カテゴリー

2017年11月21日 (火)

寒くなると手足が冷えて、鼻水が止まらなくなります

 寒くなると、鼻水が止まらなくなる方の受診が増える季節です。温度差や冷えが原因となっている場合が多いです。

 鼻水や鼻炎症状は、抗ヒスタミン薬による治療が一般的ですが、抗ヒスタミン薬の副作用である眠気や口の渇きが辛い方、仕事や日常生活に支障が出る方に、眠くならない漢方薬が好評です。

 寒い場所に長時間いると、体が冷えて、鼻水が出てくる事が多いですね。気温が下がる季節になると、鼻水が止まらない方は、常に体が冷えている事が原因となっている場合が多いです。Img_8961

 体の冷えを改善する事で、鼻炎症状をはじめとする他の不調も改善される方が多いです。患者さんそれぞれの冷えている部分や鼻炎症状、体質に合わせた漢方薬を処方しております。 

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

~*~*~*~

 「そろそろ鼻水が出始めました。手足が冷たいです。体は正直ですね。去年と同じ漢方を下さい。あれを飲んでいると、鼻水は出ないし、本当に体調がよくて、今の季節は手放せないです。」

 『急に気温が下がりましたね。昨年よりも今年は、少し早く来院されてます。今年の方が雪も早いですからね。』

 昨年は、3月まで服用されて、暖かい季節は、鼻水は出ないので、休薬されていました。季節によって、体調が変わる方は、毎年同じ季節のみ受診されています。久しぶりの再会で、近況報告をして下さる方も多く、とても楽しいです。Shojo_019_2

 漢方薬は、様々な鼻炎症状に対応しております。

「アレルギー性鼻炎」

「血管運動性鼻炎」

冷え症や冷えによる体の不調の改善に漢方治療が効果的です。

「冷え性に漢方」

「新潟の冷え性治療の漢方」

2017年11月20日 (月)

感情が抑えられない、子供のイライラに困っています。

 「学校で、イライラする事が多いと言われました。自分の中で困った事があると、感情が抑えられなくなるので、発達障害ではないかと言われました。家では、そんな事はなく、普通に過ごしているように親には見えますが、どうしたらよいかわかりません。漢方でよくなればと思って受診しました。」

 というご相談を受けました。Img_6610

 診察室の椅子にちょこんと座って、にこにこしているお子さんです。学校生活は、初めてのことばかりで、集団行動も多く、戸惑いや不安、緊張などがあるのだと思います。

 小さなお子さんでも飲みやすい気持ちがリラックスしやすい漢方薬を処方しました。

 少し落ち着きがないようですが、以前よりはよくなり、学校で注意される事が少なくなっているそうです。学校で注意される事が少なくなったら、家でも元気がよくなった感じがするそうです。現在も継続中です。

 小児の癇癪やイライラに、気持ちが安定しやすい漢方薬が効果的です。興奮した神経の働きを穏やかに整え、エネルギー(肝気の滞り)を発散させる効果のある漢方薬などが効果的です。お子さんの症状や体質に合わせた健康保険適用の漢方薬を処方しております。

 漢方薬は、生後2、3か月のお子さんから服用できます。医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと子育て世代の方に好評です。Ky27_02_2_2

「子供の癇癪に漢方」

「疳の虫・夜泣き・夜驚症に漢方」

 思春期のイライラや気分の落ち込み・ストレスなどによる体調不良に、漢方薬は対応しております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

「思春期女子の心と体の不調に漢方」

2017年11月17日 (金)

アトピーですが、妊娠希望なので、ステロイドを中止したいです。

 妊娠希望の方で、ステロイドなどのお薬を気にされる方に、漢方治療が好評です。ステロイドを中止したい方のご相談が多いです。

 「妊活をしています。アトピーも一緒に治したいです。妊娠を考えるとステロイドをやめられたらいいなあと思っています。」

 顔や肘の内側に発赤があり、かゆみが強い方でした。乾燥肌で、体全体に保湿剤を塗っていました。

 生理不順があり、基礎体温は、高温期への移行がだらだらと上がり、高温期が5日くらいで終わる事がほとんどでした。

 アトピーの症状の軽減と体質改善を中心とした処方から開始しました。Img_8952_2

 皮膚の発赤が徐々に改善され、皮膚の乾燥も少しずつ軽快し、保湿剤を塗る回数が減らせました。一度めんげんによる皮膚炎の噴き出しがありましたが、軽快に向かいました。生理前に悪化することもなくなっています。

