カテゴリー

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月27日 (木)

汗で顔がかゆい、肌荒れする時の漢方

 夏になって顔がチクチクする、湿疹やにきびが増えたと受診される方が多いです。汗による刺激や乾燥肌が原因となっている方が多いです。

 汗をかいたり、皮脂でベタつく感じがするので、皮膚が乾燥している事に気づいていない方が多いようです。

 汗によって水分が蒸発して、皮膚は乾燥しやすくなります。クーラーによっても室内が乾燥しますので、皮膚から水分が奪われて、更に乾燥肌が進行しやすいです。化粧水や乳液などで保湿される事も大切です。Img_7982

 皮膚から水分が蒸発すると、汗に含まれているミネラルなどが皮膚に残り、肌への刺激となって、皮膚のバリア機能が低下します。それにより、細菌やカビなとによる肌トラブルが起こりやすくなります。

 また、夏は汗腺が開きやすいので、毛穴に角質などがつまり、あせもの原因となりやすいです。

 保湿剤や汗をふきとるなどのスキンケア対策をしても、肌がチクチクする、にきびや湿疹が出るという方に、体の中から肌を健康に整える漢方薬が効果的です。

 皮膚に潤いを届ける漢方薬や皮膚の炎症を鎮める漢方薬などが効果的です。一人ひとりの肌質や皮膚炎、体質に合わせた漢方薬にを処方しております。Ky26_02

医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「乾燥肌に新潟の漢方」new

「新潟のにきび治療の漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「乾燥肌に漢方」

「にきび・吹き出物に漢方」

~*~*~*~

 水戸部クリニックの睡蓮鉢のつぼみが育っています。今シーズン2輪めです。次々と新しいつぼみが育っています。楽しみです。

2017年7月25日 (火)

育児中の腱鞘炎、授乳中でも飲める薬は

 育児中に、手首が痛い、指の付け根が痛い、腫れているなどの症状は、腱鞘炎かもしれません。授乳や抱っこ、お風呂におむつ替えなど、手や腕に負担がかかる事が多いですね。

 放っておいたら、どんどん痛みが激しくなって、痛みで目が覚めるまでになってしまった方に、漢方治療が好評です。

 テーピングやサポーター、湿布、マッサージなどで対応している方が多いようですが、育児中は、手を休める事ができませんので、なかなかよくならないという方が多いようです。

 腱鞘炎の症状、痛む部分の状態、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。Img_7920

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。 

 自然の生薬から作られる漢方薬は、体に優しく作用します。授乳中の方でも服用できます。

「新潟の腱鞘炎治療の漢方」new

「痛み・しびれ・むくみに漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「こんな症状に漢方・整形外科疾患」

Img_7935Img_7918Img_7939



2017年7月24日 (月)

43歳で閉経?更年期症状が辛い時の漢方

 「更年期の症状と言われました。顔が熱くなったり、赤くなったりします。43歳ですが、閉経期のホルモンの値だと言われました。少し早いですが、ホルモン療法をするまでもないでしょうと言われました。1日中だるくて、何もしたくないです。」

 と受診されました。

 この方は、体質に合わせた漢方薬の服用を始めて約1か月後くらいに、生理が再開しました。顔のほてりやだるさ、気力の低下が改善されました。Img_7937

 更年期は50歳前後の更年期になると、卵巣や子宮機能の低下により生理周期が乱れ、多様な症状に悩む方が多くなります。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬により、更年期の症状が改善される方が多いです。

◆生理不順や生理に伴う症状(PMSなど)、胸の張り、冷え

◆のぼせる、汗が噴き出す、ほてる、動悸がする、めまい、ふらつき、肥満、やせ

◆頭痛、偏頭痛、肩こり、腰痛、手足のしびれや関節痛

◆イライラ、不安、うつうつした気分が続く、不眠、やる気が出ない

◆食欲不振、胸やけ、口の中や喉の渇き

◆皮膚のかゆみ、抜け毛や薄毛

など様々ですが、本人にしかわからない症状が多く、周囲の理解を得られずに、辛い思いをされている方が多いようです。

 水戸部クリニックでは、長年の経験により、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「更年期障害を漢方で」new

