです。

 その時におじい様の苦痛に歪んだ表情を見ているのが辛いそうで、少しでも痰の切れがよくなる漢方薬があればと受診されました。

 このおじい様の体質に合わせた漢方薬を処方しました。体力の低下もみられましたので、体調を整える漢方薬も併用しました。

 痰は出ていますが、以前よりも血色がよくなり、痰が切れやすくなったようで、吸引の時間や回数が短縮されているそうです。

「しつこい咳・痰に漢方」

 高齢者の方の生活の質の改善のための漢方治療に力を入れております。

「老化予防(介護、認知症の予防、改善に)」

2017年8月23日 (水)

後鼻漏が喉に張り付いて気持ち悪い

 「後鼻漏が喉に張り付いています。口の中に落ちてきて気持ち悪いです。耳鼻科も内科も行きましたが、異常がないと言われて、薬も出ませんでした。どこへ行っても相手にされなくて困っています。納豆のようにネバネバしたものが、口に中に落ちて来るんです。実は妻がこちらにお世話になっていまして、行って来たらと言われました。」

 暑がりで、汗をかきやすく、体力はあるので、他に困った症状はないが、後鼻漏と鼻づまりが辛く、との事でした。Img_7805_2

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 「すごくいいです。鼻が通っています。あれだけひどかった後鼻漏が治っています。漢方を飲んでいると、後鼻漏がないので、それでイライラする事がなくなりました。」

 と継続されています。

 後鼻漏は、鼻水が、喉の奥に流れる、たれてくる状態を言います。

 サラサラであったり、ネバネバしていたり、どろっとしている鼻水が喉の奥に落ちて来る方、喉の奥に張り付いるという方など、様々です。Ky18_06_2

 漢方では、後鼻漏の鼻水の性状(サラサラ、ネバネバ、どろっとなど)や患者さんそれぞれの体質に合わせた処方による改善を考えます。

 後鼻漏の症状の改善と共に、後鼻漏になりやすい体質改善の漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「後鼻漏に漢方」

従来からのPC用HPに蓄膿症のページがございます。

「蓄膿に漢方」

~*~*~*~

 後鼻漏や鼻づまりが慢性化している方は、においがわかりにくく、食事が楽しめないという方が多いようです。漢方薬の服用により、食事が楽しみになったという方が多いです。

2017年8月21日 (月)

子供の喉のつかえ、飲み込みにくい時の漢方

 「子供が喉が詰まる感じがあって、給食があまり食べられません。家でも食べる量が減っています。よく話を聞いてみたら、保育園の時に何かあったらしくて、それから食べられなくなっているみたいです。

 給食の時や家で、食事をする時間になると、喉が詰まるようなつかえるような感じになって、飲み込みにくくなるのが嫌で、あまり食べたくないと言います。」

と心配そうなお母さまのお話です。Img_8315_2

 感受性の高い、優しいお子さんは、ちょっとした事がトラウマになってしまう事もあります。ストレスや緊張によって、喉が詰まったような症状が起こることがあります。

◇食べ物がつかえた事がきっかけとなっている

◇風邪をこじらせるなどによる入院がショックとなった

◇保育園や幼稚園に行くようにになってから始まった

◇学校がある日だけ、のどがつかえたり、呼吸が苦しくなる

◇検査を受けても特に異常がみつからない

 このような症状は、咽喉頭異常感症や梅核気などと呼ばれる症状です。体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 大人の方のご相談が多いですが、小さなお子さんの中にも繊細な方にこのような症状が起こる場合があります。Ky64_10_2

 ストレスや緊張による症状に対応した漢方薬は多くの種類がありますが、お子さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 このお子さんの体質に合わせて緊張を発散する効果のある漢方薬を処方しました。少しずつ症状が改善され、以前とは違って、たくさん食べるようになったそうです。

 学校で、いつも緊張しているような表情がとても柔らかくなったと担任の先生からお話があったそうです。

「子供ののどのつかえ、違和感に漢方」new

「子供の病気・症状に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら

「のどのつかえ、咽喉頭異常感症を漢方で改善」

新しいHPを作成中です。子供さんの受診が多いです。

2017年8月19日 (土)

