カテゴリー

2018年9月14日 (金)

股関節が痛くて、歩けない方に漢方

 股関節の痛みに悩む方は多いです。歩くのが痛い、痛いので、じっとしている時間が長くなってしまう方のご相談が多いです。湿布や痛み止めだけでは、辛い方、手術を受けたくない方に、股関節の炎症を鎮め、痛みを軽減する漢方治療が好評です。Ky32_15

 股関節部分が変形したり、軟骨がすり減ったなどによる場合が多いです。その部分の再生は難しいと言われています。

 漢方では、股関節の周辺部分の炎症を鎮め、血流を改善するなどにより、痛みやしびれを改善する治療となります。

 長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が好評です。

「股関節痛治療の漢方」

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「股関節が痛いです。変形性と言われました。手術するほどではないそうですが、痛み止めを飲んでもあまり変わりません。朝起きた時が、一番ひどくて、足を引きずって動いています。」

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 少しずつ痛みが和らいで、起床時の痛みも楽になり、鎮痛剤を飲まなくても動けるようになっています。Ky49_16

~*~*~*~

 「幼少期から肥満でした。ダイエットをしなさいと言われましたが、痛くて立ち上がるのも大変なので、運動もできませんし、この体重ですから、簡単には体重は減らないです・・・。40代なのに、こんな歩き方をしているのは、私くらいですよね。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、 

 「トイレの回数が多くなり、足のだるさが楽になっています。なんどなく股関節の痛みが楽になっている気がします。」

 4週間後、

 「先生!!とても楽になりました。痛みはまだあるんですけど、でもずっと楽になって、歩きやすくなりました。それから先生!!私10キロも体重が落ちたんです。この体形なので、家族も気づいてくれませんが、腿の辺りやお腹周りが、自分でも細くなっているのがわかります。

 股関節は痛いですけど、こちらへお邪魔する前よりも、ずっと楽になって、希望が見えて来ました。私は将来寝たきりになるんだとか、手術をしなければだめなのかと、思っていましたが、もっとよくなりたいので、このまま続けます。」

 約6カ月で、鎮痛剤を飲まなくても日常生活に支障を感じないくらい程度の痛みで安定した状態を保てています。梅雨時や冬、クーラーなどで冷えると痛みが出るので、悪化予防も兼ねて漢方薬の量を減らして継続されています。

「股関節痛治療の漢方」

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

2018年9月12日 (水)

生理前に頭が回らなくなって、ぼんやりする時の漢方

 「排卵日から、頭がぼーっとして、何もできなくなります。勉強も頭に入らない、ただ座って、参加しているだけの状態になります。試験前になっても記憶できなくて困っています。

 どこへ行ってもわかってもらえなくて、やる気がないせいだって言われるし・・・。」

 チラッと、お母様の方を見て、お母様とアイコンタクト・・・・。

 仲良し親子さんですね。A307_067

 PMS(月経前症候群)の症状と考えられます。ホルモンバランスが変化しますので、イライラしたり、気分の落ち込み、気力の低下などに悩む方が多くなります。

 また、排卵痛や頭痛、腹痛、めまいやだるさなど、体の不調を感じる方も多いです。婦人科等を受診されても特に異常が認められない方、改善がみられない方に、女性ホルモンのバランスを整える漢方治療が好評です。

 漢方では、一人ひとり異なるPMS症状に細やかに対応しております。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。この方は、排卵日から生理が終わる頃までに、気力や集中力の低下がみられましたので、生理周期に合わせて、服用して頂く漢方薬を工夫しました。

 服用を始めて約2カ月くらいで、改善を実感されました。

 「とても調子がいいです。排卵日かな?と思っても、頭がぼーっとすることもなくなって、授業に集中できるようになりました。」

 『勉強もできるようになるね?』

 「え?」

 と、ニヤリ。

 今日も仲良し親子さんです。

 生理前や生理が終わってから、なんとなく不調になったり、生理中に調子が悪い方など様々ですが、生理周期や患者さん一人ひとりの症状や体質に細やかに対応できるの漢方です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、オンライン診療が好評です。

「PMS症状に漢方」

「女性の健康と美しさのための漢方」

2018年9月10日 (月)

アトピーで仕事を辞めた方が、再就職に至るまで

 30代男性の方、アトピーが再発して3か月、全身に浸出液とびらんで、ただれたように真っ赤な状態で受診されました。ステロイドは使用中でした。

 炎症が激しく、痛みとかゆみで、眠れない毎日が続き、ついに会社を退職されたとのことでした。

A307_032_2 頭部からもジュクジュクとした浸出液が、出ていました。激しい炎症は全身に起こっていて、乳輪部は、ガーゼと絆創膏が貼られていました。耳切れもありました。