 皮膚炎が改善されましたので、漢方薬をアトピー再発予防も考慮しながら、妊娠しやすい体質に整える漢方薬に変方しました。

 アトピー治療のための漢方薬も妊娠を考慮した処方になっていましたので、アトピーの改善と共に、手足の冷えの改善や生理周期が整うのを実感されていました。140

 アトピーによるストレスもなくなり、基礎体温も安定しましたので、漢方薬を継続されていました。初診時から約7か月くらいで、妊娠となりましたので、漢方薬を中止としました。

 その後、無事出産されたそうです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、お財布にやさしく、婦人科での不妊症治療と並行されている方も多いです。

「新潟の漢方皮膚科・水戸部クリニック」

「不妊症、不育症に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「皮膚炎に西洋医学と東洋医学のよさを活かした治療」

「不妊症治療の漢方」

 新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、継続しやすくなり、新潟県内の遠方からの方や新潟県外の方からも好評です。

2017年11月16日 (木)

風邪が治った後から、ごはんの味がしない時は漢方

 風邪に罹った後の食欲不振、味がわからない、口の中が苦いなどの書状に、漢方薬が効果的です。

 風邪の回復のために著しい体力の消耗があり、胃腸が疲れている場合に起こりやすい症状です。発熱などの激しい症状がみられなかった場合でも、その時の体調によっては、このような状態に陥る場合があります。

 ほんの2,3日くらいで改善される場合が多いですが、それ以上続くと、だるさなどにより仕事や日常生活に支障が出て困るという方が受診されます。Img_8850

 一般的な胃腸薬や栄養剤などでは改善がみられない方の受診が多いです。患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、体調が整い、食欲が回復する方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟から漢方情報を発信しているクリニックです。

「胃痛・胃炎・もたれ・食欲不振に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「胃の症状に漢方」

~*~*~*~ Ky50_08

 ある患者さんのお話です。

 「風邪が治ってから、食べ物の味がほとんどわからなくなっています。何を食べてもおいしくないので、食べたい気がしません。食べないので、体がフワフワします。酒も舌がピリピリして、飲めなくなってます。今までこんな事なかったのですが・・・。」

 この方の体調に合わせた漢方薬を処方しました。

 「あれからすぐ治りました。またご飯がおいしく食べられるようになりました。酒が飲めるのがなによりなんですけどね・・・((笑))」

~*~*~*~

 小さなお子さんでも、このような状態に陥る事があります。

 「熱が下がったのですが、全然食べてくれなくなりました。熱が出ていた時の方が、食欲はあったのですが、熱が下がってから、少ししか食べません。」

 元気はあるようでしたが、舌の苔がまだらに剥がれていました。これは、脾虚という状態であると考えられます。

 漢方の診察方になります。舌にその時の内臓の状態などが現れるという考え方です。A301_010

 このお子さんの体質に合わせて、内臓機能を整える漢方薬を処方しました。すぐにいつもの食欲に戻って、たくさん食べるようになったそうです。

 漢方薬は、生後2,3か月のお子さんから服用できます。

「新潟の子供の病気に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「子供に多い病気のための漢方」

2017年11月14日 (火)

扁桃炎の高熱を繰り返す子供に体質改善の漢方

 扁桃炎になり、月に何度も40度の高熱を出すお子さんに、体質改善の漢方治療が好評です。扁桃炎は、子供に多い病気です。

 苦しそうにしているお子さんをみているのは、とても辛いですね。免疫力を高める漢方薬などの服用により、扁桃炎を起こしにくくなったり、風邪をひいても高熱を出す事が少なくなるお子さんが多いです。Img_8877

