カテゴリー

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

頭が割れるような頭痛、検査異常なく、薬が効かない!!

 頭が割れそうな激しい頭痛の原因は、クモ膜下出血や脳の病気など、重篤な疾患による場合もありますので、早急に検査を受けられる事をお勧め致しますが、検査を受けても異常がない、原因不明の激しい頭痛に悩まされている方に、漢方薬が好評です。

 鎮痛剤の量が増えている方、鎮痛剤を飲んでも頭痛の改善がみられない方、頭痛薬で、胃が痛くなる、食欲が低下する方のご相談も多いです。

 新潟の水戸部クリニックでは、漢方の視点から、頭痛が起こっている原因を考え、一人ひとりの体質に合わせた漢方薬を決定します。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 頭痛の原因や体質に合わせて、頭痛になりやすい体質を改善する漢方薬が効果的です。

◆慢性的に繰り返し起こる頭痛Ky15_14

◆肩や首のこりから起こる筋緊張性頭痛

◆生理周期に伴って起こりやすい頭痛

◆疲れやストレス、二日酔いなどにより起こる頭痛

◆風邪やインフルエンザなど熱性疾患による頭痛

など、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、頭痛を起こす頻度が減ったり、痛みが軽くなる方が多いです。

「頭痛・偏頭痛治療の漢方」 Img_5293

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「頭痛・偏頭痛に漢方」new

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「イライラして、考え込みやすい性格です。イライラし過ぎると、思考が停止して、何をするのかわからなくなります。そうすると、もう頭が割れるような頭痛が始まります。何時間も続いて、痛みが和らぐのを待ちます。頭痛薬もほとんど効かないので、我慢して過ごしています。仕事に支障が出て困っています。

 脳外科や神経内科などで、検査を受けましたが、異常がないと言われて、薬の量が増えましたが、効きません。漢方薬を処方して下さると聞きましたので・・・。」

 仕事のできるハキハキしゃきしゃきした感じの女性です。A307_073

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「ずっと続いていた頭が割れるような激しい痛みが、スーッと治りました。頭痛薬が、大量に残っています。何を飲んでも治らなかったのに、びっくりしました。

 イライラは、まだしますが、性格なので仕方ないですよね。でも漢方を飲む前に比べたら、イライラし過ぎて状況がわからなくなることはなくなりました(^^)」

2016年11月29日 (火)

成人スチル病です。ステロイドを減らしたい

 難病と言われる成人スチル病の方が、ステロイドの量を減らしたいと、受診されました。病気の性質上、完全にステロイドなしの生活は難しいと思われますが、漢方薬による症状の軽減を希望されました。

 スチル病に関しての定期的な受診を継続される事を前提として、体質改善による症状の軽減のための漢方治療を開始しました。Ky61_03

 膜性腎症による尿たんぱくの数値が高く、リウマチ因子陰性の関節炎が辛いとの事でした。足がほてったり、冷えたりする症状も不快とのお話でした。

 スチル病の治療を継続されていまして、症状の軽減により、ステロイドの減量がされたそうですが、将来的な事も考えて、更なるステロイドの減量と、関節痛などの症状の軽減を希望されました。

 受診の度に、腎機能検査の結果を持参して頂き、数値の変動や身体症状の変化を確認させて頂きながら、体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 漢方服用開始から、2、3か月頃から、足の冷えやほてり、関節痛の軽減を実感され、主治医の先生が驚かれているそうです。徐々にステロイドの量も減らして頂けていると、とても喜んでいらっしゃいます。

 「体も楽です。先生にお会いして、希望の光が見えてきました。これからもよろしくお願い致します。」

~*~*~*~

 漢方治療を行っておりますと、難しい症状で受診される方がいらっしゃいます。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせて、細やかに対応できるのが漢方薬です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Img_5305

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「新潟の漢方外来・、水戸部クリニック」new

2016年11月28日 (月)

指のひび割れ、手荒れが治りません

 指のひび割れ、あかぎれが、辛い季節になりました。ささくれや爪の付け根の荒れ、乾燥してひび割れた部分に、絆創膏を貼ったり、ハンドクリーム、塗り薬で対応している方が多いようですが、なかなか治らない方の受診が増えています。