「生理痛・生理不順に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「更年期障害の症状に漢方」

「生理痛・生理不順に漢方」 Img_7906_2

~*~*~*~

 高田公園の蓮祭りに行ってきました。お昼頃には、蓮の花が閉じてしまうと聞いていましたので、雨の中を早起きして出かけました。来週が見ごろのようです^^

Img_7917Img_7921Img_7951










2017年7月23日 (日)

プールでアトピーが悪化?入らない方がいいですか

 プールの季節になると、アトピーの悪化を心配される方のご相談が多くなります。

 プールの消毒に使われている塩素で悪化する場合もありますが、紫外線や汗による悪化なども考えられますので、楽しい時間を我慢しなくてもよいのではないでしょうか。

 プールの後に、塩素をよく洗い流すようにすることも大切ですが、帰宅されてから、ゆっくりとお風呂につかって、汗や体の汚れを流すなどの工夫をされる事をお奨めします。

 アトピー性皮膚炎の方の中には、「暑がりなので、シャワーだけで済ませています。」という方がいらっしゃいます。本当に暑がりなのでしょうか。Img_7886

 皮膚表面の炎症により体がほてっていて暑いと感じている方が多いですが、体の中が冷えている場合があります。

◇暑いので、エアコンの設定温度は低めにしている

◇冷たい飲み物や食品をたくさん摂っている

◇入浴後にかゆみが悪化するので、湯船にはつからないで、シャワーだけで済ませている

などにより、体の中の冷えによりアトピーが悪化している場合もあります。

 熱いお風呂が苦手な方は、ぬるめのお湯にゆっくりとつかるのもお奨めです。ゆっくりと体の芯まで温める事で、アトピーのかゆみが激しくなる方にも効果的です    

 プールでストレスが発散される事で、アトピー症状の軽快にもつながります。ストレスによってもアトピーは悪化しやすいので、工夫をされる事で、プールなどの水遊びや外遊びも
楽しんで下さい。

 アトピー症状に変化が見られましたら、漢方薬を変方して対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Cl05_0061

「春夏のアトピースキンケア」

「アトピー性皮膚炎に漢方」

新しいHPを作成中です。

「新潟のアトピー治療の漢方」new

2017年7月19日 (水)

夏休み、子供にイライラしてしまう時に漢方!?

 「いい子になる漢方を下さい。あの漢方を飲んでいた時は、イライラが少し抑えられていました。親子で漢方を飲んで、夏休みを平和に過ごしたいと思います(^^)」

 という患者さんが受診されました。

 夏休みが始まりますね。兄弟喧嘩に宿題、身の周りの世話にいつもの家事があって、疲れていたり、日ごろのストレスが溜まっていたりすると、イライラしたり、子供を過剰に叱ってしまったりと、心と体が休まる暇がありません。Img_7773

 漢方には、心と体にやさしい処方があります。一人ひとりの症状に合わせた漢方薬の服用により、イライラや気分の落ち込み、疲労倦怠感などの症状が改善される方が多いです。 自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしいと好評です。授乳中の方でも服用できます。

 また、生理前にイライラする、だるい、頭痛がする、気分が落ち込むなどの症状、PMS(月経前症候群)や日常的なイライラ、不安や疲れ、だるさなどに対応した漢方薬も効果的です。

 体調が悪いからイライラする、イライラするから余計に疲れる、などの悪循環になっている方も多く、体調を整え、ホルモンバランスを整える漢方薬により改善される方が多いです。

 女性の為の漢方薬は、多くの種類があります。男性に比べて、ホルモンバランスの影響を受けやすく、多様な症状に悩む方が多い為と思われます。ホルモンバランスを整える漢方薬には、心身の不調を整えるだけではなく、美肌効果も併せ持っている処方が多いです。141_3

 イライラを減らす事ができれば、表情も穏やかになり、シワの予防につながりますし、皮膚表面の血流改善効果などにより、美肌効果を実感される方が多いです。

 親子で楽しい夏休みを過ごすための一助になれる場合もあると思います^^

「育児ストレスに漢方」new

【子供の癇癪、イライラ、夜泣きに困っています】

 お子さんのアレルギー体質改善の漢方薬の中には、お子さんの神経の高ぶりを軽減する効果も併せ持っている処方があります。

 アトピーやアレルギー性鼻炎、喘息などのアレルギー体質改善の為の漢方薬を服用されていると、イライラや癇癪も改善される場合が多いです。Ky27_02_2_3

 子供は、肝の働きが未熟なので、興奮したり、イライラしたりと感情のコントロールが上手くできなくなる時があります。

 肝とは、気(目に見えませんが、元気の気、気分の気と考えるとわかりやすいでしょう。)のコントロールを行っています。

 肝の働きが未熟な為に、気が上昇すると興奮状態になり、イライラしたり、騒いだりしやすいです。

 肝の働きを整え、神経の興奮を鎮める漢方薬などが効果的です。お子さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