 漢方薬は、生後2,3か月のお子さんから服用できます。お子さんが飲みやすい方法をお知らせしております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、お財布にやさしいと好評です。

【扁桃炎の症状】

 扁桃とは、咽頭の奥にあるアーモンドの種に似た形をしているリンパ節が集まったものです。細菌やウイルスの侵入を防ぐ働きをしています。

 ウイルスによる場合が多く、ライノウイルス、コロナウイルス、アデノウイルスなどによる場合が多く、常在菌の溶連菌やブドウ球菌、肺炎球菌などは、体力が低下した時に、発症したり、再発することがあります。子供は、免疫力が未熟な為、扁桃炎を起こしやすいです。

 扁桃やその周辺部に細菌やウイルスが付着して、炎症を起こした状態です。赤くなって腫れたり、膿が付着する場合もあります。

 扁桃炎の症状は、

◇発熱、38度以上の高熱

◇喉の痛み

◇悪寒、寒気

◇体のだるさ

◇頭痛

◇関節痛

などがあります。Ky18_13

【体質改善の漢方薬で体力をつけて免疫力を高める】

 扁桃炎による高熱を繰り返す、風邪をひきやすい、疲れやすい、体力がないお子さんに、体質改善の漢方薬を処方しております。継続して服用される事で、よく食べるようになったり、体力がついてくるお子さんも多いです。

 また、扁桃炎を起こした場合には、扁桃の炎症を鎮め、改善を早める漢方薬を処方しております。回復が早い場合が多いです。

「扁桃炎を繰り返す方の為の漢方」

新しいHPもご覧ください。多様な症状に関してのページを順次追加しております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。5歳の男の子です。

 「月に2,3回くらい扁桃炎で40度の高熱を出します。スギ、ダニにアレルギーがあると言われました。アレルギーの体質改善と体力がつくようになればと思って受診しました。」

 便秘もあり、3日に1回くらいしか出ないとの事でした。

 このお子さんの体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 便秘はすぐに改善され、毎日楽にお通じがあるようになりました。漢方薬を継続されて、扁桃炎を起こす回数が減り、高熱になることが少なくなっています。鼻炎などのアレルギー症状も軽減されています。

2017年11月10日 (金)

蕁麻疹が治らず、結節性痒疹になった

 「じんましんが、4年くらい前から、続いています。ずっと掻いていたら、こんな感じでブツブツと痕になって、治りません。結節性痒疹と言われました。芯があるんです。おしりがひどいです。

 膝や肘はゴワゴワして、厚く、固くなっていて気になります。」

 慢性化しているじんましんが出ないように、体質改善の漢方薬を処方しました。抗ヒスタミン薬を飲まないとじんましんが出るとの事で、最初は、漢方薬と抗ヒスタミン薬を併用して頂きました。Img_8899_2

 漢方薬を開始されて、少しずつじんましんの数や出る回数が減り始めました。約3か月で、じんましんがほとんど出なくなったので、漢方薬のみで、抗ヒスタミン薬を中止しました。

 「じんましんは、全然出なくなりました。もっと早く来ていればよかったです。」

 じんましんによる痒みがなくなったので、結節性痒疹の改善を中心とした漢方薬に変方しました。疹のようなしこりが少しずつ小さくなっています。  

 「肘と膝のゴワゴワがツルツルになりました。子供が面白がって、膝を触ります。あんなにゴワゴワしていたのに、お父さんの頭みたいに、ツルツルなったねと言われます(笑)」

 結節性痒疹は、はっきりとした原因がわかっていません。一般的な抗ヒスタミン薬やステロイドなどの塗り薬だけでは、改善がみられない方が多いようです。A312_004_2

 痒疹の症状の変化や体調や季節の変化に合わせた漢方薬が効果的です。掻き壊すことで、傷となり、傷が修復されることで、痒みが生じるという悪循環を繰り返しますので、かゆみを軽減するように工夫して、皮膚の炎症を鎮めて改善へと導きます。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