 陰部の炎症も強く、痛みで歩くがやっとの状態でした。背中が突っ張って痛いと、背中を丸めて座ってられました。

 皮膚炎がとても激しいので、アトピー以前の状態として、かなり疲れていたのではないかと、お話を伺いましたら、無理を続けていたとの事でした。

 体力の低下が激しく、もととなる体の免疫力が著しく低下している状態でしたので、先に体力を回復することを中心に治療を開始することをご理解頂いて、漢方薬を処方しました。

 通常の場合、体質にあっているか、飲めるかなどをみるために、2週間分を処方しております。

 2週間後、

 体幹部分のテカテカした皮膚の光沢の改善がみられ、肩から背中にかけての掻き壊しの傷が治っていました。

 背中のツッパリ感がなくなったとの事で、背中を伸ばして座ってられました。

 頭部、顔の浸出液は、まだかなり多く、ジュクジュクした浸出液が、頭や顔全体ににじみ出ていました。

~*~*~

 継続されて、2か月後、

 浸出液が多く、体全体のかゆみが強く眠れないとの事

 漢方薬を1種類変方しました。

~*~*~

 更に、1か月後、

 乳輪部や陰部の炎症は、少し軽快したが、頭皮、顔の浸出液が引かず、かゆみが強い。

 体温が高めであるが、ぞくぞくっと寒気がする時がある。

 漢方薬を変方しました。ステロイドはほとんど使わないようになっています。

~*~*~

 1か月後、

 少し改善がみられました。気温が低いと浸出液が増える感じがするとの事

 継続して、更に1か月

~*~*~

 少しよくなったが、掻き壊してしまった。

~*~*~

 初診時から約6か月後、

 浸出液が、完全に出なくなった。頭皮や顔のジュクジュクも完全に乾いた状態になっている。

~*~*~

 更に2か月後に、顔の部分の皮膚炎も改善し、健康的なツヤが出始めています。

 新しい仕事が決まり、来月から仕事を始められるそうです。

「大人のアトピー性皮膚炎に漢方」

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

 この方は、初診時の体力の低下が非常に激しく、回復力が低下している印象でしたので、体力を回復し、皮膚を自分で治す力(自然ちりゅ力)が回復するような漢方薬から始めました。途中で、回復力がついてきたことろで、皮膚表面の炎症を改善する漢方薬などに変方しました。

 大人のアトピー性皮膚炎の方は、幼少期のアトピーが再発した方、思春期以降も症状が続いている方が多いですが、幼少期の頃に比べると、改善までに長期間を要する場合が多いです。ステロイドを中止したい方、使いたくない方の受診が多いです。

 一人ひとりの症状や体質の変化に細やかに対応できるのが漢方薬です。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場で診療が受けられるオンライン診療が好評です。

「大人のアトピー性皮膚炎に漢方」

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2018年9月 5日 (水)

肌がかゆい、カサカサする時の漢方

 体がかゆい、むずむずするなどの症状は、皮膚の乾燥が原因となっている場合があります。湿疹などもないが、かゆくて、掻いてしまう方の受診が多くなる季節です。

 夏は汗をかきやすいので、それにより、皮膚表面の潤い成分が、汗で流れ落ちてしまう事で、皮膚が乾燥してかゆみを感じている場合があります。夏の終わりから秋にかけて、このようなご相談が多くなります。Img_1967

◆顔や体がなんとなくかゆい

◆皮膚がチクチクする

◆汗をかくと痒い

などのご相談が多いです。 

 保湿剤や乳液などによる保湿をされる方やかゆみ止めを服用されている方がいらっしゃるようですが、かゆみや乾燥が激しい方には、体の中から皮膚に潤いや栄養を与える漢方薬が好評です。

 漢方では、かゆみの度合いや皮膚表面の症状、患者さんそれぞれの体質に細やかに対応した処方があります。意思の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 遠方などで来院が難しい方に、自宅や職場でできるオンライン診療が、好評です。

「乾燥肌に漢方」

「子供の乾燥肌に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。Ky42_08_1

 「3週間くらい前から、顔のこの辺が、チクチク、ピリピリします。湿疹もできていませんが、かゆいような痛いような感じが続いています。仕事で運動をしていますが、汗をかくとかゆくなります。職場の人に、こちらがいいと聞いたので、来ました。」