「子供の癇癪に漢方」new

「夜泣き・疳の虫・夜驚症に漢方」new

「育児ストレス解消に漢方」new

「PMS症状に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「ストレスに負けない薬」

2017年7月17日 (月)

暑くなると頭痛がする、だるくなる時は漢方

 暑くなると、頭痛がする、だるくなるなどの症状は、暑さ負けより起こりやすい症状です。

◇頭が重くなる、頭痛がする

◇体がだるい

◇食欲がない

◇下痢になりやすい

◇むくみやすい

◇夏痩せする

などの症状で受診される事が多くなります。

 暑さ負け対策に、休養、睡眠、食事などに気を付けても改善がみられない方に、暑さ負け対策の漢方薬が好評です。Img_7827

 クーラーや冷蔵庫などがなかった時代とは異なり、暑さ負けによる症状は多様化しています。

 熱中症のような症状やクーラーによる冷え、冷たい食事の摂り過ぎによるなど、様々です。

 漢方では、暑さ負けの症状や患者さんそれぞれの体質に合わせた処方になります。

 例えば

◇慢性的に体調を崩しやすい方の不調

◇一時的な体調不良

◇屋外など、気温や室温が高い環境で過ごす時間が長い方

◇クーラーなど気温が低い環境で、長時間過ごす事が多い方

など、職場や生活環境、体質などを考慮して処方を検討しておりますので、一人ひとりの症状や体質に細やかに対応しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「夏バテ症状に漢方」

新しいHPを作成中です。

「夏バテ対策・予防に漢方」new

~*~*~*~Ky37_091_3

 ある患者さんのお話です。

 毎年6月下旬ころから頭がもあーっとした状態が、10月後半ごろまで続くそうです。毎年6月になると受診されて、暑さ負け対策の漢方薬を服用されています。

 今年も受診されています。

 「この漢方がないと困るんですよ。あの頭のもあーとした嫌な状態がないと本当に夏が楽なんです。」

2017年7月14日 (金)

ヤマビルに噛まれた傷痕が治らない

 山蛭(ヤマビル)に噛まれる事が多い方、傷痕が治りにくく、いつまでも痛痒いという方に漢方治療を行っております。

 山の中や周辺の森林などで、仕事をする方、山登りやハイキングへ行って来られた方のご相談が多いです。

 ヒルに噛まれた部分は、激しい痒みが続いて、1~2週間以上傷痕が残る場合が多いです。薬を塗っても治りが悪い方、治っても、また山へ行くので噛まれてを繰り返している方に、体の中から痒みを軽減し、傷痕を修復する効果のある漢方薬が好評です。

 虫刺されの痕や結節性痒疹にも対応しております。Img_7824

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「治りにくい皮膚症状に漢方」

「様々な皮膚炎に漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「仕事で山へ入っての作業が多いです。毎年5月頃からヤマビルに噛まれます。毎日なので、治る暇もなく傷になっています。長靴を履いて、完全防備にしていますが、入り込んできます。痒くて掻きむしるので、余計に治りが悪いとわかっていますが、痒くて我慢ができません。」

 皮膚の炎症を鎮めて、皮膚の修復力を高める漢方薬を2週間処方しました。

 「とても楽になりました。仕事でほぼ毎日噛まれていますが、治りが早くて、いいですね。」Ky24_111

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「治りにくい皮膚症状に漢方」

「様々な皮膚炎に漢方」

2017年7月13日 (木)

