カテゴリー

2019年5月27日 (月)

めまいと頭痛で学校へ行けない子に漢方

 「朝起きると、めまいや頭痛がして、学校へ行かない日が多いです。

 血圧を上げる薬などを飲んでいますが、治りません。」

 起立性調節障害(OD)のお子さんに、体質改善の漢方治療を行っております。

 このお子さんは、めまいや頭痛で、学校へ行けなくなる不安も重なって、更に不調を感じている様子でした。Img_3855

 このお子さんに合わせた漢方薬の服用により、朝、めまいや頭痛が起こることがなくなり、学校でもめまいや頭痛が起こる不安も少しずつ感じなくなり、すっかり自信と取り戻して、漢方薬も休薬となりました。

 成長期のお子さんに多く、自律神経系のバランスの乱れなどにより、めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状が続くお子さんが多いです。

 また、ストレスや緊張が原因となっている場合もありますので、診察により、お子さん一人ひとりに合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、お子さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 「起立性調節障害・自律神経失調症に漢方」074

 思春期のお子さんの心身の不調に、体にやさしい漢方薬が好評です。

 とてもデリケートな年齢ですので、学校や部活などの人間関係や勉強などで、ストレスを感じていたり、緊張による不調を感じるお子さんが多いです。

◇イライラ、気分の落ち込み

◇頭痛、めまい、吐き気

◇下痢や腹痛

など、多様な症状に悩むお子さんが多いです。

 体の不調から不安になり、学校へ行きにくくなっているお子さんの受診も多いです。

 お子さん一人ひとりに合わせて、漢方薬を処方しております。

「思春期のイライラ・落ち込み・ストレスに漢方」

 女の子の場合は、初潮を迎えてからの不調に悩むお子さんも多いです。

「思春期女子の心身の不調に漢方」

2019年5月25日 (土)

肛門から粘液がもれて困る方に漢方

 「肛門から粘液がもれます。仕事中など動いていると、もれて困っています。

 下痢ではないです。便は混じっていません。

 粘液がドロッとした感じでもれてきます。

 大腸の検査も異常なかったです。肛門科も受診しましたが、異常がないと言われました。

 家ではなんともないのですが、仕事の時や外出している時になることが多いです。

 この状態が何年も続いています。」A306_130_1

 漢方治療を行っておりますと、難しい症状で受診される方が多いです。

 この方の場合もちょっと考えましたが、この方の体質に合わせた漢方薬を2週間分処方しました。

 2週間後、

 「先生、粘液が出なくなりました。

 何年も治らなかったのに!! 

 漢方ってすごいですね。このまま続けてみたいです。」

 病気とまでは言えないような症状、なんとなく調子が悪い症状、いわゆる未病の改善に漢方治療が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。 

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方内科・水戸部クリニック」

 水戸部クリニックでは、多様な症状に悩む方の受診が多く、患者さんそれぞれの症状やつらいお気持ちに寄り添った診療を行っております。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年5月24日 (金)

片頭痛が治りにくい方に漢方

 「片頭痛がひどく、片頭痛の薬を飲んでいますが、痛みが激しくて効いている感じがしません。

 この辺り(側頭部)が痛くなります。」

 片頭痛は、頭の中の血管が拡張する事で起こると言われています。疲労やストレスなどが原因と考えられています。女性は、生理周期に伴って、片頭痛が起こる方が多いです。 Img_3295-1

◆ズキンズキンと波打つような痛み

◆体を動かすと痛みが激しくなる

◆頭痛が起きる前に、チカチカした光が見える

◆吐き気を伴う、吐くこともある

◆片頭痛が起こると、寝込む、動けなくなる

などの症状に悩む方が多いです。

 漢方では、片頭痛が起こる原因となる体のバランスを整えることで、片頭痛が起こりにくい体質に整える治療となります。

 この患者さんの体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。A306_039

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 「まだ片頭痛が出ました。飲んでみてそれほど変わった感じはありません。」

 漢方薬を変方しました。

 「新しい漢方薬に変わってから、片頭痛は出ましたが、痛みが少し軽くなったような気がします。

 続けて様子をみたいです。」

 漢方薬を継続されて、2カ月以上が経過しました。

 「漢方薬を飲むようになってから、片頭痛の回数が減っています。

 片頭痛の薬を飲むほどの痛みは出なくなっています。

 何を飲んでも効かなかったんですよ。びっくりです。」

 現在は、片頭痛が起こることが、ほとんどなくなっています。

 漢方薬を服用していると、体調がよいと現在も継続されています。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「頭痛・片頭痛に漢方」

2019年5月23日 (木)

5月頃からの体のかゆみに漢方

 体のかゆみに悩む方の受診が多いです。

 体のかゆみの原因は様々です。

◇湿疹・アトピー

◇慢性じんましん

◇皮膚の乾燥(皮脂の欠乏などによる)

