カテゴリー

« 授乳中の膀胱炎に薬が気になる方に漢方 | トップページ | じんましんお風呂上りに出る!温熱じんましんに漢方 »

2014年7月 1日 (火)

思春期のイライラ、怒る、落ち込む、ストレスに体にやさしい漢方薬

 思春期の情緒不安定、イライラ、落ち込み、ストレスによる体調不良に漢方薬が好評です。安定剤が合わない、子供に飲ませたくない方のご相談が多いです。自律神経のバランスを整える漢方薬は、思春期の子供の心と体にやさしく作用します。お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

  医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

 A307_071
◇イライラしたり、気分が沈んで、泣いたり、元気がない

◇あまりご飯を食べない、朝起きられない

◇めまいや立ちくらみ、頭痛、腹痛、動悸がする

などの症状に悩むお子さんのご相談を受付けております。

A307_067 思春期のお子さんは、とてもデリケートですので、大人の想像もつかないような事で、悩んだり落ち込んだりしています。

 あるお子さんは、立ちくらみで倒れて以来、また同じような症状になるのではないかと不安になり、気分が落ち込むことが多くなり、ご家族が心配して受診されました。

 あるお子さんは、体調が悪く、教室で吐いてしまった事から、周囲の目が気になって、給食の時間が苦痛に感じるようになり、給食を食べたがらなくなってしまい、ご家族に付き添われて受診されました。

◆悩みやストレス、ホルモンのアンバランスなどによる不調には、漢方薬が効果的!

 成長に伴うホルモンバランスの不安定さによる心身の不調、人間関係や勉強の悩みなど様々なことがストレスとなって、更に身心の不調を引き起こすという状態に陥りやすい年齢です。

1_6 漢方では、気滞や気逆、気虚と考えます。気分の気(元気や気力などと考えていただけるとわかりやすいです)が、気は、滞りなく体中をめぐることで、心身の働きを整える役割をしています。

 この気の巡りが滞ったり、昇り過ぎたり、消耗することで、気のアンバランスを生じます。また、気のアンバランスだけでなく、虚弱体質傾向のお子さんや女性ですと、女性ホルモンのバランスの乱れが大きな原因となっていることもございます。

 漢方薬は、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方になります。成長期の心身のバランスを少しずつ整えることで、症状が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。

PC用HPもご覧ください。より詳しく記載しております。

「子供の頭痛、腹痛、めまいに漢方」

「心に効く漢方」

「思春期の女性の悩みで漢方で」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「思春期女子の心と体の不調に漢方」new

「子供のための漢方」new

« 授乳中の膀胱炎に薬が気になる方に漢方 | トップページ | じんましんお風呂上りに出る!温熱じんましんに漢方 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.子供の症状」カテゴリの記事

イライラ、落ち込み、ストレス」カテゴリの記事

思春期の症状」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 授乳中の膀胱炎に薬が気になる方に漢方 | トップページ | じんましんお風呂上りに出る!温熱じんましんに漢方 »

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