脱ステを始めて2か月、漢方を飲んでいてもリバウンドは起こりますか

 慢性的な皮膚炎の方が、脱ステロイドを希望されます。ステロイドを中止する事で、抑えられていた皮膚の新陳代謝が活発になるので、リバウンドが起こる場合が多いです。

 漢方治療は、皮膚炎の状態に合わせて処方を変方したり、追加したりする事で対応しておりますが、リバウンドが激しい場合は、日常生活に支障を来す場合がありますので、急に中止されるよりも、漢方薬などと併用しながら、少しずつステロイドの塗る量や回数を減らしてゆくことをお勧めしております。Img_7814

 ある患者さんは、漢方治療を始めるのと同時に、完全にステロイドを中止されてしまいました。ステロイドを塗っていた頃には見られなかったほど皮膚がきれいになったと喜んでいらっしゃいましたが、1か月半後くらいから、じわじわとリバウンドが起こり始めました。

 ステロイドを塗っていた部分ではない部分にも噴き出しが起こり始めました。皮膚には毛細血管が無数に張り巡らされていますので、ステロイドにより閉じ込められていた炎症物質が、ステロイドを塗っていなかった部分からも噴き出す事はあります。

 そこで、ステロイドを使わずに我慢して乗り切るか、ステロイドを塗りながら症状の軽減に合わせて、ステロイドの使用量をゆっくりと減らして行くかのどちらかになります。

◆皮膚が真っ赤になって熱をもった

◆ジュクジュクとした浸出液が噴き出して来た

◆浸出液が固まって、かさぶたになった

◆皮膚がゴワゴワと厚くなって、象の皮膚のようになった 

◆皮膚が乾燥して、粉が吹いたようになった

◆かゆみが辛くて、掻き壊して、血がにじんでいる 

◆かゆみが辛い、夜も眠れない 

などの症状が、脱ステロイドによるリバウンドの症状として現れる場合が多いです。症状や体質の変化に合わせて、漢方薬を変方したり、追加するなどにより対応しておりますが、非常に辛くなる方が多いです。ステロイドを使いながら、ゆっくりと脱ステロイドを進められる事をお勧め致します。 Ky39_01_3

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。 

 漢方薬により皮膚の炎症が改善され、体質改善が進むと、ステロイドを使わなくてもよい状態に改善される方が多いです。それまでの過程の辛さに耐えられなくなり、脱落してしまう方がいらっしゃる事も現状です。 

 脱ステロイドが成功するまでには、長期戦を覚悟して頂くようにお話しています。

 脱ステロイドによるリバウンドやかゆみ、イライラ、体調不良など、様々な変化に細やかに対応できるのが漢方薬です。ゆっくりと少しずつ脱ステロイドへ進めてゆく事で、美しいお肌を取り戻されている方が多いです。 

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new 

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「治りにくい皮膚症状を漢方で改善」

2017年7月12日 (水)

首の手術後の痛み、ひきつれに漢方が効きました^^

 「首の腫瘍の手術後から、切開部分がひきつれて、痛くなります。それが原因と思いますが、頭痛がします。夕方になると悪化します。マッサージをしたり、いろいろ試してみましたが、どうにもならなくて、市販の漢方薬を飲んでみましたが、よくわかりませんでした。」

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「処方して頂いた漢方薬の〇番の方は、なんとなく合わないような気がします。〇番はいいのですが・・・。イライラは、少しよくなったと思います。」

 漢方薬を一部変方して様子をみて頂きました。

 「とても楽になりました。切開した部分がひきつれる感じが、常にあり、夕方になると必ず頭痛になっていましたが、嘘のようにならなくなりました。」Img_7820

 手術後の切開部分の傷痕や関節部分などの痛みやしびれに悩む方に、患部の炎症を鎮め血行を改善する漢方薬などを処方しました。

 どうしても飲みにくい、なんとなく合わない感じがするなどの感じがあった場合は、体質に合っていない場合もありますので、ご遠慮なくご相談される事をお奨めしております。

 症状によりますが、最初の2週間から1か月くらいの服用で、何らかの改善を実感されない場合は、漢方薬を変方または、追加する場合が多いです。

 服用されて疑問やご不安に感じる事がございましたら、お気軽にご相談される事をお奨めしております。

 この患者さんは、調子がよく、約1か月くらい服用を中止していたそうですが、その後、受診されました。A307_015_2

 「1か月飲まなかったら、首がまたつれるようになって、集中力も低下しました。続けていた方がいいですね。」

『手術後の痛み・しびれ・後遺症に漢方』 new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

『手術後の違和感・ひきつれ・後遺症に漢方』

『事故の後遺症・むちうちに漢方』

2017年7月11日 (火)

