カテゴリー

« 梅雨時に悪化する片頭痛に漢方 | トップページ | 首の手術後の痛み、ひきつれに漢方が効きました^^ »

2017年7月11日 (火)

血管運動性鼻炎に漢方

 「気温の差がある時に、鼻水、くしゃみが止まらなくなります。6、7月や10月になる事が多いです。血管運動性鼻炎なので、薬はないと言われました。」

 という患者さんが受診されました。

 ふとした時に、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状が起こりやすい、よくなったり悪くなったりを繰り返している方で、花粉やハウスダストなどのアレルゲンが特定されない鼻炎は、血管運動性鼻炎の可能性があります。Img_7811

◆寒い場所から温かい場所へ移動するなど、温度差がある場所へ移動した時

◆熱いものや冷たいものを食べた時

◆空気が乾燥している時

◆香水やたばこなど、強い香りやにおいに刺激を感じた時

などに、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が起こる場合が多いです。

 アレルギー検査を受けても抗体が見つからず、周囲の環境に自律神経の働きが過剰に反応している状態と考えられています。

 漢方では、患者さんそれぞれの鼻炎症状や体質に合わせた処方になります。A306_025

◇くしゃみ、鼻のむずむず

◇鼻水

◇鼻づまり

◇胃腸虚弱の方、丈夫な方

◇寒がりの方、暑がりの方

など、一人ひとりの症状や体質に細やかに対応しております。

 この患者さんは、少しずつ症状が軽減され、気にならない状態を維持できています。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「血管運動性鼻炎に漢方」new

「後鼻漏に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「蓄膿に漢方」

「アレルギー性鼻炎に漢方」

« 梅雨時に悪化する片頭痛に漢方 | トップページ | 首の手術後の痛み、ひきつれに漢方が効きました^^ »

.鼻炎、鼻水、鼻づまり」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576144/65503628

この記事へのトラックバック一覧です: 血管運動性鼻炎に漢方:

« 梅雨時に悪化する片頭痛に漢方 | トップページ | 首の手術後の痛み、ひきつれに漢方が効きました^^ »