◇紫外線による日焼け

◇ストレス

などがあげられますが、これからの季節は汗が原因と考えられる皮膚のかゆみが多いです。Img_3877

 汗をかくことで、皮膚のうるおい成分が一緒に流れてしまい、保湿力が低下します。

 またエアコンにより、皮膚の水分が蒸発します。

 汗でべたべたしているので、皮膚が乾燥していることに気づいていない方が多いですが、実は乾燥肌になっているというb場合が多いです。

 保湿剤の使用も効果的ですが、汗で流れてしまいますし、かゆみが改善しない、皮膚の乾燥が気になる方に、体の中から皮膚にうるおいを与える漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。Ky27_06

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診が多いです。

「乾燥肌に漢方」 

 漢方薬は、生後2、3カ月のお子さんから服用できます。

 子供の乾燥肌、皮膚のかゆみに対応した漢方薬もございます。

「赤ちゃん・子供の乾燥肌・サメ肌に漢方」

2019年5月22日 (水)

日光性皮膚炎で目の周りが赤くなって治らない方に漢方

 「目の周りが赤くなって治りません。

 日光性皮膚炎と言われましたが、治らなくて、困ります。

 ステロイドを塗っていましたが、全然よくならないので、嫌になって止めました。Ky26_18-111

 そのせいか余計にひどくなりました。

 メイクもできなくて、庭にちょっと出ただけでも真っ赤になってしまったので、外へ出たくありません。」

 紫外線が強くなっていますので、日光性皮膚炎で受診される方が増えています。

 ステロイド軟こうを急に中止しますと、リバウンドが起こって、症状が激しくなりますので、ステロイド軟こうを塗っていた方は、少しずつ塗る量や回数を減らしてゆくことをお奨めしております。

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少しよくなっている感じがします。

 それから便がコロコロだったのが、ちょうどよい感じになったのも漢方の効果ですか。

 トイレに座っている時間が長かったので、楽になってうれしいです。」

 約2か月後、Ky26_17

 「ほとんど目立たなくなってきました。ほら、こんなにきれいになっています。

 出かけるのが楽しくなりました。」

 「光過敏症・日光性皮膚炎に漢方」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

 症状によっては、一般的な西洋薬と漢方薬との併用による治療が効果的です。 

 西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした医療が好評です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

2019年5月21日 (火)

自律神経失調症に漢方

 自律神経失調症と呼ばれる症状に、体全体のバランスを整える漢方薬が効果的です。

 自律神経失調症は、特に原因が特定されない体や心の不調が続いている状態です。

◇疲れが取れない ◇だるい

◇めまいが続いている

◇頭痛、片頭痛 ◇動悸Img_3313

◇体がほてる

◇眠れない

◇微熱が続いている

◇のどの違和感、つかえる感じ

◇イライラ、不安、落ち込み

◇やる気が出ない

など、多様な症状があげられます。

 検査を受けても特に異常がない方、症状を繰り返している方は、自律神経失調症と言われる場合が多いです。

 漢方では、症状一つ一つにお薬を処方するのではなく、体全体のバランスの乱れを整えることで、多様な症状の改善を考えます。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」007

~*~*~*~

 ある患者さんのお話です。

 「仕事中に体がふらつきます。1日の間で10回ふらいくらっとします。

 仕事は楽しくて、ストレスではないと思います。

 8月頃から始まって、最初は夏バテだと言われましたが、治らず

 自律神経だと言われました。まだ治っていないので、仕事中にくらっとしているのは困っています。」

 この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 「少しいい感じがします。漢方を飲む前よりは、体が動くようになっています。」

 その後1カ月後、

 「すごく調子がいいです。

 こんなによくなるなんて、感動しています。」

2019年5月20日 (月)

更年期症状で怒りがこみあげてくる方に漢方

 「更年期でしょうか。急に怒りがこみあげて来て、子供や夫にあたってしまいます。

 喉が締め付けられるように苦しくなったり、怒りっぽくなった自分が嫌になります。」

 心身ともに疲れている方が多いです。Img_3229

 東洋医学では、「心身一如」という考え方があります。

 心と体はお互いに関連して影響を与えているという考え方で、気分や感情が、体の働きに影響を与えると考えられます。

 更年期のイライラや感情の浮き沈みに、ホルモンバランスを整えて、気持ちを整える効果のある漢方薬が効果的です。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 この患者さんは、漢方薬を服用していると怒りの感情のコントロールができるようになったそうです。お肌もツヤツヤしてきたと言われています。A303_092

 ホルモンバランスを整える漢方薬の服用により、皮膚のハリやツヤを実感される方が多いです。

 お肌がきれいになると、気分も上がりますね。

「生理痛・生理不順に漢方」

PMS症状などに細やかに対応した漢方薬を処方しております。

「PMS症状に漢方」

イライラやストレスに

2019年5月19日 (日)

口の中が塩辛い、しょっぱい方に漢方

 味覚異常に悩む方に、漢方治療を行っております。

 難しい症状ですが、改善される方が多いです。

 食べ物の味が嫌な味に感じられる、何も食べていないのに味がするなどのご相談が多いです。

 ある患者さんのお話です。Img_3857

~*~*~*~

 「半年くらい前から口の中が塩辛いです。食事の時はそれほど気になりませんが、何も食べていない時に、くちの中が塩辛い感じが続いています。

 近くの病院で検査を受けましたが、異常がなく、亜鉛の数値も正常と言われました。

 漢方薬も何度か変えてもらいましたが、変化がなかったので、こちらを受診しました。」

 診察により、この方の体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 症状によりますが、服用できるかどうか、改善傾向がみられるかを見極めのために、最初は、2、3週間分を処方して、様子をみて頂く場合が多いです。

