カテゴリー

2018年6月15日 (金)

更年期でだるい、やる気が起きない方の為の漢方

 「なんとなくだるい、やる気が起きない、更年期の症状でしょうか・・・。生理前になると酷くなるような気がします。」

 と受診される方が多いです。50歳前後10年くらいが更年期といわれます。体や心の不調を感じる方が多く、症状が激しい方は、日常生活や仕事などに支障を感じている場合もあります。

 女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが変化し始めるので、多様な症状に悩む方が多いです。女性ホルモンのバランスを整える漢方薬の服用により、更年期の症状が改善される方が多いです。Img_0744

 更年期のような症状の原因が重篤な疾患による場合もありますので、一度婦人科を受診されることをお奨め致します。特に異常が認められない方、ホルモン療法などが合わない方に、漢方治療が好評です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「更年期症状に漢方」

「疲労・だるさ・倦怠感に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「女性のための漢方」 A307_069

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。40代後半の女性です。

 「1年くらい前からですが、生理が近くなると、だるくなって、やる気が起きなくなります。なんとか仕事には出かけますが、夕飯が作れない日が多くなります。友達に更年期じゃない?って言われました。こちらでよくなったと聞きましたので、来ました。」

 この方の症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつ体調が整い、体が楽になるのを感じたそうです。

 「生理前のだるさがなくなって、夕飯が作れない日がなくなりました。普段の体調もよくなったと思います。普段からこんなに調子が悪かったんだって、気づきました。今は、体が軽くなった感じでとても調子がよいです(^^)」

Img_0690Img_0708Img_0756見附の「イングリッシュガーデン」に行って来ました。

薔薇が見ごろでした^^



2018年6月12日 (火)

指を曲げると電気が走るようなしびれに漢方

 「いつも肩や腕が痛いです。指をこうやって曲げると、人差し指の先までしびれるような、電気が走るような感じがあります。整形外科へ行きましたが、同じ年代の人より握力が強いくらいで、特に異常はないからと、お薬も出ませんでした。

 でも、ずっとこの状態が続いているんです。手ですから、使わないわけにはいかないですよね・・・。なんとなく、こう違和感というか、変な感じもありますし、困っています。」Img_0623

 関節や神経の痛みやしびれに悩む方のご相談が多いです。漢方では、痛みやしびれを感じる部分の血流を改善したりすることで、痛みやしびれを軽減する治療を考えます。

 この患者さんの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつ痛みが楽になり、日常生活に支障がない程度まで回復されました。

 一般的な痛み止めとは異なり、患部の炎症を鎮めたり、血流の滞りを改善することによる治療となるので、改善を実感されるまでに一定の期間が必要となる場合が多いです。

 改善を実感されるまでの期間は、個人差によるものが大きいですが、早い方は、1,2週間くらいで、改善を実感される方もいらっしゃいます。年齢や体質、仕事内容などによっても改善を実感されるまでの期間は異なります。A307_015_3

 力仕事や細かい作業をしている方、更年期に伴って症状が始まった方、けがなどの古傷の部分に症状が出る方など、原因となっている体の不調は、一人ひとり異なります。診察時によくお話を伺って、患者さんそれぞれに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。遠方の方には、オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「手のこわばり、痛み、しびれ、むくみに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「西洋医学と東洋医学のよさを活かした医療を水戸部クリニックで」

2018年6月11日 (月)

花火の季節に喘息、痰が悪化

 「花火が揚がる季節になると喘息症状が酷くなります。長岡花火の頃にピークになります。痰も絡んで、苦しそうにしています。今のうちから漢方で体質改善できたらと思いました。」

 と受診された方です。

 沖縄で台風が発生したようですし、遠く離れているようでも、気圧の変化による影響に敏感に反応する場合があります。Img_0924_3

 漢方では、喘息症状の軽減と喘息体質の改善を考えます。患者さんそれぞれの喘息症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 この患者さんは、体質改善の漢方薬に合わせて、喘息症状が出始めた時に、別の漢方薬を併用される事で、症状が悪化することがほとんどなくなり、快適に過ごされていらっしゃいます。A306_011

「咳・痰・喘息に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「しつこい咳・痰に漢方」

~*~*~*~

 本日、白根大凧合戦最終日です。「桜蝶組」が優勝候補のようです^^

Img_0945_2Img_0946_4Img_0970_3










「白根大凧合戦・桜蝶組」

Img_0973_2Img_0974




2018年6月 8日 (金)

若い男性の頻尿に漢方

 トイレの回数が多い、何度もトイレに行きたくなる方に、漢方治療を行っております。高齢者の方に多い症状のように思われがちですが、若い方でも悩んでいる方が受診されることがあります。

 高齢者の方の頻尿は、重篤な疾患などが原因となっていない場合は、膀胱などの機能の衰えなどが原因となっている場合が多いですが、若い方の場合は、緊張やストレスなどが原因となっている場合が多いです。Img_0446

 漢方では、緊張やストレスによる気の巡りの異常により起こっていると考えられる場合もあります。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、若い方の頻尿が改善される場合が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