 汗をかきやすい方、仕事などで、汗をかくことが多い方、スポーツインストラクターの方、スポーツクラブなどへ行っている方などに多い症状です。

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。汗によるかゆみによる漢方はこの漢方薬とはなりませんので、診察により、患者さんそれぞれに合わせたオーダーメード処方になります。保険適用のエキス剤になりますが、体質に合わせて処方を組み合わせる事で、細やかに対応することができます。

 この患者さんに合わせた漢方薬の服用により、皮膚のかゆみをほとんど感じなくなりました。

「乾燥肌に漢方」

「子供の乾燥肌に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2018年8月30日 (木)

便秘と肌荒れを漢方で改善

 「便秘がひどいです。小学校3年生くらいからずっとですが、なかなか出なくて、2週間くらい出なくても平気です(笑) 酸化マグネシウムを飲んでいますが、出にくくて、2週間くらいたって、出ないと錠剤の便秘の薬を飲んでいますが、お腹が痛くなって、下痢になります。

 肌荒れも、こんな状態で、顔のブツブツが治りません。近くの病院で漢方ももらいましたが、よくならなりませんでした。友達からこちらがよいと聞きました。」

 皆様がご紹介して下さる事が多いようです。本当に有り難いです^^

 慢性の便秘の方は、便が腸内に留まっている時間が長いので、老廃物を過剰に吸収しやすく、それが、皮膚に排泄されてしまうことで、肌荒れになっている場合があります。

 この方の場合は、便秘の改善と共に、皮膚炎を改善する治療となります。便秘の状態や皮膚炎の症状、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬による治療となります。

 西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を行っておりますので、必要に応じて、抗生物質や便秘薬との併用も行っております。

 2週間後、Ky22_04

 「こんなに楽なお通じは、18年ぶりです。ほんとに楽に、毎日出るようになりました。もっと早く来ればよかった。」

 皮膚炎も少しずつ改善がみられ、約3か月くらいで、ほとんどブツブツとした炎症が出なくなってきましたので、皮膚炎の痕、色素沈着などをきれいに、皮膚のキメを整える漢方薬に変方しました。

 皮膚の激しい炎症が続いていた方は、瘢痕(傷痕)や色素沈着(黒ずみ)となって、残る場合が多く、皮膚炎が改善されると、この痕をきれいにしたいという方がほとんどです。皮膚の新陳代謝を活発にする漢方薬などの継続により、少しずつ皮膚がきれいに改善される方が多いです。

 この患者さんは、年齢が若いこともあり、改善が早く、メイクで隠す必要がなくなったと、喜んでいらっしゃいます。

 皮膚の新陳代謝も年齢が若い方の方が活発なので、皮膚炎や傷などの改善が早い方が多いです。うらやましいです(^^;Ky26_17

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 遠方などで来院が難しい方は、自宅や職場でできるオンライン診療が、好評です。

「便秘・腹痛に漢方」

「治りにくい皮膚炎を漢方皮膚科で改善」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「新潟の便秘対策の漢方」

「体質改善の漢方で、皮膚炎改善」

2018年8月28日 (火)

掌蹠膿疱症が足の裏に出て、痛くて歩けない方に漢方

 手の平や足の裏にできるブツブツ、水泡や膿が出てくる掌蹠膿疱症に漢方治療が好評です。ステロイドやタクロリムス軟膏などによる治療では改善を実感できない、塗るのを止めるとまた噴き出してくるというご相談が多いです。

 漢方では、体の中から体質改善により皮膚の炎症を鎮め、掌蹠膿疱症が起こっている体質改善による治療となります。Ky46_01_1

◆水泡や浸出液には、余分な水分を吸収する漢方薬

◆乾燥や亀裂には、皮膚に潤いを与えて、炎症を鎮める漢方薬

◆掌蹠膿疱症が起こる体質改善を目的とした漢方薬

などによる治療となります。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方も多いです。遠方で来院が難しい方には、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「掌蹠膿疱症に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「掌蹠膿疱症治療に体質改善の漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「2年前から、掌蹠膿疱症の症状が出始めました。足の裏だけですが、こんな状態です。ベリーストロングのステロイドを塗っていますが、よくならなくて、嫌になっています。漢方がよいと聞いたので、来ました。」

 この患者さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「ステロイドを中止しています。リバウンドで酷くなっていますが、我慢しています。このままステロイドを使わずに乗り切ろうと思います。」

