カテゴリー

« 子供が夜泣き叫ぶ、夜驚症に、心と体にやさしい漢方薬 | トップページ | 手根管症候群の痛みに漢方は効きますか?手術をしたくない »

2014年6月20日 (金)

40代の生理不順、プレ更年期にホルモンバランスを整える漢方!アンチエイジング、美肌も!!

 30代後半から40代の方に、プレ更年期の症状が起こり始める方が多くなります。漢方薬で体調不良を改善されることで、美肌やアンチエイジングも期待できます^^
 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。Ky54_04

 プレ更年期の症状は、生理周期が乱れる、生理周期に伴い、体調不良になったり、イライラしたり、気分が落ち込んだりなどです。

 女性ホルモンの分泌量が徐々に減り始め、それにより、心と体の不調を感じる方が多くなります。このような方に女性ホルモンのバランスを整える漢方薬が効果的です。一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、体調不良が改善される方が多いです。A303_079

◇生理周期が乱れる

◇顔がほてる、急に汗が噴き出す

◇生理出血量が極端に少ない、または、大量に出血する、ダラダラと出血が続く

◇生理痛が激しくなった 

◇生理周期に伴い、頭痛やめまい、耳鳴りがする

1_5◇腰痛などが激しくなる

 
◇イライラしたり、気分が落ち込んだりする

 
◇だるさや倦怠感が激しくなり、何もやる気が出ない

など、多様な症状に悩む女性が多いですが、重篤な疾患による場合も考えられますので、上記のような症状が続く方は、一度婦人科で、検査を受けられることをお勧めします。検査をしても異常が認められない、いわゆる不定愁訴には、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬などが効果的です。

 35歳くらいから、卵巣の老化が少しずつ始まります。45歳くらいから、閉経する方が、出て来ます。閉経が近づくと、卵巣機能の低下により、エストロゲン(女性ホルモンのひとつ)の分泌が減少しますので、プレ更年期症状に悩む方が増えます。またストレスによって、ホルモンバランスが乱れている方も多いです。

 エストロゲンは、女性特有の機能だけでなく、心と体を若々しく保つ働きを持っています。体調不良や情緒不安定、お肌の老化の予防にも大切な役割をはたしています。女性ホルモンのバランスの乱れを整えて、老化のスピードを緩やかにするために漢方薬を希望される方が多いです。

 プレ更年期の症状や患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。A303_092

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「新潟発、漢方的アンチエイジング」

「更年期障害による症状を漢方で」

☆新しいHPを作成中です。スマホ、携帯対応

「アンチエイジング漢方」new

「更年期障害に漢方」new

« 子供が夜泣き叫ぶ、夜驚症に、心と体にやさしい漢方薬 | トップページ | 手根管症候群の痛みに漢方は効きますか?手術をしたくない »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.生理痛、生理不順、PMSなど」カテゴリの記事

イライラ、落ち込み、ストレス」カテゴリの記事

.頭痛」カテゴリの記事

.更年期」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供が夜泣き叫ぶ、夜驚症に、心と体にやさしい漢方薬 | トップページ | 手根管症候群の痛みに漢方は効きますか?手術をしたくない »