 そのような方に、漢方薬による治療が大変好評です。Ky26_20_5_3

 ステロイドを使いたくない方、塗るのを止めると再発を繰り返すので、中止したい方が、漢方治療を希望されています。

 手荒れなどの皮膚炎は塗り薬による治療を考えられる方が多いようですが、体の中から皮膚を健康な状態に整える漢方治療が効果的です。

◆指先のひび割れには、皮膚の炎症を鎮めて、傷を修復し、皮膚に潤いを与える漢方薬

◆水疱が出来ている方には、手や指先のジュクジュクを吸収する漢方薬

などが効果的です。

 皮膚の炎症の修復、改善には、一定の期間が必要になる場合がありますが、漢方薬の服用を始めてから2,3週間で、改善を実感される方が多いです。

 一人ひとりの手や指先の皮膚炎の状態や体質に合わせた漢方薬が効果的です。皮膚の状態や体質の変化に合わせて、処方を調節するオーダーメード処方になります。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

PC用HPは、こちら

「手荒れ・あかぎれ・指先のひび割れに漢方」 Img_5279

「手湿疹・主婦湿疹を漢方で改善」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯PC対応

「手湿疹・主婦湿疹・水疱に漢方」new

「手荒れに漢方で、脱ステロイド」new

2016年11月25日 (金)

口の中の乾燥が続いています。

 口の中の乾燥、乾く症状が続いている方は、シェーグレン症候群の場合があります。女性に多い自己免疫疾患で、関節リウマチなどの膠原病の症状に伴って現れる場合もあります。 

 はっきりとした原因がわかっていませんが、唾液や涙が出にくくなり、口の中や目が乾燥する症状です。Ky18_01

 口の中が乾燥して、舌がピリピリしたり、目がしょぼしょぼしたりする症状が多いです。

 一般的に、口の中の乾燥(ドライマウス)には、口の中に水分を補う薬やステロイドによる治療のようですが、漢方薬による治療も効果的です。

 ドライマウスを漢方では、水の巡りが悪い状態であると考えます。口の中に潤いを与えて、水分代謝を改善する漢方薬を処方しております。

 漢方では、ドライマウスの原因を体全体のバランスの乱れを整えることによる改善を考えます。 

 麦門冬湯が一般的に知られているようですが、漢方治療は、その時のその方に合わせた漢方治療が効果的です。患者さんそれぞれの体質や症状の変化に合わせて処方を変方したり、追加したりする場合が多いですので、自己判断されるより漢方に詳しい医師にご相談下さい。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Img_5294Img_5292

ドライマウス治療の漢方」

新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new

「ドライマウスに漢方」new

~*~*~*~

 ジュースを頼んだら、アナログ盤のコースターでした^^

 雰囲気がよく居心地のよいお店でした。

2016年11月24日 (木)

胃がぽちゃぽちゃするのは、水分の摂りすぎ?

 体を温めて、冷え症対策をされている方が、多いです。ひざ掛け、靴下、腹巻、お茶など、いろいろあるようですが、水分の摂りすぎが、反って、冷えを悪化させることになってしまう事もありますので、飲み過ぎには注意して下さい。

 今日は、お茶の飲み過ぎで、胃に水分が滞ってしまった方のお話です。

 冷え症なので、体を温めようと、冷えによいと言われるお茶を毎日、たくさん飲み続けてられたそうです。Ky37_16_2

 夏の間は、それほど冷える感じもなく、過ごされていたそうですが、10月頃から、胃がぽちゃぽちゃする事に気づかれたそうです。手足の冷えや背中のザワザワする感じが気になり、漢方で改善できればと、受診されました。

 緑茶や紅茶、コーヒーなどに含まれるカフェインは、食性では、体を冷やす傾向があります。ホットで飲んでも、冷えれば冷たくなります。利尿作用もありますが、夕方や朝のむくみは、昼間や寝る前のお茶やコーヒーの飲み過ぎによる場合もあります。

 「胃がぽちゃぽちゃする」症状は、漢方では、「胃内停水」、「振水音」と呼ばれます。

 胃の中に余分な水分が停滞している状態です。胃腸からの水分代謝が低下している場合や日常的に水分を摂り過ぎる傾向のある方に多い症状です。

 食欲不振、胃もたれ、胃液が上がってくる、などの胃の不調を感じていない方もいらっしゃいますが、めまいや頭痛、むくみや冷えの原因となっている場合があります。

 この余分な水分が体の中に巡って、他の症状を起こしている場合もあります。日本は、湿度が高いので、体の中に余分な水分が溜まりやすいです。

 のどが渇いた時、ちょっとお茶を飲みたいと思った時に、お茶や水分を飲まれるのはよいですが、健康や冷え症改善の為にと、お茶や水分をたくさん飲んでいる方は、思わぬ水毒症状が現れる場合がありますので、気を付けて下さい。

