カテゴリー

« 仕事に行けない、調子が悪い | トップページ | 喉がつかえる、息苦しくなる症状に漢方 »

2016年7月 6日 (水)

新潟の熱中症対策の漢方

 熱中症の症状の方の受診が増えています。新潟の夏は、湿度が高く、気温が高い日が多いですので、熱中症になる方や熱中症のような症状を繰り返す方が多いです。今年の夏は、猛暑が予想されていますので、注意が必要です。

◆熱中症になりやすい

 外での仕事が多い方、室内にいても熱中症を繰り返す方など

◆夏に暑さ負けしやすい

 だるさや食欲不振になりやすい

◆熱中症になると、なかなか体調が回復しない

方などの受診が多くなっています。

 熱中症になりやすい方、繰り返している方は、気温や湿度が高い日に、熱中症予防の漢方薬が効果的です。

 熱中症の予防や熱中症症状の軽減効果が期待できる場合が多いです。

 暑さ負けしやすい方は、夏バテ予防の漢方薬などが効果的です。夏の間に継続して服用されている方もいらっしゃいます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

3_4 この方は、外での作業が多く、6月頃から、仕事中に何度かボーっとしたりすることがあったそうです。水分摂取に気を付けながら、仕事をされていたそうですが、一瞬意識が遠のいて、倒れ込んでしまったそうです。ご家族に付き添われて受診されました。受診された時は、体温は微熱程度でしたが、頭がぼーっとする感じや倦怠感がありましたので、点滴をしました。点滴を受けられている間に、体の中にこもった熱を冷まして、体調を整える漢方薬を服用して頂きました。

 これから、気温が高い日が続きますし、湿度も高い状態ですので、熱中症予防の漢方薬を継続して服用していただくように処方しました。外の仕事が多い方や農作業をされている方、スポーツをされている方などに熱中症の予防に漢方薬が好評です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

「熱中症対策のお話」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「熱中症に漢方(予防・後遺症治療)」

« 仕事に行けない、調子が悪い | トップページ | 喉がつかえる、息苦しくなる症状に漢方 »

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

熱中症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟の熱中症対策の漢方:

« 仕事に行けない、調子が悪い | トップページ | 喉がつかえる、息苦しくなる症状に漢方 »