血管運動性鼻炎に漢方

 「気温の差がある時に、鼻水、くしゃみが止まらなくなります。6、7月や10月になる事が多いです。血管運動性鼻炎なので、薬はないと言われました。」

 という患者さんが受診されました。

 ふとした時に、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状が起こりやすい、よくなったり悪くなったりを繰り返している方で、花粉やハウスダストなどのアレルゲンが特定されない鼻炎は、血管運動性鼻炎の可能性があります。Img_7811

◆寒い場所から温かい場所へ移動するなど、温度差がある場所へ移動した時

◆熱いものや冷たいものを食べた時

◆空気が乾燥している時

◆香水やたばこなど、強い香りやにおいに刺激を感じた時

などに、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が起こる場合が多いです。

 アレルギー検査を受けても抗体が見つからず、周囲の環境に自律神経の働きが過剰に反応している状態と考えられています。

 漢方では、患者さんそれぞれの鼻炎症状や体質に合わせた処方になります。A306_025

◇くしゃみ、鼻のむずむず

◇鼻水

◇鼻づまり

◇胃腸虚弱の方、丈夫な方

◇寒がりの方、暑がりの方

など、一人ひとりの症状や体質に細やかに対応しております。

 この患者さんは、少しずつ症状が軽減され、気にならない状態を維持できています。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「血管運動性鼻炎に漢方」new

「後鼻漏に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「蓄膿に漢方」

「アレルギー性鼻炎に漢方」

2017年7月10日 (月)

梅雨時に悪化する片頭痛に漢方

 梅雨の季節になると片頭痛が悪化する方が多くなります。低気圧の影響や湿度が高いことなどにより、片頭痛が悪化しやすい季節です。

低気圧の影響で、血管が拡張しやすくなり、また空気中の湿度が高い状態が続きますので、体の中に余分な水分が溜まりやすくなります。

 それにより、梅雨時は、片頭痛が悪化する方が多くなります。

 鎮痛剤や片頭痛の薬では激しい片頭痛が改善されない方、薬が合わない方などに、体質改善の漢方薬が効果的です。Img_7812_2

 一人ひとりの片頭痛の症状や体質、職場や生活環境などに合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「頭痛・片頭痛に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「頭痛・片頭痛治療の漢方」

~*~*~*~ Ky15_13_1

 ある患者さんのお話です。

 片頭痛に漢方治療を継続されていらっしゃいます。

 頻繁に起こる激しい片頭痛に悩んで受診された方です。体質に合わせた漢方薬を服用されて、少しずつ片頭痛の頻度や痛みが軽くなり、ほとんど起こらなくなっています。

 「以前は、片頭痛がいつ起こるかと外出が不安でした。最近は、何も気にせずに出かける事ができるようになりました。」

「頭痛・片頭痛に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「頭痛・片頭痛治療の漢方」

2017年7月 7日 (金)

卵管閉塞の治療に漢方

 卵管閉塞に悩む方に、保険適用の漢方治療を行っております。

 卵管閉塞は、何らかの原因で、卵管が詰まったり、通りが悪くなっている状態を言います。片側が詰まっている方、両側が詰まっている方、通りが悪い方がいらっしゃいます。遺伝的な原因や感染症、卵管水腫、子宮内膜症などの炎症による場合などが多いと言われています。Img_7795

 卵管は、精子と卵子が受精する場所なので、卵管の通りが悪い、卵管閉塞は、妊娠が難しくなります。

 漢方の考え方では、卵管部分に老廃物などがこびり付いていたり、気滞(疲労やストレスによって、気の巡りに滞りが生じると通過障害が起こることがあると考えます。)が原因と考えます。※卵管の癒着(ゆちゃく)による閉塞は除く。
 

 女性ホルモンのバランスを整え、卵管の詰まりを改善する漢方薬などを体質や体調の変化に合わせて、処方しております。婦人科のお薬と併用できます。漢方によって、少しでもお力になれればと精力を注いでおります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「不妊症・不育症治療の漢方」new

