カテゴリー

« 赤ちゃんの目の周りの湿疹が治らない時は漢方 | トップページ | 膝裏がむくんで正座できなかったのですが、漢方で治りました^^ »

2017年1月18日 (水)

生理前に暴れる症状は、ホルモンバランスを整える漢方

 生理2週間前頃から始まるイライラ、焦燥感、暴れるなどの症状が激しく、自分ではコントロールできない方に、ホルモンバランスを整える漢方薬が効果的です。Img_5935

 生理前になると、

◆イライラが激しくなる

◆情緒不安定にある

◆うつうつした気分になる、自殺したくなる

◆不安感が強くなる、人に会いたくなくなる

◆焦燥感に襲われる

◆集中力が低下する

◆日中に眠気が起こる、夜眠れない

◆攻撃的、暴力的になる

◆泣く、叫ぶ

などの症状が激しくなる方がいらっしゃいます。

  PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)などと呼ばれる症状で、生理前に激しくなり、生理がくると、症状が改善されたり、嘘のように治ってしまう方もいらっしゃいます。

 はっきりとした原因がわかっていないようですが、漢方の視点から、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。A307_073

 同じような症状で受診される方でも、体質は一人ひとり異なりますので、診察により、その方の体のバランスの乱れ、生理前に起こっている体のバランスの乱れを整える漢方薬を検討しております。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせて、細やかに対応できるのが漢方薬です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 自分ではどうすることもできなくて、一人で抱え込んで苦しんでいる方が受診されます。漢方薬は、心と体にやさしく作用します。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「PMS(月経前症候群)に漢方」new

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「生理前になると、自分ではどうするできないくらい怒りっぽくなります。子供を叩いたり、怒鳴ったりしてしまいます。物を投げて暴れる時もあります。主人に、精神科へ行けと言われましたが、友達に漢方があると聞いたので来ました。私、おかしいんでしょうか・・・・。今日は、生理が終わったばかりなので、なんともないんです。」

と、泣きながらお話されました。

 細かくお話を伺って、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。2,3か月間服用されて、生理前の症状の変化を診てまた、処方を調整することとしました。

 少しずつ改善を実感されました。Ky52_02

 半年くらい継続されていましたが、

 「調子がよいので、少しサボったら、今回の生理前にまた、イライラしてしまって、ちゃんと飲まないとダメだって、主人に叱られました。やっぱり続けていた方がいいみたいです。」

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「PMS(月経前症候群)に漢方」new

« 赤ちゃんの目の周りの湿疹が治らない時は漢方 | トップページ | 膝裏がむくんで正座できなかったのですが、漢方で治りました^^ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.生理痛、生理不順、PMSなど」カテゴリの記事

イライラ、落ち込み、ストレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生理前に暴れる症状は、ホルモンバランスを整える漢方:

« 赤ちゃんの目の周りの湿疹が治らない時は漢方 | トップページ | 膝裏がむくんで正座できなかったのですが、漢方で治りました^^ »