PMSで別人のようになる方に漢方

 生理前になるとイライラ、泣き出したり、攻撃的になって別人のようになる方に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が好評です。自分ではコントロールできなくて困っている方、奥様のPMS症状に悩むご主人も多いようです。Img_8278

 生理前の心と体の不調は、月経前症候群(PMS)と呼ばれます。生理の準備の為に、女性ホルモンのバランスが急激に変動して、自律神経系のバランスが乱れ、感情のコントロールができなくなり、生理が始まると嘘のように、いつもの自分に戻るという方が多いです。

◇イライラする

◇気分の落ち込み、死にたくなる

◇急に泣きたくなる、泣き出す

◇感情の起伏が激しくなる、情緒不安定

◇無気力になる

◇動悸がするA307_073

◇吐き気

◇めまい

◇眠気

◇頭痛

◇便秘、腹痛、下痢

◇過食、食欲不振

◇不眠

◇肩こり、腰痛

など、様々です。

 漢方では、一人ひとりの症状や体質に細やかに対応しています。長年の経験により、患者さんそれぞれのPMS症状に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「PMS症状に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の内容についてのページも充実しています。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「日常は何もないのですが、生理前に別人のようになります。身近な人にあたります。家族や親しい人に、毎月の事でも感情の起伏が激し過ぎて、対応に困ると言われています。」

 この方は、体の不調はあまりなく、精神的な症状が激しくなる方でしたので、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬に、気持ちを整える効果のある漢方薬を組み合わせて処方しました。

 「とても調子がいいです。親しい人に、PMS症状が全く出なくなったので、生理前だとわからなくなったと言われました。」

 ご自身も服用されていると冷えも感じる事がなく、気持ちも楽に過ごせていると、継続されています。

「PMS症状に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の内容についてのページも充実しています。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

~*~*~*~

Img_8282 サラダランチを注文したら、小さなパンがついただけで、本当にサラダだけでした(^^;

 で、追加注文して、余計なものを食べてしまいました(笑)

2017年8月18日 (金)

胃の調子が悪いです。薬の量が増えても治りません。

 胃の不調に、体質改善の漢方治療を行っているクリニックです。西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療を行っております。

 「以前から胃の調子が悪いです。重い感じがしたり、チクチクと痛くなることもあります。食事をすると、胃が痛くなるので、あまり多くは食べられません。体重が減るばかりで困っています。胃の薬をたくさん処方されていますが、変わらないので、漢方薬の方がいいかもしれないと思って受診しました。」

 という患者さんが受診されました。1年以上もこの状態が続いていて、食事が摂れないので、体がだるくて辛いとのお話でした。Img_8301_2

 病気や症状に対しての捉え方が、西洋医学と東洋医学では異なります。西洋医学では体の臓器や器官の異常の治療を中心に考えます。東洋医学では、体全体のバランスの乱れを整えて、症状の改善を考えます。

 検査を受けても特に異常がない、思うような改善が見られない胃の不快症状(胃もたれ、胸やけ、胃痛、食欲不振など)に、漢方治療が効果的です。場合によっては西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かして、両方のお薬を併用する場合もあります。

 この患者さんは、やせ形で、胃下垂タイプの方で、ストレスに敏感な繊細な方でしたので、胃腸の働きを整え、ストレスに対応した漢方薬のみで、症状が改善され、食欲が出て、体重が増えて、慢性的な疲労感が改善されました。A306_109_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「胃痛・胃炎・もたれに漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状の内容も充実しています。

「胃の症状に漢方」

 胃の不調が続いている方は、胃カメラなどの検査を受けられる事をお奨め致します。水戸部クリニックでは、鼻からの胃カメラも受付ております。

 「口から、鼻から選べる胃カメラ」

2017年8月 8日 (火)