~*~*~*~ 

 20代男性の方です。

 「トイレの回数が多くて困っています。下痢になったり、便秘になったりを繰り返しています。仕事中に何度もトイレに行きたくなります。周りの目が気になって、よけいに調子が悪くなります。学生のころからでしたが、就職してから、酷くなっているような気がします。」

 繊細でやさしい印象の男性でした。真面目な方なので、極度の緊張が大きな原因となっていると考えられました。この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。Ky23_041

 2週間後、

 「調子がいいです。トイレの回数が人並み?になったと思います。下痢と便秘もしなくなりました。こんなにすぐ効くとは思いませんでした。」

「イライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

高齢者の方の頻尿に対応した漢方治療も行っております。

「頻尿・トイレが近い方に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「男性更年期に漢方」

~*~*~*~

※白根大凧合戦期間中も水戸部クリニックは、平常通り診療を行っております(^^)

2018年6月 7日 (木)

白根大凧合戦2018 初日

Img_0890Img_0892Img_0894Img_0896 白根大凧合戦が始まりました。

 初日は、引き合いになっても引っ張る人が少なかったためでしょうか、引き分けが多かったようです。

 本日最終の合戦では、桜蝶組が勝利しました^^

 水戸部クリニックは、明日も平常通り診療を行っております。

Img_0898

Img_0882

Img_0883
Img_0908

白根大凧合戦桜蝶組

Img_0909








慢性じんまんが激しくて、呼吸困難になる方に漢方

 慢性じんましんに悩む方は多く、一般的な抗ヒスタミン薬が合わない方、改善がみられない方に、体質改善の漢方治療を行っております。

 じんましんの症状は、

◇じんましんとは、皮膚や粘膜に突然出てくるブツブツで、痒みを伴うことが多いです。食事が原因となっている場合だけではなく、何かに触れるなどの刺激などで出ることもあります。

 数時間で消えても、毎日のように繰り返して、何年も治らない方が受診されています。

◇気道粘膜や喉のなどにもアレルギー症状が出る方は、胸や喉が苦しくなったり、喘息のような咳が出たり、呼吸困難になったりする場合もあります。Img_0193_2

 このような症状を繰り返している方が、漢方薬による体質改善を希望されています。

 漢方では、慢性じんましんの症状や患者さんそれぞれの症状や体質に細やかに対応しております。水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

~*~*~*~A307_032_2

 ある患者さんのお話です。

 「慢性じんましんで5年以上前から悩んでいます。突然、みみずばれのようなのが出ます。薬を飲んでいても、出る時が多いです。酷い時は、喉の奥が腫れた感じになり、苦しくなります。気道浮腫っていうんですか?そうなる時もあって、呼吸困難になったこともあります。

 職場の同僚がこちらがよいと教えてくれたので、来ました。」

 この方のじんましんの症状の軽減とアレルギー体質改善の漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「なんかちょっといいみたいです。最初の1週間くらいは、抗ヒスタミン薬も一緒に飲んでいましたが、大丈夫かな?と思って、漢方薬をしっかり飲んで、抗ヒスタミン薬を減らして飲んでみました。

 1か月後、

 「本当に、調子がいいです。漢方だけにしていますが、ぜんぜんじんましんが出なくなっています。何年も辛くて、悩んでいたのに、うそのようです。先生のおかげです。本当にありがとうございます。」

「慢性じんましんに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「じんましんに漢方」

~*~*~*~

 白根大凧合戦が、本日1時より開催されます。

 明日も平常通り診療を行っております^^ 

 (診療やってますか?のお問い合わせが多いので・・・。)

2018年6月 6日 (水)

生理痛でピルを続けていたら、抜け毛!!

 「生理痛とにきびが酷くてピルを飲んでいますが、抜け毛に困っています。髪の毛だけでなく、手や足だけでなく体中のうぶ毛も抜けてしまって、生えてこなくなりました。

 それで、ピルを飲むのを止めて少し経つと、抜けが減って、体のうぶ毛も生えてくるようになりましたが、また生理痛とにきびが酷くなってしまって、これはなんか違うって思いました。

 漢方を試してみたいと思って受診しました。」

Img_0553 生理痛やPMSなどの症状に、女性ホルモンのバランスを整える漢方治療を行っております。ピルが合わない方、服用したくない方の受診も多いです。

 生理痛や生理不順が続いている方は、重篤な疾患が原因となっている場合もありますので、一度婦人科を受診されることをお奨めします。特に異常が認められない方、思うような改善がみられない方に、漢方薬が好評です。

  一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、激しい生理痛や生理時の貧血症状の改善、PMSなどの症状が改善される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

 この患者さんは、生理痛が楽になり、にきびの改善がみられています。にきびは、生理前に悪化しやすい方なので、それに合わせた処方としました。抜け毛もしなくなり、体のうぶ毛も以前のように生えてきています。Ky46_17_3

「生理痛・生理不順に漢方」

「にきびに漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「女性のための漢方」

「治りにくい皮膚症状に漢方」

~*~*~*~

※白根大凧合戦が始まりますが、水戸部クリニックは、平常通り診療を行っております(^^) 