 「胃がぽちゃぽちゃする」患者さんのお話に戻りますが、胃の働きを整え、胃に停滞している水分代謝を改善する漢方薬などの服用により、「胃のぽちゃぽちゃする」感じもなくなり、手足の冷えや背中のザワザワを感じなくなりました。

 「自分で調べた漢方が効かなかった。」というご相談を受けることがあります。漢方薬は、病名に合わせて処方が決まるのではなく、病気や症状が起こる原因となっている体質、体のバランスの乱れを整えることで、病気や症状を改善するように整える処方になります。

 漢方に詳しい医師または、薬剤師にご相談される事をお勧め致します。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」

「胃の症状に漢方」 Img_5278

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new

「胃痛・胃炎・胃もたれ・食欲不振に漢方」new

2016年11月21日 (月)

体が冷えて眠れない

 寒い日が多くなりましたmaple外へ出るときは、ジャケットやコートが手放せない日がほとんどですね。今年は、冬の到来が早いようです。

 冷えによる症状の方の受診が増えています。冷えの症状は様々ですが、今日は、不眠の原因が冷えによる方のお話です。

 寝つきが悪く、安定剤や睡眠薬を服用されていた方です。薬を替えてもらったりしていたそうですが、寝つきが悪いのは変わりなく、翌朝に眠気が残って、起きにくくて困ると、遠方から受診されました。

 80代の女性です。ご家族の方のご紹介です。水戸部クリニックへ受診される方は、ご家族の方やお友達、職場の方のご紹介で受診される方が多いです。 とても嬉しいですhappy01

 とても穏やかな印象の方で、お話を伺いますと、体の冷えが強いとの事でした。昼間も背中がザワザワする感じが続いていて、鼻水が出やすいとの事でした。

 手足の冷えは自覚していらしゃいましたが、お腹がとても冷たい方でした。

 冷え症にもいろいろなタイプがあります。

◆手足が冷えるKy29_01_2

◆全身が冷えて、寒いと感じる事が多い

◆下半身が冷える

◆上半身は、のぼせる、温かいが、下半身が冷える

◆内臓が冷えている

など様々です。

 患者さんそれぞれの冷え体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 この患者さんは、腰から下の冷えが強く、腰から足先のしびれがありました。漢方では、体全体のバランスを整える事により、症状の改善を考えます。

 体質に合わせた漢方薬の服用により、足の冷えが改善され、腰から下のしびれが、少しずつ軽減されています。

 新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

PC用HPはこちら

「冷え症を漢方で改善」 Img_5247Img_5250

 新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「冷え症に漢方」new

~*~*~*~

 水戸部クリニックで、クリスマスのディスプレイを始めました ^^

2016年11月14日 (月)

乳首の皮膚炎に漢方

 乳首の周りの湿疹、皮膚炎が治りにくい方に漢方治療が好評です。アトピーの方、授乳中の方など、ステロイドを使いたくない方にも好評です。

 女性の受診が多いですが、アトピーの方や衣類などによる摩擦で炎症が起こる場合もあり、男性の受診も受け付けております。

◆ちくびがかゆい、痛いKy112_26

◆おできや膿が出ている

◆乾燥する、亀裂ができる、血がにじむ

◆ただれている

◆じゅくじゅくした浸出液が出ている

◆ステロイドが合わない、使いたくない

方の受診が多いです。

 ステロイドを中止したい方のご相談も多いです。 

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 乳首に炎症が起こる原因はアレルギーによる場合が多いです。アトピーの方、皮膚が弱い方に多いです。A303_057

 また、マラソンやジョギングをされる方も乳首が擦れて、炎症を起こす方がいらっしゃいます。

 保湿剤や塗り薬では治りにくい、ステロイドを中止したい方の受診が多いです。

 漢方薬では、体の中から皮膚を整え、乳首の炎症を改善する処方がございます。乳首の炎症の状態や患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。

「治りにくい皮膚症状を漢方で改善」 Img_5175

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「治りにくい皮膚症状に漢方・新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」new

「乳首の湿疹・皮膚炎に漢方」new

~*~*~*~

 大阪の患者さんから頂きました。話題のお菓子ですが、中のお菓子は、想像していたものとは全く違いましたが、おいしかったです。本当に面白い^^

2016年11月10日 (木)

漢方で不眠!?合わない?

