カテゴリー

« 首の手術後の痛み、ひきつれに漢方が効きました^^ | トップページ | ヤマビルに噛まれた傷痕が治らない »

2017年7月13日 (木)

脱ステを始めて2か月、漢方を飲んでいてもリバウンドは起こりますか

 慢性的な皮膚炎の方が、脱ステロイドを希望されます。ステロイドを中止する事で、抑えられていた皮膚の新陳代謝が活発になるので、リバウンドが起こる場合が多いです。

 漢方治療は、皮膚炎の状態に合わせて処方を変方したり、追加したりする事で対応しておりますが、リバウンドが激しい場合は、日常生活に支障を来す場合がありますので、急に中止されるよりも、漢方薬などと併用しながら、少しずつステロイドの塗る量や回数を減らしてゆくことをお勧めしております。Img_7814

 ある患者さんは、漢方治療を始めるのと同時に、完全にステロイドを中止されてしまいました。ステロイドを塗っていた頃には見られなかったほど皮膚がきれいになったと喜んでいらっしゃいましたが、1か月半後くらいから、じわじわとリバウンドが起こり始めました。

 ステロイドを塗っていた部分ではない部分にも噴き出しが起こり始めました。皮膚には毛細血管が無数に張り巡らされていますので、ステロイドにより閉じ込められていた炎症物質が、ステロイドを塗っていなかった部分からも噴き出す事はあります。

 そこで、ステロイドを使わずに我慢して乗り切るか、ステロイドを塗りながら症状の軽減に合わせて、ステロイドの使用量をゆっくりと減らして行くかのどちらかになります。

◆皮膚が真っ赤になって熱をもった

◆ジュクジュクとした浸出液が噴き出して来た

◆浸出液が固まって、かさぶたになった

◆皮膚がゴワゴワと厚くなって、象の皮膚のようになった 

◆皮膚が乾燥して、粉が吹いたようになった

◆かゆみが辛くて、掻き壊して、血がにじんでいる 

◆かゆみが辛い、夜も眠れない 

などの症状が、脱ステロイドによるリバウンドの症状として現れる場合が多いです。症状や体質の変化に合わせて、漢方薬を変方したり、追加するなどにより対応しておりますが、非常に辛くなる方が多いです。ステロイドを使いながら、ゆっくりと脱ステロイドを進められる事をお勧め致します。 Ky39_01_3

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。 

 漢方薬により皮膚の炎症が改善され、体質改善が進むと、ステロイドを使わなくてもよい状態に改善される方が多いです。それまでの過程の辛さに耐えられなくなり、脱落してしまう方がいらっしゃる事も現状です。 

 脱ステロイドが成功するまでには、長期戦を覚悟して頂くようにお話しています。

 脱ステロイドによるリバウンドやかゆみ、イライラ、体調不良など、様々な変化に細やかに対応できるのが漢方薬です。ゆっくりと少しずつ脱ステロイドへ進めてゆく事で、美しいお肌を取り戻されている方が多いです。 

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new 

従来からのPC用HPはこちら 他の症状についての内容も充実しています。

「治りにくい皮膚症状を漢方で改善」

« 首の手術後の痛み、ひきつれに漢方が効きました^^ | トップページ | ヤマビルに噛まれた傷痕が治らない »

.皮膚科症状に漢方」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

アトピー性皮膚炎に漢方」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576144/65492155

この記事へのトラックバック一覧です: 脱ステを始めて2か月、漢方を飲んでいてもリバウンドは起こりますか:

« 首の手術後の痛み、ひきつれに漢方が効きました^^ | トップページ | ヤマビルに噛まれた傷痕が治らない »