「結節性痒疹に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。様々な皮膚炎、美肌についてのお話も掲載しております。

「体質改善の漢方で皮膚炎改善」

2017年11月 8日 (水)

高齢者の慢性的なだるさに漢方薬

 健康で長生きは、みなさんの願いだと思います。平均寿命は延びていても、健康で長生き(健康寿命)が延びなくては、嬉しい状態とは言えないと思います。

 加齢による心身の不調を改善し、健康寿命を延ばすための漢方薬がお奨めです。

 なんとなくだるい、疲れが取れない感じが慢性化しているけれど、歳のせいだと諦めている方が多い様です。

 加齢によるエネルギー不足の状態に、体調を整え、エネルギーを補う効果のある漢方薬などが効果的です。Img_8892_2

 一人ひとりの症状や体質に合わせて、体全体のバランスを整える事で、心身共に健康な状態を保つための漢方薬を処方しております。長年の漢方診療の経験を活かして、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた処方を検討しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能となりましたので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

「疲労倦怠感・慢性疲労に漢方」

新しいHPもご覧ください。多様な症状に関しての内容を掲載しております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

~*~*~*~A302_105_2
 ある患者さんのお話です。80代の女性です。

 「朝 疲れが取れていない感じがして、起きにくいです。どこかが痛いというわけではありませんが、なんとなくシャキッとしない感じがしています。」

 ご近所の方でしたので、体調を整えて、体力をつける漢方薬を1週間処方しました。

 「せんせー、ばかようなりましたてー。(とても調子がよくなりましたよ。)

 朝、畑に出るのがおっくうになっていたのですが、またすっと起きられるようになりました。今日は、友達を連れて来ましたよ。」

 と喜んでいらっしゃいます。

「健康寿命の為に高齢者の生活の質を改善する漢方」

2017年11月 7日 (火)

生理が来ない時の漢方(ホルモン注射が合わない方にも)

 生理不順や生理痛に、ホルモンバランスを整える漢方治療が効果的です。ホルモン注射で、吐き気や嘔吐などにより、継続が難しい方のご相談も多いです。

 患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、生理不順が改善されたり、激しい生理痛が軽減される方が多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。長年の漢方診療の経験を活かして、患者さん一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)が可能になりましたので、新潟県内だけではなく、新潟県外からの受診も増えています。Img_8490

「生理痛・生理不順に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「生理が2,3か月に1回しか来ません。生理が来ると激痛になって、仕事を休まなければならなくなります。ホルモン注射を受けたことがありますが、気持ち悪くなって、吐き気がするので、中止しています。」

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。A307_049

 足がむくみやすい方でしたが、すぐにむくみの改善を実感され、漢方服用を開始されてから約1か月後から定期的な生理が続くようになりました。

 経血に血の塊のようなどろっとしたものが混じっていたそうですが、それも少しずつ改善され、激しい生理痛は起こらなくなっています。

「生理痛・生理不順に漢方」

従来からのPC用HPもご覧ください。

「生理痛・生理不順・PMSに漢方」

2017年11月 6日 (月)

膝が急に痛くなります。レントゲンも異常がないと言われても繰り返す方には漢方を

 「朝トイレに起きて、家の廊下を裸足で歩いてトイレから部屋に戻って来たら、膝がどーんと重い感じがしました。それから膝が痛くなって、しばらく動けなくなりました。何時間か経ってから、やっと動けるようになったので、整形外科へ受診しましたが、膝に水も溜まっていないし、レントゲンも異常がないので、治療の必要はないと言われました。

 それから何日か経ったら、何もなかったように治りましたが、また急に痛くなって、また治ってを繰り返すようになりました。

 特に異常がないと言われても、最近回数が増えたので、困っています。漢方がよいと聞きましたので、来ました。」Img_8859

 膝の痛みの原因は、変形性膝関節症など、いろいろな疾患が考えられますが、検査等を受けても特に異常がない場合は、漢方薬により改善される場合が多いです。

 東洋医学では、膝の痛みの原因を、西洋医学とは違った視点から考えます。例えば、膝関節部分の血行不良や冷え、炎症による痛みなどによる場合などを考えます。

 患者さんそれぞれの膝の痛みの原因となっている体のバランスの乱れを改善する漢方薬が効果的です。 

 変形性膝関節症による膝痛の改善にも効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた漢方薬を処方しております。Ky25_04