クーラーで悪化する腰痛に漢方

 クーラーで腰痛をはじめとする関節痛が悪化する方の受診が多いです。冷えにより、体のあちこちに不調を感じる事があります。

◆頭痛、肩こり

◆腰痛、腰回りの冷え、おしりやふとももの筋肉の冷え

◆足の冷えやしびれ、痛み、むくみ

◆下痢や便秘、食欲減退

◆だるさや疲労感が取れない

◆のぼせたり、背中がゾクゾクするような感じがする

などの症状が多いです。Img_8222

 室内外の温度差などにより、自律神経系の乱れが生じやすくなっています。また、冷たい飲み物や食品を摂る量が増え、内臓など体の奥の部分に冷えが蓄積している場合が多いです。それにより血行不良が生じて、筋肉のひきつれ、関節の痛みやしびれが起こりやすくなります。
 

 漢方では、自律神経系のバランスを整え、血流を改善する治療が中心となります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「冷房病対策の漢方」new

「冷え症に漢方」new Ky29_10

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「クーラー病に漢方」

「冷え症に漢方」

2017年8月 3日 (木)

クーラーで目が乾く、目薬でも辛いドライアイに漢方

 毎日熱いですね。クーラーが苦手な方もこの暑さではクーラーをつけずに過ごすのは辛い日が多いようです。

 クーラーの効いた部屋で長時間過ごす方に多い症状として、クーラー病が知られていますが、目の乾燥(ドライアイ)などの症状に悩む方も増えています。

 クーラーの効いた部屋は、空気が乾燥しますので、目や喉、鼻など粘膜の乾燥による炎症や乾燥肌に悩む方が多くなります。Img_7983_2

 クーラーで室内の空気が乾燥するのは、エアコンの熱交換器の働きによります。部屋の中の熱を取るために、熱交換器が働くと、室内の水分が一緒に吸収されるので、室内が乾燥します。

 それにより、目の粘膜から水分が奪われ、慢性的なドライアイの症状が起こりやすくなります。

 ドライアイのための目薬などの使用もよいですが、目薬だけではすぐに乾いてしまう、目がかゆくて辛い、充血するなどの症状に悩む方に、体の中から目に潤いを与える漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、お財布にもやさしいと好評です。目薬との併用もできます。

「ドライアイに漢方」new

「目の症状・炎症に漢方」new 

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「PCを使う仕事をしていて、普段からドライアイです。目薬を使っていますが、職場にクーラーが入ると、目が痛くなるくらい乾燥します。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「少しよいようですが、まだ乾いている感じがします。」

 より潤いが届く漢方薬に変方しました。A303_074_2

 「とても調子がよいです。目薬をあまり使わなくなりました。メイクが崩れやすくなるので、困っていましたが、あまり使わずに済むようになりましたので、よかったです。」

~*~*~*~

 水戸部クリニックのミニガーデンは、咲いているお花の種類が少し入れ替わりました。季節でちょこっとの植え替えが楽しいです^^

2017年8月 1日 (火)

食道がん手術後から咳が止まらない、口の中が痛い

 食道癌手術後から咳が続いている、飲みこみにくい、口の中が乾くなどの症状に漢方治療が好評です。

 食道癌手術後に多い症状は、切除や再建手術などにより、食道が狭くなり、飲みこみにくくなったり(嚥下障害)、食後の吐き気や動悸など(ダンピング症候群)、胸やけ(逆流性食道炎)など様々なものがあります。

 漢方では、患者さんそれぞれの症状や体質に細やかに対応しております。

 また胃がん、大腸がん手術後の後遺症などにも対応しております。Img_8068_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「手術後の痛み、腫れ、後遺症に漢方」new

「胃がん手術後の生活の質を改善する漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「手術後の違和感、痛み、ひきつれに漢方」  

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「食道がんの手術後2か月になりますが、口の中が荒れて痛いです。口の中がいつも乾燥しています。うがい薬を処方されていますが、口の中が荒れて痛くなりました。

 水で口の中を潤すと、少し楽になりますが、またすぐに乾いてしまいます。朝起きるとしたがカラカラに乾いています。それに連動して咳が出ます。」Ky18_01_2

 この患者さんの体質に合わせて、口の中の炎症を鎮め、口の中や喉の粘膜に潤を与える漢方薬を処方しました。

 少しずつ口の中の乾く感じが楽になり、口の中の荒れた痛みがなくなり、むせるような咳が出なくなりました。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »