カテゴリー

« 頭痛でこめかみがズキズキする時の漢方 | トップページ | 花粉による蓄膿症状に漢方 »

2017年2月13日 (月)

前立腺が痛い時の漢方

 前立腺の痛みの原因として、前立腺炎、尿道炎、精嚢炎、前立腺がんなどによる場合があるようですが、検査をしても異常がない方、痛みが辛い方に、漢方治療が好評です。

 前立腺から肛門の周辺部分(会陰部)に、前立腺、尿道、精嚢、直腸がありますので、炎症が起こると痛みを感じたり、肛門の痛みや違和感などを感じる場合があります。

 会陰部の痛みや違和感を感じる方は、泌尿器科等で、検査を受けられる事をお勧め致します。

 検査を受けても特に異常がない方、思うような改善がみられない方に、前立腺の炎症や陰部の炎症を鎮める漢方薬が効果的です。Img_6143

 前立腺から肛門周辺部、陰嚢、足の付け根の辺りが

◆痛い、重い感じ

◆チリチリとした灼熱感、ヒリヒリ、ビリビリする感じ

◆モゾモゾするような感じや不快感

などの症状に

◇排尿痛

◇尿の出が悪い

◇トイレが近い

◇腰が痛い

などの症状を伴う方も多いです。Ky22_28

 漢方では、前立腺炎や尿道炎などの炎症の改善に効果的な処方が多くの種類があります。診察により一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。順次新しいページを追加しております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new

「男性特有の病気・症状に漢方」new

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「前立腺が痛いです。肛門の辺りがもぞもぞする感じも続いています。便意が続いていて気分が悪いです。泌尿器科は、何か所も受診しましたが、異常はないと言われるばかりで、漢方しか頼れるものがありません。助けて下さい。」

 顔色が悪く、辛そうな表情をされていました。年齢も考慮しまして(70代後半の方です。)、漢方薬の処方量を少なめにして、経過をみました。

 体力の低下がみられましたので、最初は、体調を整える漢方薬を中心に処方し、体調のに合わせて陰部の炎症を改善する漢方薬に変方しました。

 少しずつ体調が整い、陰部の痛みや違和感が改善されました。異常に激しかった便意も正常になりました。

 「もっと早く来ていればよかったです。2年も治らなかったんですよ。でも先生に出会えてよかったです^^」

 こちらこそ、信じて漢方薬を続けて下さってありがとうございます^^

 中止するのが不安との事で、服用量を減らして、継続されています。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。順次新しいページを追加しております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new

「男性特有の病気・症状に漢方」new

« 頭痛でこめかみがズキズキする時の漢方 | トップページ | 花粉による蓄膿症状に漢方 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

痛み、しびれ、関節痛」カテゴリの記事

尿のトラブル、陰部の炎症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前立腺が痛い時の漢方:

« 頭痛でこめかみがズキズキする時の漢方 | トップページ | 花粉による蓄膿症状に漢方 »