 痒みや痛みで眠れなかったり、辛い場合は、無理をせずに、ステロイドを塗ってもよいとお話しまして、1か月分を処方しました。Ky46_01_1_3

 かなり軽快しました。

 「足をつくのが辛くて、歩くのがやっとでしたが、普通に運動もできるようになりました。すごいですね。まだまだですが、希望が見えて来ました。」

 この方は、約5カ月くらい継続されて、掌蹠膿疱症の症状がほとんど出なくなっています。

 長年の漢方診療の経験により、患者さん一人ひとりに合わせたオーダーメード処方を行っております。健康保険適用の漢方薬を組み合わせる事で、症状や体質に合わせて、細やかに対応しております。Ky46_01

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方も多いです。遠方で来院が難しい方には、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「掌蹠膿疱症に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「掌蹠膿疱症治療に体質改善の漢方」

2018年8月24日 (金)

手のこわばりに漢方

 手の指が曲げにくい、動かしにくい、朝にこわばる感じは、関節リウマチの典型的な症状ですが、検査を受けてもリウマチではないと診断された方、特に異常が認められない方、思うような改善がみられない方に、漢方治療を行っております。

 朝起きた時や昼寝をしたり、長い時間じっとしていた後などに症状を感じる方が多いようです。

 このような場合は、漢方の視点から、手の関節部分の炎症を鎮めたり、体質改善を考えます。一人ひとりの症状や体質に細やかに対応できるのが漢方薬です。Img_1674Img_1672_2

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を行っております。

 長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方などで、来院が難しい方に、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「手のこわばり、しびれに漢方」

「関節痛・しびれ・むくみに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」 A307_058_2

 ある患者さんのお話です。

 「手のこわばりがあります。整形外科と血液内科で、検査を受けましたが、リウマチの数値は高くないと言われましたが、炎症を表す数値が高いので、一応この薬を飲んで様子をみましょうと言われて、定期的に血液検査を受けています。

 半年くらい飲み続けていますが、手のこわばりは治りません。血液検査の数値もほとんど変わらないので、漢方で治ればと思って来ました。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 手のこわばりの改善を実感されるまでに時間がかかりましたが、以前からあった頭痛やPMS症状の改善を実感されていました。

 継続されて約4カ月頃から、手のこわばりの軽減を実感されました。こわばる感じは残っているが、比較にならない程よくなっているそうです。

 「先日、定期検査に行って来ました。血液検査の数値が下がって、正常値に近くなりました。リウマチとして処方されていたお薬は中止してよいと言われました。すごく楽になっています。嬉しいです。」

~*~*~*~

 先日、学会で秋田へ行って来ました。実際の竿燈祭りを観ることができればよかったのですが、伝承館で、竿燈を持たせて頂きました^^バランスを取るのが難しく、一人では支えられませんでした。次回は、開催期間に観光へ出かけたいです。

2018年8月23日 (木)

めまいが治らない方に漢方

 「めまいが半年以上治りません。メニエール病の疑いと言われて3か月くらい薬を飲んでいましたが、治らなくて、心療内科に行くように言われて薬を飲んでいました。漢方薬も一緒に出してもらったのですが、治りませんでした。」

 めまいの原因は、メニエール病や突発性難聴、脳の疾患などが原因となっている場合もありますので、検査を受けられることをお奨めします。検査を受けても特に異常が認められない場合は、漢方薬で改善される場合が多いです。 Ky15_03_2

 漢方では、めまいの原因を多様な視点から考えます。

 例えば、

◆水分代謝のバランスの乱れ

◆疲れが溜まっている、体力の低下

◆ストレスや緊張、激しい怒りなど

がめまいの原因となっている場合などが考えられます。

 この患者さんは、パワハラ上司が異動になって来て、一緒に仕事をするようになってから症状が始まっていた事がわかりました。

 このようなご相談は意外に多いです。みなさん頑張ってますね。

 ストレスに対応した漢方薬を2週間処方しました。

 「すぐ治ってびっくりしました。今日は、お肌の相談できました。」

 にきびや肌荒れのご相談も多いです^^

 水戸部クリニックは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方で来院が難しい方に、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「めまいに漢方」

新しいHPもご覧ください。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2018年8月21日 (火)

胃がムカムカして気持ち悪い時の漢方

 胃のムカムカ、もたれる感じが続いている方、胃薬を飲んでもスッキリしない方に、胃の働きを整える漢方薬が好評です。お盆休み明けから、調子が悪い方の受診が増えています。