 自分で購入された漢方薬が効いているのかどうかわからない、思うような改善がみられなかったと、受診される方がいらしゃいます。

 中には、「胃腸の調子が悪くなってしまった、寝つきが悪くなってしまった。思わぬ症状が出てしまった」などのご相談を受けることもあります。

 漢方薬には、多くの種類がありますが、一つの漢方薬の効果だけでも非常に幅広いものがあります。調剤薬局さんから渡されるお薬の説明やネットでの情報だけでは、完全ではない場合が多いです。

 自己判断で、購入された漢方薬が、ご自身の体質に合っていない場合には、思わぬ症状が起こることがあります。

Ky63_14

 漢方薬を構成している生薬それぞれの薬効や組み合わせによって現れる薬効などから、患者さんそれぞれの証(その時の体の状態や体質)に合わせた漢方薬を服用される事で、症状の改善される場合が多いです。

 時には、めんげんという症状を副作用と勘違いされてしまう場合もあります。漢方のめんげんとは、好転反応の事で、体の中のめぐりがよくなり、溜まっていたものが流れ、不要なものを排泄しようとする事で、様々な症状が出る場合があります。

 一時的に多量の汗をかいたり、湿疹が出たり、尿量が増えたり、下痢になったりする場合もあります。体の中の不要物が出てしまうと、症状が改善され始める場合が多いです。

 めんげんによる症状は、2,3日から1週間くらいで現れる場合が多く、服用を続けていると、少しずつ治まってくる場合が多いです。

 自己判断による中止や継続では、とても残念に思います。

 ご自身の体質に合わせた漢方薬を探すためには、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお勧め致します。

 新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験から、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 喉の痛みがあり、近くの医療機関で漢方薬を処方されて、7か月くらい続けていられたそうです。

 漢方を服用するようになってから、寝つきが悪くなったので、睡眠薬を処方してもらっていたそうです。喉の痛みも改善がなく続いていました。同じ漢方薬をずっと続けていても、改善がみられないと、当クリニックへ受診されました。

 この方の体質に合わせた漢方薬に変方しましたら、喉の痛みが治り、よく眠れるようになられて、睡眠薬も不要になりました。

「新潟の漢方医院・水戸部クリニック」 Img_5175_2

新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」new

~*~*~

 大阪から受診される患者さんから頂きました。

 本当に面白い~ 味もおもしろい味でした^^ おいしく頂きました !(^^)!

2016年11月 2日 (水)

子宮内膜が薄い時の漢方

 不妊に悩む方に漢方治療を行っております。子宮内膜が薄い方のご相談も受け付けております。

 排卵の頃の子宮内膜の厚さが8~10mmくらいあると妊娠に適していると言われています。それよりも薄い状態で妊娠されている方もいらっしゃるようですが、なかなか妊娠に至らない方、子宮内膜が厚くならず、人工授精は難しいと言われている方のご相談も多いです。

 婦人科でホルモン剤などにより治療が一般的ですが、思うような改善が見られない方、薬が合わない方、他の症状の改善も希望される方に、漢方治療が好評です。婦人科と並行しての治療も可能です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。A314_034_2_3

  子宮内膜が薄い原因を漢方では、「血虚(けっきょ)」や「お血(おけつ)」が原因と考えられます。

 「血虚」とは、「血」が不足している状態です。子宮内膜は、血によって作られていますので、血の不足は、内膜生成に影響を与えています。血の生成を助ける漢方薬などが効果的です。

 「お血」は、血の巡りがよくない状態です。子宮内膜への血流がよくない状態が続いていると十分なホルモンや栄養分が届かず、子宮内膜が厚くなりにくくなります。ホルモンバランスを整え、子宮への血流を改善する漢方薬などが効果的です。

PC用HPはこちらImg_5144_2

「不妊症治療の漢方」

新しいHPを作成中です。スマホ、携帯、PC対応

「新潟の不妊症治療の漢方」new

「子宮内膜を厚くしたい(不妊症治療に漢方)」new

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