 受診の帰りに、ご覧になられてはいかがでしょうか^^

2018年6月 1日 (金)

お腹が張って、おならが出てしまう方に漢方

 「お腹が張って、妊婦みたいにお腹が膨れます。お腹が張り過ぎて、おならが漏れてしまいます。臭いが気になって、人と一緒に行動するのが苦手です。でもそうもいかないので、とても気を使っています。」

 お腹のハリやガスが溜まって苦しいなどの症状に悩む方に、腸の働きを整える漢方薬が好評です。Img_0647

 お腹の張りやガスが溜まる原因は、いくつか考えられます。

◆座っているなど、同じ体勢でいる時間が長い

◆トイレやおならを我慢することが多い

◆腸のぜん動運動が弱い

◆ストレスや緊張することが多い

などが考えられます。

 漢方では、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方を検討します。診察により、その方のお腹の症状や体質に合わせた漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「お腹の張り、ガス、腹部膨満感に漢方」

「過敏性腸症候群に漢方」 A306_105_4

 この患者さんは、他の症状の改善も希望されていました。お腹のガスやおならが漏れてしまう症状が続いており、漢方薬を変方したり、追加したりしました。

 「お腹のガスが溜まらなくなりました。パンパンに張って、妊婦みないなお腹になっていたのが、シューっとしぼんだ感じです。

 20年以上悩んでいたんです。あちこちの病院も行ってみましたが、よくならなくて、食事も気を付けて、友達と外食に行くのも気にして、少ししか食べないようにしていました。行列に並んだりもできなかったです。その悩みから解放されました。本来の自分を取り戻せた感じです。」

~*~*~*~

「お腹の張り、ガス、腹部膨満感に漢方」

「過敏性腸症候群に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「こんな症状に漢方」 Img_0661Img_0657

2018年5月31日 (木)

老人性乾皮症に漢方

  全身の皮膚が乾燥してかゆくてたまらない、粉をふいたようになっている、掻き壊して血がにじんでいる方に、漢方治療が好評です。

 中高年の方に多くなる症状です。皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が遅くなるので、皮膚表面の角質層が厚くなります。その部分の水分保持力が低下していることが、皮膚の乾燥の原因と言われています。かゆみが強く、掻きむしって湿疹ができている方の受診も多いです。このような症状は皮脂欠乏性湿疹と呼ばれます。Img_0151

 保湿剤やステロイド剤を塗る治療が一般的ですが、全身となると、塗るのが大変な方、思うような改善がみられない方のご相談が増えています。

 漢方では、皮膚表面に潤いを与え、皮膚の新陳代謝を活発にする処方を考えます。体の中からの体質改善により、お肌の乾燥やかゆみなどが改善される方が多いです。

  水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、乾燥肌の症状、原因、体質や新潟の季節変化に合わせて、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「乾燥肌に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。他の症状のページも充実しております。

「乾燥肌、乾燥によるかゆみを漢方で改善」 A307_031

~*~*~*~ 

 ある患者さんのお話です。

 「全身がかゆくて、かゆくて辛いです。皮膚科へ行ったら、老人性かんなんとか症って言われました。」

 『老人性乾皮症のことですね。』

 「まだ40代なんですけど、老人性だから治らないから、ステロイドを塗って抑えるしかないって言われました。塗ってみましたけど、皮膚がテカテカしてきたので、止めました。治らないのでしょうか。保湿剤も全身だと塗るのが大変でし、漢方がいいと聞いたので・・・。」

 この方の皮膚炎の症状、年齢、体質に合わせた漢方薬を処方しました。少しずつかゆみが楽になり、かゆみでイライラするようなこともなくなりました。

 「この漢方いいですね。お肌がツヤツヤしてきました。今度母を連れて来ようと思います。」

2018年5月30日 (水)

尿漏れ トイレが間に合わない方に漢方

 尿漏れに悩む方に、体質改善の漢方薬が好評です。一人ひとりの症状や体質、年齢、生活習慣などに合わせた処方が効果的です。

 「尿もれに悩んでいます。出たいという感じがわかりません。気づくと(尿)出てしまっています。もう10年くらい悩んでいます。」Img_0149

 60代の女性です。

 得に重篤な疾患が見つからない場合は、漢方薬の服用により、改善される方が多いです。年齢や体質による個人差がありますが、服用前よりは、よい状態を保てるようになる方が多いです。

 漢方では、尿もれの原因を骨盤底筋が弱くなっていたり、前立腺肥大など、年齢や体質、仕事など生活環境などを考慮して考えます。

 この方の症状や体質、年齢などに合わせて、体全体のバランスの乱れを整える漢方薬を処方しました。

 「手足が温まった感じがしますが、まだよくわかりません。」

 その後継続されて数カ月になりますが、尿が溜まってきたような、出たいような感覚がわかるようになり、尿もれの症状は残っていますが、トイレに間に合う時が増えています。A306_129

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。オンライン診療(遠隔診療)も好評です。

「尿漏れ・頻尿・過活動膀胱に漢方」

「頻尿・トイレが近い方に漢方」

«目の前がチカチカして頭痛に漢方薬