 ご実家で日頃の疲れを癒した方、ご旅行などに出かけられた方、仕事をされていて、これから休暇を取られる方など、それぞれですね。Img_6362

 漢方薬には、胃の症状に細やかに対応した処方があります。

◆食後に胃がむかむかする

◆お腹がすいている時にムカムカする

◆常に胃が重いようなもたれる感じが続いている

◆お腹が張って苦しい、げっぷが多い

◆胃が痛くなる

◆食べるとすぐに満腹になって、少ししか食べられない

◆胃薬を飲んでもスッキリしない

など様々ですが、患者さんそれぞれの体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 中には、職場や学校が休みの日は症状が起こらない方、週末になると症状が出る方もいらっしゃいます。そのような症状に、細やかに対応できるのが漢方薬です。ストレスや緊張による傾向が強い方もいらっしゃいます。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方で来院が難しい方には、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 ご家族や友人からのご紹介で受診される方も多いです。

「胃もたれ・胃痛・食欲不振に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「胃の症状に漢方」 Ky21_11_2

~*~*~*~

 「胃がムカムカしています。職場にいる時が、一番ひどいです。家にいてもなります。唐揚げとかは、最近食べないようにしています。甘いものは、好きで食べていますが、それが悪いんでしょうか・・。」

 スイーツ男子なんでしょうね。甘いものの食べ歩きに出かけるそうです。仕事の時に症状が強く出ているようなので、緊張やストレスによる影響も考慮した漢方薬を処方しました。

 「とても調子がいいです。飲んでいると、ムカムカしなくなりました。おいしいスイーツのお店を教えて頂きました^^」

2018年8月18日 (土)

夏に悪化したにきび、膿が治らない方に漢方

 「にきびが治りません。夏になると酷くなります。膿が盛り上がったようにボコボコしています。甘いものを我慢したり、脂っこい食事も食べないようにしていますが、全然治りません。

 塗り薬を塗っても全然よくならなくて、内臓の方から治した方がいいのかもしれないと思ってきました。Img_6716

 『皮膚は内臓の鏡』という言葉があるのをご存じですか。漢方では、心身の働きのバランスが乱れると、健康な皮膚を作る力が低下したり、老廃物が皮膚に溜まって皮膚炎が起こったりすると考えていただけるとわかりやすいと思います。

 漢方では、一人ひとりの体質の違いに合わせた処方による治療になります。ホルモンバランスを整え、体の中から体全体の働きを整える事で、皮膚の炎症を鎮め、美しい皮膚に整える治療になります。

 にきびなどの皮膚炎以外の症状も一緒に改善される方、また、別の症状で受診された方が、ニキビやアトピー性皮膚炎が改善されたり、美肌効果を実感される場合も多いです。

 漢方の皮膚炎治療では、皮膚表面の炎症を鎮める処方と体質改善の処方が効果的です。

 にきびの状態によっても、処方する漢方薬は異なります。長年の漢方診療の経験により、にきびの状態に合わせた漢方薬を処方しております。

 例えば、

◇赤味が強く、炎症が強いニキビには、炎症を鎮め、赤味を改善する漢方薬

◇膿が治りにくいニキビには、膿を出しやすくする漢方薬

◇小さいブツブツしたニキビには、皮膚の新陳代謝を活発にする漢方薬

など、ニキビの状態に細やかに対応した漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。遠方で受診が難しい方には、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「にきびに漢方」

「大人にきびに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「新潟のニキビ治療に漢方」

「大人にきび治療に新潟の漢方」

 この患者さんは、ニキビの炎症がかなり激しい方でしたので、初めは、ニキビの激しい炎症を鎮めて、膿を排泄する治療を中心に考えた漢方処方にしました。

 2週間で、激しいニキビの炎症の軽減が見られたので、1か月継続しました。その後、処方を変方して、ニキビの炎症を鎮める漢方薬に、体質改善の漢方薬を併用しました。

 ニキビの激しい炎症が改善され、少しずつニキビが目立たなくなってきましたので、ニキビ痕が気になるとのお話になりました。 

Ky26_02_3_2 「あんなにボコボコしていたのに、こんなにきれいになるなんて、嬉しいです。もう少しきれいに治したいです。それから、ニキビの痕も治りますか。」

 甘いものも脂っこいものも、以前のように食べても、ニキビが悪化することもなくなっています。

 

 ニキビ痕を改善する効果のある漢方薬を中心に処方しました。ニキビ痕は、年齢が若い方の方が改善が早い傾向がありますが、皮膚の新陳代謝を活発にする漢方薬などにより、皮膚のキメが整う方が多く、ニキビ痕も改善される方が多いです。

「にきびに漢方」

「大人にきびに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「新潟のニキビ治療に漢方」

「大人にきび治療に新潟の漢方」

«脳梗塞後遺症の便秘に漢方