 2週間後、

 「少し良い気がします。」Ky18_01

 1か月後、

 「漢方を飲んでいると塩辛くないです。しばらく続けてみたいです。」

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

「味覚障害に漢方」

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方外来・水戸部クリニック」

 多様な症状に悩む方の受診が多いです。

 水戸部クリニックでは、西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした診療を行っております。症状により、西洋薬と漢方薬との併用による治療も行っております。

2019年5月18日 (土)

喘息で入院を繰り返している方に漢方

 「3年前から喘息で、入退院を繰り返しています。

 副鼻腔炎も治りにくくて、困っています。

 体質改善をしたいと思って受診しました。」

 その日は、喘息症状は落ち着いていて、副鼻腔炎の症状が激しい状態でした。 Img_3812

 鼻がつまっていて、鼻をかむと、わずかに黄色い鼻水が出る症状でした。

 漢方では、副鼻腔炎の症状や鼻水の状態などに細やかに対応した処方があります。

 この方の副鼻腔炎の症状や体質に合わせた漢方薬を2週間処方しました。

 今回は、副鼻腔炎の症状が激しかったので、そちらの改善を優先して、副鼻腔炎がおちついたら、喘息体質改善の治療に切り替えることをお奨めしました。

 「副鼻腔炎の症状は、すっかり良くなりました。

 鼻の中の嫌な臭いもしなくなりましたが、喘息っぽくなってきました。

 ゼーゼーし始めています。」

 漢方薬を変方しました。

 喘息の治療のための漢方薬は、咳や痰の状態やその時の体力や体調などを考慮して、検討しております。

 「少しはよかったのですが、痰が多くて、咳が出ている感じがします。」

 漢方薬を変方しました。 Ky16_27-2

 「咳も痰もほとんど出なくなりました。これかの見通しがついた感じがして、安心しました。」

 しばらく継続されて、喘息発作を起こすことがほとんどなくなっています。

 現在は、咳や痰が気になって時に、漢方薬を服用されていますが、喘息発作に移行することがなくなって、喘息での入院することがなくなっています。

 「ちょっと疲れたとか、風邪っぽいなあと思うと、すぐ喘息になって、吸入薬でもだめで、入院になってばかりでしたが、漢方薬を飲んでから一度も入院していませんし、体力がついている感じがします。」

「咳・痰・喘息に漢方」

~*~*~*~

 喘息症状の改善や喘息体質の改善に漢方薬が効果的です。

 咳や痰が激しい状態の時は、咳や痰の改善を中心とした漢方薬で、喘息症状が落ち着いている時は、喘息体質の改善の漢方治療が中止となります。

 水戸部クリニックでは、長年の漢方診療の経験により、患者さんそれぞれの症状や体質に合わせた漢方薬を処方しております。

 必要に応じて、一般的な咳や痰に対応したお薬との併用も致します。西洋医学と東洋医学の両方のよさを活かした治療を行っております。

 医師の処方による漢方薬は、健康保険が適用になりますので、経済的で続けやすいと好評です。

 新潟市で診療を行っておりますが、新潟県内の遠方からの方や新潟県外からの方の受診も多いです。

「新潟の漢方内科・水戸部クリニック」

2019年5月17日 (金)

流産を繰り返してからの出産(^^♪

 流産を繰り返している方、不妊に悩む方に、漢方治療が好評です。

 「流産を繰り返しています。3年もたちますが、流産ばかりです。

 昨日流産しました。39歳ですし、これはもう漢方に頼るしかないと思って、受診しました。

 今、流産後の出血が止まっていません。止まらなかったらまた受診するように言われています。」

 流産後の体調を整えることから始めましょうとお話しました。Img_3714

 生理周期や生理痛、PMS症状などを細かく伺いました。

 子宮筋腫があり、経血にドロッとした血の塊が混じる。

 漢方では、経血の状態や経血量、月経日数なども体質判断の指標となります。

 この方の体調を整える漢方薬から始めました。

 「体が温まって、体全体の調子がよくなった感じがします。」

 その後、

 「流産後の生理が来ました。無排卵だったような感じです。

 それから腰から下が冷えます。」

 漢方薬を変方しました。

 「生理が来ないので、妊娠判定薬で尿を検査したら、妊娠+が出ました。

 婦人科へはまだ行ってませんが、また流産すると困るので、この漢方薬を続けたいです。」

 この方は、妊娠9か月ころまで、服用を続けて、無事元気なお子さんを出産されました。140

 その後、赤ちゃんを抱っこされて受診されました。

 「おかげさまで、すくすくと育っています。二人目も欲しいので、また漢方薬をお願い致します。」

 現在の生理の状態、体質、年齢などを考慮した漢方薬を服用されていらっしゃいます。

「不妊症・不育症に漢方」

«男性更年期で気力がわかない方に漢方