 新潟で診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)も対応しておりますので、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの受診も多いです。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「膝の痛みの治療に漢方薬」

「痛み・しびれ・むくみに漢方」

 この患者さんの場合は、気温が低い日が多くなった秋の始めから膝の痛みが始まっていましたので、冷えなどを考慮して、この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 体全体が温まって、体調もよく、膝の痛みが、全く起こらなくなっています。

 これから気温の低下が進みますので、春頃まで継続される事をお奨めしています。

~*~*~*~

 人懐っこい猫ちゃん2匹に出会いました^^ かわいかったので、写真を撮りました(^^♪

2017年11月 2日 (木)

秋から気分が欝々します。そんな時は漢方

 「夏までは気分がよいのですが、秋から冬になると気分が欝々して沈みます。なかなか寝付けなくなります。」

 このような方の受診が多くなります。

 秋になると、なんとなく気分がふさぐ、欝々した気分になりやすいという方が多くなります。日照時間が減り、青々としていた葉が枯れて、落ち葉が増えるのを見ていると、なんとなく気分が沈んでしまう方が多いようです。秋になって異動などにより、環境が変わったり、仕事の内容が変わり、ストレスを感じる方も多いようです。

◇イライラしやすい

◇気分の浮き沈みが激しい

◇気分が沈むことが多い

◇寝つきが悪い

◇途中で目が覚める

◇体がだるい、疲れが取れない

◇朝起きるのが辛い

などの症状に悩む方の受診が多くなります。

 ストレスや疲労の蓄積により、心身の不調を感じている方が多いようです。

 一人ひとりの症状や体質に合わせた漢方薬の服用により、上記のような症状が改善される方が多いです。Img_8847_2

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟で漢方診療を行っておりますが、遠隔診療(オンライン診療)も行っておりますので、新潟県内の遠方の方や新潟県外の方も受診されています。

 ご自分で調べた漢方薬を服用してみたが、効果を感じなかった、合わなかったという方が受診される事があります。

 漢方薬は、この症状には、この漢方薬というのではなく、その症状の原因となっている体のバランスの乱れを整える漢方薬による治療となります。患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた処方選択は、長年の経験による判断が重要となります。

 ご自分に合った漢方薬は、漢方に詳しい医師や薬剤師にご相談されることをお奨め致します。

 新潟の水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験を活かして、患者さんそれぞれの体質や症状に合わせた漢方薬を処方しております。

「職場のストレスやイライラに漢方」

「疲労、倦怠感に漢方」

~*~*~*~

A301_089_2
 ある患者さんのお話です。

 「ここ最近の話ではないのですが、秋から冬にかけて、気分が沈みます。何が原因というわけでもないようですが、毎年この時期から、気持ちがこう、ずーんと沈みこんで、何もしたくなくなります。本当に困っています」

 この方の体質に合わせた漢方薬を処方しました。

 2週間後、

 「楽になりました。なんかこう少しずつ、気持ちが軽くなってくるのがわかりました。現役(仕事)の時に来ていればよかったなあ。」

 『まだまだ現役ですよ。』

 「あっはっは もう じいさんですよ。仕事も辞めて遊んでます。久しぶりに釣りに出かけようと思います。」

 高齢の方は、心身の不調に悩む方が増えます。それにより、イライラしたり、気分が沈みがちになったり、やる気がなくなったという方に、心身の不調を整え、健康寿命を延ばす為に漢方治療がお奨めです。

 「高齢者の生活の質を改善する漢方」

«鼻茸の手術をしたくない、漢方で治療できますか

ランキングにご協力下さい

無料ブログはココログ