カテゴリー

« 水戸部クリニックの大凧 2013 | トップページ | 今日の桜蝶組 2013.6.8 »

2013年6月 8日 (土)

赤ちゃんの便秘!綿棒で出ない、苦しそう

 赤ちゃんは、腸の発達が未熟ですので、うんちを排出する力が弱いので、便秘になることが多いです。産まれてすぐの赤ちゃんは、1日に何回もうんちをしていたのに、成長と共にうんちの回数や固さが変わってきますが、お子さんそれぞれによって様々です。

 お通じがなくても、機嫌がよく、うんちをする時に苦しがったり、痛そうにしていなければ、1,2日くらい出なくても慌てずに様子をみてください。Ky56_29_2

●3日以上 うんちが出ない

●うんちが硬いことが多く、肛門が切れることが多い

●コロコロしたうんちが多い

●うんちをするときに苦しそうにいきんでもなかなか出ない事が多い

 赤ちゃんの便秘対策として、お腹のマッサージをしたり、綿棒、こより浣腸、赤ちゃん用の浣腸などもございますが、すっきりとした改善がみられない場合に漢方薬が効果的です。自然の生薬から作られる漢方薬は、体にやさしいので、生後2,3か月の赤ちゃんから服用できます。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になります。20130510135228

 赤ちゃんの便の状態や体質に合わせた漢方薬を処方します。

「子供の便秘・お腹の痛みを漢方で」スマホサイト

詳しくは、PC用HPをご覧ください。

「子供の便秘、腹痛を体質改善の漢方で」

« 水戸部クリニックの大凧 2013 | トップページ | 今日の桜蝶組 2013.6.8 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

漢方薬」カテゴリの記事

.子供の症状」カテゴリの記事

.胃腸症状」カテゴリの記事

.便秘改善」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃんの便秘!綿棒で出ない、苦しそう:

« 水戸部クリニックの大凧 2013 | トップページ | 今日の桜蝶組 2013.6.8 »