「女性の健康と美しさのための漢方」new

 従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「不妊症治療の漢方」

「女性のための漢方」

~*~*~*~A314_034_4

 ある患者さんのお話です。

 婦人科で検査を受けたら、卵管が詰まっていて、造影剤が通らないと言われて、大きな病院での再検査を勧められたそうです。

 「再検査を受ける前に、漢方を試してみて、しばらく経ってから行こうと思って、受診しました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 漢方薬の服用を開始して約1か月後に、婦人科で再検査を受けられました。

 「卵管のつまりはないと言われました。妊娠したいので漢方を続けていいですか。」

 処方を一部変方して、継続されています。

「不妊症・不育症治療の漢方」new

「女性の健康と美しさのための漢方」new

 従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「不妊症治療の漢方」

「女性のための漢方」

2017年7月 6日 (木)

膝の痛みが取れた!!漢方は

 膝の痛みに、保険適用の漢方治療が好評です。漢方では、膝の関節部分の炎症や患者さんそれぞれの体質に合わせた処方になります。Img_7793

 膝の痛みやひきつれなど、症状は一人ひとり異なります。

◇じっとしていても膝が痛む

◇正座をする時だけ痛い

◇じっとしていて、動き出すと膝が痛い

◇長く歩いていると、膝が痛くなる

◇お風呂などに入ると痛みが楽になる

◇膝の裏側がひきつれる感じがする

など、症状は、様々です。

 一人ひとりの症状や体質に合わせて、細やかに対応できるのが漢方薬です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「膝の痛みの治療に漢方薬」

新しいHPを作成中です。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」new

~*~*~*~A307_058

 ある患者さんのお話です。

 「3か月くらい前から膝が痛いです。整形外科へ行ったら、少し水が溜まっていると言われましたが、抜くほどではないそうです。スポーツクラブも中止するように言われて、休んでいます。」

 少しずつ痛みが楽になり、継続されていましたが、しばらく受診されませんでした。

 「調子がよくて、スポーツクラブにも行けるようになっていましたが、漢方をさぼっていたら、また膝が痛くなりました。今日は、手の指の関節が痛くなっています。それも漢方で治りますか。」

 リウマチの検査をしましたが、異常なしでした。

 今までの漢方薬に、指先の血行を改善する漢方薬などを追加しました。

 「膝は、すぐに治りました。手の関節も少しずつ痛みが楽になっています。」

「膝の痛みの治療に漢方薬」

新しいHPを作成中です。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」new

~*~*~*~Img_7794

 クリニックのミニガーデンは、花盛りです^^

2017年7月 5日 (水)

生理後半にだるい方のための漢方

 生理前後の不調、PMS症状に悩む方に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が好評です。今日は、生理後半からのだるさや気力低下のお話です。Img_7781_2

 生理後半から

◇だるくなる

◇ぐったりして動けなくなる

◇眠気が起こる

◇気分が沈む

◇イライラする

◇頭痛やめまいがする

◇手足が冷える

などの症状に悩む方の受診が多いです。A307_069_2

 このような症状は、生理出血により貧血傾向になったり、栄養が不足している状態に多い症状です。

 女性ホルモンのバランスを整え、体力をつける漢方薬などが効果的です。ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、生理後半の不調と共に、生理痛や生理不順などの症状も改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「PMS症状に漢方」new

「生理痛・生理不順に漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「生理痛・生理不順に漢方」

「月経と漢方」

2017年7月 4日 (火)

転んで打った。顔のあざを早く治したい

 「顔から転んで、あざになりました。目が開けない状態でしたが、3日経って少し腫れが引いたので来ました、このあざを早く治したいのですが、何かありませんか。下を向いて仕事をしています。」

と受診された方がいらっしゃいます。Img_7775_2

 漢方には、打撲後の痛みや腫れに効果的なものがいくつかあります。この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 Ky63_18_7少しずつ腫れや痛みが改善され、顔や体のあざが薄くなって来ました。

 HP担当もよく、ぶつけたりする事がありますが、顔の場合は、早く治したいので、ぶつけた直後に、すぐに漢方薬を服用して、翌日には何食わぬ顔で診療に出ていたりする事があります(笑) 

 打った衝撃の度合いによって、改善までの期間に差がありますが、湿布などによる対応だけの場合よりも早い改善がみられる場合が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「痛み・しびれ・むくみに漢方」new

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

~*~*~*~

 雨に濡れたアジサイは、きれいですね^^

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